ここ飲み屋かい?酔譚

冬至の夜なのにカボチャも食べず、柚湯にも入らず、ただひたすら呑むべし♪ (笑)

「狭くて、しかも散らかっていても良ければ…」の引っ越してから初の “ここ飲み屋かい?” へお越しくださったのは…
新潟市内長岡市内へはなかなか行きづらい県央組、K茂さん・K崎さんご夫妻。
 

JUS de RAISIN GAZEIFIE Nice couples

乾杯は…「これ、もやしもんで…」とわざわざ掲載されていたコミックス第6巻もご持参いただいた、“JUS de RAISIN GAZEIFIE” の2007。グラン・シャンパーニュ地区のコニャック、ポール・ジロー。そのコニャックを造るぶどう(ユニブラン)を搾ったまま瓶に詰めた無添加スパークリングジュース。世にも稀な珍品とはいえ、アルコールのない乾杯は初めてですな♪
ちなみにお味の方は…「えっ、りんごジュースじゃないの!?」と感じたほど。

まずは “新潟麦酒” の “ゴールデン・ケルシュ”・“ゴールデン・エディンバラ”・“エスプレッソ” に加え、“ブルックリン・ラガー” の四種飲み比べ。
「ビール、苦いのがダメなんですよ」というK崎さんの奥様までもが…
「あれれ、それ、飲んだの?苦いでしょ?」
最もホッピーな “ブルックリン・ラガー” さえも「おいしいんですね」と。
「たぶんホップの苦味よりも炭酸ガスの刺激が苦手なのでは?」「そうかも」
「うまいっ」「泡がきめ細かい」「おいしい」の声を聞きながら、こちらは…
“ジュ・ド・レザン” のユニークな味わいにいたずら心が。
“ロンリコ151” とブレンドすれば、「ラム・レーズンだぁ〜♪」
「バニラアイス、浮かべる?」とカミさんも悪乗り。(笑)

さて、いよいよ本番。「初めて」という “辨天娘” から燗酒の宴に…。
■辨天梅 H16BY六番娘 “玉栄”純米吟醸
■辨天梅 H16BY二番娘 “玉栄”純米
■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
■鯉川 “亀の尾”純米吟醸うすにごり酒 H19BY
■鶴齢 “美山錦”無濾過生原酒 H15BY
■鶴齢 “山田錦”無濾過瓶燗 H15BY
■羽前白梅 純米梅酒“梅湧水” (18.5詰)

辨天娘 辨天娘
生酛のどぶ 鯉川 羽前白梅

写真を撮り忘れましたけれど、料理はいつもの仕出し屋さんに♪ → 過去の写真
我が家の定番、豚肉・ナメコ・長葱・豆腐の鍋にも純米酒タップリ♪
最後は30年熟成の “黄金みりん” やその柳陰にごりヴァージョンも。
いただきものの “愛宕梨” をつつきながらも話はまだまだ続くのでありました。

K茂さん、K崎さん、遅くまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
またやりましょ♪
って、次は本寺小路? (笑)


青い目のゲスト

Guestカミさんのお仲間が“ここ飲み屋かい?”にやってくるというので、てっきりオバちゃんたちだろうと思っていたら、なんと…外人さんまで!?

おやぢの世代は「外人=青い目」と刷り込まれておりますゆえ、斯様なタイトルと相成りましたけれど、彼女の目の色は…今度じっくり見つめ合う機会があったら確かめまする。(笑)

そもそもこの集まりは、浪速から帰省した元お仲間の元気な顔を見よう、とオバちゃんたちが企てたもの。そのメインゲストがやってくる前に「飲んじゃおか!?」とビールで…
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
は如何にもオバちゃんたちらしい。

オバちゃん1号お持たせのピザとオバちゃん2号お持たせのお手製お稲荷さん
Pizzaお稲荷

出来合いの餃子と三番娘の手製トマトと玉ねぎのサラダ
餃子サラダ

キリンのラガーを飲むオバちゃんたちを尻目に、青い目のゲストとは最近の定番、ブルックリンラガーを酌みまする。
あらら、手酌ですか。「そう、いつもだから」とアイダホ娘。
せっかく日本へ来たのだから、“お酌”文化も学んでいきなされ♪

刺身馴染みの魚屋さん製カンパチ・甘海老・真烏賊・鮃の刺身、とくれば当然…
「どんなのなら飲める?」「軽めのかな」
というカミさんの助言に従い…

■天穏 攻め純米 H17BY
「もうお酒でいいの?」「潰れないようにね」
とオバちゃんたちのチャチャを受けつつ、飛び切り燗(55℃近辺)から冷ました開栓放置のこれを神妙に飲んでいたものの…
「どう?」「わたし、八○山が好き!!」
誰だ、アルテンダーに馴染ませたのはっ!?

どうせなら…
■鶴齢 大吟醸生原酒“牧之” H15BY
とこれを飲ませたら、熟成臭には不慣れな様子。
ならば…
■鯉川 純米大吟醸生原酒“阿部亀治” H17BY
「濃くて、ちょっと酸っぱい」「これが米の酒本来の味わいなんだよ」
然らば…
■群馬泉 山廃特別本醸造“初しぼり” H15BY
これを持ち出すなんて、ほとんど苛めか。(笑)

■花垣 生酛純米“亀の尾” H17BY
普段、オヤジやオバちゃんたちと飲んでいるのはロクでもない酒ばかりだから…
「いつも飲んでいる日本酒は米の酒とはいえないものばかりでしょ?」
「??? わかりませ〜ん」
「どうせ飲むなら、もっとまっとうなお酒を飲まなきゃダメよ」
と独りでどんどん飲みながら、とうとう説教口調に。

それでも足りずにこの後に来た若手たちにまで…
「延々とお説教を繰り返していたの憶えてる?」
と翌日、カミさんから嘲笑いを受けた二日酔いおやぢでありました。orz


夏の生

Scene

殻から抜け出てしまえば短い命
せめて狂おしいほどに鳴きまくれ

地酒星人さんの記事が呼び水になったかのように…
出ましたね、39℃!! 【7月26日岐阜県多治見市】(笑)

年中、日々是燗酒とはいえ、昨日は堪らず麦酒に浮気♪
■ブルックリン・ラガー
を持ち帰ったらお誂え向きの焼餃子が。一口サイズの餃子をパクつきながら、モルティ&ビターな “ブルックリン・ラガー” をゴキュゴキュ。あっという間にひと瓶が空いた後はもちろん…

■日置桜 純米吟醸 “伝承強力”-9号酵母-(17.5詰)
今はなき協会9号酵母版を熱燗(50℃近辺)超で♪
個人的な好みとしては7号酵母版ですが、15BY(?)の良く練れたこれも侮れませぬ。

肉団子と玉ねぎ、ピーマン、キャベツの中華餡掛や胡瓜と黄菊の胡麻酢和え。
夏らしく酢を使ったアテが増えてまいりましたな。
茹でたいかと野菜のマヨネーズ和えは塩加減を間違えたのか、しょっぱい〜。
焼餃子の付け合わせ、茹でレタスでしょっぱさを中和しつつ…
「お代わり〜♪」(笑)


目に青葉、山杜鵑…

ブルックリン・ラガーフェーン現象のおかげで夏日に…。
車に乗っているとズボンが鬱陶しく感じられますが、まさか脱ぐ訳にもいかず、かといってエアコンを使えば燃費がガタ落ち。
「来月もまた上がるんですよ〜」
ガソリンスタンドもたいへんでしょうが、ユーザーはもっとたいへん。ライフラインの一つでもある石油の価格がこんなに乱高下していいものでしょうや。何にもしないお国の無策ぶりに腹が立ちますが、所詮、あの方々には下々の暮らしが見えていないのでしょうね。

ぶつけようのない怒りをクールダウンするには…
「お〜い、ビール」(笑)


旭若松■旭若松 熟成純米“雄町・日本晴” 2005年醸造
初めての割水版。しかも開け立てなれど、いい練れ具合♪
さすがに原酒版のようなたっぷりのうまみはないものの、“旭若松” らしい酸はしっかり。食中酒としてはむしろこちらの方が適しているかも。
思わず、あの “鷹勇山廃純米60%H9BY” を思い浮かべてしまいましたが、うまみはともかく、締まりやキレはこちらの方がちとシャッキリでしょうか♪
値段的にも原酒版より懐にやさしいし…。(笑)

カミさんの二日目は、鰹の刺身。気味が悪いくらい赤いので鮪の赤身かと思ったら鰹。若い鰹を食べるなら、酢醤油に辛子を溶いて…となるはずが、山葵を入れてしまったため山葵酢醤油。orz
メギスの塩焼きに肉じゃが。
イカとキャベツのマヨネーズ和え。イカと若布・胡瓜を醤油と胡麻油で和えたもの。

「ちと作りすぎでは?」「そう!?」
毎日こんなに食べていたら…誰かさんのお腹みたいになってしまうよ。(苦笑)