南蛮渡来のブツ

yano_jgnaka_f.jpg

肥前蔵心 純米吟醸 中汲み H16BY
山田錦50%精米・協会9号酵母・速醸?、という何の変哲もない仕込み。届いたばかりの頃は「無難にまとまってはいるものの、やや凡」と感じていたけど、一年ぶりに開けてみたら、どうしてどうして、ミネラルを感じさせるうまみが…。
開栓に立ち会ってくれたヒヨコ豆之助さん。N県の純米薄酒にやられたお口に笑みが戻り、さっそくお買い上げ。:-)
折しもこの日は“ここ飲み屋かい?”参与が顔を揃える日。試飲の残りはその席で消化しちゃいましょ♪
夜の帳が降りてライトに照らされ、ますます飲み屋然となった2階に集まる、いつもの顔ぶれ。キリンラガー樽生でかんぱ〜い♪
アテは魚屋さんが拵えた、わらさ・鮃・甘海老・蛸・帆立の刺身盛り合わせ。おぉ、鮃には縁側まで。なかなか気張りましたなぁ。Good job!! 🙂
yano_jgnaka_b.jpgポテトサラダ、煮菜、厚揚げ焼、冷や奴、佐渡のえごねり、小柱入りかき揚げ、太刀魚の骨せんべいに各参与の差入れ。H1兄のメンマのピリ辛炒め、H2兄は晩生の茶豆と胡瓜漬、T1兄は乾き物の焼鱈、K兄からは醤油おこわ。珍しいものはありませんが、それなりに盛り沢山。
これで話に花が咲かないはずはなく、燗で締まりが増し、辛口の一面も見せるようになった“肥前蔵心”は、ご覧のようにスッカラカン♪
お蔵元ご来訪時の残りを緊急放出して、急場を凌ぎます。
鯉川 純米吟醸“鉄人にごり”(五百万石50%) H16BY
Aussie_salt.jpg久しぶりの“鉄人にごり”は「これでもか〜!?」という味の乗りよう。ウンマ〜い♪
先日、思いがけず入手したこのブツ、かなりヤバい代物。真っ白ではなく、ほんのりと桃色がかっていて、この効き目が切れようものなら何をしでかすか分からない輩を生み出します。
今日も今日とて、これなしにはいられなくなった面々。あ〜あ〜、とうとう直に舐めちゃってますよ。まいったなぁ。
こりゃ、なくなったときが、こ・わ・い!! (苦笑)

8 thoughts on “南蛮渡来のブツ

  1. 締まった、ミネラルの旨み・・・う〜ん、止まらなくなりそう。
    モンラッシェみたいなこのキーワードは見逃せません。
    娘とどっちにするか迷うな〜
    候補に挙げていいですか?

  2. >HNさん
    釈迦に説法とは思いますが、ワインとは違いますよぉ〜。
    開けたての奥底に感じるものがあったということで。(^^;
    もちろん、構いませんよ。
    ただし、癖というか、個性はそう強くありませぬ。

  3. 先日はお邪魔しましたぁ。
    開栓式に参列できて光栄でした。
    おやぢさんのお言葉に触発され、
    昨晩から軽く晩酌し始めてますが・・・
    調子に乗って呑みすぎて、すぐになくなりそう。
    そして種類がないのでつまんない。
    また近々買出しに寄らせていただきます。

  4. >まき子さん
    桃色というか、桜色のほうが近いかなぁ。
    酔ったまき子さんのほっぺみたいに、ほんのりピンク。(笑)
    成田APでワン公に見つからなくてラッキーですな。
    舐めるのは、次回、次回。:-)

  5. >ヒヨコさん
    本数が少ないとなかなか楽しめませんものね。
    ありすぎるのも置き場所がたいへんですけど…。(苦笑)
    家でゆっくりってのも良いものでしょ?
    ただし、家飲みで四合ペロリという猛者の真似をしちゃいけませんぞ♪ (笑)

  6. 最後の白い物の画像。。。
    「末端価格にして、およそ、○○○○○○・・・」
    というような、ニュースになりそうな感じ。。。

  7. >itachaさん
    な〜んにも表示がありませんから、成田で良くクリアできたなぁと。
    そっちのブツなら、末端価格にして億はいくのでは? (笑)

Comments are closed.