毎日が “ここ飲み屋かい?”

「二度あることは三度ある」と昔から云われていますが…
前夜の余韻がまだ冷めやらぬ夕暮れ刻に訪ね来る人あり。
「えぇ〜、今日も!?」と思いつつ、差入れまでされちゃ、やらないわけにはいきませんなぁ。
てな訳で、今宵は再び一階へ下りての三夜連続 “ここ飲み屋かい?”。(苦笑)

若桜の裏通り差入れの蛸と蕨の味噌漬をアテにキリン “復刻ラガー 明治” でかんぱ〜い♪
小浜海産物(福井県)の “鯖ソフトスモーク” や “鮟鱇の酢味噌和え” とくれば、やはり燗酒でしょ♪

■妙の華 山田錦90 生酛無濾過火入れ H16BY
“Challenge90第二章” と呼ばれている低精米生酛。前日、ま・ぜらさんやちゃむさんには不評だったようだけど、煮ちゃえばいいのです。

するとそこへ「お〜い♪」と焼き鳥を抱えた一昨日の二人組がまたもや…。
ありゃま、こりゃま、とうとう役者も揃ってしまったようで…

■秋鹿 純米吟醸 “ひやおろし” 2003年醸造
開け立てはさすがにちょっとつらいけど、まぁ、堪えてくださいましな。
下地ができているだけあって、ピッチが早いこと早いこと。
ワハハ!! アハハ!! と笑いが絶えませぬ。

さて、いきなりのグビグビ・モードは弾けるのも早いもの。
“秋鹿ひやおろし” を半分ほど空けたところで今宵はこれにてお開き♪

帰ってから、「シュポンッ!!」とまだまだ元気な “霙もよう” を飲み直したのは…
内緒ですからね。(笑)

3 thoughts on “毎日が “ここ飲み屋かい?”

  1. すいません、おやじ殿
    どこにメールしていいのか判らなかったので。。。。

    蔵人の1〜3巻を購入したいのですが
    ソレと一緒に
    山同さんの焼酎の本が欲しいのですが
    うまくアマゾンで見つからないのです。

    どうやって検索するのか教えてください。

    この場所に書き込んで本当にすみません。

  2. >あきつさん
    Mailは一応トップページ http://kanzake.com/ に置いてありますが…
    取りあえず、左サイドの“蔵人-3-”をクリックするとamazonのサイトに飛びます。
    そこに“蔵人-1-”と“蔵人-2-”もあるはずですので、順次カートに入れた後、
    上のサーチボックスでジャンルを“和書”にし、キーワードに
    “山同敦子”(姓名の間のスペースなし)と入れて検索すると…
    山同さんの著書一覧が表示されませんか?

Comments are closed.