お強請り

久しぶりの海岸線♪
久しぶりの海岸線♪

メンテの帰り、久しぶりに海岸ルートへ。
新潟県中越沖地震(2007/07/16)以来、通行止が続いているR352の椎谷岬から震源地方向を…。
天気晴朗なれど、波やや高し?
写真の右手に佐渡が見えてもいいはずなのに…。

迂回路が結構遠回りになるため、最近はもっぱら内陸のR116経由でしたが、ここを迂回する椎谷岬トンネルが開通してくれたら、また海沿いルートに変えてもいいですね。

赤い定番
赤い定番

●小左衛門 純米 “播州山田錦六割五分” H20BY
「関西向けといっていたんですけど…」
7号酵母仕込みと聞いては見逃す訳にはいきませぬ。
きき酒しながら、即、これを定番酒に…と決め、
「でも、東でも出してもらえるんでしょ!?」
と出荷を強要していた真っ赤なお顔の小左衛門♪ (笑)
今月登場したばかりの20BY酒ですから、開け立てはさすがに新酒臭さも残り、据わりの悪いところもありましたけれど、一週間ほどでこなれてきました。
飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷ませば、たっぷりの甘をこれ見よがしにひけらかす山田錦酒とは違い、程好い酸を味わわせつつ、スルスルと滑り落ちていきまする。
値段も2千円台前半と手頃ですから、入門酒としても使えますな。
もし、濃く感じたら、10%ほど割水してから燗をつけてもいいですし…。
「これがきちんと熟したら」
という楽しみにももちろんチャレンジしたいところなれど、いつまであるんでしょ、これ!?
21BYはもう一本、仕込みを増やしてもえませんか〜♪
「もし売れ残ったら、これ幸いとばかりに熟成庫へ!!」
と呑み手ばかりか造り手まで唆してどうする!?!? (笑)