深まりゆく

autumn.jpg降りそうで降らない天気。やけに暗くなったと思ったら、いきなりの雷雨。おかげで、いつもながらの懐具合に加えて肌寒さまで実感するようになってしまった。orz
とっぷり暮れた時刻、いつもの場所にいつもの面子が集まった。
こりゃもう、飲み会ですな。全員確信犯。(笑)
アテは、地のイナダ・カンパチ・鯛・烏賊の刺身盛り合わせ。ただ切っただけとはいえ、このエッジの立ち方がプロの技。ほうれん草とモヤシの炒め物。ほうれん草とカキノモト(食用菊)のお浸し。酢豚。
そこにH兄差入れの蛸刺しとカキノモトの胡麻酢和えが加わり、燗のできあがりを待つ。
『鶴齢 特別純米酒 山田錦 無濾過瓶燗 H15BY』
冷やジュルで若干の甘浮きを感じたが、16%台のアルコール分の練れ具合に支えられて、まずまずか。
上燗(45℃近辺)と熱燗(50℃近辺)の中間くらいに仕上げると、多すぎる味にも締まりは出てきたが、メーターどおりキレが今イチ。酵母を替えてくれると、もっと良くなるはずなのだが…。
酒の弱点は気心知れた仲間たちとの会話でカバー。
おやおや、いつもはビール党のH兄までハートランド1本で切りあげ、燗酒をご所望。
前夜もおやぢにつきあって飲み過ぎのK兄はなかなか調子が戻らない様子。お気の毒に。(^^;
絶好調T兄のリードで賑やかさを保てば、徳利の空き方も忙しくなるは必然。65℃の湯温に設定された燗どうこがフル稼働。
「あら〜!?空いちゃった」。ご相伴に与ったカミさんの声で一升瓶が空になったことに気づく。「次、何にする?」
『鷹勇 山廃純米60% H9BY』
鶴齢とグレードを合わせるために50%を開けようとしたら、「もう良いよ」の声が。残ったら次回まで預かっておいてあげるのに…。
「しょうがねぇ、人柱にしちゃったことだし、試飲用を供出してやるか」と、60%の出番と相成った。
こちらは熱燗超から冷まして。
「あぁ〜」、溜息が洩れちゃうよ。良い面子に良い酒が加われば鬼に金棒だ。
深まりゆく秋の宵、雨の夜が更けていった。


前夜のツケで片付けもそこそこに帰宅。チョロQ、オバQ、バタンキュー♪となったことは、云うまでもない。(爆)

4 thoughts on “深まりゆく

  1. 懐具合が寒い と言うような呑み方ではないと・・・
    いいなぁ。
    豪勢な呑み方だなぁ。

  2. >あきつさん
    刺身だけはプロ(魚屋さん)に頼みましたが、或る意味家飲みの延長なので、豪勢ってほどじゃないと思う。
    外飲みに比べれば、雀の涙。(笑)
    魚屋さん、八百屋さんにも頑張ってもらいたいと思う今日この頃。

  3. >nizakeさん
    実際にあんな早く動いたら、筋切れますって。
    あっちウロウロ、こっちウロウロ、キュッ、キュッ、キューッ!! (笑)

Comments are closed.