先日も書いたものの、相も変わらず配慮・自粛のオンパレード!!
中でもこの正副都知事のコメントがひどい。

【知事】
今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる。
(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい

自身の「天罰」発言は何所吹く風といわんばかりの厚顔無恥。例え訂正したとしても、一度口から出た言葉は決して戻りません。剰え、この時期に選挙を回避しないばかりか、あの惨状を目の当たりにしながら、なおも「原発推進」を曲げないまま、いけしゃあしゃあと勝つ気満々で立候補するご本人にこそ、痛みと連帯をお願いしたい。
そして…

【副知事】
花見はすればよい。酒も飲めばよい。過度の自粛は消費を冷やすだけだ。ただ被災者は水も食事にも苦労している。身内を失っている。東京の火葬場で運ばれてきた遺体も焼いている。その辺の想像力があって、花見をして、酒を飲んで、ということだろうね。

花を愛でながらお通夜をやれと!?
二人とも、どこも悪くもない人々を暗鬱なムードで包み込み、都民はじめ、都内に通う人たちまで病気にしようとでもいうのでしょうか?
そして、多くの人々が弱った隙に低投票率の中でまんまと当選!?
強ち下種の勘繰りともいえない状況だけに背筋が寒くなります。
まったくこんな人が首都の長を務めていることこそ、自粛すべきでは?
如何ですか、都民のみなさま。

不謹慎を承知で物申せば、うれしい時、楽しい時、愛しい時、そして寂しい時、哀しい時、辛い時、それを分かち合うためにも「そのひと時だけは被災地や被災された方々を忘れてもいい」と思います。
一人一人が元気でいること。もし元気が余っていたら、少しずつ誰かに分けてあげてください。
被災しなかったみんなが、そうしてまた明日に向かう力を奮い立たせなかったら、誰が彼等や彼の地を救うのですか!?

ということで、再度!!

Twitterからのひと言
俺達被災者は、いま日本中の皆さんに感謝しています。本当に有り難いと思っています。皆さんの気持ちは届いています。これ以上「連帯感」を理由に楽しい事を躊躇ったりしないで下さい。楽しい事をして下さい。皆さんが楽しい事をしてくれれば経済が廻ります。そのお金は俺達にも廻ります。お願いします

困窮の極みにありながらのこの寛大さと思いやり。これが日本の、そして日本人の美しさです!!
こういう言葉がなぜ政治家や役人から出てこないのでしょう?
 
おバカな話に耳を貸す必要はありません。
「自分のために!!」がひいては「誰かのために!!」 なることを祈って、今宵も燗酒を酌みまする。