ひや6おろし

珍しいことに今年は “ひやおろし” をあれこれ入れました。
もちろんただ単に『夏を越しただけの生詰酒』というだけではありませぬ。
それぞれ “ひやおろし” と呼ぶに相応しい熟度を持ち合せて…
とはいえ、やはり若さが顔を覗かせ、しばらくの開栓放置が不可欠なものもありまする。
睡龍のように『生詰』として二夏越しの “ひやひやおろし” や三夏越しの “ひやひやひやおろし” を
来月に向けて出してくるお蔵もありますから、出される時期もまた出されるお酒も様々なれども…
ナント、六夏越し!! というひやの6乗おろし♪
ここまで薹が立った “ひやおろし” はまずお目にかかれないでしょう。(苦笑)

ひや6乗!! (苦笑)
ひや6乗!! (苦笑)

●秋鹿 純米吟醸 “ひやおろし” 2003年醸造
出された年の糖度の高い桃を思わせる甘みが懐かしいものの、ここ数年は…
抜け殻のように感じたり、酸だけが突出していたり、
「あぁ〜、やはりそこまでの強さはなかったか」
と幾度かがっかりさせられたのは何だったのでしょ!?
往年のあの心地好いフレッシュな甘みが失せているのは当然ながら、
代わって酒の髄から出たどっしりとしたうまみが…。

喜び勇んでグビグビ、そして「お代わり〜♪」
今にして思うと…
あの低調な時期は、熟成の波が下弦を描いていた頃だったのでしょうか。
はたまた…
手元にある唯一の割水版秋鹿なれど、やっぱ山田錦はすごいってこと!?!?

いずれにしろ…
お〜酒ぇ〜って〜〜ぇ、不思議〜なものですね♪
そして…
お〜酒ぇ〜って〜〜ぇ、嬉し〜いものですね♪

おまけ♪ → 美空ひばり&小椋佳 on YouTube


下々ならではの愉しみ

秋鹿■秋鹿 山田錦精米80% 無濾過火入原酒 2003年醸造
現在は堂々と “純米” を名乗っておりますが、当時は「精米歩合70%以下」という基準があったため、どこにも表記がないシーラカンス・ヴァージョン。(笑)

ちょっと欲張って取ったら、いつの間にか6年も経ってなお健在。(苦笑)
当初の溢れるようなうまみ・甘みは枯れたものの、原酒でありながら二千円台前半という手頃な値段で山田錦のきちんと熟成した味わいを知ることができまする。
しかも “秋鹿” らしい「酸はあるのにアミノ酸が少ない」という酒質のおかげで、80%とは思えぬ汚れの少なさ。
「このままでは重い」と感じたら水を足してやればいいですし、普段飲みの酒としてもってこい。かつ、財布にやさしいところが何ともうれしいですな♪

『呑めや喰らえ』の珍道中とは裏腹にすっかり痩せ細った財布ゆえ、アテも…

塩引き庄内からの帰路に立ち寄った村上の酒屋ならぬ、鮭屋さん。一切れ1,000円という切り身はまるで純米大吟醸を思わせる深窓のご令嬢。貧乏人には高嶺の花につき、そのお零れ、切り身を取った後の “中骨” を。
もっとも、高貴な方々はご存じなかりましょうが、魚の身は「骨の近くがうまい!!」は庶民の常識♪
これを焼いて、行儀悪く歯でこそげ落とせば、ホラホラ…
これまた発酵の恵みを受けた『塩引き』独特の風味に加え、ギュッと締まった身と脂。「一番ウンマ〜い!!」ところをさらにうまくしてくれるのは、きちんと発酵させたまっとうな酒にしかできない芸当でありましょうや。
一袋 630円也でできる贅沢も貧乏ならでは? (笑)

ちなみに食べ終わった骨をお椀に入れて、チンチンに沸いたお湯を注げば…
程好い塩っ気と中骨からの出汁にフワ〜ッと浮く脂。
「こんなに簡単にお吸い物ができてしまっていいのだろうか」と相成りまする。

しかし、とことん貧乏臭くもありますな。(爆)


セクハラ

「キャア?、なにするのっ!?」
と騒ぎ立てるか、はたまた…
「そんなところめくっても何も出てこないわよ♪」
と余裕であしらうか、あなたのお好みはどっち? (笑)

チャイナドレスのスリットではありませぬが、ご覧のようにラベルが痛んでしまっては売り物になりませぬゆえ、仕方なく自家用に…って、さもさも取って付けた口実ですかな。(笑)

秋鹿■秋鹿 山廃純米大吟醸 2002年醸造
喜び勇んでキャップを開け、早速にクンクン♪
「ありゃまこりゃま、黴臭が…」
見るとスクリューキャップが当たっていた瓶の口、ネジの部分に何かがこびりついているではありませんか。orz

濡らした布巾でまずは瓶の口の内側、次いで外側をきれいに拭うと、黒い汚れが…。どうやら結露から黒カビが侵入した模様。スクリューキャップはこれがあるから。(泣)

長く貯蔵されていたワインにもコルク上部のカビは付き物ですが、開栓に同じような扱いをする必要があるとは思いもよらぬことでしょ?
しっかり拭うとかなり減りましたゆえ、後はアチチにしちゃえ♪ (笑)

良く「山廃らしさ」と勘違いされる汚れもなく、奥にひっそりと吟醸香を潜めながらきれい、かつ密のようなうまみを味わわせてくれまする。
スルスル?と空いてしまった後は…

■日置桜 “八割搗き【内田】山田錦” H18BY
大吟醸とは対極の磨かない酒なれど、なぜかこちらの方が馴染むのは…
やはり骨の髄まで沁み込んだ『貧乏性』ゆえでしょうか。(汗)
珍しく一合止まりにしてしまったため、またも「お代わり?♪」

■天穏 純米吟醸“改良雄町”無濾過中汲み H18BY
ようやく味が開いてきた模様♪

なれど、家飲みで四合は…ちと飲みすぎたかしら。
休燗日はおろか休肝日もないのですから、お酒はおいしく適量を♪ (笑)


この子どこの子

昨夜は、ロールキャベツにはじまり、人参や玉ねぎとともにカレー煮。
そして、トマトとともにパスタで。シラタキと胡麻和えに…とキャベツ責め。
唯一、カツオのカルパッチョ風にレタスが使われていただけで
此見よがしにキャベツ、またキャベツのオンパレードと相成りました。
しかも、一応、どれも洋風。

しぞぉ〜かのお嬢様ならずとも普通ならすんなり…
本日の酒量〜 白ワイン 750ml ♪
は生憎このおやぢには通じませぬ。 (笑)

ましてや「19BY のサンプルを見てみよう」と 180ml なれど 2 本も持ち帰っておりましたから、取りあえず最初のを冷やジュル。
Sample「おやまぁ、もうこんなに?」
この米で、しかもこの造りで、「ひと夏越したところでどうせガチガチ」という予想は見事に覆されました。この精米歩合に似つかわしくないきれいなうまみ。それにこの含み香、いたく気に入りましたぞ。

「ちょっと熱くしすぎたか」という飛び切り燗(55℃近辺)超から冷ましつつ…。
熱いとさすがに若返ってしまうものの、上燗(45℃近辺)ほどでうまみが開きます。冷やの時同様、否、もっとゾクゾクするほどの含み香。ウンマ〜い!!
おまけにロールキャベツ、カレー煮、パスタ、なんでもござれ♪

ところで…これ、火入れのはずですが、いつ出るのか分からないんですけどぉ〜。(汗)
あ、生なら先日メールでお知らせしたように若干数♪

あっという間に一合が終り、二本目の冷やジュルへ。
「相変らず吟醸臭いなぁ」という苦笑とともに、どちらかといえば「こちらの方が飲めるんだろうな」という予想を裏切って、このお蔵の酒とは思えぬほどガチガチ。
燗をつけてもさほど印象は変わりません。純米吟醸なんだから当たり前といえば当たり前ですが、さらに強まった吟醸香と硬さが目立つ味わい。
昨年までと同じタイミングで出してはダメでしょうね、これは。

それと、如何に吟醸、それもプンケバ系好きにはまだまだ物足らないレベルとはいえ、食中酒にするにはやはり香りが多過ぎます。
もし 20BY でもこの米を使われるつもりなら、酵母を変えることも考えられては?

一合ずつ 2 本で正二合ですからピッタリ定量。これでやめればいいものを…
「秋鹿、半分だけでいいから」と “純米吟醸 2003年醸造” を追加。
十分に練れた純米吟醸に俗っぽい吟醸香があろうはずもなく、原酒の強さも手伝って、しっかりとした飲み応えを与えてくれまする。
やはり古おやぢには熟女がお似合いのようで♪ (笑)

そうそう、今日の写真は資料映像。登場したお酒とは関係ありませぬ♪ 🙂


ありがたや

海までちょっとひとっ走り♪という土地なれど、地の魚を目にすることがほとんど無い、という情けない状況を救ってくれていた近所の食品スーパー。鮮魚の種類もそこそこだし、肉のレベルもまずまずだったにもかかわらず、合理化の煽りを食って先月末で閉店撤退。orz
もう一軒は安いだけが取り柄で、魚はいつ行っても同じ品揃えだし、肉もまずそうなれど、その『安さ』を第一義とする顧客に支持され、のうのうと生き残っておりまする。

すべての分野で『安さ』こそが正義であるかのようにもて映やされていますけど、その『質』に対して無頓着ままでいいのでしょうか。
「質を求めるだけの財布が伴ってこそ」という言い分も尤もでしょうが、伴うのを待っていたら信頼できる『質』を提供してくれる担い手がいなくなりそうですな。
それに…
伴っていないはずの財布で、ずいぶんあれこれと無駄遣いしているじゃない!?!?

何もいたずらに値段が高かったり、高級食材ならばまっとうということではありませぬ。大吟醸や純米吟醸でなくとも、きちんとうまいまっとうな酒があるのと同じことかと。
例えなけなしのお金であっても、口にするものくらいはもう少しまっとうなものを選んだら、い・か・が?

そんな遠吠えが聞こえたのか、温海まで出かけていたH1兄から茹で蛸の差入れ♪
千葉でお目にかかった美女からいただいた『しぞぉ〜か』名物、黒はんぺんも♪

タコブツ 黒はんぺん

タコの足はブツに切って山葵醤油、黒はんぺんは焼いて言い付けどおり生姜醤油で♪
合わせたおチャケは…

秋鹿■秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 2003年醸造
常温に置かれ、吟醸らしさは失せたものの、生老ねをマスクしてしまうほどの練れ具合と味乗りの豊かさは、それを補って余りありまする。ウンマ〜い!!

アチチに燗をつけて、焼き立ての黒はんぺんを頬張りながら、グビり♪
タコは実にいい按配の茹で加減でクニュクニュ、グビり♪
おぉ、野菜・椎茸・豆腐だけというヘルシーな鍋も。
ますますピッチが上がりまする、お代わり〜♪

いい気になって飲み過ぎ→沈没というお定まりのコースからから生還して気づいたことが…。
「そういえば原酒だったね」orz


季節感ゼロ

Beijing 2008ここぞとばかり、そして、これでもかと延々繰り出される大層な演し物や仕掛け。世界で4番目に広い国土に13億(実際には14億とも)を超える人が群がるこの国が、その威信を賭けて作りあげた叙事詩なれど、飽くなき拡大化とそれを統べることがすべてであるかのような体制を見るにつけ、社会主義という名のピラミッドを支えるために無尽蔵に弱者を必要としているように思えてしまいまする。

のほほ〜んと燗酒を酌みながら、画面の中で繰り広げられる束の間の平和を眺められるなんて…

しあわせだなぁ〜
僕は死ぬまで君(燗酒)を離さないぞ
いいだろう? (笑)



秋鹿■秋鹿 純米吟醸“ひやおろし” 2003年醸造
もう少しすればまたぞろ“ひやおろし”狂騒がはじまるのでしょうか。もっとも昨今の“ひやおろし”は、本来の「適熟」の意味がすっかり忘れ去られ、季節感を付与するためのただの「お飾り」に成り下がった感がありますけどね。
もちろんこの“ひやおろし”はお飾りではありませぬ。出た直後から蜜を思わせる涼やかな甘みがあり、まさに適熟の味わい。
が、熟成に紆余曲折は付き物ゆえ、「このまま下ってしまうだけ?」と在庫を思い浮かべながら幾度となく溜め息を重ねましたけれど…
「うわぁ〜、ようやくきた!?!?」
これ、秋鹿には珍しい割水版なのに、原酒と見紛う凝縮されたうまみ。それが少しもダレることなく、すうっと引けていきまする。

熱燗(50℃近辺)超から冷まして、フレッシュさは失せたもののしっかり練れた味わいを「これこれ」と愛でる。初めは「冷やでもいける」といっていましたが、ここまで熟すとやはり「燗をつけなきゃ損♪」でしょうな。

鶏手羽と野菜のカレー煮や焼餃子、冷しトマトをアテに秋鹿が空いたというのに…
「これ、いつまでやるんだ?」と目が満腹な夜でした。(笑)


夏遠からじ

車に乗っていると走っている時はいいけれど、停まった途端に頭がジリジリ。
すっかり初夏の陽気に堪らずビールを♪
「こんな味だったっけ?」
久しぶりに飲んだギネス。苦味はあるけれど、味わいが平板でふくらみがない!!
素直にエスプレッソにすれば良かった。orz

気を取り直して燗酒に…。

秋鹿■秋鹿 山廃特別純米“山田錦” H16BY
気がつけば、こいつも三年寝太郎♪
甘ったるさや余計な香りもなく、酸の利いた味わい。
「ヤバいなぁ、箸が止まらないぞ」
あの山葵漬をアテに “秋鹿” をグビり。
鰹のタタキはにんんく醤油に酢を足して。
ワラビも酢に浸してから、歯触りとヌルッとした粘りを楽しみまする。
豚肉とピーマンのトマト煮もトマトの酸がしっかり利いていて、○。

こんなに酸っぱいものばかりを欲しがるなんて…
「まさか、できた?」
と緩んできた下っ腹に目をやったところで…
「ある訳ないでしょ!?」(爆)


にばい♪にばい♪

このタイトルでジェシー(現東関親方)を思い出す人は、どのくらいいるのでしょ♪

■鯉川 純米吟醸“美山錦” H17BY(?)
「あれぇ〜、ほとんど飲んでなかったのね」
定量からせいぜい1〜2杯しか減っていない前夜の飲み残しをもう一度燗♪
スルスル〜ッと滑り良く喉を通り、ストンと収まりまする。きれい♪

アテは、煮バイ(貝)♪
竹串を突き刺して、貝殻を回しながら…「おぉ〜、やったぁ〜!!」
バイ貝がくるんと先っぽまできれいに取れると、すごく得した気分になるけど、
あべこべに途中でぷっつり切れようものなら、ババヌキのババを引いた気分に。

バイ貝煮物
ジャコとパプリカゲソサラダ

またしても筍ですかい。お、今日のは少しはやわらかいね。
ピーマン・パプリカ・ジャコの炒め煮に…
イカ・胡瓜・エノキのマヨネーズ和えかと思いきや、とろろでした。
そして…
カンザワさんのブログで「肉じゃない!!」と定義付けられたトンカツも。
ならば…

■秋鹿 山廃特別純米“山田錦” H16BY
かなりの酸を感じさせながらも、後味は意外なほどすっきり♪
いかにも“秋鹿”らしいこれを熱燗(50℃近辺)で。

「昨夜、何喰ったっけ?」「憶えてないのぉ〜!?」
とカミさんにバカにされるのが癪だから、携帯で記録してみました。(汗)


おこぼれ♪

毎年この時期はお互いに関わっている催しのため、週末だというのにカミさんと互い違いに留守になりまする。少しだけ違うのは…

疲れと薄っ辛い酒にやられて、帰るなり沈没するおやぢ。
おばさんパワーで好みの酒を用意することに成功し、深夜までご機嫌なカミさん。

その差はますます広がるばかりの様子。orz

せっかくカミさんが出るイベントがありながら、夜でもなければ観に行くことも叶いませぬゆえ、写真は夏祭りの時のです。
和太鼓これの慰労会に「冷たいのと、冷やと燗、どっちでもいけるのを1本ずつ用意して」と持っていった酒が、翌朝、片付けに行ったら「少し残っていたよ」と持ち帰ってくれたので、おこぼれに与ることに♪

■鯉川 特別純米酒 H18BY
「うひゃ〜、なにこれ!?!?」
ただでさえタダ酒はうまいのに、黙って飲まされたら「純米吟醸はうまい!!」と思うに違いない、練れたうまみと品の良い吟醸香、そして後味のきれいさ。
「これだとみんな飲むのよね」との言葉どおり、一升瓶の底にわずか2cmほど残った酒の冷やジュルだけでもオドロキ・モモノキ・サンショノキなのに、燗をつけたら…もう頬っぺたが落ちまする。(笑)

ただし、お決まりのように蔵出しは既に19BYに替わっていますけどね。
1年待つ甲斐のある酒ですから、どうぞ慌てず騒がず、じっくりと♪
ワシントンDCから戻られる頃からが飲み頃ですよ。 >まき子さん

アテは、ニギスの煮付。かなり大きい上に丸々太っているし、良く見るとお腹から白子が覗いているではありませんか。これは堪りませんな。うんま〜い♪
チビッとだけ残っていた “鯉川” があっという間に空いて…

■秋鹿 純米“山田錦80%精米”無濾過生原酒 H15BY
「冷たいのを…」で持たせた酒なれど、我が家では当然、燗かぁ〜ん♪
ちょっと熱くしすぎたら生臭が出てしまいましたが、温度が下がるとともに気にならなくなり、“秋鹿” らしい、うまみを感じさせながらも後の切れは軽やか、という酒に。

筍・椎茸・高野豆腐の煮物。筍のシャクシャクした歯触りと出汁を吸い込んだ高野豆腐がうんま〜い。子供の頃は嫌いで丸呑みしていた椎茸も、今ではいいアテ♪
蕗のピリ辛きんぴらにも春の香りを感じつつ、ジャガイモのサラダをむしゃむしゃ。

天気予報を見ていたら、当地の「最高気温は19℃から22℃に」と。
へぇ〜、北海道でも20℃超!? いきなり初夏かいな。
年寄りには急な暑さは堪えるのよね。


その☆ 何の☆ 気になる☆

いきなり真冬になったり、小春日和になったり…
こう忙しくては、まだどこかの桜が狂い咲きそう♪ (笑)

秋鹿■秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 2002年醸造
“秋鹿” の山廃、今は特別純米に切り替えられましたから、この純米吟醸ヴァージョンもまた幻ってことに?
雪冷え(5℃近辺)庫に5年も居座っていた所為か、写真を撮ったら「星」がついちゃいましたぁ♪
「行かなくてもいい店リスト」のような某タイヤ屋さんのガイド東京版よりはずっと確かな評価かも…
とタイトルだけは ☆三つ!! (笑)

生酒が苦手という方でも、これなら大丈夫なのでは?
もちろん、生原酒ファンなら…この「いきなりウマウマ!!」という味わいを…「飲まなきゃソンソン♪」だと思いますけどねぇ。

アテは、焼き鮭。身よりも皮がうまいっ!!
里芋・蓮根・こんにゃく・エリンギ・シメジの煮物、玉子入り。薄味ですこと。
里芋のにっころがし、柚味噌風味。里芋のネットリと柚味噌が堪りませぬ。
長葱・豆腐・シラタキ・マイタケで簡単に鍋を…。

「このアテでは酒が勝っちゃうなぁ」とブツクサいいつつも、
“秋鹿” のあまりのうまさについ「お代わり〜♪」な夜でした。:-)