小さな旅

某店内と土蔵を結ぶ私鉄 (笑)
某店内と土蔵を結ぶ私鉄♪ (笑)

昨日の “不許葷酒入山門” 同様、先日の休みに「せっかくだから行ってみない!?」というカミさんのリクエストにより訪ねた街で出会った光景。
この写真だけでここがどこかわかったあなたは…かなりなミーハーかも♪ (笑)

日曜ということもあって、かなりな人出。団体客と思しき人たちの多くが示し合せたように日本一長いというジャンボ麩菓子を2本、3本と手にして歩く姿が異様であり、またおかしくもあり。
あ、ダジャレになっちゃった。(苦笑)

あとでその訳がわかりました。サイズにもよりますが、300円から400円で買えるので手頃なんですね。これがパリならバゲットが似合うのでしょうが、所変われば品変わるってことですな。(笑)

今にも降りそうな空の下、人並みをかき分けながらあちらをぶらり、こちらをぶらりの数時間♪


許し無用

裏門からなら? (笑)
裏門からなら? (笑)

『葷酒山門に入るを許さず』
−くんしゅさんもんにいるをゆるさず−
 ※詳しくは、こちらを♪ → 禅僧の台所 -オトナの精進料理-

葷(にんにく・ ねぎ・ 玉ねぎ・ にら・ らっきょう)はまだしも酒をダメといわれたら、おやぢは間違いなくUターンですな。(笑)

さて、長月も終わる頃になって二日間の休みをいただき、ありがとうございました。
神無月に入る来週は、わざわざ鄙の荒屋を訪ねてくださる遠来のお客人が…。
平日ですけど、夜は柳都でくだを巻いていることでしょう。

おヒマな方はレーダーで捕捉してくだされ♪ (笑)


お零れ

何だこれは!?
何だこれは!?

サイズが分かり易いように取り出したるは…
これ、四合瓶ではありませぬ。四合瓶が売れない店ゆえ、
もちろん一升瓶♪

いろんな野菜をいただきますが、これで当分、こればかり!?
うれしい反面、毎食、これ責めに合うかと思うと…
複雑な心境でもありまする。(苦笑)

ちなみにこのおチャケはいただきものではありませぬ。
残念ながら撮影用♪ (爆)

そうそう、拙ブログのテーマ(デザイン・レイアウト)をアップデートしたら、旧ヴァージョンと異なる部分があり、取り急ぎ手を入れたものの、まだ洩れがあるかもしれませぬ。
不具合を見つけられたら、ご教示いただければ幸いに存じまする。


誰も伝えない

借景で失敬♪
借景で失敬♪

五連休はいかがお過ごしでしたか?
USまで飛んでいった方もいらっしゃるようですけれど、この辺りは稲刈りが真っ盛り。田圃を往き来するコンバインが目立っていました。
お願いだから、道路にそのドロを落とさないで!! (苦笑)

昨夜、仕事を終えて見たニュースのトップは…
てっきりジャイアンツのV3かと思いきや、こっちでした。
動き始めた新政権に多くの目が集まるのは当然だとしても、その検証がきちんとなされてこその報道だと思いまするが、TVは元より新聞でさえ書かない事実が埋もれていることを、今朝、cafebabeさんのブログで知りました。

Read More


燗の温度

レッドゾーン♪
レッドゾーン♪

屋根付きアウトドアだった日、燗番を仰せつかるも下働きが足りなかったため、他にも焼き方を手伝ったり、紅ずわい蟹で甲羅酒を拵えたり…と目を離した隙に60℃まで刻まれたメーターが振り切っていました。(汗)

まぁ、中身は “どぶ” の18BYでしたから、このくらいの温度でへこたれることはありませぬ。炊きたてのごはんをハフハフと口に運ぶ思いをすれば、似たようなものでしょ♪
熟成色を帯びはじめた “どぶ” を片手に焼き場に戻り、テーブルに陣取って「わたし、飲む人、食べる人」を決め込む連中は後回しに、焼き立ての串焼を頬張りまする。
このくらいの役得がなければ、最初っから最後まで立ちっ放しでの下働きなんぞ、やってられますかい!!

燗番で手抜きしたければ、ちっとやそっとの温度で崩れない酒を選ぶべし。
然為れば、「それぞれの温度なりの表情を楽しめるでしょ!? 」と言い訳にも事欠きませぬ。(笑)


日々是燗酒

いただきもの♪
いただきもの♪

五連休の中日。といってもこの辺りは稲刈り真っ盛りで、静かなことこの上なし。
「ヒマだぁ〜」とボヤきつつ、おチャケだけは欠かさず飲んでおりまする。
が、チェック中なのにいつの間にやら空っぽになっているのも!?!?
うぅむ、喜び勇んで飲んでしまったら、何のために開けたのやら。
もう一本ずつ買うには…懐工合がいと寂し。(苦笑)

と思えば、斯様なお酒をいただいておりましたことを忘れていたり…。
確かH13BYのはずですから、どこぞにもう一本くらいはあったように思いますけど、こちらは中汲みだけあってきれいなものの、ちと後味が儚くもありますな。
岩手のお酒やら岐阜の原酒系のお酒に挟まれたので余計にそう感じたのでしょう。

そうそう、チェックしていたお酒の中に、4月から開栓常温放置されていた本醸造生原酒の一升瓶がありました。
アーモンドクリームを思わせる含み香とアルコール度数19%台の押しの強さなれど、生老ねや “添加アルコール” をさほど感じさせない練れ味は、実にユニークで面白い一本だったとはいえ…
「仕入れたところでオーダーは望み薄」
と諦めたのですが、値段も手頃ですし、これより冴えない名ばかりの純米酒もまだゴロゴロしていますから、“アル添” に寛容な人たち用に時々入れてみましょうか、と後ろ髪を引かれている夕暮れ時♪ (笑)


秋空の下

倒れた稲が哀れ
倒れた稲が哀れ
数日前の強風や土砂降りの影響と思えなくもないけれど、きちんと立っている稲を見ると…
「欲張りすぎたツケでしょ!?」
という思いの方が先に立ってしまいますな。
もう米処などという大きな括りでは語れなくなってしまったのは何も “農” に限ったことではありませぬ。まっとうな “ものづくり” の現場はどこも「産地から人へ」とその括りが狭まっているようですが、誰がそうさせたのか。政治や組織、自然環境など、挙げればきりがないでしょうが、そもそもはそれを許してきた人たちがいたからこそ。
変わろうとする意志に「遅すぎる」という醒めた答しか返せない世の中にならぬように。
珍しく男女が入れ替わって…
珍しく男女が入れ替わって…

てなことをいいつつ、こちとらはのんびりと温泉につかりまする。
ここでは初めての入替えに当たってしまい、いつもは女湯になっている方の風呂へ堂々と侵入♪
といっても、若い人が来る湯ではありませぬゆえ、いたとしても昔のおネエさんか薹が立ったおバアちゃんしかいないので、あべこべに遣り込められるか、三助にされるのが落ちですけどね。(笑)

左の茶色っぽい湯がここ特有の強塩泉。ぬるいお湯にじっくりつかっていたら、いつしかウトウトと…。
仕上げに透明な硫黄泉で温まると上がってからもなかなか汗が引きませぬ。

それにしても…どうして休みの日は一日が早いんでしょ!?


アウトドア擬き

いつもの面々も就労環境の変化でなかなか全員の都合を合わせられなくなり、
今年はとうとう暑気払いも納涼会もできませんでしたから、
「久しぶりに焼くか!?」
と相成ったものの、生憎の雨模様。晴れ女がいないとこうも違う!?

今宵のビールは…
今宵のビールは…

T兄家のガレージをお借りして、バーベキューコンロや鉄板、それにテーブルや椅子のセッティング、下拵えは休みだったT兄家とK兄家、H1兄家にまかせ、予定の時刻にいけば試運転を兼ねた焼初めがはじまっておりました。
あわててビールサーバーと燗どうこを設え、こちらも試運転♪
「すげぇ〜、よく冷えてるなぁ」
と専ら口を出すだけだったH1兄のお毒味が終わる頃には、H2兄やご近所のN妹、R弟夫妻も顔を揃え…
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

焼き鳥や豚ハツ、海老、帆立、玉ねぎの串焼きはじめ、豚ハラミ、鶏つくね、ソーセージ、烏賊、じゃが芋、かぼちゃ・・・などがどんどん炭火で焼かれまする。
「これ、家で串に刺したの?」「もちろん」「お腹空いたらおにぎりもあるから」
と早速、ワイワイガヤガヤ、ゴキュゴキュの開始♪

今宵の燗酒は…
今宵の燗酒は…

「オレ、燗酒がいいな」「じゃあ、ビールは自分で注いでね」
●開春 木桶仕込生酛 “イ宛” H20BY火入れ
ちゃっかりチェックも兼ねて用意した開春の90%精米生酛。
春に生で見た時にはまだ硬かったけれど、秋まで熟成され、穀物の酒を主張する野性味も加わりましたな。この精米歩合ですからかなりな雑味もあるものの、「これ、わざと味を汚しているの?」という酒もある中、これなら「ワイルドさ」をウリにできるかも。
開け立てということもあって、あまり熱くせずに47〜8℃という熱燗(50℃近辺)手前で。

「これもあるんだぞぉ〜」とH1兄が出してくれたのは、紅ずわい蟹!!
「蟹は要らないけど、甲羅酒つくろうか?」「おぉ、それ、頼む!!」
ならば酒は…
●生酛のどぶ H18BY仕込13号+13.5 瓶燗
ティーオレにさらにミルクを加えた色合いで熟成感もたっぷり♪
甲羅に注いで焼き網に載せ、「湯気が出るまで放っておいて」(笑)
こちらは燗どうこでアチチ燗(60℃近辺)を超えたどぶをグビグビり♪
銚釐から直注ぎでの屋外飲みに、五勺の本きき猪口では小さすぎましたかしら。

仕上げは焼たらば蟹と焼きそば。それにロールケーキとコーヒーまで!?!?
T兄とM1姉、T息子とK嫁。一家総出でのおもてなしに大感謝!!
またやりましょうね。今度は鍋かな!? (笑)


オドロキ・ナヤマシ

茶色いカップなんて初めて!!
茶色いカップなんて初めて!!

こんなに酒がうまいのも 当たり前田のまっとうな燗酒♪

「え、なにそれ!? って知りません?」
まだ生まれていなかったか!? (汗) 【ネタもと → これの4分32秒頃から♪】

先日届いた “Fカップ” (笑) の箱を開けて、びっくり!!
「え〜っ!?!? 茶色いカップなんて、あるのぉ〜!?!?」
確かに紫外線の影響を考えれば、透明よりははるかにお酒にやさしいけれど…
作る方も作る方なれど、使う方も使う方!?
茶カップがあるなら、グリーンカップがあっても良さそう♪

それにしても…
サンプルをいただいた “ひやおろし”、純吟並みにきれいなんだけど…
うぅ〜ん、悩ましいぃ〜、どうしましょ? (笑)

ようやく山梨ネタから抜け出たものの、ひでぇ〜タイトル。(爆)