ロングステイ

タイトルを広辞苑で調べると…

ロング-ステイ【long stay】
 ホテルなどに長期間滞在すること。

と出てまいりますが、それはきちんと宿代を払ってくれる、言い方を変えれば優良固定客でもありまする。
拙庵にも同様にロングステイがいるとはいえ、彼等から宿代を払ってもらった例しがありませぬ。
日本では通常これを『居候』と呼ぶかと。(笑)

長期滞在の “龍” と “鶴” (笑)
長期滞在の “龍” と “鶴” (笑)

今どき黒スモークのUVカット袋に入れられた “龍” なんて…。
おやおや、隣の “鶴” の詰日付は…。
「それ、いつのBY?」
“龍” についてはわかっておりまするものの、
“鶴” はお蔵で調べてもらうしかなさそうですな。(苦笑)

てな訳で…

●睡龍 速醸純米 H15BY
練れに練れた睡龍初号。某所で「椎茸出汁」といわれる睡龍特有の香りを伴い、スパッとキレる後味の潔いこと。
サンマの煮付けをアテに最後の一合があっという間に空っぽ。

●鯉川 特別純米 H19BY
老父の晩酌用をちと失敬♪
純吟を奢られたスペシャルヴァージョンなれど、ベースがあれだからかなり匂いまする。(笑)
冷やではまだしも燗をつけると…「あれれ、まだまだ若いのかなぁ」
吟醸らしい含み香は楽しめるものの肝心の味わいが、もうひと味欲しいところでスルリと肩透かし。
熟成向きへの変貌はうれしいものの、またしても「いつ飲めるやら」を増やしたような…。(汗)

さてさて、本日、20BY鉄人お目見え♪ のはず。