燗酒の縁 -東-

異空間♪
異空間♪
飲みはじめた頃は明るかった空もすっかり暮れて…
ようやくお邪魔できたのは、こちら♪
「初めまして、おやぢです」
「いらっしゃい、お待ち兼ねですよ」
と案内された席ではお久しぶりの顔ぶれが既にスタート。
「遅れてすみませんでした」
( ^_^)/▽☆▽\(^_^ )カンパーイ!

こちらの定番、寄り道セットをいただきながら、“龍勢” や “いづみ橋”、“花垣” などにおつきあいしていたものの、いつも電話でお話しながら思い描いていたイメージと全く違ったご主人が…

へぎ刺し? (笑)
へぎ刺し? (笑)
「いい鯛があったから」
と麹蓋より深い、へぎそばの五升盛りはあろうかという木の器に盛られたお刺身を用意してくださったとあっては、やはり…
「すみません、これ、お燗してもらえますか?」

●群馬泉 山廃純米吟醸 “淡緑” H19BY
こちらには “山廃酛純米” を定番にしていただいておりますが、めったにない顔ぶれでもあり、ご主人にもこの味わいを知っていただきたかったので、風呂敷に包んで持参した一本の登場♪
「これも良かったら…」
とすかさずたっぱさんが取り出したるは…
あれ〜!?!? 何でしたっけ、どぶ?

看板&燗番娘♪
看板&燗番娘♪
おなじみの顔ぶれ♪
おなじみの顔ぶれ♪
「お店の写真、撮らせてもらってもいいですか?」
「おやぢさん、ぜひここ撮って!!」
と自慢のコーナーもご主人の手作り!?
しかも居並ぶはどれもおなじみ、まっとうな燗酒ばかりがズラ〜ッと…。短い間でよくもここまで!?!?
↓でご案内している公式サイトの日本酒メニューがどんどん変わっていく有り様は、そのままお店の変わり様でもあったはず。
今度はピアノの会にもぜひお邪魔したいものですな♪

おつきあいいただいた先輩諸氏とたっぱさん。
ご多用中にも関わらず、ありがとうございました。
ご主人の小川さんはじめ、お料理を担当してくださる奥様、そしてお酒担当のお嬢様。
遅ればせながらたいへんお世話になりました。
これに懲りずにどうぞまたよろしくお願いいたします。

【余談】
最近はどちらも若い店主さんばかりで、おやぢより年上の方は久しぶりでしたけれど…
同世代ですから、次回はカウンターに陣取って酒談義や料理談義でも♪ (笑)


■酒処 波葉菜亭公式サイト
 千葉県船橋市本中山2丁目23-9 〒273-0035
 Phone. 047-332-1988
 12:00~14:00・18:00~23:30
 日・月曜休み

より大きな地図で 波葉菜亭 を表示

8 thoughts on “燗酒の縁 -東-

  1. “たっぱさーん!公ですけどー(笑)!
    というワケで、いらっしゃってたんですね、千葉に。
    狼亭さんが亭主をすっかり燗酒好きにしてしまったというこのお店、
    船橋という遠い土地でなければ、、、うぅ。
    土日に行く計画を立てるしかありません。

    1. To まき子さん
      そろそろほとぼりも冷めたでしょうから。(笑)
      そちらからだと門仲で東西線に乗り換えれば、一時間少々でしょ?
      23時過ぎにチェックしても終電には間に合うし、平日でも大丈夫♪

  2. 先日、日本酒の会「竹鶴」編、にお誘いいただき、
    伺ってきました。

    雄町純米にごりの17BYを持参したところ、
    興に乗ってきた敏夫専務の一言「竹鶴純米の澄んだ
    部分だけ飲んで、にごり分は残し、酸味一体を
    注いでやると、これになります。資源の有効活用って
    ことで」には、爆笑でした。

    落ち着いた空間、もてなしの心にあふれたご主人、
    女将さん、若女将、さらにおいしい料理。ここに
    嫁ぐお酒たちは、しあわせもん、ですね。

    帰宅後駅を目指し、電車を乗り継いでいく場所に
    あってよかった。歩いていける範囲にあったりしたら
    通いつめて、破産すること確実!!

    1. To たっぱさん
      そういえば、北斗神拳講座もあったんですね。(笑)

      とてもすてきなご家族で、お店というより居間でもてなされている気分ですから、
      毎日のように入り浸ってしまったら、ご心配が現実になるかも♪
      そうなったら、いっそ下宿するか、さらには入り婿って手も!? (爆)

  3. このような酒揃いにさせてしまった責任を、ひしひしと感じている昨今です(笑)。

    毎月「蔵元を囲む会」なる酒の会を開催して、10月22日の「竹鶴」で早7回目!
    当地における、まっとうな純米燗酒の拠点として発展していただきたいと思ってます。

    毎週木曜日が閑散日ということで、伺う機会が多いです。
    同好の諸氏とお会い出来ることを楽しみにいたしております。

    1. To 狼亭さん
      まっとうな酒に気づかせてしまった上に、さらにどんどん魔窟へ誘い込んでいるような…。(笑)

      船橋から川を越えたところに駐車場付きで使い勝手のいい宿がありましたから、
      そちらへ出向く時の定宿となりそうです♪

    1. To とりしやさん
      ウチはいつも!! ですが…お店でそれは珍しいことですねぇ。

      月末で仕入を絞っているのに、なぜか薄酒のオーダーが重ねってブツが足りませぬ。orz

Comments are closed.