“時間旅行” の引越し

国語読本“時間旅行” と題して、“” から “5” までランダムにご紹介してきた『国語読本 尋常小学校用 巻八(冨山房版)』は、これ以降 “隠れ処別館(閉鎖)” に移すことといたしました。

三平さんにいただいたコメントで、はたと気づいたのですが、著者である文学博士「坪内雄蔵」は、他ならぬ、あの「坪内逍遙」、その人でした。
天皇制時代の産物なれど、その主義主張に拘らず、歴史の一コマとして顧みることは、現代でも決して無駄にはなりますまい。

別館” では、あらためて目次に従って掲載しておりますので、よろしければつづきはそちらで。