俺らが飲んだ余り

今年のではありません♪
「やはり…」と「なんで!?」が入り混じる茶番劇の苦い後味を払うのに持ち出したのは、22BYのどぶ初号「仕込13号+12」の割水瓶燗ヴァージョン。
写真を撮らなかったので左のは “資料写真” ということで♪

上澄みだけではさすがに若さゆえの「しぶ〜!!」が目立つものの、よぉ〜く混ぜてアチチ燗(60℃近辺)を超させれば、フレッシュ、かつ澄み切った味わい。キリッと切れ上がって、余計な甘が残らないのもいつもどおり。
どぶの代わりは…どぶにしか為し得ず!!

21BYが残り僅かとなった日から「いつなくなるか!?」とヒヤヒヤしながら、自家消費を必死に堪えていたどぶもようやく解禁!!
今まで活動を控えていたであろう全国の “どぶレンジャー” 諸姉諸兄、もう遠慮はご無用。補給に憂いがなくなったからには…
お花見やお祭りはじめ、どぶ会議等々、やよ励まれたし!!

とはいえ、過日の朝日新聞関西版に掲載された『奈良県宇陀市・久保本家酒造 飲みたいんだから真剣』という記事をご覧になった方も多いと思いまするが、終わりの方にある「自分が飲みてえんだから、そりゃ真剣だわ。お客さんには悪いけど、俺らが飲んだ余りを飲んでもらってるんだわ」という加藤杜氏の言葉は決して冗談ではないだけに、今年もそのお零れに与れることを幸せに思いつつ、飲み尽くされないようさっさと分捕ってしまいましょ♪ (笑)

そうそう、同じ記事中に「酒をまずくする化学調味料や肝臓に負担をかける砂糖は使わない」とありますが、これも見過ごせない言葉ですな。