東山道中膝栗毛 -其之壱-

「庄内へ行くつもりなのでその前後の都合が良い日に…」と年が明けたある日、下総国より入電。
折しもこちらはようやく遅い正月休みを取る予定にしておりましたゆえ、
「ならばいっそご一緒しませんか?」という誘いに応じてくださった酒縁のお一人、狼亭さん。

同年代ゆえ、始まる前から弥次喜多道中必至の旅の振出しに選んだのは…
第二の故郷、上野国厩橋(うまやばし*1)での常店、『つくし』。
「行きますよ〜」の声に駆けつけてくださった地元Kさんとともに、
まずはキリンのクラシックラガーで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

カウンターに陣取った同世代おやじ三人組+おばさん、突出しのぬたをつまみながら早々に燗酒へシフト。
何をさておいてもまずはこれからの “群馬泉” なれど、いつもの “超特撰” が切れていたため、 “淡緑” と新年ヴァージョンの “初しぼり” の出番。
300mlボトルの山廃特別本醸造原酒 “初しぼり” を『純米原理主義者』の狼亭さんにお飲みいただいてから…
「それ、アル添なんですけど…」と種明かしをする非道おやぢ。(笑)
「えっ、ホント!?」と今一度確かめる狼亭さん。
「聞かされた後でも気づかない。それに、原酒でありながらアルコールの粗さを少しも感じさせないし、いやぁ〜、実にお見事ですな」
とお褒めの言葉を頂戴した本物のアル添酒は、今年も年一回の魔法を見せてくれまする。

地元の肉厚椎茸や鶏の網焼き、金目鯛の一夜干しなどをアテに、お酒は “ひこ孫純米” へ。
お燗の温度を指定しようとするこちらの言葉を遮って、若旦那の口から発せられた
言葉は某漫画風に表記すれば、“狂人” となる…
「これをチンチンに燗をつけて喜ぶなんて、やはりク○ド民族だけだよね」
これにすかさずの反論は…
「極めて純粋な大和民族だと思うよ。ただし、血に酒がかなり混ざっているけど」(爆)

この後…『つくし』のカウンターに何本空いた徳利が並んだことやら…。
帰り際、カウンターの反対端に座る常連さんらしき若いカップルに…
「もうすぐここから我々ク○ド系好みの酒が来ると思う」
という若旦那の一言が翌日からはじまる遠征の結団式を完璧なものにしてくれました。(笑)

ちなみに名指しいただいた先遣隊は…あの “どぶ” です♪

小料理 つくし地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081

【つづく】


*1:厩橋 -うまやばし-
  群馬県前橋市の旧称 → Wikipedia:前橋藩前橋城


QuickTime 7.6

Apple から QuickTime の最新アップデータ、“QuickTime 7.6” が公開されました。

ダウンロードは、Software Update 経由、もしくはこちらから。
Software Update 経由では以下のコメントが。

QuickTime 7.6 では、信頼性の改善、互換性の向上、およびセキュリティの改善を実現する変更が加えられています。すべての QuickTime 7 ユーザにこのリリースを推奨します。

このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT3292?viewlocale=ja_JP

このアップデートのセキュリティ関連の内容については、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


人体実験

今日は午後から早仕舞いして明後日までトンズラいたしますので、
先日、メールニュースでご案内したこれの “燗きき” 報告のみ取り急ぎ。

塒にネット環境がありませぬゆえ、“iBook” は留守居役を務めることに…。
頼みの綱は “iPhone” だけなれど、懶おやぢに更新やコメントへの返信を書き込むだけの気力はありますまい。
“iMac” の前に戻るまで放置することになるかと思いまするゆえ、平にご容赦を。

■某山廃純米原酒 H5BY
アミノ酸が一般酒の倍ありますから、味わいは雑味たっぷり。(笑)
それと…ちと気になる匂いがありまする。
熱燗(50℃近辺)を超させたら味わいは散けてまとまりに欠けます。
ぬる燗(40℃近辺)まで冷めると、冷やで感じた匂いがまたぞろ顔を出しますし…。

ホントに飲もうとすると…上燗(45℃近辺)前後の極めて狭い温度帯ながら、山廃と長期熟成酒らしさを楽しめまするが、予告どおりかなりの猛者でなければ、ことさらオススメはいたしませぬ。
もっとも、蓼食う虫も好き好きですからチャレンジャーを止めもいたしませぬが。(笑)

てな訳で、しばしお暇を。m(__)m


新タイトル

システムの変更を機にこのblogのタイトルを 草庵 に変えました。
今までの “燗酒おやぢの隠処” はサブタイトル扱いとなります。
まぁ、Googleなどでの検索にも大勢に影響はありますまい。

てな訳で…
取りあえず今月分を移行させた後、“壱之蔵” として置いてあったArchivesの古い記事から順に移し、内容や画像を編集しておりますおりますゆえ、土用の虫干しならぬ寒の雪ざらし、といったところでしょうか。

間もなく2004年分を終え、次いで2005年に移ります。
しばらくお目障りがつづくでしょうが、どうぞよしなに。


生体燗移植 (笑)

朝よりも気温が下がり、ただいま(9:40 JST)、−4℃。どうやら久々の真冬日になりそう。
冷蔵庫の中に逃げ込みましょか? (笑)

    【告知】
    大多数の方々が使っておられるフリーのブログ・システムと違って、ここは独自サーバ・独自ドメイン、かつ独自のシステムですから、インストールはじめ諸々のチューニングやメンテナンスはすべて、この懶おやぢの手にかかってきまする。
    開設当初から長年使わせてもらった “Serene Bach” に愛着はあるものの、あれこれと不都合なところもあり、先日来、新たなシステムのテストを裏でコソコソやっておりましたが、まだ不慣れなもののどうやら道筋も見えてきましたので、近々本腰を入れてシステムの入替えをするつもりでおりまする。

    てな訳で、移行するに当たりこれ以上ここにデータを増やしたくありませぬゆえ、しばらく更新を見合わせるとともに、近々メンテナンス画面のみの表示といたしまする。
    完了するまでの間は仮設住まいとなりまするゆえ、しばしのご猶予を。m(__)m


天穏 “雄町七割”無濾過純米原酒 H19BY■天穏 “雄町七割” 無濾過純米原酒 H19BY
“改良雄町(島根県産)” ではなく、“雄町(岡山県産)” で仕込まれた19BYの『雄町七割』の原酒版なれど、それを示す裏貼りもない手抜きバージョン。とはいえ…
その仕込みに手抜きはありませぬゆえ、ご安心召されよ♪ (笑)

これ以来(原料米の記載に誤りがありましたので訂正)の登場でありましたが、まだまだ若いものの原酒ならではの楽しさを味わえまする。
開けて一週間、否、この時期ですから二週間?、くらい常温に置けば…と思っておりまするが、拙宅在庫の減りがやたらと早い今日この頃、果してそれまで残っておりますやら。

さてさて、毎日が『やれ摺れ、それ摺れ』の某蔵を見倣って、こちらも裏にて…
『やれ落とせ、それ上げろ』とまいりましょうか。(笑)


三つ子の魂…

今冬初の “長靴を履いたおやぢ” 姿も雪が小康状態になったため、一日限り?
来週はいよいよグラウンド・コートと冬用の長靴で完全装備、という状況が待ち構えておりまするゆえ、その予行演習と思えば湿り気たっぷりの雪との格闘も束の間の予行演習♪
売約済にしてしまったおチャケを抱えての弥次喜多道中となることでしょう。(笑)

しかし、休みだとどうしてこんなにいいお天気になるのでしょ。
薄暗い “ここ飲み屋かい?” に差し込む陽射しが眩し〜い!!
あ、古屋とはいえ一応、UVカット・熱反射フィルムで紫外線対策済みなれど…
もちろん人の為ならず、すべてはかわいいおチャケたちのため♪ (笑)

日置桜 長期熟成純米“山笑ふ” 其の弐■日置桜 長期熟成純米“山笑ふ” -其の弐-
「もしもし、どこを見ているんですか!?」
と職質を受けそうな写真。主役はボケボケ♪ (笑)

“其の壱” から “其の参” まで進んできた “山笑ふ” シリーズなれど、うまみ溢れる “其の壱” の次に登場したこの “其の弐” に「異母兄弟か!?」と顔付きの違いを感じられた方も多かったのでは?
その多くは、良くいえば「すっきり爽やか」悪くいえば「素っ気なくうまみに欠ける」というものではなかったかと拝察いたしまするが、瓶詰め(2007.02)から間もなく丸二年を迎えようとする今に至って、ようやく本来の姿を現してくれるようになった模様。

開け立て、かつ冷やにも関わらず、穏やかな熟成香とまろやかな口当たり。そして、和三盆で拵えた蜜のような上品な甘みを味わわせながらも、その甘みが涼やかにきえていきまする。

喜び勇んで燗をつけましたが、決して煮ないようにっ!!
闇雲に熱くするだけでは、それこそ本末転倒というものですわ。
このせっかくの蜜の味を損ねたら、何のための燗なのかわからなくなってしまいまする。
転ばぬ先の杖で、熱燗(50℃近辺)からせいぜい飛び切り燗(55℃近辺)未満で♪

おかげでたっぷりあったマトンも見る見る腹に消え、鮪の中落ちまでも以下同文。
厚揚げ・蕪・人参・マイタケの煮物やほうれん草槽の胡麻和えもパクパク、ムシャムシャ。
もちろん「お代わり〜♪」ですから、ただの甘々酒でないことはおわかりですな?


類は友を呼ぶ?

今日も電話であれをゴニョゴニョ、これをウヒョウヒョやっていたら…
某蔵元の新顔さんが青い瓶に詰められたサンプル片手にひょっこりやってこられました。
あれこれ話しながら、大吟醸はスルーして純米大吟醸を見せていただいたのですけれど、
「うぅ〜、これ、冷や飲みを意識しています?」「はい」
「大吟醸といえどもお燗できない酒はやりたくないんだよねぇ」
5〜6年ぶりに見せてもらう蔵元のお酒なのに遠慮のないこと。(笑)

普通なら「また面白いものがあったら見せてくださいな」で終わるのですが…
「ちょっと待ってください」と別のサンプルを取りにいったと思ったら
「こんなのもあるんですけど…」「へぇ〜、どれどれ…」
「わぁお、何なんだい、こりゃあ!?!?」
この蔵元はなかなかユニークな引き出しも持っておられることは承知していたものの、
まさかこんなものまでとは…。

とどのつまり変な酒屋には変な蔵元(失礼♪)との袖振り合うも多少の縁と〜♪
で結ばれる運命であったってこと?
てな訳で、来週初めにはお目見えの予定。それにしてもこれを飲むとしたら…
キッチンドランカー予備軍、もしくはかなりの強者でしょうな。(笑)

旭若松 熟成純米“2006年醸造”■旭若松 熟成純米“2006年醸造”
前夜の後遺症で胃腸が少々お疲れモードでしたから、しっかり練れた酒でリハビリを♪
原酒版の濃いうまみだけが “旭若松” ではありませぬ。普段飲みにはこれくらいの方がアテの守備範囲も広がりますから、むしろ好都合ですし、何よりも財布にやさしいところが…◎♪ (笑)

アテは、鯖の味噌漬け。ちと脂が多いけど、酒にも助けられてそれなりに。
烏賊・里芋・大根の煮物。ワタの味までも吸い込んだ里芋と大根がウマウマ。
性懲りもなく冬の定番、 “煮菜” 。これはもう毎日三食続けてもいいのですよ。

アテだけではなく酒もですが、「毎日口にしても飽きない」ってかなりすごいことでしょ?
定番と呼ばれるものには、その一つ一つに曰く因縁があるってことですな。


閑古鳥

2009/01/11 Sceneここも蓮の花が描かれた弔事用の熨斗紙と見紛うかのようなカラーリングですけれども、“Blogger” に置いてあった “別館” と “離れ” とを統合したテスト環境、“草庵” は今現在、さらに拍車をかけたものになっておりまする。
上の空きスペースにモノクロームの画像を入れたら、BGMは “お経” で決まりでしょう。(笑)

写真のように積雪0cmから少しは降ったとはいえ、山茶の花の紅と葉の緑を覆った雪も今日の雨混じりの天気ですっかり融けてしまいました。
この冬はまだ長靴の出番がありませぬが、来週はこんなものじゃすまされないのでしょうなぁ。

昨日、今日と思いっ切りヒマ!!
もう〜、飲んじゃいますぞ♪ (笑)


似非雪国

2009/01/11 Scene

西日本でさえ大雪だというのに当地は今朝もこの程度。一応、雪の本場でありながら申し訳ないような晴天です。

新年ですから年始めの会が目白押し。プライベートなら自前の酒ですから喜んで参加いたしまするが、公の会は相も変わらず銀色+薄酒。orz

はてさて、今宵はどんな酒を飲まされますやら。


img425_tenon_j19ところで、こういう使い方をすると結構見られますな、iPhoneアプリ “SepiaCamera” ♪

■天穏 無濾過純米-7号酵母- H19BY
19BYで初お目見えの定番 “天穏” 。昨秋のサンプルを見て取り扱いを決めたものの、仕入れたのは師走も半ばを過ぎた頃、というドン亀ぶり。さらに正月も一息ついたところでようやく我が家の食卓に初登場。
ただし、遅れた分はしっかり熟成に回っていますから、口開けにもかかわらず…
「あらま、なかなかいけるじゃない!?」

アチチ燗(60℃近辺)にしてから冷ましつつ、グビり。捌けやキレも良く、7号酵母の良さが素直に出ておりまする。

この2千円台という価格帯は原料米のツケがシビアに出てきますから、正直なところ敬遠したい気持ちもなきにしもあらずなれど、「“羽前白梅(尾浦城純米)” も値上げされてしまったし、敢えて選ぶなら “竹鶴(純米)” だけでいいか」と思っていたところに新たな定番酒出現ですな♪

アテは…すき焼き。ただし、砂糖たっぷりや濃い割り下とは無縁のジジババ世帯ゆえ、焼豆腐と葱とが主体で豚肉少々をすっきり醤油・酒ベースで煮込んだものですから、この “天穏” とも好相性。
やはり食とともに楽しもうとするには、酒に必要にして十分な酸がないといけませぬ。
白菜・シメジ・ベーコンになぜか帆立の貝柱まで入ったクリーム煮。
ひとたび出てくればしばらくつづく冬の定番、“煮菜” 。
もっとも煮物は大鍋でドカンと拵えてこそうまいのであって、決してチマチマ作るものに非ずですから、二日や三日つづいたところでどうってことありませぬ。
むしろ「毎日食べても飽きない」ことの方が肝要なのは酒と同じ♪
おからもムシャムシャ、とくれば当然、「お代わり〜♪」

「明日も飲むんでしょ!?」「酒には期待できないから飲み溜めしておくの」
カミさんともども開栓初日から半分以下に減らしてしまいましたとさ。燃費悪し!! (笑)


意地?

お気づきかどうか、“別館”・“離れ” を休止してからの拙blog、ここ本館にまとめただけあっていきなり投稿数が増え、かつ11月21日(金)以来の連続投稿を更新しておりまする。:-)
クソ忙しい年末年始を乗り越えてこれたのは…
途切れさすまいとする意地が勝った? はたまた、ただただヒマだった? (笑)

2004年9月27日(月)、当時開いていたBBS(掲示板)のスパム対策に業を煮やしてはじめたブログなれど、いつの間にやら4年と1四半期が過ぎ…

と戯れ言を垂れ流す日々が続くのでしょうな。(苦笑)
然れど…
当初から使ってきたこのブログシステムもかなり古くなってきましたゆえ、システムの乗り換えも視野に入れておりまするが、それにはこの “kanzake.com” サイトを置いているサーバの仕様ならびに “MySQL” のスキルという、二つの壁が…。
ヨチヨチ歩きながらこの裏で使いはじめたものの、はてさて…。→ 【草庵】

■旭若松 熟成純米“2006年醸造”
「ちょっと薄くなったといわれた」とご当主から聞かされておりましたが、なんのなんの。
日常の酒にはこれで十分。物足りなければ原酒ヴァージョンをお選びなされ♪

アテは…待ち侘びた “煮菜”。酒粕入りのこれが登場すると「冬だなぁ〜」と。
スケソウダラの煮付。これまた冬ならではもの。肝とダダミ(白子)につづき、尾もペロリ♪
残り物のビーフシチューやほうれん草と舞茸の胡麻和えまでも平らげるほど…
箸に淀みがありませぬ。これもひとえに “まっとうな燗酒” のなせる業ですな。

そういえば…
今日は我が愚弟、カスオジの誕生日ではありますまいか。
極めて儀礼的ながら、一応…おめでと♪ (笑)