I wish you a Merry Christmas

キリスト教徒ではありませんから、今年もターキーやケーキのない聖夜でしょうが…
気分くらいは味わいますか?

以下、個人的趣味によるクリスマス・ソング集♪

トラディッショナルなところでは…

旭菊■旭菊 純米吟醸“麗” (17.3詰)
これも涼冷え(15℃近辺)庫のヌシになりかけていたもの。
来た頃は「きれいだけど、線が細く、頼りないなぁ」の痩せっぽちだったけれど、冷やでも「え〜、こんなにうまいの!?」とまさに麗しくなってくれました。
熱燗(50℃近辺)を超させてから冷ますと、さらにまろやか、かつ、うまみも豊かに…。かといって味が多すぎる訳でもなく、涼やかなうまさ。
「こりゃ、いいわぁ〜♪」
しかし、どれもこれもこんなに時間がかかっては…
里親のなり手がいなくなりますぞ。(苦笑)

アテは前夜から持越しの刺身がたっぷり。
「おぉ〜」ツマの陰から鮃のエンガワが…。
こんなにたくさんあるのに、誰も気づかなかったのね。シメシメ♪
鱈やはんぺんに春菊たっぷりの鍋。“旭菊”とともに体の中から温めてくれまする。
車麩と葱の卵とじ。「また葱をいっぱいもらってしまってさぁ」と老母が…。
「くれる人がいるだけありがたいじゃない」と貧乏息子。X-)
いよいよ御出座しの“煮菜”を箸休めにしながら、「お代わり〜♪」な夜でした。

みなさま、どうぞ素敵なイヴをお過ごしくださいな♪ 🙂

8 thoughts on “I wish you a Merry Christmas

  1. 旭菊、私が飲んだのと一緒かどうかわからないけど、確かに万能のお酒って感じで助かりました。何飲もう・・っていうとき、とりあえずこれを選ぶとお刺身でも鍋でも、たいていのお料理を楽しめます。
    この記事見て味を思い出しました〜。(もうない・・)

    ネギ、身体にいいからドッサリもらってもすぐなくなりそう♪

  2. To hirorinさん
    召しあがったのは…綾花か大地ではなかったでしょうか。
    これも去年くらいまでは味らしい味がなかったのですよ。
    ここまで練れて、やっとうまみが…。

    ネギ、すぐになくなるくらいの量ならまだしも、半端じゃないんですもの。
    八百屋さんが開けるくらい♪
    雪でもあれば埋めておけるのですが…。

  3. イヴが終わったとたんに、世の中はお正月一色になりましたね〜。
    クリスマスの洋食から一気に和食へ!
    個人的にはチキンチキンばっかりよりは嬉しい限りです(笑)。
    お節料理作りの「かしまし親子」も、けっこう楽しいもので。

  4. To まき子さん
    ホントは今日がクリスマスなのにねぇ。
    お祭りは真似るけど、本質は真似ない。現代人の底が浅くなる訳ですな。
    前の記事の手料理に癒され、年内無休も乗り切れそう。

    しっかりお母上の味を受け継いでくだされ。そして、いつか我が子へ。:-)

  5. To Robert-Gilles Martineau (ロベル)さん
    群馬県産地酒? 龍神さんの“尾瀬の雪どけ”とか♪
    こちらは正月より年夜の晩のほうが盛大です。(笑)

Comments are closed.