時間旅行

神無月も終わる頃になって、思いがけずにこんな酒が…。

こんなのあった♪
こんなのあった♪
その昔のメーリングリストのデータを探ったところ
1999年4月に某お蔵へ伺った際にきき酒させてもらった中で…
「何これ、いいじゃないですか!?」
と当時としては珍しく酸の利いた味わいをいたく気に入っていたら
「残りで良かったらお持ちください」
と帰りにいただいいてしまった一本ではなかったかと。
おそらく昨秋まではずうっと雪冷え(5℃近辺)庫に入れられていたはずですから、色はあるものの、50%精米なのでさほど濃くはありません。きれいな熟成色。たぶん原料米は “一本〆”。

冷やジュルで…
「わぁお、まだまだ元気じゃない!?」
この10年間にお互いにいろいろあって疎遠になったとはいえ、当地としては硬質で締まった味わいが持ち味の珍しいお蔵だっただけに、口の中でキラキラと弾ける酸にその片鱗が残っておりまする。
熱燗(50℃近辺)超から冷ますと…
さらに元気になりますし、ハーブっぽい香りも出てきます。
残念ながら酵母についての記憶はありませんが、市販ヴァージョンに使われていた10号酵母ではなさそう。もっと意地汚い奴でしょう。(笑)

10年前に連れ戻してくれたこの酒のおかげで…
この後の越中の某料亭での宴までもがサルベージされるなんて!?!?
あの時食べた “尾の身” 以上の鯨には未だかってお目にかかっておりませぬ。


燗酒の縁 -東-

異空間♪
異空間♪
飲みはじめた頃は明るかった空もすっかり暮れて…
ようやくお邪魔できたのは、こちら♪
「初めまして、おやぢです」
「いらっしゃい、お待ち兼ねですよ」
と案内された席ではお久しぶりの顔ぶれが既にスタート。
「遅れてすみませんでした」
( ^_^)/▽☆▽\(^_^ )カンパーイ!

こちらの定番、寄り道セットをいただきながら、“龍勢” や “いづみ橋”、“花垣” などにおつきあいしていたものの、いつも電話でお話しながら思い描いていたイメージと全く違ったご主人が…

へぎ刺し? (笑)
へぎ刺し? (笑)
「いい鯛があったから」
と麹蓋より深い、へぎそばの五升盛りはあろうかという木の器に盛られたお刺身を用意してくださったとあっては、やはり…
「すみません、これ、お燗してもらえますか?」

●群馬泉 山廃純米吟醸 “淡緑” H19BY
こちらには “山廃酛純米” を定番にしていただいておりますが、めったにない顔ぶれでもあり、ご主人にもこの味わいを知っていただきたかったので、風呂敷に包んで持参した一本の登場♪
「これも良かったら…」
とすかさずたっぱさんが取り出したるは…
あれ〜!?!? 何でしたっけ、どぶ?

看板&燗番娘♪
看板&燗番娘♪
おなじみの顔ぶれ♪
おなじみの顔ぶれ♪
「お店の写真、撮らせてもらってもいいですか?」
「おやぢさん、ぜひここ撮って!!」
と自慢のコーナーもご主人の手作り!?
しかも居並ぶはどれもおなじみ、まっとうな燗酒ばかりがズラ〜ッと…。短い間でよくもここまで!?!?
↓でご案内している公式サイトの日本酒メニューがどんどん変わっていく有り様は、そのままお店の変わり様でもあったはず。
今度はピアノの会にもぜひお邪魔したいものですな♪

おつきあいいただいた先輩諸氏とたっぱさん。
ご多用中にも関わらず、ありがとうございました。
ご主人の小川さんはじめ、お料理を担当してくださる奥様、そしてお酒担当のお嬢様。
遅ればせながらたいへんお世話になりました。
これに懲りずにどうぞまたよろしくお願いいたします。

【余談】
最近はどちらも若い店主さんばかりで、おやぢより年上の方は久しぶりでしたけれど…
同世代ですから、次回はカウンターに陣取って酒談義や料理談義でも♪ (笑)


■酒処 波葉菜亭公式サイト
 千葉県船橋市本中山2丁目23-9 〒273-0035
 Phone. 047-332-1988
 12:00~14:00・18:00~23:30
 日・月曜休み

より大きな地図で 波葉菜亭 を表示

燗酒の縁 -option-

暑い盛りに静岡へご一緒したたっぱさんから
「こちらへ来られるなら水先案内を…」
というお言葉に甘え、某ネズミ〜ランドの隣のICまでひとっ走り。
首都圏内と首都高を利用したため、さすがに1,000円ではムリ!!
でも、ETCのマイレージがあったから、実支払額はゼロ円♪

まだ日が高い内から おやじ組二人で目指すは、住宅街の一角にひっそりと佇む某店。
お店や料理の写真を撮ったはずなのに記録されておりませぬゆえ、ご容赦を。

ビールを珍しくお代わりした後は、こちらで唯一の地元産純米の燗酒へ。
うぅむ、悪くはないんだけど、糠臭いなぁ。(苦笑)
「昔の流儀を守るのも結構だけど、わざわざ味を汚してどうするの!?」
と夏前に旅先で仕入れた或る酒に感じたことを再び…。

アテは…確か、煮魚か焼魚を頼んだはずだけど、憶えているのは…自家製のお新香がうまい!!
同じく自家製の豆腐の味噌漬も◎♪
じっくり時間をかけて水抜きした豆腐を味噌に漬けて半年(?)経ったものなれど、
これほどうまく漬けられた豆腐は初めて!!
たっぱさん秘蔵の神亀の槽口は老ねも霞むほどの熟成具合。
あの味わいなら燗で飲ったらもっとうまかったはず。

そして、なぜか千葉で芋煮を…。(笑)
醤油味の山形内陸ヴァージョン芋煮はしっかり出汁が利いていて、バカウマ♪
この出汁のおかげで…
「すみません、燗酒もう一本!!」(爆)

こちらは決して今風な小綺麗な店構えではありませんし、出されるものも至って地味。
なれど、どれもきちんと手をかけ、真直ぐな味のものばかり。
『当店は化学調味料は一切使っていません』
とわざわざ断り書きをするくらい、調味料や仕事にもこだわりをお持ちの様子。
お年よりも若く見えるご主人の話からすると、かなり原価高そう。(笑)
気さくな女将さんとお二人で切り回されるお店ですから、団体でドヤドヤと押し掛けるには不向きですが、
独りでぶら〜っと、あるいは気の置けない人たちと小人数でおいしいものを…には恰好ですな。

これでいつものまっとうなおチャケたちが一本でもあれば…は言いっこなし!?


燗酒の縁 -中-

お酒同様、ネタまで放置してしまいましたけれど…
この秋から拙庵にお目見えした “小左衛門” の中島蔵元が訪ねてくださいました。
「せっかくド田舎までお越しいただくのですから、一晩ゆっくり」
「ありがたいのですが…朝イチの飛行機を予約してしまったので」
ならば、せめてお時間の許す限り!! と鴨見もそこそこに別ルートで向かった先には…

ピンボケ -1-
ピンボケ -1-
十四代“目”ご当主♪
十四代“目”ご当主♪
オサムさんご夫妻、ま・ぜらさん、ちゃむさんが既にお待ちかね。
何で、みんな、こんなに早いの!?
「ビールを飲む人は?」
の問いにも全員…
「(し〜ん!!)」(笑)
「じゃあ、50℃ちょい上で」
と “純米播州山田錦六割五分” から♪
「あ、お酒は全部二合ずつね」
まずは…
「ようこそお越しを」
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
茄子のはず(汗)
茄子のはず(汗)
ピンボケ -2-
ピンボケ -2-
総勢7名のこぢんまりした「蔵元を囲む会」ですから、一つ一つのお話が全員にしっかり伝わりますし、こちらの質問にもすべて開けっ広げに答えてくださいますから、お互いの距離が急接近♪
この距離感、実にいい!!
かつ、実に贅沢!!
少人数だったこともさることながら、やはりいいメンツが揃ったからですな。
ピンボケ -4-
ピンボケ -4-
ピンボケ -3-
ピンボケ -3-
お酒は “山廃純米播州山田錦” へ。
次いで “生酛純米備前雄町” も。
この生酛の火入れヴァージョン、飲めるのはまだ拙庵のお客様のみ!! というありがたい一本♪
あ、もう一人いらっしゃいますね。
そう、あのお方!! (笑)

お刺身と新米のおむすびの写真を撮り忘れたことはご容赦を。
「あぁ、もう時間が!?!?」
お帰りになる小左衛門さんをお見送りした後は、もちろん…
「さて、延長戦開始!!」(笑)

ま・ぜらささん、ちゃむさんもお帰りという時になってから…
「あ〜っ、小左衛門さん、飲み逃げ〜!!」(笑)
帰りながら iPhone でメールをチェックしたら…
「すみません、お代をお支払いしていませんでした」というメールが来ていて独り笑い。
「新潟のみなさん、最高です!! また来ます」とつづけてあったことをお知らせして…。

スタッフの麻予ちゃん
スタッフの麻予ちゃん
遠路お越しいただいた小左衛門さんはじめ、平日にも関わらずお集まりいただいた、地元代表のオサムさんご夫妻、新潟から駆けつけてくださったま・ぜらさん、ちゃむさん、どうもありがとうございました。
またしてもお世話になった “魂 -Kon-” の本間店長にも感謝を。

三条にもまっとうな燗酒を飲ませてくれるお店がありますから…
みなさま、どうぞご贔屓に♪
本間店長の写真がないので麻予ちゃんの写真を♪
「えっ、こっちがいいですって!?」
お気持ちはわかりますが、店長も好男子なんですよ〜♪ (笑)


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 Phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00
 日曜休み

より大きな地図で 魂 -Kon- を表示

三人娘

三人娘ながらも誕生日は二回♪
という奇妙な巡り合せとなった我が家の二番娘と三番娘は先日また一つ歳を重ねましたけれど、
若桜のお蔵からも五百万石と玉栄に続く、三番目の純米娘がやってきました!!
ちなみに…
五百万石といえば、当地にもっとも馴染み深い酒米でもあり、数多の酒を生んでおりまするが、
その地にあって “若桜の五百万石” を贔屓にしてくださる燗星が!?
そう、言わずと知れたあそこです♪ (笑)

三人娘♪
三人娘♪

●辨天娘【H20BY12番娘】純米 “山田錦”
初お目見えとなる山田錦ヴァージョンの純米♪
裏貼りを見やると契約栽培山田錦100%の表示が…。
80%精米ながら契約栽培米を奢るなんて、辨天パパ、太っ腹〜!! (笑)
さらに酒米生産者まで記載されているではありませんか。
「えっ、前田さん!? 若桜町糸白見ってことは…」
あの憎ったらしいほど呑兵衛のツボを突いてくるお蔵の酛師さんをお婿さんに迎えられたあの…というより、一部のみなさまには某がんこ酒屋さんのお義父さん♪の方が話が通じやすい? (笑)
まっとうな日本酒はまっとうなお米なくして造れませぬゆえ、いいご縁が広がっていくのは傍から見てもうれしいもの。
ましてや今年は…当地から彼の地へ酒造りに赴く若者が一人。しかも…
「できたら米作りにも関わりたい」
という奇特な青年ゆえ、ますます以て彼の地が身近に感じられるようになることでしょう。

然れど、肝心のこのおチャケ…
「シブ〜い!! カタ〜い!!」といつもどおりの頑固者。
一応、日本酒度は+9なれど、余計な甘がまったく残っておりませぬ。
中島杜氏らしいといえばそれまでとはいえ、相変わらず遠慮のないこと!! (笑)
ただし…
80%精米とは思えない雑味の少なさ、キレの良さ。
アチチ燗(60℃近辺)から冷まして、ウマヅラハギの煮付けや鰈のソテーと合わせても、何ら違和感がありませぬ。
むしろ薄味に煮付けられたかぼちゃの方が甘さたっぷりに感じられるくらいの素っ気なさ。
睡龍の生酛生詰といい、また放置かぁ〜」
と悩みを増やしてくれるのは実の娘と同様ですわ。(苦笑)

最後に余計なお世話を♪
裏ラベルに記載されている…

お燗をして、食中酒としてお楽しみ下さい。
◎熱燗(50℃) ◎上燗(60℃)

の『上燗(*1)』の温度帯については見直しをぜひ!!


*1:上燗

    最近の定義では、45℃近辺の燗温度をいう


お強請り

久しぶりの海岸線♪
久しぶりの海岸線♪

メンテの帰り、久しぶりに海岸ルートへ。
新潟県中越沖地震(2007/07/16)以来、通行止が続いているR352の椎谷岬から震源地方向を…。
天気晴朗なれど、波やや高し?
写真の右手に佐渡が見えてもいいはずなのに…。

迂回路が結構遠回りになるため、最近はもっぱら内陸のR116経由でしたが、ここを迂回する椎谷岬トンネルが開通してくれたら、また海沿いルートに変えてもいいですね。

赤い定番
赤い定番

●小左衛門 純米 “播州山田錦六割五分” H20BY
「関西向けといっていたんですけど…」
7号酵母仕込みと聞いては見逃す訳にはいきませぬ。
きき酒しながら、即、これを定番酒に…と決め、
「でも、東でも出してもらえるんでしょ!?」
と出荷を強要していた真っ赤なお顔の小左衛門♪ (笑)
今月登場したばかりの20BY酒ですから、開け立てはさすがに新酒臭さも残り、据わりの悪いところもありましたけれど、一週間ほどでこなれてきました。
飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷ませば、たっぷりの甘をこれ見よがしにひけらかす山田錦酒とは違い、程好い酸を味わわせつつ、スルスルと滑り落ちていきまする。
値段も2千円台前半と手頃ですから、入門酒としても使えますな。
もし、濃く感じたら、10%ほど割水してから燗をつけてもいいですし…。
「これがきちんと熟したら」
という楽しみにももちろんチャレンジしたいところなれど、いつまであるんでしょ、これ!?
21BYはもう一本、仕込みを増やしてもえませんか〜♪
「もし売れ残ったら、これ幸いとばかりに熟成庫へ!!」
と呑み手ばかりか造り手まで唆してどうする!?!? (笑)


品切れする頃になってようやく

「しばらく品切れでご迷惑をおかけしておりました生もと純米酒ですが」
というお蔵のブログで初めて…
「へぇ〜、生酛が切れていたなんて、思いもよらなかったなぁ」
と何所吹く風のその訳は…

Before・After ♪
Before・After ♪
●日置桜 生酛純米 “山田錦” H18BY
内田さんが育てたお米で仕込まれた日置桜には、今でこそ “鍛造” という呼び名がつけられるようになりましたが、その初年度はこんなラベル(左)だったことを憶えていますか?
その後、先のブログにも登場している酛師の前田さんの書と意匠による現在のラベル(右)に変わったのですが、まさか切らしているとは思わず、この “鍛造” ラベルはまだ倉庫で出番待ちをしているなんて、さすが売れない店!! (自嘲)

冷やジュルで…
「えっ、なにっ、ほんとっ、いつの間にっ!?」
見事なまでに外れた予想に口惜しさを覚えつつも、こんな裏切りなら何度あってもいい!!
と思えるほどにウマくなっているではありませんか。
ならば…2分40秒の電磁波照射の刑!! (笑)

秋刀魚のソテーと付け合わせのトマト・キャベツ。
オリーブ油の癖やトマトの酸味もなんのその。ニギスの煮付けもいい味だし、
魚屋さん自家製イカの塩辛、きんぴら、そして里芋たっぷりのけんちん汁もアテにしながら…
アチチ燗(60℃近辺)から冷ました日置桜をグビグビ♪
「寒〜い!!」と帰るなり声が出たほど冷え込んだ部屋でも温い酒さえあれば…
体の中からほっかほか♪


こんなお酒に誰がした

日置桜の生酛強力H14BYや睡龍生酛純米H15BYをご存じでしょうか?
未だに大事に持っている御仁もちらほらあるようですけれど…
初めて口にした時のことが今でも昨日のことのように思い出されまする。
曰く…
「なんじゃこれ!? ちっとも味がねぇじゃん!!」
以来、年一回ほどの飲む機会を重ねる度にも…
「いったい、いつになったら」
を繰り返すこと5年余。ようやく髄のうまみを感じるようになった時の喜びは…
まさに天にも昇る心地でしたっけ。

神無月になって続々とやってくる生酛の中に、まさかその二代目が潜んでいようとは…

ひやひやひやおろし♪
ひやひやひやおろし♪
●睡龍 生酛純米 “生詰” H18BY
冷やジュルしての開口一番が「うげっ、じゅ、15BY!?!?」
三夏を越しながらのこのガチガチぶりは一体全体…。
お蔵は「お燗して飲んでいただくことを意識して」というものの、
「ちとやり過ぎでは?」
とアチチ燗(60℃近辺)から冷ますと…
「ひょえ〜、やっぱ、あの15BYだわ」
不自然、かつ余計な香りはもちろん、甘やダレを一切廃した米の芯だけの味わいは…
紛れもなく健全なる完全醗酵の真髄そのもの。
「これをして淡麗辛口という」
というお手本のような一本との出逢いに、年甲斐もなく狂喜乱舞するおやぢ♪

味わいの奥底にはまだまだ尋常ならざるものがありまするゆえ、本領発揮までは…
四週間? はたまた二月?
然れど…
「え〜っ、もうないのっ!?!?」
明日の受注締め切りを前にして既にお蔵では完売!!
こんなことなら、遠慮せずにいつもの如く吹っ掛けておくんだった。orz
「これをして後の祭という」
同じ過ちを犯さぬよう、年寄りからご忠告を…。
「さっさと電話かメールをしなされ!!」(笑)

ちなみに…
裏貼りに『19BY』の表示があるものは、親方のヘマが生んだレアもの♪
中身どおり18BYに押し直されたラベルが届くはずなれど、
「おばちゃんに怒られましたわ」
というネタを大切に残したい方はどうぞそのままで。(笑)


新兵器

【2009/10/20 修正】
当初、記載していた…

key mark 」が現れます

については、あなたが使っているブラウザに “popIn” プラグイン、もしくはアドオンがインストールされている場合にのみ表示される機能でした。
当サイトに埋め込まれた javascript のみの環境では「 key mark 」マークは表示されず、当該箇所の右下にプルダウンメニューが現れるだけですから、訂正してお詫びいたします。
それを差し引いても、これ、すごく便利♪
あなたのブラウザにも プラグインをインストールしてしまいましょ♪



某サイトを見ていたら、面白い挙動が…。
それが “popIn(popin)” なるツールの仕業だと知りましたので、早速、導入してみました♪
クリックしながら…
クリックしながら…

使い方 -其之壱-】♪
気になる語句をクリックしながらなぞって、その右下あたりにマウスポインタを置くと…
key mark 」が現れますから、それにマウスポインタを重ねると…
あら不思議、プルダウンメニューが出現!!
しかも…
メニューからお望みの項目を選べば、あらあら不思議♪
要求した結果をその場でプレビュー♪
メニューの最下部にあるサイト内検索を選べば、わざわざ右上のサーチボックスを使う必要はありません。

使い方 -其之弐-】♪
外部リンクが貼られている項目の右下あたりにマウスポインタを置くと…
key mark 」が現れますから、それにマウスポインタを重ねると…
「Aキーを押して」という表示が現れたら “A” キーを押せば…
またもや不思議、リンク先をこれまたその場でプレビュー♪
そして…
クローズボタンをクリックするか、プレビューエリア外をクリックすれば、いつでも元の画面に戻れますから、
リクエストの度に新しいタブやウインドウが増えて煩わしい!!
という悩みから解放されまする。
てな訳で…どうぞお試しを♪