推定飛び切り燗

昨晩は清酒竹鶴 純米(八反錦・加工用米)を「あちち!!」という温度まで上げてみた。
通常この温度まで上げると、純米でもアルコール臭とそのアルコールが浮いたばらつきを感じるのだが、この酒、何と飲み頃の燗より味が濃くなる。(@_@)
まとまりの良さが旨みとなり、米由来の甘みさえ感じさせてしまうのだ。
こりゃ、マジに温度計をにらみながら、見合いの温度を探らねばなるまい。

しかも、この酒が、たかだか2,000円/1800mlだなんて‥
恐るべし、竹鶴。恐るべし、大魔神。

ますます薄酒が阿呆らしくなる今日この頃。

2 thoughts on “推定飛び切り燗

  1. On 2004/09/29 19:18

    ヒヒヒ…
    温度計なんて捨てちまいましょう。煮て熱けりゃ、フ〜フ〜しましょ。(^○^)

  2. On 2004/09/30 11:37

    自分で呑む分には捨てても構いませんが、他人に伝えるには…
    おやぢ:「煮てください」
    お相手:「ええ〜っ?!?!」(@_@)
    おやぢ:「熱かったら、ふ〜ふ〜しましょ」
    お相手:「アホやわ、こいつ」(-.-)#
    てなことに。(>_<)

Comments are closed.