お毒見 -1-

「暇だぁ〜」とぼやきつつ、ドカドカとやってくる時には重なるもので、あっちからこっちからのおチャケ到着。
とはいえ、17BYとか18BYとか19BYなんですが、ようやくお目にかかった20BYも♪
ただし、数がホントに少ないですから、なくなっても責任は負えませぬ。

そして、こっそり下調べもしたり…。(笑)

純米古酒1992■某1992純米古酒
BY(酒造年度)なら…『伊代はまだ16だから〜♪』でしょうか。(笑)
“旭菊 H7BY” などの熟成古酒に比べると「もう少し甘があってもいいか」とも思いますが、熟成酒の魅力は決して豊潤ともいえるその甘だけではありませぬゆえ、枯れも見せはじめ、燗をつけるときちんと締まりを味わわせてくれるこれも、食とともに楽しめる熟成酒のあり方の一つだと思いますな。

ただ…これ、一升瓶がないのですよねぇ。
裏貼りだけ修正してもらって、一升瓶に詰め替えたら…3,600円/1800ml(税込)くらいにならないかしらん、とまたもや捕らぬ狸の皮算用を。(笑)

アテの豚の生姜焼きを頬張ってこの酒を含むと、口の中がすっきりシャッキリ、箸が止まらなくなりまする。
カボチャのカレー煮だとさすがにちょっと素っ気なくなりますが、ベロを直すにはいいですな。
胡瓜・玉ねぎ・若布は胡麻油と “富士酢” で。

取りあえずレギュラー品を船出させてから、追い追いこちらも相やら段やらすることにしましょ♪


続々・帰省ラッシュ

ようやく終えたようですが、自衛隊員のみなさま、任務とはいえ四週間に及ぶ “炊き出し”、お疲れさまでした。
昨夜、放送されていましたが、おかげで被災者の方々の顔にも生気が戻ってきたようです。
ありがとうございました。

写真は…教訓-其の壱-♪
呑兵衛たるもの、如何なる時でもアテとなるものを備えておかねばなりませぬ
ではなく…こういうものもあるってことで。

糧食群馬泉 山廃特別本醸造生原酒 “初しぼり” H15BY
帰宅途中で突如、「シュポン!! カラカラカラ〜」と暗闇に音を響かせたこれ、まだまだ元気ですな♪
それにしても、いきなり栓が飛ぶんですから…
いやぁ、魂消た魂消た。(笑)

底に溜まった澱をよぉ〜く混ぜて…
冷たくても十分にまったりとしたうまみを味わえますが、飛び切り燗(55℃近辺)ほどにすると、「熱〜いっ!! 煮えてるよ」といわれた徳利の中では、細かな泡がどんどん湧いてきて…
生臭もほとんど気にならず、さらにうまみを増した最初の一杯を干すと、もうグビグビに火がつきましたぞ♪

アテは、鰹のたたき。これは “富士酢” で作った酢醤油で。
鰈の煮付けは夏だというのに脂たっぷり。冷やしたら煮凝りができそう。
もずく酢はやや酢が甘いので “富士酢” を追加。きりり♪と酸っぱい。
冷やしトマトや胡瓜の糠漬けで口を直しながら…お代わり〜♪

ちと呑み過ぎ?と思いつつ、横になっていると…
あれっ、不二家のペコちゃんが夢枕に!?!?
と思ったら…お江戸での短い滞在を終え、戻ってきた一番娘でした。(笑)
ってことは…また寝てしまったのね、オレ。X-)

残る二番娘は…「帰れそうにない」と。つくづく因果なやつよのぉ。


夏こそ、にごり燗♪

梅雨が明けてくれたのはいいけれど、「飲むか?」といわれても怠さが先に立ってしまい、「今日はダメ」と “ここ飲み屋かい?” までキャンセルする始末。
もっとも先月11日(水)以来休みなし。老体にはきつい山場を迎えた頃かも。
でも、決してお江戸埼玉で悪乗りしたツケではありませぬゆえ………のはず。X-)

然らば、どんな栄養ドリンクよりも効き目がある『にごり』パワー注入!!

生酛のどぶ生酛のどぶ H17BY仕込19号+13
蔵のおばちゃんたちが不慣れだったため、ホントは『+13.5』なのに、行き場を失くした『0.5』が切り捨てられたしまったお宝ヴァージョン。これが紙幣や切手なら…とんでもないプレミアがついたでしょうに♪ (笑)

某所からのご下命により、17BY中、最もメーターの切れたこれを夏向きに…と取り出したものの、「えぇ〜っ、まだこんななの!?」なれど、練れ味には程遠い後味が、まだまだたっぷりと伸び代があることを感じさせまする。
困惑しつつアチチ燗(60℃近辺)から冷ませば…
「わぁお、こりゃええわ♪」
ス〜イスイと滑りながらも、後のキレの潔いこと。
これなら某所でもお気に召していただけますかな。それとも「こんな呑み過ぎる酒、送るんじゃねぇ!!」とあべこべにお叱りを受けるか?

アテは、庶民の味方、鰹の刺身。丸々半身で350円ですから♪
生姜醤油ではじめたものの、今イチぴりっとしませんな。然らば “富士酢” を加えて…
「おぉ、これこれ♪」
夏のアテに相応しく、また、疲れた身体もまっとうな酢でリフレッシュを。
セロリ・キャベツ・じゃこの炒め煮。セロリとじゃこが “どぶ” を呼びまする。
ミニトマト・胡瓜・茗荷・セロリ・玉葱のサラダはマヨネーズで和えて…。
冬瓜・人参・マッシュルーム・さつま揚げの煮物。出汁を吸った冬瓜が、◎。

いつものことながら “どぶ” は『大喰い誘発剤』。見る見るアテが減っていきますから、夏バテしている暇もありませんな。もちろん、夏痩せとも無縁。
えっ、杜氏の体型をみれば分かるですって!? そりゃ、ごもっとも♪ (笑)


もう葉月かぁ

今日は朝から陽射しが眩いばかり。「いよいよかなぁ」と期待したものの…
関東甲信はさておき、東北南部・北部まで発表されたというのに、
「あれれ、北陸だけ置いてけ堀?」と待つこと暫し。
平年より10日遅れ、昨年より2日遅れなれど、ようやく梅雨が明けましたな♪
とはいえ、颱風5号が接近中。西日本の方々、明日・明後日はご用心を!!

Scene扶桑鶴 純米吟醸 “雄町” H17BY
別館(閉鎖)の “呑録” によれば、開けてから10日しか経っていないというのに、もう最後の一回にも満たない量に。
やはり『呑める』酒は減りも早いですな。

アテは、サラダ風鰹のタタキ。“かんずり” 醤油で食べはじめましたが、野菜も、となると酢が欲しくなり、“富士酢” を少々。
「肉があるよ」といわれ、出てきたのはマトン。「うんめぇ〜」とは云い難いけれど、「それを云っちゃあ、お終めぇだよ」と堪えている間に “扶桑鶴” の方がお終いに。
「もう半分だけ」でまたもや雄町を…。

武蔵の里 純米 “雄町米の酒” (2004.12詰)
純吟の後では同様の品格を望むべくもありませぬが、滑りと捌けは悪くありませぬ。
無難に定番酒の役目を果たしてくれまするな。
「まぁ、こんなものでしょ」といいつつ、予告通りの半分がお終い。

毎月毎月、悪戦苦闘。月末がなければいいのにねぇ。X-)


やめられない♪とまらない♪

Scene撮影場所の左手を見やれば、駐車場に所狭しと陸自の車両や道具が…。練馬からの炊き出し部隊でした。お見舞いの後、「ご苦労さま。入れ替わりに呑みに行ってくるよ〜♪」とICを目指す途中の一コマですな。
昨日の余震は震源が内陸部に逆戻り。震度3とのことですが、短かったし、そんなに強く感じませんでしたけどねぇ。また道路の損壊が進んだようです。X-)

辨天娘 H18BY三番娘 純米にごり酒 “玉栄65%”
「これ、ホントに玉栄!?」と開け立てから三週間ほどでかなり丸くなったようですが、暴食誘発作用は健在。(笑)
選りに選って、アテには大好物の鰯の酢洗いが。早速…
「酢味噌、酢味噌♪あら、ないの!?」「お〜い、酢味噌作って〜」
「ちょっと(住乃井)味醂を入れすぎたかも」「どれ、あ、甘いわ」
富士酢をもうひと匙入れて、再度の味見。「よしっ!!」と味噌がビシッと締まったところで、アチチになった “三番娘”を グビリ。ウンマ〜い♪

鰯の隣にはモズク・蛸・胡瓜の酢の物も。これも蛸と胡瓜だけ選んで、富士酢を利かせた酢味噌で。酢の違いがよ〜く分かりますぞ。
“生酛のどぶ” はじめ、『にごり燗』が食を進めることはご存じでしょうが、これも例外ではありませぬ。鰯!! 蛸!! 鰯!! 鰯!! と箸が止まらなくなりますから、ダイエットしている方には要注意♪
あ〜あ、まだ三週間なのに空いちゃった。X-)

豚肉・キャベツ・ピ−マンのピリ辛炒めもあるし、お代わり〜♪

日置桜 純米 “八割搗き強力” H16BY
前夜開けたばかりですが、この値段でこのうまさを味わえることに感謝ですな。
アジアカップを見ながら…消化不良のゲームもまた酒をすすめますこと。×。orz


熟女の魅力♪

田舎は旧盆ですからまだ先になりますが、お中元をいただく時期になりました。:-)
つい先日もネコがやってくるなり「冷凍ですから」と見やれば、聘珍樓重慶飯店。奇しくも横浜中華街の広東と四川が…。その前にもお中元ではありませんが、同じく江戸清のブタまんを頂戴して冷凍してあるというのに、時ならぬ中華責めにうれしい悲鳴。X-)

中華に合わせることを予想して…という訳ではありませんが、久々に古酒を呑みたくなったので、開栓常温放置酒の中からこれを。

杜氏の詩■杜氏の詩 特別純米古酒 “あんちっく”
2005.02詰。届いて間もなく栓を開けたものかと。「あるがままに、じっくり5年。」とラベルに記されておりますから、蔵で5年+常温開栓放置2年の都合7年熟成酒?
冷やでもまだしっかりとした味わい。いかにも “杜の蔵” らしく、障りなく、スルスルと滑っていきます。

飛び切り燗(55℃近辺)ほどに燗をつけてから冷ますと、冷やでの味わいをふくらませたうまみ。加えて、障りなきこと水の如しという滑り。良い出来の酒ならでは…には違いないのですが、敢えて一癖を欲しがる変人おやぢ。我ながら呆れてしまいますわ。(苦笑)

帰宅すると肉が…。カミさんが戻るにはまだかなりの時間がありますな。しょうがない、久々におさんどんを…。
ラップを外すと、「ありゃ!?」、牛かと思っていたのにマトンですか。フライパンを熱してオリーブオイルを少々。マトンとインゲンを投入し、火が通ったと思しき頃合いで長葱を。塩胡椒をし、夏ですから一味を追加。火を止める直前に “富士酢” をたっぷり。

これをアテに “あんちっく” をチビチビのつもりが…一味が利いて汗がダラダラ。
となれば、杯のピッチも上がるというもの。当然、グビグビにシフトチェンジ♪
戻ってきたカミさんのビールをチェイサー代わりに一口もらって、お代わり〜!!

豆腐のピカタで口を直しながら、マトンをパクパク。「こんなに!?」と思っていた結構な量を完食。きっと “富士酢” と “あんちっく” が箸を進めさせたのでしょうな。
おかげで寝苦しさを味わう暇もなく、深い眠りに落ちた小暑前夜でした。


若手と “ここ飲み屋かい?”

Windowsのメチャメチャ汚いディスプレイ・フォントを、何とかMac並みのきれいさに近づけよう、とこちらの “Mac化計画” のお世話になりながら、【隠れ処離れ(閉鎖)】で悪戦苦闘しておりますが、ついでに携帯まで今週末29日(US時間)に登場する “iPhone” 風待受画面にしてみました。
携帯iPhone化” のとおりにやっただけですが、時計もずっと見やすく、Good♪
ただし、我が愛機auのW45Tでは、着信音までは正常に動作するものの、メニューは使えず。残念!! X-)

今年は地元の若手が何かと理由をつけて出入りするようになりました。
この日もその内の一人が「飲ませてもらえるものと思って…」と大皿に盛られた刺身の差入れを。そこまでされたら…
打合せをさっさと終わらせて、まずはビールでかんぱ〜い♪
“キリン ラガー” から “シメイ レッド”、そして “新潟麦酒 ゴールデン・エディンバラ” へ。
「次は燗酒でいいよな」「はい、ここの酒だと飲めるんです」と外では絶対に日本酒を飲まないという別の一人が頷きまする。
栄えある(?)スターターは…

鯉川■鯉川 純米吟醸 “庄内の風” H16BY
「あ、うま〜い」「…」(元々日本酒好きの一人は無言でニコニコ)
「ツンツンしないですね」「当たり前だろ」
この価値、ホントに分ってる?(苦笑)

■鶴の友 大吟醸 “上々の諸白”
9年古酒か10年古酒。しかも燗冷ましの再燗。(笑)
「ちょっとアルコールっぽいですね」
普段、日本酒を飲まない奴に限っていいベロを持っているんだから…。
こういう人たちが日本酒を飲むようにならないと、次の時代はありませんな。

■群馬泉 山廃酛純米 H15BY
「酸っぱ〜い」「ホントだ、すげぇ〜」「オレ、うまいけど」
「ガツ〜ンと酸があるけど、飲めるでしょ?」

■生酛のどぶ H17BY仕込19号+13
「甘ったるくてベタベタするか、ピリピリするようなにごりしか知らなかった」
「こういうのもあるんだよ」

お持たせの刺身は、鮃・鮪・鰹のタタキ・イナダ・甘海老…となかなかのボリューム。
鰊の燻製やチーズを足して、とうとうこんなものまで…

■住乃井 三年熟成本味醂+純米 富士酢
「暑くなると食欲がなくなるから、酢をジャブジャブ使いますよ」という奴に…
「これなら点滴代わりになるぞ」(笑)

さてさて、打合せの内容からすっかり離れて、酒や食べ物の話をしている間に、すっかり夜も更けました。

■睡龍 生酛純米酒漬梅酒
「明日、すっきり目が覚めるように」「わぁ、うま〜い」

いつもとはあべこべに、おやぢが最長老という “ここ飲み屋かい?” でした。X-)


物欲のすすめ -8-

“まっとうな酒” をさらにおいしくしてくれるのが、“まっとうな食”。
互いに引き立てあって、杯を進め、箸を進めてくれる、実にアブナイ関係でもありますが、その “まっとうな食” の基になるのが “まっとうな調味料” であることに異論をはさむ余地はないかと…。
中でも酢・醤油・味噌などの発酵調味料や味醂は、日本の食と切っても切れない間柄でありながら、これほど【ボロ】がまかり取っている現状はなんなのでしょうね。
今さら “JAS(日本農林規格)” を云々してもはじまりませんから、ボロな調味料の嘘や偽りを見抜くためにも、ユーザ自身がベロを鍛えるしかないのもまた、お酒と同様でありまする。

富士酢” を造る飯尾醸造(京都府宮津市)は、無農薬栽培のお米だけを原料に、まず純米酒を造り、“静置醗酵” という手間のかかる醗酵方法で酢を醸します。
しかも、きちんと熟成させてから出荷するため、お酢が生まれるまで一年以上かかりますが、「これでなければ富士酢にならない」と昔ながらの製法を頑なに守っています。
今では、この酒造りまで自前でやる “お酢屋” さんはそうそうありません。
加えて「骨抜きにされてしまった、消費者のためにならない規格は無用」と敢えて製品から “JASマーク” を外してしまう硬骨さも。

そんな “お酢屋” の母と娘が生み出した “酢料理” の数々が同社サイトにも掲載されておりましたが、このたび本になりましたのでご紹介いたします。

京都のお酢屋のお酢レシピ
著者:飯尾 さとみ・ 飯尾 淳子
出版社:アスキー  ISBN:4756148751 1,344円(税込)

よろしければこのリンクバナー、または左の “amazonおすすめ” からお求めください。
“貧乏おやぢ年度末助け合い運動” にチョビッとだけご協力を♪ (笑)

最後に…
五代目見習いさんのblog『酢を造るといふ仕事』も併せてご紹介しておきまする。:-)