安息日(?)

にゃお「今度来る時はまたみりんを…」
とすっかり “古式みりん” の本物の味わいに魅了された老師。齢70を超えても…
「臭いわ、頭が痛くなるわ、この年まで酒を飲めなくて幸せ」
と語っていた老師を翻意させたのは他でもない、あの “どぶ” ♪
今では “住乃井” のみりんと “どぶ” を合わせて温めたお猪口一杯の晩酌を…
「あれはもう薬だね」
とニコニコ顔で話してくれるまでになり申した。
もちろんみりんは料理にも使っていますけれど…
「あの酒で煮物を作るとうまいんだよ」
ナント、“どぶ” を料理酒に!?!?
それ、晩酌がお猪口一杯で済むという人ならではの特権かも。(笑)

三週間ぶりに伺ったら、彼の地は30cmの積雪。急な降雪、かつ下手くそな除雪のおかげで…
「ヴァイブレーターに乗せられているみたい」
「しょうがないさ。雪道にはこれ(仕事車)が最強なんだから」
舗装路での乗心地だけなら過日の狼亭さんとの900km遠征に駆り出した愛車が圧倒するものの、こと悪路や雪道に限れば、車体が軽い上に構造もシンプル♪というパートタイム方式の軽4WDに敵うものはありませぬ。
未だにセンターデフにビスカスカップリングなどを使っている名前だけのフルタイム4WDではこうはまいりませぬ。
ハンドルにしがみついて中央車線をノロノロと走っているおばちゃんが…。
「え〜い、この紋所が目に入らぬかぁ〜!!」と大名行列よろしく内側から
「お先に〜♪」てなものですな。(笑)

雪見風呂老師宅の愛猫と遊んだ後は…こちらもすっかり嵌った感のある某日帰り温泉へ。
群馬では時間制のところもありますが、当地はどこも無制限一本勝負♪
ゆっくりじっくり温まった後はもちろん…
「キリンの瓶を」+「これ、また燗をつけてもらえる?」
とあのおチャケをご指名♪

昼過ぎからこうしてすっかり暮れるまで…
「フロ!!」「サケ!!」「ネル!!」(爆)