東山道中膝栗毛 -其之伍-

某女史同様、鶴岡のビジネスホテル泊のつもりでいたら、「せっかくですからうまい朝飯を」というご当主のお言葉に従い、此度もお世話になることに…。

朝食@余目ホテルそのオススメ、庄内での定宿となった感のある “余目ホテル” の朝食。
すべて地の食材、すべて手づくり。ごはんがピッカピカでしょ!?
運転さえなければ、即「ビール♪」、もしくは「鯉川の純米を熱燗で♪」となること請け合い。(笑)

朝からおいしいごはんをしっかりお代わりをした後のコーヒーがまたうまいのですよ。
「鯉川さんはエスプレッソがお好み」と若女将から伺いましたが、たっぷり飲みたかったのでブレンドを。
水のやわらかさが伝わってきますな。

実は…前夜もさんざん飲み食いして戻った後、「鯉川の純米を2本部屋へもらえますか?」と我が儘なお願いを。
前回、「純米でしたからぬる燗に」という若女将に「もう少し熱め、50℃ちょいの方がこの酒はおいしいですよ」と余計なお節介を焼いたのが効いたのか、此度はいい按配の燗に加え、心やさしき若女将は自家製の漬物まで添えてくれて…。

趣のある建物と若女将のおもてなしに「やはりここに泊まって良かった♪」とつくづく思う良心的な宿でありまする。

■余目ホテル
 山形県東田川郡庄内町余目字沢田114
 Phone. 0234-42-2442

【つづく】

当初は『余目ホテル支店』としてご紹介したものの…
以前は文字通り本店がありましたし、その本店が営業を休止された後も宿前の看板ともども『支店』を名乗っておられましたが、現在では紛らわしい支店という名称を外し、ただの『余目ホテル』とされたようですから、記事中の表記も訂正いたしました。

2 thoughts on “東山道中膝栗毛 -其之伍-

  1. カンちゃんも次回は余目ホテル支店泊だと思いますよ。
    洋食屋「はんだ」も庄内町ですから。

    ここは本当にお薦めです。

  2. To Tankさん
    毎度予約係をお願いしてすみませぬ。
    此度もつい甘えて、若女将に無理を聞いていただきました。
    朝飯前にビールを飲みたかったぁ〜♪ (笑)

Comments are closed.