気分も衣更え?

ごちそうさまでした♪
ごちそうさまでした♪

超絶ヒマ〜!!
と某所にてぼやいておりましたが、そんなにヒマならマメに更新すればいいものを、気分の方もすっかり盛り下がってしまい、筆が進まず…
という数日でありました。

この間、一番娘に「田植えの手伝いを頼まれた」と駆り出された三番娘が二人揃っての帰省、と思いがけない賑わいが…。
そして、水無月の食い意地満載ツアーと新しいお蔵デビューの打合せなどなど、休みをはさみつつも売上げにつながらないところではなんやかんやとありまする。

斯様ないただきものもありましたゆえ、ちと味見のつもりが…
「へぇ〜、最近のおチャケとしては至ってまともなのね」
おかげで一晩で空いてしまいましたから、次回はぜひ一升瓶で♪ (笑)

●綿屋 純米原酒 “岡山雄町 六十” H19BY
宮城酵母ながら赤磐雄町の酸を存分に引き出した一本は、やはり他の宮城酒とひと味違うところを見せつけてくれまする。
食い意地満載ツアー打合会ではその酸が疎まれたのか、鯉川の阿波山田錦生原酒の方が減りが早かったので、こちらの残りは変人のお腹に納めさせていただきましたけれど、
もっと放置すれば熟れて重さまでもうまみに変わったのでは…とちと残念。

鰯の味噌和えがかなりしょっぱかったので酢に泳がせてしょっぱさを中和しつつ、綿屋をグビグビ♪

ゴールデンウイークはまずまずだったものの、明けてからはいきなり尻窄みになってしまい、トホホな結果で終わりそうな皐月の悪夢は早々に追い払い、水無月はハイシド〜ド〜、ハイド〜ド〜♪といきたいものですな。