某店への手紙

暑い時期も燗酒を、提供していきたいと思うのですが、最近は冷酒を好まれる方が多いですね。

というメールをいただいた某呑ませ手への返信を以下に♪

真夏を思わせる陽気にもなるこの頃ですが、これからの暑い時季こそが燗酒への理解を深める最高の季節です!!

記事とは無関係♪ (笑)
記事とは無関係♪ (笑)

というのも…
ご存じでしょうが、アルコールの消化・吸収・分解は飲んだお酒が自分自身の体温以上になって、ようやく始まります。
冷たいお酒を飲むと自身のエネルギーを使って体内で温め、体温と同じ温度にしてから消化を始めるように人の体ができていますから、摂り込んだお酒を温めるまでの時間が酔いのタイムラグとなります。
ですから…
「冷たいお酒を飲んでいたらいきなり酔いが回った」はもちろん、「目が覚めた後に疲労感が残った」「二日酔いになった」なども就寝直前まで冷たいお酒を飲み続ければ、睡眠中もその消化・吸収・分解のために体は働き続けますから、すべては道理。
そこへいくと…
燗酒は摂り込む温度が既に体温以上ですから、飲みながら早、消化・吸収・分解が始まるため、タイムラグもなく、すぐに酔うことで自身の適量を自覚できますし、飲みながらも消化・吸収・分解しているので就寝後の体への負担も軽く、結果として二日酔いになりにくい。これもまた道理です。

そして、暑い時季は冷たい物を摂る機会が増え、その上に冷たいお酒まで…となるとただでさえ草臥れている胃腸にさらに負担をかけることになりますから、少しも体にやさしくありません。
暑い日には一杯の熱いお茶がご馳走になるように、お客様の体を慮ればなおのこと、燗酒で労ってさしあげるのが提供する者の務めではないでしょうか。
お店のお料理をおいしく、また楽しく召しあがっていただくための食材や調味料へのこだわりやかける手間のすべてが、お客様への思いやりとその笑顔のためであるならば、それをお酒で具現化したものが『燗酒』である、とするのはいささか理屈に走りすぎますでしょうか。(苦笑)
お酒を召しあがっている最中に「お冷や」を所望されるお客様もいらっしゃると思いますが、お客様への愛を込めて、今後はぜひ「白湯」をオススメください。(笑)

最後に老婆心ながら…
あるお酒の会で出会った某飲食店の店主がこちらの燗酒談義に「燗酒を飲ませるとすぐに酔って飲む量(売上げ)が減るから、ウチでは○○(ガチンコの燗酒銘柄!!)は冷や(あろうことか『冷した酒』の意味)でしか出さない」とほざいた折、「だったら、どうしてこの会に来るんだ!?!?」と腑を煮え返らせ、その後一切の無視を決め込みましたが、斯様な志の低い店には決してなさらないようお願いいたします。


気分も衣更え?

ごちそうさまでした♪
ごちそうさまでした♪

超絶ヒマ〜!!
と某所にてぼやいておりましたが、そんなにヒマならマメに更新すればいいものを、気分の方もすっかり盛り下がってしまい、筆が進まず…
という数日でありました。

この間、一番娘に「田植えの手伝いを頼まれた」と駆り出された三番娘が二人揃っての帰省、と思いがけない賑わいが…。
そして、水無月の食い意地満載ツアーと新しいお蔵デビューの打合せなどなど、休みをはさみつつも売上げにつながらないところではなんやかんやとありまする。

斯様ないただきものもありましたゆえ、ちと味見のつもりが…
「へぇ〜、最近のおチャケとしては至ってまともなのね」
おかげで一晩で空いてしまいましたから、次回はぜひ一升瓶で♪ (笑)

●綿屋 純米原酒 “岡山雄町 六十” H19BY
宮城酵母ながら赤磐雄町の酸を存分に引き出した一本は、やはり他の宮城酒とひと味違うところを見せつけてくれまする。
食い意地満載ツアー打合会ではその酸が疎まれたのか、鯉川の阿波山田錦生原酒の方が減りが早かったので、こちらの残りは変人のお腹に納めさせていただきましたけれど、
もっと放置すれば熟れて重さまでもうまみに変わったのでは…とちと残念。

鰯の味噌和えがかなりしょっぱかったので酢に泳がせてしょっぱさを中和しつつ、綿屋をグビグビ♪

ゴールデンウイークはまずまずだったものの、明けてからはいきなり尻窄みになってしまい、トホホな結果で終わりそうな皐月の悪夢は早々に追い払い、水無月はハイシド〜ド〜、ハイド〜ド〜♪といきたいものですな。


Mac使いの悩み

ご存じのように我が愛機はMacですから、フォントの汚さで目が疲れるなんてこととは無縁なれど、如何せん少数民族ゆえに対応してくれないサイトやアプリも多々ありまする。
左様な事態には今まで “Parallels Desktop for Mac” で拵えたWindows XP仮想マシンで対応していたものの、泣き所が一つ。それは…
MacのキーボードをPCの106キーボードとしてしか認識してくれないため、キーの配置がPCのそれに取って代わってしまい、MacのキーボードながらもPCのキーボードのつもりで入力しなければならない!!
という実に厄介な環境で使うことを余儀なくされておりました。

Leopardを10.5.7にしてから、その “Parallels Desktop (3.0 Build 5626.0)” の挙動が安定しないこともあり、対抗馬である “VMware Fusion” の無償評価版を試すことにいたしました。

Intel Macならぜひ♪
Intel Macならぜひ♪

まずは最新の “VMware Fusion 2(2.0.4)” ダウンロード。次いで “Parallels Desktop” で作った仮想マシンに “VMware Converter 3(3.0.2)” をインストールして “VMware Fusion” 用の仮想ディスクを作り、Macの “ VMware Fusion” に読み込ませてやれば…
立ち所に “Parallels Desktop” で使っていたままのWindows XPクローンができあがり♪
しかも、ナント…
キーボードはMacのキーバインドのまま!!

ただし、またしても問題が一つ。それはUSキーボードゆえ、PCで多用する日本語入力のオン・オフ(半角/全角−漢字)キーがないのですな。
仕方なしにいちいちマウスでATOKバーをクリックして切り替えておりましたが、このようなアルファベット混りの入力する際にショートカットがない!! ってのは実に不便極まりませゆえ、ググったら斯様な記事に出会しました♪

VMware Fusion 2 で日本語入力切り替えが楽に

おかげでMacと同じように 『command+space』で日本語入力のオン・オフ切り替えが可能になり、さらに快適に使えるようになりました。
起動時間も “Parallels Desktop” より早いようですし、これは絶対に買い!!

こんなことならもっと早く試してみるのでした。5月7日までなら…
30%OFFで買えたのに!! (泣)


長期予報

ひたすらウエイティングがつづいた4月と5月。ことゴールデンウイークは休みもありませんでしたから、「遠くへ行ってみよう!!」と企ててみたものの、お目当ては「生憎、留守にしております」と物の見事に振られ、宿の手配をすることもなく白紙に。「分相応に!!」と大した稼ぎもない身への天啓でしょうか。(汗)

然れど、斯様な身にもお目こぼしと浮き世の義理は付いて回る訳でして…

●水無月
鯛や鮃ならぬ、海胆や鮑の舞い踊りと燗酒の旅♪
10人乗りワゴンを駆って900kmほどの行程の運転手役を仰せつかっておりまする。
持ち込みを許していただいたので、おチャケと燗どうこの手配も。
その土地のうまいものには「口を持ってけ」を実践する喰いしん坊の旅ですな。(笑)

与えられた制限時間、48時間をフルに「飲み喰い」に充てた上に観光までも!!
という強欲ツアーになりそう。(汗)

●文月
当地で出会った酒の縁がいつの間に醸す縁となった某蔵人君がめでたく結婚することに!!
ご両家の中間であり、二人の出会いの地となった当地で挙式、ならびに披露の宴が…。
彼の醸しの縁にちと関わったこともあって、「ぜひともお越しを」と相成りました。
しかもカミさんともどもお招きに与っておりまするゆえ…
二人分のお祝いを稼ぎ出すためにみなさまのご寄進を仰ぐ強調月間!! (爆)

おめでたい披露宴なれど、いつも不満なのはそのお酒。
ボロ日本酒・ボロ麦酒・ボロ葡萄酒のオンパレードは元より最近は…
ご尊父は某蔵のご重鎮、ご令兄は杜氏という新婦ながら宴席に日本酒がない!! という椿事も!?
今回はお蔵元もご臨席されまするゆえ、薄酒の地に遠慮なく天誅を下してくだされ♪
燗どうこ持参しましょうか? (笑)

●葉月
夜逃げせずに持ち堪えていれば、恒例の『旧盆明けまで無休!!』の連続操業が…。
それさえ凌げば、此度のリベンジを果たすこととなりましょう。
ついでですからもう一足伸ばして、まっとうな酒が紡いでくれた縁とご対面を♪
残暑どころかまだまだ猛暑が続くであろう時期に1,000km超の珍道中はいかがなりますやら。

斯様な出来事が待ち構えているこの後の三ヶ月。
お目にかかれるかもしれない諸姉諸兄各位、どうぞお手柔らかに♪
外れた方々も早速にご寄進を募っておりまするゆえ、どうぞよろしく♪ (爆)


少女マンガだね〜、AH (AH)

眠たくっても 嫌われても 年をとっても
やめられない〜♪ (爆)


の歌詞、YouTubeへ飛びます飛びます♪(笑) Diamonds by PRINCESS PRINCESS

こんな絵も描くんですね!?
こんな絵も描くんですね

先日、危うくダブって集めそうになったコミックスに代わり、文庫版でないことが引っかかったものの、「まぁ、いっかぁ〜」で1巻から9巻まで揃えてしまったのは…
拙blogに初登場の河惣益巳作、“玄椿(くろつばき)”。
“ツーリング・エクスプレス” や “火輪” など、ヨーロッパや古代中国ものばかりかと思ったら、和ものもきちんと描けるというか、絵としてはこれが一番きれいかも。

茉奈・佳奈主演のNHK連続テレビ小説 “だんだん” のもう一つの舞台となった祇園のお話なれど、下手なセリフや舞を見ずにすみますし、舞妓や芸妓はもちろん、伝統を受け継いできた祇園の本当の姿を浮き彫りにしてくれます。

ただ、“これ”、結構絡みのシーンも多いのによくぞ “花とゆめコミックス” に収めたたものですこと。
もっとも、最近は “ボーイズラブ” や “やおい” がごく普通の話題となる時代ですし、“花とゆめコミックス” 自体が小学生から一般社会人までを対象にしているそうですから、こちらの頭が古すぎるのかもしれませんけれどね。

そういうお話が気恥ずかしい方にはこちら♪
とはいえ、これも純然たる “少女マンガ” とはちと言い難い?
少女誌に掲載されただけの “少年マンガ” ともいえましょうが、いずれにしろマンガ好きならたまらない傑作の一つには違いありませぬ。
今回、久しぶりに全編を読み返しましたけれど、連載当時と何ら変わらぬパワーと笑いが満ちており、頭の中に花が咲きまする。(笑)

取りあえず本編(文庫版全4巻)を読了いたしましたゆえ、引き続き “外伝” 、そして “こカバ丸” へと♪

ご希望とあらばどれでもお貸しいたしますから、どうぞお申しつけくだされ!!
って、それには…
我が家の蔵書リストをご披露せねばなりませんかな。(苦笑)


イタ!! のちイヒ!!

三週間ぶりの休日となった昨日は久々の健診。
今までは某社団法人の出張健診を利用しておりましたが、近くて手間はかからないものの、内容は「???」の割に料金はしっかりというお金儲け上手なところに嫌気がさし、此度は協会けんぽのサービスを使い、“たちかわ総合健診センター(長岡市)” で受診してきたのですが…。

久しぶりに飲んだバリュームは、以前よりも少量な上にすごく飲みやすく、「軽く一口飲んで…」を思わずゴキュゴキュと二口も飲んでしまい、「あっ、一口でいいんです!!」と係の技師さんに制止される始末。(笑)
然れど、受付時に…
「こちらのオプションはどうされます?」「結構です」
「オプションになっていますが、追加の料金はご不要です」「じゃあ、やります」(笑)
と直腸診も受けたのですが、最初の触診で…
「力を抜いて」「初めてだからやさしくして♡」の願いも空しく、いきなりグリグリ〜。
「いた〜い!!」と思わず泣きが入るほどの触診が終わった後に「もう一度行くよ」と内視鏡で攻められた痛みより最初の沁みるような痛みに支配されっぱなし。「はい、終わりました」で支度を整え、退室してからもおケツの痛みはなかなか引かず。orz

いくら初体験とはいえ、こんなに痛がっていては…二丁目デビューは無理でしょう。(爆)

M家の庭
M家の庭

そして、夜ともなれば…
前夜はビールで我慢という休燗日だっただけに、「検診も終わったことだし」ならば、おケツに残る痛みも何のそので、当然、燗酒♪

取り寄せ酒第二班の前に届いていたものの、あまりのバラけぶりに放置を決め込んだ第一班のおチャケたちと40日ぶりのご対面は冷やジュルから。
「へぇ〜、こんなになるのっ!?」
ここまで化けてくれるなんて、「気に入らなかったら、一升瓶6本と300ml瓶2本の飲みかけどうしよ」と半ば諦めていただけにまったくの予想外ですな。
アーモンドクリームのような風味+たっぷりのうまみ。甘さとも取れますが、後味もダレませんし、うまくまとまってキレもまずまず。
やや生っぽさが残るため、熱燗(50℃近辺)と飛び切り燗(55℃近辺)の半ばで留めてみたら、相変わらずの生っぽさもさほど気にならないほど、味が伸びまする。

正直、第一印象はあまり良くなかったので、紹介してくれた某氏と送ってくださった蔵元に「どう言い訳しよう」と気に病んでいたけれども、これなら他のも十分に期待が持てますぞ。
はてさて、残りは如何に化けていてくれますやら♪


どうして冷やなの?

「今日と明日くらい休めば?」
とカミさんにいわれていたのに、TVでの余さんのあまりの飲みっぷりの良さに持って帰った某生酛純米生原酒を躊躇なく徳利に注いでしまい、思い出したのは電子レンジのスタートボタンを押した時。
「あっ!?」
結局、休肝どころか休燗にもならず。(笑)

ちとピンボケ(汗)
ちとピンボケ(汗)

それにしても余さん(←この写真、別人!?)、お酒強いですねぇ。
鳳麟蔵を案内してくれた社長に勧められるままに大洋盛をあれこれグビグビ。ご本人の…
「これ、試飲という量じゃないですよね」
というセリフを借りるまでもなく、その後も顔色も変えず召しあがっておられましたな。

翻って、漁師町を巡る鶴瓶師匠は或るお宅で同じくグビグビなれど、大洋酒造で大吟醸などにありついていた余さんと打って変わって、師匠はもう一つのお蔵の普通酒。さぞかし後に甘が残ったことでしょうな。(笑)

然れど、せっかく紹介されながら、返す返すも残念なことが…。
槽口から酌んだばかりのしぼりたてはまだしも、蔵内に設えられた試飲コーナー(*1)や総務課長のお宅でも、飲ませる酒はすべて冷や!!
漁師さん宅に上がり込んだ師匠も同様とはいえ、あちらのは燗をつけても甘ったるくなるだけで冷やよりもキレが鈍る酒だから致し方ありませぬが、まっとうな酒ならば燗でさらにうまくなるところを見せつけて欲しかったですな。
こちらのは純米大吟醸まできちんと燗上がりする酒質なのですから。
ましてや3月とはいえ冷え込んだ日の “おもてなし” ならば、なおのこと。

見逃した方々は下記の再放送もありますから、ぜひご覧くだされ♪
ただし、当地も村上まで行くと時々通訳なしでは「???」の言葉が飛び出しますからそのおつもりで。(笑)

NHK “鶴瓶の家族に乾杯”余貴美子 新潟県村上市(後編) BS2 5/18(月)08:15〜08:59


*1:試飲コーナー
  常設ではありません。たぶん、“町屋の人形さま巡り” 期間中だけのはず。
  大洋酒造 → 公式サイト


若いツバメ

自生もの♪
自生もの♪

「○○○さ〜ん!!」「お〜い、彼氏が来たぞぉ〜」
普通なら…
「おばちゃ〜ん」と呼ぶであろうにしっかり本名で呼んでくれるK君。
「ねぇねぇ、○○○さん、セリ採りにいこ!!」「は〜い、留守番お願いね〜♪」
といそいそ出かけていくカミさん。
朝の散歩だけでは物足りなかったのか、本日二度目のデートのお誘いが摘み草とは…
その歳でシブ過ぎますがな。 (笑)

てな訳で、亭主公認デートの戦利品はさっそく茹でられ、鰹出汁・薄口醤油・豪州塩・燗冷ましでつくられた汁を張って、お浸しに♪

上空警戒中
上空警戒中

こちらは今年もK君家の車庫に巣をつくったホンモノのつばめ。
巣を整える相方を表の電線の上で見守るなんて、健気ですこと♪

その巣を覗いたら、サ〜ッと飛び出していってしまった相方の後をピーピー泣きながら追いかけていく姿に、
「もう尻に敷かれているのね」
と同類相憐れみ…。(苦笑)



独り留守居の相方にこんな唄でも…
とツバメ三重連♪ (笑)


きき酒という名の試飲、のち本飲

昨日はまたまたま・ぜらさんが電車でCome!!
運転しなくてもいいならどんどん味を見てって♪
こちらもちょうどきき酒しようと思っていたところだったので二人でジュルジュル。
「めずらしいお酒があるよ」とまずはいただきものから。
●某蔵 岡山雄町 特別純米瓶燗火入原酒 H18BY
「うわっ!?!? 甘っ!!」
「ダメ、これ、飲めない」
次いで届いたばかりのまたまたいただきもの。
●某蔵 山田錦 山廃純米 H18BY
「う〜ん、これで山廃!?!?」
「一応、+11らしいけど、メーターの割りにキレない」
心尽くしのいただきものだというのに、口さがない呑兵衛二人はもう言いたい放題!!
ご厚意を斯様な悪口雑言でお返しし、頂戴した方々には誠に申し訳なく存じまする。(汗)

既にきき酒・発注を終えたサンプルの残り。
●天穏 純米吟醸 “改良雄町” H20BY
「若いけど、いつもよりうまみがはっきりしているし、ベロの上で玉のようにまとまるでしょ?」
「あ、これが玉のような…という味かぁ。確かにそれを感じますね」
●天穏 瓶燗純米にごり “改良雄町七割” H20BY
「こちらの方はベロにまんべんなく広がるでしょ?」
「これが一番いいですね、うまい!!」
とたぶん争奪戦が繰り広げられるであろう、にごりの量は控え目な7号酵母酒に二人とも◎。

「帰りの電車はいつもどおり?」「遅らせてもいいんですけどね」
「じゃあ、飲んじゃおうか!?」(爆)

●某蔵 生酛純米 選抜山田錦 H20BY生原酒
熱燗(50℃近辺)を超えたほどから冷ましつつ…
「あまり生っぽくないでしょ?」「これくらいなら生でも飲めますね」
「火入はたぶん秋にならないと出ないはずけど、これならいいと思う」

箱入り娘♪
箱入り娘♪

●辨天娘 H16BY五番娘 純米 “玉栄”
「どう?」「やっぱ、ホッとしますね」
開け立てゆえ「これが本領」とは言い難いものの、玉栄らしい酸がキチッと利いた酒がスルスルと喉を通りまする。
ワラビの醤油漬・粕漬、ゴーダーチーズなど、冷蔵庫に入っていたありあわせのアテなれど、酒談義をしながら気心知れた同士で飲むおチャケはやはりうまさも二乗♪

今度は電話をくださいな。もうちょっとマシなアテを用意しておきますから。
次の電車までいつもより90分の延長におつきあいいただき、ありがとうございました。m(__)m


動物性蛋白質欠乏症

「駐車場ありますか?」
「そんな気の利いたものありませぬゆえ、どこへでも適当に停めてくだされ」
とナンバーを見やれば、『庄内』の文字が!?
「おぉ〜、山形からですか?」「はい、酒田からきました」
お蔵と違い、酒屋なんて見るべきところもないのに、しかもこんなド田舎までようこそ♪
「電話番号で検索したら、違うところへ案内されてしまって…」
それはしょうがありませぬ。カーナビって、案外古いデータですから。
初めての方はネットや携帯の地図情報でご確認を。

色違い♪
色違い♪

斯様にまだゴールデンウイーク中という羨ましい方々がお訪ねくださった夜は…
またしても筍。椎茸や玉ねぎと卵とじにされておりまする。
ワラビのタタキ。ネットのレシピでは砂糖が使われていますが、「砂糖とサラダ油がない!!」我が家では当然、砂糖抜き。(苦笑)
セリとシラタキの煮物。お山の近くへ用があったので水辺を探してみたものの、セリを発見できず。ヨモギはたんまりあれど、他の山菜となると、素人にはなかなか見つけられませぬ。せめて名札でもついていれば…。
『さくら組セリ』『もも組ワラビ』『キャイ〜ン組ウド』とか。(笑)
じゃがいも・人参・玉ねぎ・ブロッコリーの煮物や水菜と蕪の浅漬けなど…。
卵以外は「動物性蛋白質なし!!」という精進な食卓。
今宵のおチャケは…

●日置桜 純米 “八割搗き強力” H19BY+日置桜 純米瓶燗火入にごり酒 H19BY
あの “内田強力” と山田錦+八反錦の三種混合日置桜♪ (笑)
「あれ〜、こんな香りがあったっけ」
一升瓶の口に付着したにごり部分が老ねた?ような香りが混ざるものの…
どちらも燗酒屋御用達の “7号酵母仕込” ですから、もちろん、ウンマ〜い♪
アテはパクパク&ムシャムシャ、おチャケはスルスル&グビグビ、とどちらも見る見る減っていきまする。

そうそう、筍とワラビがあるなら、味噌汁に仕立ててくれても良かったのにねぇ。