今日までそして明日から

空いた一升瓶が箱に詰められ汽車ぽっぽ、じゃない、玄関脇にで〜んと。これ見よがしに邪魔者扱いされています。
「飲んだ分くらい、さっさと片付けろ〜!!」というサインですな。
ってことは、そろそろ酒を補充しなければ…。(笑)
hioki_gouriki80.jpg日置桜 純米 八割搗き強力 H16BY
瓶詰後、まもなく一年。「こりゃ、とんでもないやんちゃ坊主だ」と思っていた“八割搗き”も丸みを帯び、冷やでもスッと喉を過ぎます。
涼しくなったとはいえ、1分50秒で飛び切り燗(55℃近辺)ほどに仕上がった“八割搗き”は思いの外に大人しい。程良いうまみと捌けの良さが同居。ずうっと常温に置かれ、紆余曲折を知り、角が取れたのか。
危なっかしくて目が離せなかったクソガキが安心して見ていられるようになったのはありがたいですが、悪くいえば毒気がなくなった、良くいえば大人になったということでしょうか。
ただし、これが定番酒の役割を担うに相応しい姿でもあると申し添えておきます。:-)
takuro.jpg

今夜の最大のアテはこの人、吉田拓郎。(笑)
31年ぶりに彼の地で行われたかぐや姫とのジョイントライヴ、“吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006”。NHK BShiの中継はすでに最後のパートがはじまっていましたが、アンコールまで小一時間の肴に。:-)
ただ、拓郎も60歳を過ぎ、往年のクソガキぶりは鳴りを潜めましたね。顔付きもすっかり丸くなってやさしさが漂うように…。なんだかこの日の“八割搗き”と拓郎がダブってきます。
とはいえ、“八割搗き”はまだ1年。35年も前に出会った拓郎ほど好々爺にはなっていませんけどね。
−この項、敬称略− (笑)
今日も今日とて、燗酒を酌みながら、夜が更けていきまする。
そして今、私は思っています。明日からもこうして生きていくだろうと♪
そうそう、“公式記録BOX 吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006“も先行予約受付中とのこと。

2 thoughts on “今日までそして明日から

  1. こんばんは。
    仕事から帰ってきて、昨日の“つま恋2006”のビデオを見始めました。
    オープニングは、拓郎&かぐや姫で「旧友再会フォーエバーヤング」でした。
    拓郎は本当にまんまる顔になりましたね。パンダさんはフツーのおじさん。こうせつと正やんはあまり変わらないみたいだけど。
    おっ、2曲目は拓郎の「ペニーレインでバーボン」だ。バーボン飲みてー。(笑)
    ネタばれになるのでこの辺でやめますね。(^^ゞ

  2. >まーちんさん
    みんなそれなりに歳をとりましたねぇ。こうせつが一番変わらないかも。
    ブラスが入るのは分かるとして、なんでストリングスが!? って…。
    バックコーラスも大人しめで、なんだか物分かりが良くなったガキ大将みたい。
    それでもあれだけのおじさん・おばさんを集めるのですから、大したものですね。:-)

Comments are closed.