老舗 -温故知新-

パンフ帝国データバンク史料館” (東京都新宿区)で開催される特別展にて、生酛や扁平精米で知られる大七酒造(福島県)が紹介されまする。
入館料は無料ゆえ、お時間のある方はどうぞお出かけあれ♪

■特別企画…日本の会社展
 第1回 老舗 -温故知新-
 2008年6月3日(火)〜29日(日)

帝国データバンク史料館
 東京都新宿区本塩町22-8
 入館料 無料
 開 館 10:00〜16:30
     (入館は16:00まで)
 休館日 毎月曜日

※詳しくは、こちらを♪
 ↑Link PDFファイル


元気なのはこどもだけ?

電話の向こうでお子様たちの声が…。「この時間に?」と尋ねたら…
「春休みだから、もうたいへんなんです」
おぉ〜、そういえばそういう時期なんですねぇ。ご愁傷様です♪

凱陣■悦凱陣 速醸純米赤磐雄町 無濾過生原酒 H17BY
冷やで。当初は甘が勝っていた感があったけど、涼冷え(15℃近辺)に置かれ、ようやく酸も目覚めたみたい。後味にやや苦を感じるものの、のんびりと開栓放置で、急ぐならお燗で取れる程度のもの。その意味でも雄町らしくなるのはこれからでしょうか。
とはいえ、そうそう抱いてばかりもいられませぬゆえ、今後の養育は里親に委ねたいですな。お名乗りをお待ちいたしておりまする♪ (笑)

アチチ燗(60℃近辺)では、予想どおり後の苦も消え、ついグビグビと。

アテは、またも鰹のタタキ。まぁ、安いことに関しては刺身系でNo.1。おまけにこちとらの稼ぎも悪いし、しょうがないですな。X-)
鶏が主体の鍋もハフハフと食べている内に、あっさり定量終了。
うぅむ、もうちょっと呑みたい気分。で、「お代わり〜♪」

「何にするの?」「なるべく残りの多いのを…」「○○?」「それはダメ!!」
「じゃあ、○○」「開けたばかりだよぉ」「もう…どれにするの!?」
いかんいかん、角が出始めたようですから、「同じのでいいよ」と。

■大七 純米生酛CLASSIC
こちらもアチチ燗(60℃近辺)に。昨日の今日ですから、まぁ、こんなものでしょ。
空寸を増やして、ちょっと忘れてしまいましょうかねぇ。
若布と菜の花の胡麻和えも春らしくていいですな。
てな訳で、先日のリタイヤからすっかり復活。定量×2が空いた夜でした。


早春賦

Scene

♪雪が消えれば 越路の春は
梅も桜も 皆開く
わしが心の 花も咲く♪

彼の“十日町小唄”でこう唄われる当地の春ですが、まだまだ「名のみぞ」でして、関東では満開に近い桜も、こちらではようやく蕾が色づいてきたところ。やっと梅が盛りを迎えたばかりですから、唄のような景色となるのはもう少し先のようですな。

大七■大七 純米生酛CLASSIC
冷やで。「おやまぁ」。以前のように鈍重な引っかかりを感じることもなく、意外やするすると喉を過ぎまする。かといって、レギュラーの “純米生酛” のように物足りなさを感ずるわけでもない。生酛系ならではの戻り香が心地良く、熟成感もそこそこ。なれど、如何に開け立てとはいえ、どこか釈然としないものが…。

アチチ燗(60℃近辺)から冷ますと、冷やで感じた印象とさして変わりありませぬ。燗酒ビギナーにも受け容れられ易い型ですな。或る意味、すべてに中庸。近頃、当地でこれを扱う飲み屋さんが出てきたのも頷けるというもの。が、またもや悪い虫がブツブツと囁きはじめまする。「納得いかな〜い!!」と。(笑)

おやぢが生酛の標準とする “睡龍” と比べ、酒としての強さ、そしてキレの鋭さがちと甘いか。もっとも変人の口での感覚ですから、鵜呑みにしない方が、お酒を楽しむ間口は広く保たれましょうが…。(苦笑)
とはいえ、あちらやこちらの手間を省いた無手勝流生酛とは一味も二味も違いますから、ご安心召されよ。某氏曰く「椎茸出汁系」という “睡龍” の熟成香や鋭利なキレが苦手な方でも、これなら大丈夫でしょ。
「生酛の酒って、どんな味わいなの?」という方も、ぜひ一度お試しを。

しかしながら…
「どうせ飲むなら」と “大七” はいつも “自然酒生酛” を選んでしまう偏屈おやぢ。
これだけは14%台のアルコール度数でも薄さが気にならないのよね♪


大七 生もと純米CLASSIC (2003.11詰)

■2004/11/27 Sat.の酒

持ち込んだ上にアチチ燗をお願いするという、我が儘ぶり。
重低音の如くヘビー。押すのだが、欲をいえばふくらみがほしいか。
良くいえば、堅く締まった重厚な味わい。


新カテゴリー追加。:-)
といっても、日々呑み散らかした酒を綴るだけの憶え書き。
うぅむ、酒遍歴をバラすだけかぁ。X-)