インクジェット・プリンタⅢ

あのインクジェット・プリンタⅡから結局1年10か月も引っ張りに引っ張っておりましたけれども、とうとうインクカートリッジを認識しなくなり、止むを得ず入れ替え。
今まで使っていたEPSONのPX-1001+PA-W11G2の購入時期を調べたら2010年でしたから、まぁ、良く保った方かと…。

届いた早々にセットアップに取り掛かってみれば…
付属のCD-ROMに収められたプリンタドライバやユーティリティはWindows版のみで、Mac版はいきなりブラウザが開いてCanonのサポートページへ。そこからダウンロードして使えという横着仕様だったのはまだ序の口。

ダウンロードしたセットアップアプリの指示通りにセットアップを終えても一向にWi-Fiで繋がらないのですよ。
普段はiPhoneなども異常なく繋がっているとはいえ、AirMacのWi-Fiネットワークの設定やMac本体のネットワーク設定ばかりかプリンタの設定を見直したり、USBケーブルで繋いでプリンタ内部の設定を見たりしたものの、なぜなぜ…を繰り返すばかり。
サポートページ内を探しまくっても解消できず、試しにParallelsのWindows10に入れたらすんなり繋がるじゃありませんか。
ってことは…と改めてドライバ単体をダウンロードしてインストールし直したら、セットアップアプリに組み込まれたドライバと挙動が違う!?

ナント、Mac版はMac標準のAir Printを使う仕様だったとは…。

だったら、ドライバやユーティリティをまとめたセットアップアプリもそれに対応したドライバを組み込んでくれたらいいのに…。
どうにかリプレースはなったものの…
Canonめ、延々と悪戦苦闘した時間を返せ!(怒)

Canon PIXUS iP8730

《余談》
こういう時のためにも有線LANコネクタを標準でつけるべきでしょ!


インクジェット・プリンタⅡ

浮気してブラザーにしようと思っていたところへNな方からご忠告があり、レビューをいろいろ調べたら…
『Macでは色が薄く使用に耐えない』『レーベル印刷の仕上がりが汚い』『メーカーが必要十分とする機能のハードルが低すぎる』
などの酷評があまりにも多くてビビっておりまする。(苦笑)
 
そこで慌てて目を付けたのが、A3ノビまで使える上に数少ない背面複数枚給紙、そしてレーベル印刷対応、顔料ブラック、ネットももちろん標準の…
Canon PIXUS iP8730

元々複合機は要らなかったのでむしろ好都合な単機能プリンタなれども、ブラックモデルしかないのとやはりちと高くなるのが…。
はてさて、どうしましょ!?

【追記】
一応、同程度のスペックを持つ対抗馬も探しました♪
EPSON Colorio EP-4004

 
浮気せずに今までどおりEPSONを使うとなるとこれになるようです。
が、またさらに8,000円ほど高くなるってことは…brotherの約2倍!2倍!
加えて、如何につよインクとはいえ染料インクだけなのと有線LANがないとは…。_ノ乙(、ン、)_


Canon PIXCEL CP-680II

Mac OS X 10.3.5 Updaterが公開されたのが8月9日。
それから二ヶ月半になろうとしているのに、未だに対応プリンタドライバが公開されない
Canon PIXCEL CP-680II。
カラープリントをこれに頼っているおやぢはお手上げ状態が続いている。
今さら10.3.3に戻すのも厄介だし、Windowsからはプリントできるものの、
出力するためのGraphics系アプリは、すべてがMac版。
最悪、PDFに落としてWindowsでプリントするしかないか…。

自社製ネットワークカードしか使えない機種で、この対応の鈍さ。
Canonもどうかしている。
# 回ってきてくれるディーラーのサービスエンジニアがピカイチだから
# つきあっているけど、彼がいなかったら、今頃、XEROXかEPSONに
# 切り替わっているだろなぁ。
そこんとこ、よぉ〜く憶えておくように!! >Canon