久しぶりのここ飲み屋かい?

退院してきたK兄の祝いも兼ねて、“ここ飲み屋かい?” の試運転を♪
お身内に不幸があったT兄は来られなかったものの、引っ越して初めての開催。
キッチンの使い勝手の確認やIH用土鍋の慣らしもありましたから、こぢんまりと♪

秋味・祝酒■キリン 秋味
夏以降、大手ではずうっとこれ。来月10日に発売予定の真打、 “明治のラガー” が出るまでのありがたいセットアッパー♪

■月桂冠 大吟醸“祝い酒” (97.12詰)
同社の今はなき “四季の酒” シリーズの一つで、京都の酒造好適米 “祝” 100%で仕込まれた大吟醸酒。本来は新春を祝う正月の酒として出されていたものなれど、何せ “退院祝” ですから…
「うまいなぁ」
と本人が喜んでくれれば、それでいいのだぁ〜♪ (笑)

汚れや老ねもありませんし、上燗(45℃近辺)ほどに冷めてくると、さすが大吟醸。それなりにうまい。
が、なんちゃって純米よりはマシとはいえ、やはりうまさの厚み、または奥行きに寂しいものを感じるのは、実に勿体ないですな。

アテは、鱸と蛸の頭の刺身に出来合いながら…
モツ煮・人参の白和え・ぜんまいの煮染め・ポテトサラダ。
牡蛎・あまんだれ・長葱・豆腐というシンプルな鍋は味噌仕立てで…。
“あまんだれ” はこちらでの呼び名で、標準和名は “ならたけ” という茸ですな。
ナメコよりもぬめりがさらに強く、けんちん汁や芋煮にしてもうまいのです。
折悪しくナメコが手に入らなかったので、少々お高いけれど奮発♪

これにK兄家の蕪の甘酢漬けとH1兄家の海老とほうれん草の中華風炒め物が加わり、
内輪だけの試運転兼退院祝のテーブルは賑やかに…。
「来年は食い倒れツアーにしない?」
という話も鬼に笑われることがない時季になったのですな。

てな訳で、霜月の…打ち止〜め〜♪


Windowsユーザが抱くMacへの疑問

Mac ってちょっと使い勝手が違いますよね。
何がそんなに良いんですか?

しぞぉ〜かのお嬢様から問い合わせをいただきましたので謹んでお答えいたしまする。

先ずは、その『見た目』。
何度も紹介させてもらっているように、プリントアウトしたのと同じ品質で表示されるディスプレイのフォント。
これに関して双方の差は歴然ですな。些細なことのようですけれど、長時間使えば使うほど気になりますし、目の疲れも違ってくるように思います。

それ以外にも “Finder” や転ばぬ先の杖、“Time Machine” など “Mac OS X” の諸機能はじめ、Windows OS (XP・Vista) にも対応していますから、どうしても Windows が必要なら双方を使い分ければいいだけのことという、マルチ・ブート(複数の OS が起動できる)環境も魅力的でしょう。

とはいえ、一人一人の好みにも左右されますし、腑に落ちなければそれまで…というのが人の性(さが)というものかと。
折しも リンゴが好きでぃす♪2.0 さんの blog、 “Mac スイッチ組に捧ぐ、Mac と Win の違い” で紹介されていたこちらのサイトをご覧いただれば、公平な視点からの両 OS の違いが浮き彫りにされるかと思いまするゆえ、 PC ユーザであるかどうかや乗り換え云々はともかく、ぜひ一度ご精読くだされ。
もちろん、Mac ユーザも備忘録としてご一読を♪

mac scribbling

ついでに、ちとお先棒も…Apple Japan ウェブサイト ↓