思い込んだら吹雪の道も

「問題です。呑んだお酒、もちろんすべて錫銚釐にて湯煎燗」:-)

  • 『ひこ孫 純米酒 2003.12詰』
  • 『小笹屋竹鶴 番外編 H12BY』
  • 『生もとのどぶ H16BY 秋火入れ』
  • 『辨天娘 純米酒 H16BY 五番娘』
    「さて、ここはどこでしょう?」(笑)
    Y氏から外飲みのお誘いを受けたとき、「店はこちらで決めていい?」と懇願。
    せっかく出るのに、○○川や○○山、○○錦なんぞを飲まされるくらいなら、いつものようにここで飲んだほうがず〜っとマシですからぁ。
    ドカ雪に悩む方々には申し訳ないくらいの当地を離れた途端、路面は真っ白。前も見づらいほどの雪が降っており、時々地吹雪にも遭遇しながら、と〜ちゃく〜!!
    Y氏は冷酒、Y氏ご令室とカミさんはジョッキ、おやぢはグラスビール、と銘々の好みで
    ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパ-イ!
    突出しに骨付きリブロースのやわらか煮とワタリガニのペンネ。
    ワタリガニ、甲羅まで食べちゃいました。腹の中に砂肝あるのか?(^^; <自分
    鰺なめろう、コハダ刺身、鮪のタタキ、おでんを頼み、さっそくひこ孫の燗から。
    Y氏に飲ませたら、眉の間がピクッと…。「苦手?」無言でうなずく。
    しょうがない。あなたは冷やを飲んでね。十九・九平次・黒牛・村祐を…。
    カミさん、独りでちゃっかり“どぶ”を飲んでいますよ。
    それと、あ〜、何だっけ、名前が出てこない。○○鯛の一夜干しを焼いてもらったはず。
    ほかにもあれこれ食べたようだけど、呑むときはカメラ持たないしねぇ。
    携帯、変えようかなぁ。blog用なら、130万画素くらいで良いの?誰か、おせ〜て!!
    酒の好みは正反対だけど、話だけは良く合うY氏と思い思いの酒を飲む間も、外では雪が降りしきる。燗酒はすべて二合ずつ頼んでいたから、久々の痛飲。
    良くぞ戻ってこられたね〜!? な夜だった。:-)

  • 6 thoughts on “思い込んだら吹雪の道も

    1. もしかして、私がお邪魔したお店っすか?>in長岡。でもあのとき辨天娘はなかったから(持参する予定でしたが・・・)、新入り?
      新潟、雪が凄そうですね。JRの案内板に書かれていました。「雪害のため運行見合わせの列車は・・・」って。

    2. >マック次郎さん
      デス。:-) 娘は晴れて公認持ち込み。
      気に入ってもらえるよう、また通います。(^^;
      こちらは相変わらず大したことありませんが、お山のほうはすごいですね。
      景色がまったく違います。(@_@)

    3. ○○川や○○山、○○錦・・・
      このパズルに当てはまる銘柄が多すぎて笑ってしまいました(笑)。
      そういえば、「日本酒の銘柄でどの漢字が一番使われているか」
      なんてのも目にしたことがありました〜。

    4. >まき子さん
      彼が連れて行く店だと、川は小布施に同じ銘柄が、山はグッさんが出ている第3のムニャムニャメーカー、錦は蕎麦屋で温かい○南蛮!! などが該当します。(爆)
      何が一番多いか知ってる? 🙂 <酒名の漢字

    Comments are closed.