酒屋蕎麦

蕎麦屋で飲むのが蕎麦屋酒なら、酒屋で喰らうのが酒屋蕎麦♪ (笑)

竹鶴■竹鶴 本醸造 “金冠” H15BY(?)
珍しくアルテンダーに浮気♪
その実、これ以来の在庫整理と恐いもの見たさ。(苦笑)

純米の “清酒竹鶴” と同じ仕様なれど、後味にその差が顕れてしまいます。燗をつけても、熱い時はいいんだけど、冷めてくるとやはり痩せてしまいますな。それと若干のヒリヒリ感が…。
それでもこちらの連続蒸留式焼酎かと見紛うような薄酒と比べれば、ずうっとマシ!!
とはいえ、今さら戻りたくないこともまた事実でありまする。

秋刀魚の塩焼きをアテにアル添 “竹鶴” を退治しているところに…
「できたわよ〜♪」「え〜、もう!?」
打ち立てにはこだわりませぬが、茹で立てを逃したら蕎麦ではありませぬゆえ、
もり汁もつけずに某お蕎麦屋さん入魂の十割蕎麦を、ずずず〜っ♪
「わぁお!?!?」
モチモチとした食感に鼻に抜けるソバの香り。
洗いと水切りが拙いのは…ゼニを取れる人と取れない人の差ですから、
これはもう口を持っていくしかない!!
ってことで…260kmの彼方に最敬礼♪ ∠(@O@) ビシッ!

次は地域通貨とまっとうな純米燗酒で、この至福をさらにふくらませましょうぞ。(笑)

2 thoughts on “酒屋蕎麦

  1. 家で本格10割蕎麦なんて贅沢〜♪
    でも、やっぱりお鍋の大きさが違うだけで茹り方も全然違っちゃいそう。
    そしてそんな感じが、家庭の味でまた良さがありますね。
    蕎麦と日本酒・・あぁ・・日本人に生まれて良かった・・

  2. *hirorinさん
    それこれもあのお蕎麦屋さんのおかげ〜♪
    もうちょっと近ければ足繁く通えるのですが…
    まぁ、家でのんびりと燗酒と蕎麦を楽しむのもいいものです。

Comments are closed.