揺れるおチャケ体中感じて

Sceneいやぁ、昨日は肝を冷しましたなぁ。
前夜、“生酛のどぶ” H17BY仕込19号+13を一升空けた余勢を駆って、知人宅で真夜中過ぎまでビールを酌み交わしたせいか、どよ〜んと寝惚け眼で惚けていたところにあの揺れで、一遍に目が覚めてしまいました。(苦笑)

今のところ6強とされている最大震度ですが、7に訂正されるかも。

「おったまげたぁ〜!!」と某所で叫びながらも夜になれば、やはり呑むわけでして…。被災されたみなさまに申し訳なく思いつつも「明日のために」と。

旭菊 純米古酒 H5BY
余震の強さや回数は “中越地震” よりも軽少ですが、有感地震はまだ続いておりますゆえ、気疲れも一入。こういう時には熟成酒の燗に救いを求めるのがいいですな。鮮やかな熟成色とウマウマの練れ味が体に染み渡りまする。

アテは豚肉の炒め物。下味がちと甘すぎるのでは?
サーモンのソテーにはブロッコリーが添えられ、熟したトマトが甘〜い。
レタスやセロリも一緒にムシャムシャ。
筍・人参・シメジ・蒟蒻の煮物も地味ながらホッとする味わい。

亡くなったり、家が倒壊した方もある中、こうしていつもと変わらず杯を干せることに感謝しましょ。

2 thoughts on “揺れるおチャケ体中感じて

  1. 家が崩壊して途方にくれている人たちをTVで見ながら晩酌をしてると
    「なんだか・・・いいんだろうか」って思ってしまうのですが、
    それでも飲んじゃうんですよね・・・すみませんと思いつつ。
    こういう天災が起こると、ウチのお酒置き場も、何とか考えないと
    確実に棚の中で「中身が入ったまま」割れそうです(汗)。

  2. To まき子さん
    それはそれ、これはこれ、でいいのでは?
    なんてったって、「明日のために」ですから。(笑)

    あの置き場所、箱のまま仕舞えると倒れる心配がいらなくなるんだけど。

Comments are closed.