老いらくの恋(?)

師走に入ってもう二週間。昨日は上方でお正月の準備を始める『お事始』だったとか。
小春日和のようなお天気はちっとも暮れらしくないものの、景気だけはとうに寒に入ったようですな。(苦笑)

先日の『ななクセェ〜』について、それぞれの解説を追記してありまするゆえ…
興味とお暇のあるお方はご一読を♪

鯉川■鯉川 純米吟醸“五百万石” H17BY
「あっ!?」
開け立てなのにいきなりハートを鷲掴みされたかのよう。
うまい塩を舐めたときの後味にも似た味わいを感じつつ、玉のように凝縮したうまみとその余韻にしばしひたりまする。
“鯉川” の純米吟醸シリーズ 3アイテムの中で「最もわかりやすいうまみを持っている」と常々思っておりましたけれど、こんなにうまくなってくれているとは…。
あらためて「鯉に恋する」おやぢなのでありました。(笑)

その舌の根も乾かぬうちに飛び切り燗(55℃近辺)でイジメおやぢへ変身♪
これがまたうまいのなんの、思わず二度惚れ!! (笑)

アテは、豚肉・水菜・もやし・シメジ・エノキ・豆腐の鍋。
昆布出汁と塩味の沁み込んだ豆腐をアフアフと…。
次いでスケソウダラの白子の煮浸し擬き。
冬の日本海の味覚、中でも鱈と “鯉川” はもちろんピッタンコの相性ですわ。
里芋・大根・人参に煮物。野菜の甘みが酒と絡んでグビ全開♪
間に白菜の浅漬けをはさみながら「お代わり〜♪」

惜しむらくは…このおチャケ、残りの本数がほとんどありませぬ。m(__)m


戯言

智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。
意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。

気の抜けたサイダーみたいな “いいこ” ちゃんのフリした提灯記事ほどつまらないものはないはずなれど、本音を吐くとたちまち冒頭に掲げた『草枕』の書き出しのように相成りまする。
そのくせ裏では “なんでもあり” が罷り通っておりまするゆえ、ネットを悪用するおバカな輩が後を絶たないように思いますな。
たかがブログ、もっと本音でまいりませぬか? (笑)

羽前白梅■羽前白梅 純米“尾浦城” (17.01詰)
はじめに。詰日付からもおわかりのように、開栓して常温に晒されていたものゆえ、同じ味わいを求めようなんぞと思わないことですな。(笑)

もちろん歳月や温度にめげることなく、きちんとうまいのですが、酒造好適米でもないこれの原料米に溢れるほどのパワーを求めることは野暮というもの。
そもそもいくらだと思っているんですか?
練れさえすれば、値段なり、もしくはそれ以上に思えるでしょうからご自身で試してくだされ♪

はて、昨夜のアテは…。あてさて…(爆)

※思い出したら追記しましょ。一つ目、うまくない小鰭の酢締め。(笑)
 


 
「気の抜けたビールみたい」という書き出しにしようか、とも思ったのですが…
気が抜けてもうまい “麦の酒” を思い出し、急遽サイダーに替わってもらった次第。
「気の抜けたサイダー」なら糖尿病の検査をした方ならおわかりですものね♪ (笑)


洒脱なり

Illustration

この絵の作者やどこに使われていたものか、すぐに分かったとしたら…
あなたもたぶん、かなり変な人ですな♪ (笑)

それはさておき、没後、もう18年とは…。
享年59。早過ぎる死でした。


日置桜■日置桜 “八割搗き【内田】山田錦” H18BY
開けていきなりの「お代わり〜♪」となったこれ、ようやく練れた味わいを見せるようになったところですから、上の絵のような柳腰のお妓さんのお酌を所望したいところなれど、貧乏人にはますます縁遠い世界になってくれましたから、“だんだん” の舞を見ながら、束の間のお大尽気分を味わわせてもらっておりまする。

それくらいいいのですな、このおチャケ。
もちろん邪魔になる余計な香りなんぞとは無縁。とはいえ、必要にして十分な芳しき酒の香りは心地好く鼻腔をくすぐってくれまするし、気負いなく、実に素直なうまみを与えた後、障りなくスルスルと滑り、ジワ〜ッと体中に沁みわたっていく様は、乾いた砂が水を吸い込むかのよう。

アチチ燗(60℃近辺)から冷ましながらイカ刺しをアテにグビりとやれば、そのピッチの上がること上がること。
鰤の味噌漬けもあっという間に平らげそうな勢いですし、刺身になり損ねたエンペラやゲソと煮た里芋と大根がしみじみウンマい。
レタスとトマトもムシャムシャと頬張り、「お代わり〜♪」

『かっぽれかっぽれ 甘茶でかっぽれ♪』
賑やかな舞と地方さんの三味線、年季の入った声が、ふと脳裏に浮かんだ夜でした。:-)


mactopia+

Microsoft の Mac 専用サイト、“mactopia” がリニューアル♪

mactopia older



mactopia new

URL もチョッピリ変わったけれど、ロゴのフォントは前の方が好きでしたな。

その所為か、“Office 2004 for Mac” の “Microsoft AutoUpdate” が効かず…
 ● “Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.3 更新プログラム
 ● “Open XML File Format Converter for Mac 1.0.2
を手動でダウンロードする羽目になったのはいただけませぬ。

ちなみに最新アップデータは “mactopia+” にしかありませぬゆえ、ご承知おきを。


なくてななクセェ? (笑)

Flavor Sample
 
引越し荷物の中に紛れ込んでいた妖怪 七色臭〜” の面々!! (爆)

某蔵元が作ってくださった教材なれど…
数年経った今でも十分にクチャい♪ (笑)
前列両端は特に、空けた後もしばらく臭いが立ち込めていました。X-)

それぞれの “クセェ〜” については以下に… 🙂

Read More


ほっとする?

7号とはいえ

「これ、どう?」とカミさんが差し出す杯をひと舐め…
うぅむ、「如何にも生酛でござい」と香りだけは自己主張するものの、引き出しの多さと酒の出来は別物?
「すごくきれい」と続けるカミさん。ただし、酒質ではなく水に近いその色を指してのこと。(苦笑)

「じゃあ、こっちは?」と飲んでいた酒を差し出すと…
「何か落ち着かない」「だろう?」
7号酵母の酒にしては…ちと香りがありすぎるし、味わいに締まりやキレを感じさせないのですな。

「どっちも杯が進まないわねぇ」というカミさんの言葉がすべてを物語っておりまする。
然らば…
「こっちと同じ(原料)米の酒があるから、そっちをアチチにして」

辨天娘■辨天娘 H18BY四番娘 純米吟醸“玉栄”
お蔵元同様、ちと眩しい若桜の娘さんのお出まし♪ (笑)
「ほっとする?」といきなり急加速グビのカミさん。
これも確か7号酵母だったはずだけど、この違いはなぜ!?!?

豚肉・鶏つみれの豆乳鍋をアフアフ♪
ヅケにされた稚鰤の刺身も程好くうまみが回って、青魚らしい味わいに溢れておりまする。
いきなり箸まで急加速と相成るのですから、やはりまっとうな燗酒は食を呼んでくれるのですな。

それを知ってか知らずしてか、未だに不自然な香りと派手な味わいの酒、これを称して “プンケバ酒” という、をキンキンに冷やして提供することが、良い酒を取り扱う飲食店の務めであったり、それを以て店を見極めたりされておりまするが、どういうベロをお持ちなのやら…。

ねっとり、かつ口の中でとろける里芋や甘ささえ感じる瑞々しい大根。
そして野菜と出汁のうまみをたっぷり吸い込んだ高野豆腐を口に運ぶ箸が止まりませぬ。

自慢の料理を生かすも殺すも扱っている酒次第♪
それが箸を進める燗酒なら、なお料理の評価が高まる上に売上げも増えるでしょうに。
あぁ、勿体なや勿体なや。(笑)


脳内細胞減少つづく

ご存じのように “山廃(*1)” も生酛系酒母の一つですけれど、過日の “なんちゃって燗上がり” 同様、名前だけの山廃や生酛のなんと多いことでしょうや。

酒の個性として生酛系独特の香りや味わいを求めるのは構いませぬ。ただ、それがガラの悪い、あるいは汚い味わいの酒を指して山廃や生酛『特有の味わい』とされてしまうと、またしても大いなる勘違いを蔓延させることになってしまいまする。

生酛の酒は図太いとか、(雑)味が多いといわれるけど、それは生酛だからではなく、造りが拙いから。ホンモノの生酛ならそうはならない。
生酛こそが最もきれいな酒になる。

いつも酒粕頭に置いてある某杜氏の言葉を再掲♪
もうかなりの古漬けになっているものの、生酛を山廃に置き換えても同じですな。

それゆえ、“なんちゃって山廃” ・“なんちゃって生酛” にはいささか手厳しくなりまするが平にお許しを。m(__)m

某山廃さて、たまには余所のおチャケに手を出すことも♪
「へぇ〜、変なクセはないし、幅味もあるのね。なかなかいいじゃない」から数日経ったら、後味に甘が残るようになったのが惜しまれまする。裏貼りを見やれば…
『原料米:山田錦・日本酒度:±0』
うぅむ、ビミョ〜。(汗)

なれど、一緒に買い求めた某山廃に比べたら、味わいはずうっと素直で好感の持てるもの。
「これぞ山廃」「これぞ生酛」という酒から良いところを吸収して、一皮剥けることを期待いたしましょうか。
ちなみに値付けは税込みでも3,000円未満。山田錦60%精米(?)の山廃としてはお得感があるものでした♪

アテは、豚肉・天然ナメコ・長葱・豆腐、というこの時季定番の鍋。
“無添加つゆ” を使った手抜きなれど、ナメコがうまいから許してつかわす。
鶏肉と野菜の中華風炒め物。「鶏の火の通しが甘いなぁ」と追加でチン♪ (笑)
他にもつまんでいたはずなのに、戻る前に飲んだビールが利いたのか記憶が揮発。
「昔のことは憶えているのに昨日のことはもう忘れてしまったの!?」
老父母にいっているセリフをそのまま返されそう。orz
 


 
*1:山廃 やまはい

    酛摺り(山卸し)を廃止した酒母育成法、山卸廃止酛(やまおろしはいしもと)の略称。
    半切桶を使用せず酛卸桶で水こうじを行った3時間後に、生酛とほとんど同様に処理した蒸米を投入して仕込みを完了する。
    酛摺りの代わりに櫂入れまたは汲掛(くみかけ)操作を行う点が生?と異なる。
    その後の育成方法は生?と同様であるが、ギリ暖気(だき)を行わないことが多い。
    − 改訂 “灘の酒” 用語集 −

黒いシャポーの…

cap別にスリーストライプス・ファンではありませぬが、これからの季節、濡れた髪は風邪っ引きへの最短ルート。
いくら風邪の特効薬 “どぶ” が控えているとはいえ、転ばぬ先の杖があるに越したことはありませぬゆえ、今冬の備えを調達してまいりました。やりもしないのに、ゴルフ・キャップ♪
一応、この秋冬モデルとかで値引き交渉実らず。(泣)

冷たい雨がそぼ降る帰り道、その昔、太田裕美が唄っていたCMソングが頭の中でぐるんぐるん♪

赤いシャポ〜の 味〜の素?

唄はともかく…
その姿が食卓から消えて幾久しく…。(笑)