あ、あったぁ!!

「確か味を確認しただけで、残りは持ち帰っていないはずなのになぁ」「飲み終えた憶えはないんだけどぉ」。探すたびにそう思いつつ、とうとう見つけられなかった酒が、「えっ!? こんな所に仕舞ったのか」。思わず目が点に…。
木を隠すなら森の中までは良かったが、置いた場所を忘れるとは何たる間抜け。orz
『悦凱陣 讃州雄町 山廃純米無濾過生原酒 H11BY』
現在の丸尾本店は蔵元の丸尾忠興氏が製造責任者(杜氏)を兼ねるが、これは井上道孝氏が杜氏を務めていた時の酒。
生臭もなく、とても5年前の酒とは思えないほどパワフルだったことを思い出す。
とっくに飲んでしまったと思っていたこれまで。
『綿屋 純米吟醸 阿波山田錦55』
くっくっく、に〜んまり。(^_^)v