純米酒を呑みつぐ会

第2回タイトルは…

昨年の “名杜氏対談” に続き、今年は一度は絶えた米、“亀の尾” (鯉川…鯉川酒造・山形県)と “強力” (日置桜…山根酒造場・鳥取県)を復活させ、今もその米に拘る両蔵元がゲスト♪

詳しくは以下のチラシ・サイトでどうぞ。

第2回純米酒を呑みつぐ会

■第2回純米酒を呑みつぐ会公式サイト
■第2回純米酒を呑みつぐ会ブログお知らせ用ブログ


飲むごはん

口にするのもおぞましいボロ酒はさておき、相も変わらず出来の良いアル添よりもボロな純米酒やナンチャラ生酛・山廃が世に蔓延る中、これがホンモノであることは今さら言わずもがななれど…
善良な呑み手への第一歩として、これほど相応しい酒も他にありますまい。

日々の食事に寄り添い、それをもっとおいしく、もっとたのしくしてくれるのがまっとうな酒。
そのことに気づいてくれる人が一人でも多くなってくれることを願って…。

飲むごはんの会 -Dobu meets Niigata-
飲むごはんの会 -Dobu meets Niigata-
ついでに…
米処であっても酒処ではない薄酒の地が、いつか酒処にもなることを願って♪ (笑)


裏話♪

Flyer

表の【案内処】でご紹介したこのイベントですけど、“堀川久子”さんの素晴らしさもさることながら、きっかけは音楽の演奏者欄に名前を連ねている外人さんとの縁あればこそ。
なんと、この夏遊びにきてくれた、あの『青い目のゲスト』その人♪

カミさんたちと和太鼓を叩きつつ、コントラバスの奏者でもあることは知っておりましたが、アレキサンダーという姓だったことはこのフライヤーで初めて知りました。(笑)


咲いた

080406_s1.jpg

更新やいただいたコメントへの返事が滞っています。
しばらくご容赦ください。m(__)m

隠処のそのまた奥に隠っている間に昨日、開花宣言が出されましたが、遅れること一日、とうとう咲きはじめました。
(いつもより大きな画像を置きました)

今から咲いたらあのイベントは…

Read More