またひとつ…

商売柄お客様からお問い合せをいただくこともしばしばですけれど、最近は御多分に洩れずメールでいただくケースが増えておりまする。
電話なら会話しながらあれこれ伺うこともできるのですが、如何せん一方通行ゆえ糠に釘、暖簾に腕押しもまた多く…

  • どこのどなたか名乗ってくださらない
  • 返事をさしあげても梨の礫

などなど、いくらお客様は神様であっても「何をしても許される」というものでもないでしょうに…。
社会的マナーがどんどん欠落し、払えるだけの収入がありながら子どもの給食費や授業料を払わないバカ親が取り沙汰されている昨今なれど、「金さえ払えば文句ねえだろ」もおやぢにいわせりゃ五十歩百歩ですな。
買い手も人なら売り手も人。人と人としての遣り取りがきちんとできないなら、セルフサービスの店か「売れさえすれば誰でもいい」ネットショップへ行けばよろし。

左様な売れない店の遠吠えはさておき、昨日はカミさんの誕生日でありました。
堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ』貧乏暮らしにつきあってくれている山の神のご機嫌損ねてはますます窮することとなりまするゆえ、
「泡、それとも燗?」
と伺いを立てましたら
「寒いから燗がいい」
との梅雨寒の夜らしいリクエストを受け、泡抜きならば…と選ぶハレ酒は…

原点♪
原点♪

●群馬泉 山廃純米吟醸
越後杜氏と上州の米と水とのコラボなれど、きちんと王道を見据える蔵元があってこその産物ゆえ、やはり『かかあ天下』酒? (笑)
えっ、瓶形が微妙に違うですって?
そういう外見に囚われず、中身だけ見てくだされ。(笑)

常温に置いてありましたからもっと色が進んでいるかと思いきや、意外に薄いですな。竹鶴の同年ものと比べたら、こちらは水割り。(笑)
味わいも如何にも熟成酒という押し付けがましさはなし。やや硬さは残るものの、重からず薄からずの引き締まったうまみときれいな後味は流石、吟醸ですな。届いた当初より甘が少なくなったように感じまするが、何しろ開け立て。これからどのように変わっていくかが楽しみ♪

油控え目の鶏もも肉やあべこべに脂の乗った鯖焼きともにかなり強めにブラックペパーが利いて、時折ピリッと来ますが、野菜の酢漬けで辛さを中和しつつ、群馬泉をグビり♪

NHKの “世界遺産への招待状” で放映されていたアドリア海の景色を目にしていたら、ついあのセリフが口をついて…
「飛ばねえ豚は、ただの豚だ」
「何か言った!?!?」
「あぃやぁ、決して他意はありませぬ〜!!」
少しでもいい一年にして下されたく…。(汗)


+1/3

クリスマスが終わった途端に寒波襲来。ただいまの気温、−4℃!?
最高気温も?1℃、と今冬初の真冬日となりそうな予報ですけれど、大した手も打たないままにお役所は御用納め。9連休の間にも困窮する人たちは生きていかなければなりませぬ。
金がないのは相変らずとはいえ、寒さをしのぐ家と心身ともに温めてくれるまっとうな燗酒があるだけまだマシでしょうか。
薄らと雪化粧した塀越しに山茶の花が揺れる朝。
彼等ともども何とか年が越せますように。(汗)

2008/12/26 Scene■辨天娘 H18BY四番娘 純米吟醸“玉栄”
■辨天娘 H19BY 槽汲“割水瓶燗”

帰省してきた我が家の三番娘に…
「何か飲む?」「うん」「ワイン?」「いらな〜い」
こやつはビールを飲みませんから拙宅的選択肢の残りは…おチャケ♪
しょうがない、天の恵みのお零れを…。
「日置桜、飲んでいいよ」
徳利を見て目が点。溢れそうなくらいの満タン。
「あぁ〜、またそんなに減らして…」
と思いきや、カミさんとの二人分なら許してつかわす。(笑)

アテは鰤一歩手前の稚鰤の刺身。腹側にはたっぷり脂が…。
青菜・ブロッコリー・もやしのサラダ。カボチャのカレー煮。
昆布と野菜や椎茸の煮物。素朴ながらうまいのですわ。
コゲコゲの伊達巻きも話のタネに、一人増えただけでも十分にぎやか♪


お寒いのはおやぢの財布と…

社会保障費や景気対策の財源など、相変らずすったもんだやっておりまするが…
役に立たない議員や役人なら、まず自分たちの頭数を減らしなされ♪

被選挙国会議員は…
彼方、“CHANGE CAN HAPPEN” を成し遂げた国は両院で…535人
その議員一人当たりの人口は…572千人
此方、三代にわたる “迷走理” を未だに容認する国は両院で…722人
その議員一人当たりの人口は…177千人
こういう数字を持ち出すと…
またぞろ「もっと少ない国もある!!」と己が身を守るんでしょうな。(笑)

庶民とはかけ離れている人たち同様、この冬もどこかおかしいですな。
越後山脈も北の方(写真左:御神楽岳方面)はさすがに白くなっているものの、ちょっと南(写真右:守門岳方面)を見やれば少し粉を吹いた程度で、田圃も刈られた稲がそのまま顔を出しておりまする。
外回りには楽なれど、クリスマスや暮れらしさは皆無。スキー場ももちろん×。X-)
 

2008/12/24 Scene -1- 2008/12/24 Scene -2-

■生酛のどぶ H18BY仕込13号+13.5 無濾過生原酒
せめて一足早いホワイト・クリスマス気分を…
と選んだにも関わらず、常温に置かれたおかげで色合いはすっかりミルクティ♪ (笑)
生?純米酒粕で仕上げられた塩粕を溶かしたかのような香り。
もちろん生老ねもあるのですけれど、それを押しやってしまう濃厚な味わい。

鮭の味噌漬けや豚・鶏の鍋をアテにグビグビ&お代わり?♪
はてさて、イヴの夜は何にしましょ?


国民目線

Priceメンテへの道中では一番安いスタンドの看板がようやく 150 円(レギュラーガソリン 1L 当たり・税込)を割りました。
拡大画像でも見難いので補足すると…
ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円

一時はレギュラーでさえ 180 円を超えたことを思えば幾分はマシのようですが、原油価格の高騰があるとはいえ、庶民の実感としては「まだまだ高い」といわざるを得ませぬ。
最低でも今年 4 月に租税特別措置法の失効で暫定税率が廃止された時の値段に。
あわよくば二桁台に♪
ついでに…
景気対策というなら高速道路料金の割引は終日にしたら…いやいやそれよりも
割引は終日、無料ならなお良し
どこかで聞いたような文句ですこと♪ (笑)

閑話休題。
あの時、財源を失った多くの知事から猛反対の声が上がりましたけれど、暫定といいつつ 30 年以上も続いていることに以前から疑問を抱いていた一庶民としては、その廃止に諸手を挙げて賛成したもののたったひと月で元の木阿弥。「本当に必要な税金なら暫定ではなくきちんと制度化しろ」といつもの如くの負け犬の遠吠えで終わったのでした。

ちょっと調べれば分かることですが、車の燃料となるガソリンと軽油には下の表(クリックで拡大)のような税金がかけられています。

ガソリン・軽油 税額表※『本税』としてあるのは、ガソリンでは『揮発油税』、軽油では『軽油引取税』のこと

ただし、消費税は、あくまでも列記した税額に関わる分だけですから、実際には売価から上記税額を差し引いた商品代金(本体価格)にかかる分が加算されます。
そして、これをグラフ(クリックで拡大)で見ると…

ガソリン・軽油 税額グラフ

黄色と薄茶色の部分が件の『暫定税率』による税額ですが、驚くべきことに本則税率だけなら消費税を加えてもなお、現行の軽油にかけられている税額よりも安い!!
積算すれば 30 年を超える長きにわたり、約二倍もの税をかけられていることに…。
これのどこが『暫定』なのか!?

そして、酒税同様、ガソリンもその税にまで消費税をかける二重課税が公然と行われている、という事実。

もう一つは、ガソリンと軽油の価格差。
製造原価はほとんど変わりませんから本来は税額の差だけの 24 円強になるはずが…
冒頭のように ハイオク 157 円・レギュラー 146 円・軽油 134 円
という不思議な値付けが罷り通る理由は?

軽油に関しては、つい最近まで政策的にかなり抑えられた値付けとなっていたことも事実で、その割りを喰っていたのがガソリンだったのですけれど…。
軽油ユーザーは、その長年のツケを回収されているのか、一般消費者の目がガソリンばかりに向いているため、従前とはあべこべに安くせざるを得ないガソリンの割りを喰っているのか。

同じことが灯油にもいえます。軽油とはほぼ同じ性質ですから製造原価も当然同じ。
ということは、軽油からそれにかかる税額を差し引けば灯油の値段になるはず。

さて、あなたが買われているガソリンや軽油、そして灯油は今、いくらですか?
絶対価格はさておき、上で書いたような計算式どおりになっていますか?

こういうことを気にかけたり、時には常識とされることすら疑ってみることこそが、我々に必要な目線なのであって、御為倒しに使っているだけの政治屋(もはや政治家はいないでしょ!?)やお役人には、端からそんな気はないでしょうが、決して身につかないものでしょうな。
ゆめゆめ政治の嘘や役所のご都合に振り回されませぬように♪

最後に…
早く衆議院の解散と総選挙をやりなされ!!

とたまには社会派気取りで♪ (笑)


ありがたや

海までちょっとひとっ走り♪という土地なれど、地の魚を目にすることがほとんど無い、という情けない状況を救ってくれていた近所の食品スーパー。鮮魚の種類もそこそこだし、肉のレベルもまずまずだったにもかかわらず、合理化の煽りを食って先月末で閉店撤退。orz
もう一軒は安いだけが取り柄で、魚はいつ行っても同じ品揃えだし、肉もまずそうなれど、その『安さ』を第一義とする顧客に支持され、のうのうと生き残っておりまする。

すべての分野で『安さ』こそが正義であるかのようにもて映やされていますけど、その『質』に対して無頓着ままでいいのでしょうか。
「質を求めるだけの財布が伴ってこそ」という言い分も尤もでしょうが、伴うのを待っていたら信頼できる『質』を提供してくれる担い手がいなくなりそうですな。
それに…
伴っていないはずの財布で、ずいぶんあれこれと無駄遣いしているじゃない!?!?

何もいたずらに値段が高かったり、高級食材ならばまっとうということではありませぬ。大吟醸や純米吟醸でなくとも、きちんとうまいまっとうな酒があるのと同じことかと。
例えなけなしのお金であっても、口にするものくらいはもう少しまっとうなものを選んだら、い・か・が?

そんな遠吠えが聞こえたのか、温海まで出かけていたH1兄から茹で蛸の差入れ♪
千葉でお目にかかった美女からいただいた『しぞぉ〜か』名物、黒はんぺんも♪

タコブツ 黒はんぺん

タコの足はブツに切って山葵醤油、黒はんぺんは焼いて言い付けどおり生姜醤油で♪
合わせたおチャケは…

秋鹿■秋鹿 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 2003年醸造
常温に置かれ、吟醸らしさは失せたものの、生老ねをマスクしてしまうほどの練れ具合と味乗りの豊かさは、それを補って余りありまする。ウンマ〜い!!

アチチに燗をつけて、焼き立ての黒はんぺんを頬張りながら、グビり♪
タコは実にいい按配の茹で加減でクニュクニュ、グビり♪
おぉ、野菜・椎茸・豆腐だけというヘルシーな鍋も。
ますますピッチが上がりまする、お代わり〜♪

いい気になって飲み過ぎ→沈没というお定まりのコースからから生還して気づいたことが…。
「そういえば原酒だったね」orz


夕暮れ時

Scene霞か雲か、はたまた夕餉の煙か・・・
ならまだしも、一時期に比べればずいぶんマシとはいえ、相も変わらず不埒者が…。
コンバインで刈り取った後の稲藁か籾摺りを終えた籾殻(今はほとんどこっち?)が燃やされて、ひどいとこの煙で前が見えなくなり、それが原因で事故が起きることもしばしば…という実に傍迷惑な代物。

こういう風物詩は要りませぬな。


暦を見ながら

誰が考えたのやら “ハッピー・マンデイ” なるおバカな制度のおかげでずれてしまったものの、今日も “晴れの特異日” の面目躍如ですな。
今から44年前の今日、アジア初のオリンピックとなった東京大会の開幕を記念して制定された “体育の日” ですから、ただ休みありきではなく、やはりこういう曰く謂われは大切にしないといけない…と思うのであります。

そういえば、彼の年は…
某酒モアイ杜氏や某がんこ酒屋さんがこの世に生を受けた年でもあらせますな♪ 🙂

新潟港屏風絵それにしても今月は、あれこれ送られてくるサンプルやら「出ます!!」「もうお終い!!」「早く(引き)取って!!」と次から次へと入るおチャケの案内の何たる目まぐるしさよ。
仕舞い場所が格段に狭くなりましたゆえ、嬉しい悲鳴が絶えませぬ。
つきましては、はなはだ勝手ながら、ご予約いただいております品々はなるべく早めのお引き取りをお願いいたしまする。(汗)

ただし、うれしい知らせも…。
今年も 酒モアイ杜氏ご光臨決定!!
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ

地元組の諸姉諸兄、恒例の燗法会を心して待たれよ♪


季節感ゼロ

Beijing 2008ここぞとばかり、そして、これでもかと延々繰り出される大層な演し物や仕掛け。世界で4番目に広い国土に13億(実際には14億とも)を超える人が群がるこの国が、その威信を賭けて作りあげた叙事詩なれど、飽くなき拡大化とそれを統べることがすべてであるかのような体制を見るにつけ、社会主義という名のピラミッドを支えるために無尽蔵に弱者を必要としているように思えてしまいまする。

のほほ〜んと燗酒を酌みながら、画面の中で繰り広げられる束の間の平和を眺められるなんて…

しあわせだなぁ〜
僕は死ぬまで君(燗酒)を離さないぞ
いいだろう? (笑)



秋鹿■秋鹿 純米吟醸“ひやおろし” 2003年醸造
もう少しすればまたぞろ“ひやおろし”狂騒がはじまるのでしょうか。もっとも昨今の“ひやおろし”は、本来の「適熟」の意味がすっかり忘れ去られ、季節感を付与するためのただの「お飾り」に成り下がった感がありますけどね。
もちろんこの“ひやおろし”はお飾りではありませぬ。出た直後から蜜を思わせる涼やかな甘みがあり、まさに適熟の味わい。
が、熟成に紆余曲折は付き物ゆえ、「このまま下ってしまうだけ?」と在庫を思い浮かべながら幾度となく溜め息を重ねましたけれど…
「うわぁ〜、ようやくきた!?!?」
これ、秋鹿には珍しい割水版なのに、原酒と見紛う凝縮されたうまみ。それが少しもダレることなく、すうっと引けていきまする。

熱燗(50℃近辺)超から冷まして、フレッシュさは失せたもののしっかり練れた味わいを「これこれ」と愛でる。初めは「冷やでもいける」といっていましたが、ここまで熟すとやはり「燗をつけなきゃ損♪」でしょうな。

鶏手羽と野菜のカレー煮や焼餃子、冷しトマトをアテに秋鹿が空いたというのに…
「これ、いつまでやるんだ?」と目が満腹な夜でした。(笑)


目に青葉、山杜鵑…

ブルックリン・ラガーフェーン現象のおかげで夏日に…。
車に乗っているとズボンが鬱陶しく感じられますが、まさか脱ぐ訳にもいかず、かといってエアコンを使えば燃費がガタ落ち。
「来月もまた上がるんですよ〜」
ガソリンスタンドもたいへんでしょうが、ユーザーはもっとたいへん。ライフラインの一つでもある石油の価格がこんなに乱高下していいものでしょうや。何にもしないお国の無策ぶりに腹が立ちますが、所詮、あの方々には下々の暮らしが見えていないのでしょうね。

ぶつけようのない怒りをクールダウンするには…
「お〜い、ビール」(笑)


旭若松■旭若松 熟成純米“雄町・日本晴” 2005年醸造
初めての割水版。しかも開け立てなれど、いい練れ具合♪
さすがに原酒版のようなたっぷりのうまみはないものの、“旭若松” らしい酸はしっかり。食中酒としてはむしろこちらの方が適しているかも。
思わず、あの “鷹勇山廃純米60%H9BY” を思い浮かべてしまいましたが、うまみはともかく、締まりやキレはこちらの方がちとシャッキリでしょうか♪
値段的にも原酒版より懐にやさしいし…。(笑)

カミさんの二日目は、鰹の刺身。気味が悪いくらい赤いので鮪の赤身かと思ったら鰹。若い鰹を食べるなら、酢醤油に辛子を溶いて…となるはずが、山葵を入れてしまったため山葵酢醤油。orz
メギスの塩焼きに肉じゃが。
イカとキャベツのマヨネーズ和え。イカと若布・胡瓜を醤油と胡麻油で和えたもの。

「ちと作りすぎでは?」「そう!?」
毎日こんなに食べていたら…誰かさんのお腹みたいになってしまうよ。(苦笑)