寒の入り

夜半から台風並みの暴風が吹き荒れる小寒の朝。
まだ家が揺れるほどではないものの、風にヨワヨワのJRが停まっているくらいですから、うるさくて寝直すこともできずにノコノコと布団を抜け出してしまいました。

遅い所でも今日から仕事始め?
寒中お見舞い申しあげます

ようやくうまみが乗って…
●開春 超辛純米 “山田錦” H19BY
やってきた当初は名前やスペックどおりすっきりした飲み口が好ましいお酒でしたけれど、あれから半年、山田錦らしい味わいの厚みを感じさせるようになってきました。
7号酵母のお酒って、やはりこれくらい(時間が)かかってしまうのが泣き所なれど、ひと度そのクリアな味わいを知ってしまうとなかなか他のお酒では満足できなくなってしまう、という燗酒飲みの到達点といっても過言ではない魅力がありまする。
ただし、悪し様にいえば…魔性の酒とも。(笑)

飛び切り燗(55℃近辺)から冷ましながら、松前漬けを頬張りつつ、グビり♪
茹でた豚肉は山葵醤油でパクリとやりつつ、グビり♪
トマトの酸味で口を直しつつ、グビり♪
歳夜からの飲み疲れで少々胃が草臥れているかもと思いつつもグビり♪
「もう半分でいいから、お代わり〜♪」
「だから草臥れるんでしょ!?」
はいはい、お説ごもっとも。(苦笑)