お毒見 -3-

有機、あるいは無農薬を謳った農作物がもて映やされておりますが、土の恩恵を伝えるおいしさがなければ、何のための有機や無農薬なのか。お酒も同様で、山廃や生酛を標榜する蔵が増えているものの、できあがった酒が本当に山廃や生酛の酒と呼ぶに相応しいかどうかはまた別物ですな。
伝統や自然を連想させる山廃や生酛ならば飲み手の目を引く、そして売れる、とでもいうのか、次から次へと追随組が後を絶ちませんが、そのお酒がすべて本道をいくものかというと、残念ながら「これで?」という名前だけの山廃・生酛も数多あり、まっとうなお酒は相も変わらず一握り。
速醸であれ生酛系であれ、そのお酒なら毎日毎晩でも飲めるという出来の良さが必要なのではないでしょうか。

と前置きが諄くなりましたが…
おチャケの方はやんちゃな “高温山廃” と打って変わってスッキリ♪
「来ないねぇ〜、ホントに今日なの?」といっていたら、夕方になってようやく到着。
できあがったからにはもちろん晩酌デビュー♪

住乃井 山廃特別純米H17BY
住乃井 山廃特別純米 H17BY
●住乃井 山廃特別純米 H17BY
こちらは通常の山廃ゆえ、生酛系特有のあの香りを楽しみつつ…
「これが山廃!?」というやさしさも。
おまけに冷やでもグビグビいけるという、アブナい奴です。(笑)

瓶燗後一週間の開け立ては…ありゃ、やっぱ早過ぎた!? (苦笑)
飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷めてくると、ようやくこの酒らしさが出てくるとはいえ、まだ線の細さが目立ってしまいます。
開けて一週間から10日ほど待っていただければ…
昼燗(昼から燗酒)したくなる気持ちがよぉ〜くわかるでしょ。(笑)

アテは、ニシンの塩焼き。にしん蕎麦にはなかなか馴染めませんが、生はもちろん干物や身欠き鰊ならノープロブレム♪
マカロニサラダはマヨネーズ少なめ。年寄り仕様ではやや物足りませぬ。
青菜と油揚げの胡麻和えやソーセージ・金時豆・人参・大根・エリンギの煮物もつまみつつ…
初っ端からの「お代わり〜♪」でたっぷり空寸をつくりましたとさ。(笑)


お毒見 -2-

決して地元が嫌いな訳ではありませぬが、そもそもが地元に飽き足らずにはじまった “まっとうな酒” 放浪ゆえ、軽んじているといわれても致し方ないものがありまする。
とはいえ、地元の酒も機会がある毎に見てはいるものの、まだまだアル添主体。売れ筋の銘柄でさえ、連続蒸留式焼酎と見紛うような薄っ辛い酒を未だに “淡麗辛口” としている様に出会す度…
「見なければ良かった」
と後悔することになりますから、探す気力も次第に萎えるというもの。
その結果、“灯台下暗し” となっていたことを気づかせてくれた酒が…。

住乃井●住乃井 高温山廃純米 H17BY
これは間もなくお目見えするオリジナル仕様酒に貼られるラベルなれど、そのちっちゃいこと。実寸で高さ128〜9mm、幅80mm。
縦横比が “16:10” とMacのディスプレイと同じなのはご愛敬ですな♪ (笑)
閑話休題。
飲んでいたのはきき酒のために仕入れた市販版ですが、型に大きな違いはありませぬ。
速醸でいうところの “高温糖化酛” の山廃版、“高温山廃酛” という耳慣れない酒母づくりををウリにするのは全国でもここと “木戸泉(千葉県)” くらいでしょう。
開け立てはかなりにぎやかな酸と後に雑味を感じますから、味が濃い料理や脂っぽい料理、もしくは一癖ある料理と合わせたくなりますが、開栓して10日から2週間ほど放置すると程好くまとまり、守備範囲もグンと広がります。
そこに特徴ある酸が加わるのですから、なかなか楽しめる一本となりそう。

アテは豚肉・ベーコンと白菜を土鍋で蒸し煮にしたもの。
豚肉とベーコンのうまみと脂を吸い込んだ白菜がトロトロにとろけています。
笹鰈の塩焼き。身は薄いものの、こんがり焼かれたエンガワが香ばしくてうまい。
野菜とエリンギの煮物や青菜の胡麻和えなどをつまみつつ、定量未満の “住乃井” がお終い。

●日置桜 特別純米 “青水緑山” ver. 雄町 H17BY
「半分でいいから〜」と17BY同士のリレーに…。
きれいな玉を感じさせる味わいはさすがに特別純米ですが、ちと据わりが悪いところも。
揃いも揃って開けてからも時間のかかる酒ばかりですこと。(苦笑)


新居♪

雛人形サーバの移転と “kanzake.com” ドメインの移管が完了いたしました。
また、2005年と2006年の過去記事のインポートも終えておりまする。

これで2004年9月に開設以来の1,400余りの全ポストが統合されたものの、記載されている自己リンクや画像へのリンクが正しく反映されておりませぬ。加えて年度もアトランダムにインポートした上に、その完了前に既に新規ポストを追加しておりましたから、ポストの “id” に規則性はありませんのでご承知おきくだされ。

ただし、それがあったとしても大勢には影響ないと思われますし、それを補って余りある軽さを手に入れましたゆえ、またボチボチと書き連ねてまいりまする。
どうぞ旧に倍してのお引き立てに与りますよう、なにとぞよしなに。m(__)m

なお、当サイトの試験環境、ならびに旧別館と離れのポストについては…
サブドメイン化してこちら(↓)に置いてありまする。

裏草庵 -スタッフルーム-http://staff.kanzake.com

どうぞお見知りおきのほどを。


安息日(?)

にゃお「今度来る時はまたみりんを…」
とすっかり “古式みりん” の本物の味わいに魅了された老師。齢70を超えても…
「臭いわ、頭が痛くなるわ、この年まで酒を飲めなくて幸せ」
と語っていた老師を翻意させたのは他でもない、あの “どぶ” ♪
今では “住乃井” のみりんと “どぶ” を合わせて温めたお猪口一杯の晩酌を…
「あれはもう薬だね」
とニコニコ顔で話してくれるまでになり申した。
もちろんみりんは料理にも使っていますけれど…
「あの酒で煮物を作るとうまいんだよ」
ナント、“どぶ” を料理酒に!?!?
それ、晩酌がお猪口一杯で済むという人ならではの特権かも。(笑)

三週間ぶりに伺ったら、彼の地は30cmの積雪。急な降雪、かつ下手くそな除雪のおかげで…
「ヴァイブレーターに乗せられているみたい」
「しょうがないさ。雪道にはこれ(仕事車)が最強なんだから」
舗装路での乗心地だけなら過日の狼亭さんとの900km遠征に駆り出した愛車が圧倒するものの、こと悪路や雪道に限れば、車体が軽い上に構造もシンプル♪というパートタイム方式の軽4WDに敵うものはありませぬ。
未だにセンターデフにビスカスカップリングなどを使っている名前だけのフルタイム4WDではこうはまいりませぬ。
ハンドルにしがみついて中央車線をノロノロと走っているおばちゃんが…。
「え〜い、この紋所が目に入らぬかぁ〜!!」と大名行列よろしく内側から
「お先に〜♪」てなものですな。(笑)

雪見風呂老師宅の愛猫と遊んだ後は…こちらもすっかり嵌った感のある某日帰り温泉へ。
群馬では時間制のところもありますが、当地はどこも無制限一本勝負♪
ゆっくりじっくり温まった後はもちろん…
「キリンの瓶を」+「これ、また燗をつけてもらえる?」
とあのおチャケをご指名♪

昼過ぎからこうしてすっかり暮れるまで…
「フロ!!」「サケ!!」「ネル!!」(爆)


サーバ移転

あまりにもヒマなので裏でゴソゴソやっておりましたが、ようやく移転先でも挙動が安定した模様。
今のシステムは “MySQL” ベースのため、通常のWebサーバ上のファイルの他にデータベース・ファイルも移さなければならず、いつもながらの見様見真似で悪戦苦闘したものの、前のサーバよりはサクサク動いてくれているみたいで胸を撫で下ろしておりまする。
ちなみにサーバとともに “kanzake.com” ドメインも引越しました。ただいま移管作業中♪
次は…いよいよ夜逃げでしょうか。(爆)

移転中ならびに公開後も一部に不安定な挙動が残っておりましたが、これで何とか落ち着いたかと。
今後ともどうぞよしなに♪


たかが栓されど栓

裏貼りしぞぉ〜かで…26.8℃!?!?!? まるで初夏並み。
とても2月とは思えません。梅どころか桜も咲いてしまうのでは?
彼のお嬢様は…もちろんタンクトップに短パンでお過ごしでしょう。(笑)

それはさておきこちらは…
「おやおや、15BYなんてまだいたの?」
と邂逅にもはや溜め息も混じる一本がまたしても。

この裏貼りだけですぐにわかったあなたは…かなりの鷹マニア♪

takaisami_ts●鷹勇 純米 “鷹匠” H15BY
当然、非売品。開栓したものの忘れ去られていた一本♪
なれど、 “辨天娘” にも使われているこのプラスティックの栓。某女史の災難に留まらず、そのやわらかさゆえ密封性が今イチ。酒瓶を転倒させたら中身がこぼれることを覚悟しなければなりません。
それに…
一升瓶の口のちょっと下に一筋の突起がありますよね?あれを滑り止めとして、時には2〜3本の一升瓶をぶら下げて運ぶのですが、あの栓ですと手の一部が触れただけで簡単に外れてしまいます。
「開けやすくていい」という声が多数あることも承知しておりまするが、開栓後も放置で味を進めたり、移動したりする機会が多い向きには、デメリットの方が大きいように思いますな。
こと密封性に限れば、“神亀” や “睡龍” で使われているあのオールプラスティックの栓が最も優れているかと。

原料米や燃料に加え、各種資材費が高騰する中ではなはだ心苦しく存じますが、ことは出荷後の品質保持にも係る問題。こうした改善にはぜひ前向きに取り組んでいただきたい、と切望いたしまする。

話が横道に逸れましたけれど、件のおチャケはアチチ燗(60℃近辺)にしてしっかりいただきましたよ。(笑)


ちと雄町

Firefoxでリンクが埋め込まれた画像に表示されるリンクカラーの “border” (縁取り)。
セキュリティ対策(おかしなサイトへリンクされているかもしれないことへの警告)と取れば、確かに転ばぬ先の杖にはなりましょうが、サムネイルはじめすべてのリンクが埋め込まれた画像で常に2〜3pxはあろうかという枠が表示されるのは、見た目的には決してきれいじゃありませんな。(苦笑)

さて、そんな些末なことはともかく、最近頓に狙い撃ちされているおチャケが…。
造り手を選ぶ 7号酵母を見事に使いこなす、といえばもうおわかりでしょ?
ご当主のドライビング・テクニックを思い起す、あの四輪ドリフト酒ですな♪ (笑)

日置桜●日置桜 特別純米 “青水緑山” ver. 雄町 H17BY
といいつつ、これは…9号酵母酒。(爆)
なれど、侮る事勿れ。雄町とはとても思えぬいい甘が出てきました。
燗をつけるとその甘がさらにふくらんで…と喜ぶべきか、甘浮きでもたつく…と悲しむべきか。だからといってここで「やはり9号酵母は…」と決めつけてしまうのは早計に過ぎるというものでしょう。
元々、この酒はご当主が「長期熟成酒用に仕込んだ」ものを緊急避難策として出してくださったもの。ならば、この雄町に似つかわしくない甘も熟成酒への一里塚、とすることこそがまっとうな酒飲みに求められる適正な判断なのでは?
これから何年か後にこの酒が “山笑ふ” になるか、それともまた新しいブランドを与えられるのか。
「雄町どうさま〜」
とお声が掛かるのを楽しみに待ちましょうぞ、各々方♪ (笑)

てな訳で、手元のこれも同様にゆっくり寝かせてみたいと思いまするが、はてさて…。
これから長期熟成酒ならではのうまみをさらに深めようと変貌する、まさに蛹期のこれを見てみたいと思われる方は、ドライバー要員を確保した上で小庵にお越しを♪
あるいは、わずかな在庫の争奪戦にご参入を♪ (笑)

アテは、鶏と野菜・茸のソテー。ハム・トマト・胡瓜・玉ねぎ・レタスのサラダ。
ちと戻し過ぎだったけれど、いつもの煮菜。ほうれん草のお浸し。

この辺りまでは後の甘に見つけた熟成酒の片鱗に喜々として杯を進めていたものの…
「鶏、足りないでしょ? 鴨を焼こうか?」
が出てくると…
やはり 7号酒 “どぶ” の救援を要請することになるのですな。(爆)


Software Update

Security Update●Security Update 2009-001 Java for Mac OS X ●Java for Mac OS X


Appleから2点の “Mac OS X” 用 Updater が公開されました。
ダウンロードは、Software Update 経由、もしくは上のアイコンをクリック♪
手元の “Leopard” 10.5.6 の Software Update 経由では以下のコメントが。

すべてのユーザに、Security Update 2009-001 を適用して、Mac OS X のセキュリティを強化することを推奨します。これまでの改良箇所も今回のセキュリティアップデートに含まれています。

このアップデートのセキュリティに関する内容について詳しくは、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

Java for Mac OS X 10.5 アップデート 3 によって、Mac OS X 10.5.6 以降で動作する Java のセキュリティと互換性が向上します。

このアップデートについて詳しくは、この Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT3374?viewlocale=ja_JP

このアップデートのセキュリティの内容については、この Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP


東山道中膝栗毛 -番外編-

はがき絵

【特別付録】(笑)

珍道中の間、心強い相方を務めてくださった狼亭さんからうれしいお便りをいただきました。
封を開けたら、いつもの仄々としたはがき絵と斯様な小物が!?

●ぺんてる ユービーライト “ミゼ”
「へぇ〜、“ぺんてる” って、こんなのも作っているんだ!?」
と驚いたと同時に、このネーミングは…
「きっとミゼットのミゼだな」
と幼少の頃、ともだちの家の庭で遊具代わりに乗り回していた
あの三輪・バーハンドルの初代 “ミゼット” まで思い出され…

ミゼット

底無し沼 “YouTube” を浚ったら… 
ありましたよ!!      
懐かしのCMが♪ →

いただきもの♪ 
 
いただいたお印入り “ミゼ” は… 
← 早速、愛用のキーホルダーに♪
 
真っ暗闇の中でもこれで楽ちん!!
+足下灯やちょっとした非常灯にも♪
 
狼亭さん、いつもありがとうございます!! m(__)m