東山道中膝栗毛 -其之弐-

いよいよ弥次喜多道中の開始♪
上野国を出立点に選んだ理由はひとえに『群馬泉』を醸す島岡酒造さんへ伺うこと。

「今季の造りはどうですか?」
「例年に比べて(米が)溶けやすいみたい。そのせいか数値的には酸がやや高いけれど、感覚的にはそんなに出ているようには感じないですね」
専務からお話を伺った後、蔵へ入れていただくと…

蒸し場折しも蒸し上がりを迎えた “甑” からはもうもうと湯気が立ち上がり、“釜場” に独特の香りが充満しています。

続いて写真を撮ろうと思ったのですが、「なんてこった〜い」の電池切れ。
仕方なくカミさんからカメラを借りたものの、そのカメラは弥次喜多との道連れを拒んでまだお蔵に居残っておりまするゆえ、強制送還されてきたら写真を追加いたしまする。(汗) ← 中と下の2枚を追加♪

「溶けやすいからいつもよりちょっとだけ硬めに」という “蒸米” を専務から受け取り、即席の “ひねりもち” 作りを。
『群馬泉』さん独特の押せばしなり、離せば立ち所に元に戻る弾力を体感するには60%の方が向いているはずだけど、「今日のは若水の50%です」といわれただけあって、米粒が小さいながらも中は柔らかめの “蒸し” は相変らず。当然、口に入れてその弾力を味わっているところへ杜氏が…。
「おやっさん、新潟からの…」という専務の紹介につづき、「○○からか」とこちらの地名が杜氏の口から出てきたのには「えっ、ご存じでしたっけ」とびっくり。

専務が生まれる1年前からこの蔵に入っておられる杜氏は、「この酒を越後杜氏が!?」と不思議がられてもしょうがない小国(旧刈羽郡小国町・現長岡市)杜氏のお一人。
長年務めるこの蔵の酒を薄酒の地で扱う変人が出てくるとは思いも寄らぬことだったのか、放冷機から出てくる米を見やりながらも小さな声でボソボソとお国話をしてくださる。

種麹@群馬泉“麹室” に引き込まれた “蒸米” は均一に広げられて “もやし(種麹)” が振られ、“床揉み” が終わると布にくるまれ、しばしお休み。
隣の部屋でできあがりを待つ “麹” を見た後は、“酛場(酒母室)” へ移動。
「長過ぎるとあまり良くないといわれるけど、今季から蔵人さんたちの年齢を考え、酒母はすべて年内に立てた」という長期 “枯らし” 酒母はすっかり落ち着いているものの、
「元気のいい酵母だけが残るからか、醪後半になってからが強くて、却っていいことも」
とまるで加藤杜氏(久保本家酒造)の仕込む生酛のよう。

出麹@群馬泉“槽場” を見た後、“出麹” 場の前で待っていると「あはは、すっかりご存じで」と専務が取ってくれた “麹” はこれも50%の “若水” 。
噛むと一昨年の60%に比べるとやや甘みが薄いとはいえ、しっかり “破精込み” 、心地好い弾力がありまする。

“貯蔵庫” に移された今季の酒から専務に取ってもらった新酒をジュルジュル♪
「酸がやや高い」といわれたにも関わらず、当然渋いものの実にきれい。
「いいですね、これ」
前日の『つくし』さんで飲ませてもらった “初しぼり” といい、今年もいいお酒ができあがっていますから、『群馬泉』ファンならずとも、乞うご期待!!

「あ、そろそろ」
予定の時間を若干オーバーしてしまったため、後ろ髪を引かれつつ…。

専務はじめお蔵のみなさま、たいへんお世話になりました。
無事に皆造を迎えられますようお祈りいたしまする。
ありがとうございました。

【つづく】


東山道中膝栗毛 -其之壱-

「庄内へ行くつもりなのでその前後の都合が良い日に…」と年が明けたある日、下総国より入電。
折しもこちらはようやく遅い正月休みを取る予定にしておりましたゆえ、
「ならばいっそご一緒しませんか?」という誘いに応じてくださった酒縁のお一人、狼亭さん。

同年代ゆえ、始まる前から弥次喜多道中必至の旅の振出しに選んだのは…
第二の故郷、上野国厩橋(うまやばし*1)での常店、『つくし』。
「行きますよ〜」の声に駆けつけてくださった地元Kさんとともに、
まずはキリンのクラシックラガーで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

カウンターに陣取った同世代おやじ三人組+おばさん、突出しのぬたをつまみながら早々に燗酒へシフト。
何をさておいてもまずはこれからの “群馬泉” なれど、いつもの “超特撰” が切れていたため、 “淡緑” と新年ヴァージョンの “初しぼり” の出番。
300mlボトルの山廃特別本醸造原酒 “初しぼり” を『純米原理主義者』の狼亭さんにお飲みいただいてから…
「それ、アル添なんですけど…」と種明かしをする非道おやぢ。(笑)
「えっ、ホント!?」と今一度確かめる狼亭さん。
「聞かされた後でも気づかない。それに、原酒でありながらアルコールの粗さを少しも感じさせないし、いやぁ〜、実にお見事ですな」
とお褒めの言葉を頂戴した本物のアル添酒は、今年も年一回の魔法を見せてくれまする。

地元の肉厚椎茸や鶏の網焼き、金目鯛の一夜干しなどをアテに、お酒は “ひこ孫純米” へ。
お燗の温度を指定しようとするこちらの言葉を遮って、若旦那の口から発せられた
言葉は某漫画風に表記すれば、“狂人” となる…
「これをチンチンに燗をつけて喜ぶなんて、やはりク○ド民族だけだよね」
これにすかさずの反論は…
「極めて純粋な大和民族だと思うよ。ただし、血に酒がかなり混ざっているけど」(爆)

この後…『つくし』のカウンターに何本空いた徳利が並んだことやら…。
帰り際、カウンターの反対端に座る常連さんらしき若いカップルに…
「もうすぐここから我々ク○ド系好みの酒が来ると思う」
という若旦那の一言が翌日からはじまる遠征の結団式を完璧なものにしてくれました。(笑)

ちなみに名指しいただいた先遣隊は…あの “どぶ” です♪

小料理 つくし地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081

【つづく】


*1:厩橋 -うまやばし-
  群馬県前橋市の旧称 → Wikipedia:前橋藩前橋城


○○○●酔行譚

Scene飲み気と食い気の趣くままに彷徨った上州・お江戸・武州遠征。タイトルは白星三つと黒星一つの星取表ですな。
その合間にこんな光景もしっかり目に焼きつけてまいりました。
それでは…ここでクイズをば。
【問題】
 これは、どこから見た富士山でしょう?

【賞品】
 正解された方にはもれなく…
 おやぢの熱き抱擁を♪ (笑)

賞品の適不適はともかく、「どこだろう?」と少しでも考えてくださったとしたら…
あなたは実に素直な方ですな。
まぁ、これ以上は言わぬが花!? (笑)

Sceneさて、『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった』のとおりチェーン規制のしかれた関越道は所々で除雪渋滞。黄色の警告灯や赤い尾灯に染められつつも、川端康成が『夜の底が白くなった』と書いた風景のままに降りしきる雪なれど、降雪量そのものは大したことありませぬ。
なのに50km/h規制とは…。X-)

延々と続いた速度規制に焦れたのか、はたまた虫の知らせか、いつものICより手前で降りたら、その区間が「路面の凍結により事故が多発したため、通行止になりました」と。
シメシメと思いきや、反対の上り車線。そんなの関係ねぇ〜!! (苦笑)

束の間の糠喜びの後にやってきたのは…
Scene積雪はまったく支障ないものの、ツルツルに凍った道路。ブレーキを踏んだところでちっとも止まりませぬ。怖がって30〜40km/hしか出さない前走車を尻目に「お先に〜♪」。
とはいえ、ハンドルとブレーキ・アクセルは慎重の上にも慎重を。いずれも『急』がつくのは大禁物。これが雪道ドライブの鉄則ですから。

道中の雪の少なさに高を括って戻ったら…
ご覧のとおり一面真っ白。長靴がなければ、とても車から降りられませぬ。orz

風がなくて、典型的な “里雪” になってしまったのね。
おかげで翌朝は早朝からせっせと雪かきをする羽目に…。X-)


前橋酔夜譚

つくし「早仕舞いまでしてかっ飛んで…」は昨今のガソリンの高騰により、
「燃費を気にしつつ可及的速やかに…」に変わってしまいましたが、
馬場川近くへ辿り着いたのは22:00少し前。夏以来となるこの店の暖簾をくぐりまする。

からからの路面を見続けたせいか、喉が渇いてしまい、久々に「まずはビール」とキリンのクラシックラガーからスタート。
「お疲れさん」( ^_^)/□☆□\(^_^ )

スス〜ッとクラシックラガーが空けば、もちろん「群馬泉、アチチで♪」

お通しなめろう

■群馬泉 超特撰純米
この夜のお通しは、鰤の落とし。たっぷりと生姜を利かせた鰤が燗酒を誘いますなぁ。
四種類ある “なめろう” の「おすすめは?」「絶対に鰺!!」
おやぢ的にはイサキも捨て難かったけれど、おすすめに勝るものなし♪

ふとしたことで先客との会話が…
「どちらから?」「新潟から呑みに来たんですけど」「えぇ〜、わざわざ!?」
「どう、ウチのお客さんは範囲が広いのよ」と若旦那の一言が。

「あちらはお酒がおいしいでしょ?」「いいえ、こっちのほうが、断然うまい!!」
ポカンとする三人組に “群馬泉” を一杯ずつお裾分け。
「どうです?」「へぇ〜、いつも○○だったけど、こんなお酒があるんですね」
「群馬の良心ですよ」と大見得を。造っているのは越後杜氏ですけどね。(笑)

地鶏焼やら特大特厚しいたけ焼をアテに “群馬泉” がドンドン空きまする。
こりゃヤバい、開け立てがなくなりそう、てな訳で…

■神亀 辛口純米
これまた開け立てですかぁ。残り物で全然構わないんだけど…。(苦笑)
隣で女将さんを相手にいつもより饒舌なカミさん。
「ありゃりゃ、かなり飲んでいるよ、この人」
それもそのはず、「ねぇ、もう1:00になるわよ」で慌てて退散。
ごちそうさまでした。今度はお義母さんを連れてまいりますぞ♪


上信越マイナールート♪

「とうもろこしを買ってこい!!」指令を受け、暑い前橋から嬬恋へ。
途中で這うように飛んでいるヘリに遭うし、万座・鹿沢口駅に近づくとお巡りさんがびっしり。鬼押ハイウェイにはパトカーに白バイまで繰り出して何事かと思いきや、翌週、こちらを訪れる皇后様の警護リハーサルとか。群馬県警は真面目なのね♪

Scene1蕎麦をたぐり、大量のとうもろこしを積み込み、お巡りさんの一群から逃れようと、スタコラサッサと万座ハイウェイへ。白根山のお釜で一休みと思ったものの、このコースでは草津方面に逆戻りになることを失念しておりました。X-)

草津白根ルート、国道292号線に合流して志賀方面に進み、渋峠付近の “国道最高点” を過ぎたところで山並みをパチリ。
雲が多く、陽が陰っていましたからなおのこと、涼し〜い♪

Scene3Scene2志賀まで下り、さらに奥志賀方面へ。スキー場やホテル群が途切れるとその先は、懐かしの “奥志賀スーパー林道”。
といっても未舗装の悪路を埃塗れになって駆け抜けた往時とは打って変わり、県道502号線となって完全舗装され、普通の車でも通れるただの曲りくねった道になってしまいましたが…。
 つまらんっ!!

Scene4林道ではお約束の猿にも出会しながら燃料が心許なかったため、全線走破を諦め、野沢温泉方面へショートカット。
スキー場の中腹にある『見晴台』は “日本の夕陽百選” にも選ばれたところ。夕陽を眺めるには時間が早過ぎたし、北信五岳は雲に隠れていましたが、遠くに千曲川を臨み、眼下には温泉街が一望できまする。こんな場所、あったのね。
雲間から零れる陽射しが眩しい♪

お盆明け、しかも平日とあって、温泉街は静か。
ついでに…
Scene5自遊人” 9月号で紹介されていた飯山の樹齢200年というブナ林へも…と思ったものの、位置を疎覚えだったため、まったく違う場所に辿り着くことに…。orz

なれど…
「鴨が泳ぐ溜め池と白樺もまた良し」
と負け惜しみ♪
山々はすっかり秋の気配が濃くなっていました。

しかし、下がりきったフューエル・メーターを睨みつつ、結局、十日町までGSの選り好みをしたのですから…
我ながら、無謀〜!! きっとガス欠一歩手前。(汗)


墓参

遅ればせながらお盆休み。
とはいえ、お盆はとっくに終わっていますけどね。
因果な稼業と諦めるしかないものの、民族大移動を終えたこの時期はどこへ行ってもガ〜ラガラ♪という恩恵もありまする。
歩いて数分の菩提寺にある我が家の墓には慣わしどおり13日に参りますが、カミさんの実家はこの休みまで持越し。

久しぶりの “三吉屋” のラーメン大盛りをスープまで飲み干した後、バケツをひっくり返したかのような雨の新潟市内から北陸道へ。

手水関越トンネルを越えたところで「晴れたぁ〜」と喜んだのも束の間、ICから下りる頃になって、またもや土砂降りに。orz
諦めつつ向かうと、直前でピタリ。
「さっきの雨は何だったの!?」

手水を使い、お線香を上げ、帰省報告。
その後、なぜか鐘楼で鐘を撞くおやぢ。
「ご自由に」と書いてあったから、つい、ゴォ〜ン♪ (笑)

夏空大間々方面には「ビッグマック!?」のような雲が…。

赤城山から榛名山や妙義山を見やり、視線を落とせば灯りが点りはじめた前橋の街が広がる…というロケーションの日帰り温泉で汗を流し、当然の如く、「プシュッ!!」を一本。これぞ、リフレッシュですな♪

義母・義妹との夕食は、銀色ビールしかない店。「然らば」と日本酒を探しますが、「選りに選って…」という銘柄ばかり。とその時…
「あったぁ!!」
“群馬泉” とともに飲める数少ない酒…

■船尾瀧 特別純米酒 (19.5詰)
四合瓶をボトルでもらって…
「これ、お燗してもらえます?」「はい」
とお客の飲みたいスタイルで飲ませてくれるところは、「○!!」なのだが…
肝心の酒が…。酒が変わったのか、こちらの口が変わったのか、またしても飲める酒を減らしてしまいましたなぁ。orz
アテの山形産だという岩牡蛎は良かったけど、江戸前穴子の白焼きは…
「あのぉ〜、これ、ギスの開きですか?」
というサイズ。前橋の外飲み事情は相変わらずですなぁ。

気を取り直して、いつもの『つくし』で口直しを…。
こちらでは “群馬泉” から入るのがお約束ですが、こちらの顔を見るなり
「すみません、お盆進行できらしちゃって…」
と先制パンチを喰らいます。
以前ならここで「ぐぅわぁ〜ん!!」と打ち拉がれるところですが、今は
「じゃあ、神亀を熱くして…」

■神亀 純米酒 “辛口”
鰺のなめろうをアテに呑む “神亀” のうまいこと♪
二合徳利を三本空けたところで「ごちそうさまぁ」とすっと立つ。
先回の粗相を繰り返すわけにはいきませんものね。X-)


創業平成18年

槽場@被災後先日、“群馬泉”を醸す島岡酒造さんを訪問。
再建なった蔵もさることながら、造りの時期にお邪魔するのは初めてだけに、暮れに「おかげさまで搾れました」と報告を受けていた酒たちがどうなったか、伺う前からワクワク♪

あの厄災からほぼ一年。直後に “がんばれ、群馬泉” で一部は公開したものの、もっとも酷かったこの槽場の写真は封印してしまったのですが…
「助さん、格さん、もういいでしょう」とご老公の台詞を借りて、解禁。:-)

外観@被災後外観@再建後

左が火災直後、右が再建なった新蔵。真新しい漆喰の壁がまぶしい。
この日は今季最後の一本の “仲添え”。ってことは、明日は “甑倒し(こしきだおし)”。
良かったぁ、微妙なタイミングなれど、“蒸し” と “留麹(とめこうじ)” が見られる〜。
「もうすぐはじまりますから」と専務の案内で蔵の中へ…。

蒸し取り放冷後

和釜にかけられた “甑(こしき)” から蒸し上がった米を掘り出す蔵人さん。やがて放冷機が動き出すと、別の蔵人さんが温度をチェックしながら運搬用の箱に受けます。
蒸された米を “甑” から取って見せていただきましたが、すごい弾力。ぐっと潰そうとした指を跳ね返すかのよう。でも、思いの外にやわらかい “蒸し”。

醪仕込水

「ここもついでだから手を入れました」と仕込み蔵に移動。「運良く採取してあったとはいえ、最初に乳酸菌が検出されたときは、無事付いてくれたかとほっとしました」
はしごを登ってタンクをのぞき込むと、“泡消し機” が回るタンクからは若々しい酒の香りが立ち上ります。隣は豊かに湧き出る “硬水”。“山廃酛” を支える命の水ですな。

麹室出麹

今季の役目を終えた “麹室(こうじむろ)”。一階に下ろされた新しい “室” は、壁・天井はもちろん床まで、厚さ30mmという無垢の杉板が張り巡らされています。
“枯らし場” に置かれた “留麹”。ギュッと握って緩めると元に戻ろうとする感触がしっかりと感じられます。「こういう麹が欲しかったんですよ。流行りのガチガチに締めた麹では味がふくらみませんから」。弾力に富んだ “蒸し” の理由はそれだったのか、と納得。

きき酒「せっかくですから」と定番『群馬泉 本醸造』に小瓶は今年の『群馬泉 “初しぼり(山廃版)”』。加えて埃がこびりついた瓶のお酒も。

「蔵は新しくなりましたが、造りは以前のまま。昔ながらにじっくり寝かせてうまみがふくらむ酒を造っていきたいですね。最初の年だし、在庫もあるので、吟醸までは欲張りませんでした。ですから、創業平成18年といってもいいんです」と専務。

見事に復活を遂げた『群馬泉』。一献いかがですか?
ただし、今年の “醪(もろみ)” には “おやぢ菌” が混入したかもしれませぬ。
できあがる酒は、かなり臍曲がりな “変人酒” になるでしょうな♪ (笑)


婿殿な一夜

埼玉某所からタラタラとR17を走り、赤城山の麓、富士見村へ。日も暮れ始める頃合いとなり、赤城颪が顔に冷たい。久しぶりに義父の墓参りを。
「おやじさん、孫たちもそれぞれ独立しましたし、あんたの娘はしっかりデB…」
バキッ!!(-_-)=○()゜O゜)アウッ!

ホウボウ前橋へ戻った夜は義母・義妹と連れ立って夕食へ。
外飲みの酒までこだわる家族ではありませんから、ビールは銀色。燗酒は越の誉。あぁ、彼の所の酒か、と出元であろう知人の顔を思い浮かべます。

「冷酒」と書かれたメニューには、○保田・○海山・○張鶴・○法などの越後や信州のバカッ高い迷酒たちが…。前夜と打って変わって呑みたい酒がありませぬ。orz

江戸前穴子辛うじて前夜の “つくし” のデフォルト燗酒でもある “立山” を発見。なれど、グラス1杯600円。どのくらいのサイズかも分からないし、他に飲めそうな酒もないから四合瓶をボトルでもらい…
「お燗できますか?」「はい、できます」
酒はともかく、その姿勢や誠によしっ!!
おバカな飲屋たちよ、キンキンに冷やすばかりが能じゃないのよ。「温める」という日本酒最大の魅力を捨て去って、どうする!?
出てきたボトルは本醸造でしたけどね。X-)

揚出し豆腐『立山 本醸造』
出てきた徳利に “越の誉” の名があるのはご愛敬として、上は程良い温度なれど、下は冷や〜。
「おいおい、さっき褒めたの取消すぞ」

今度はお義母さんも “つくし” に連れて行ってさしあげましょ♪
【上】“ホウボウ” くんのお造り
【中】江戸前穴子の白焼き(ホントか!?)
【下】揚出し豆腐


とんだ粗相を

21:30駐車場に車を、ねぐらに荷物を放り込んで、群がる呼び込みのおにいちゃん・おねえちゃんを尻目に一目散に向かう先は…東和銀行本店裏の馬場川(ばばっかわ)近く。
「休んでないよね」とカミさん。灯りが点っている。開いててよかったぁ〜!!

さっそくキリンのクラシックラガーとお通しのいかわさで200kmドライブの緊張を解きほぐし、定番の…
●群馬泉 超特選純米
もちろん、お燗♪
「何かつくります?」
鯛・鯖の昆布〆“鯛・鯖の昆布締め” と写真はないけど “芹のお浸し” を。
最初の1本がややぬるかったので、お代わりは…
「思いっきり熱くしてください」(笑)
「まだ硬いなぁ」とカウンターに置かれた瓶を確かめると “18.12詰”。
ありゃま、まだピチピチ。この秋を待つ秘蔵の “14.9詰” はさておき、普段でも “16.12詰” の常温放置ものですから、無理もないですな。(笑)
それでも次から次へと「お代わり〜♪」「今季の第1号ですよ」と…
●群馬泉 “初しぼり”(速醸版)
うぅむ、しっかりとした味わいながら、きれい。でも、やっぱりゴツい山廃版のほうが好み。:-)

壁に貼られた短冊を見やって目が点に…。
「神亀〜!? 今まであったっけ?」「ひょんなことから入るようになったんですよ」
「何があります?」「ひこ孫と純吟と上槽中汲です」
「じゃあ、槽口を。あ、それも遠慮なく燗をつけていいですよ♪」
椎茸生海苔カミさんのリクエストで、“生岩のり”と“生どんこの網焼き”。
ここは茸もうまいのです。
お酒は…
●神亀 純米酒 “上槽中汲”
から「日置桜は?」で出てきた
●日置桜 純米吟醸 “伝承強力”
にチェンジ。

なめろうアテに “なめろう” を追加した頃から、記憶が怪しい。
“秋鹿” は確か頼まなかったはずだけど…それすらあやふや。
なれど、取っ替え引っ替えまっとうな燗酒を呑める幸せよ。
と、戻した肘が何かに当たったと思った途端、ガチャ〜ン!!
「あぁ〜!!」
床に割れた器と残りの “なめろう” が…。
大事な商売道具を壊したことより“なめろう”が勿体ない、とじっと見入ってしまった呑兵衛をお許しくだされ。(´Д`;)ヾ スミマセン

たらふく呑んで、粗相を詫びながらねぐらへ戻るおやぢ。
これに懲りずにまた寄らせてくださいねぇ〜。

その昔、地元の呑兵衛嬢に「前橋でまっとうな酒が飲める店を教えて」で返ってきた答えがここでした。
以来、前橋での常飲屋。
一時期、歩いて1〜2分のところにねぐらがあったときは、「這っても転がっても帰れる」と痛飲したものです。

後で知ったのですが、太田和彦氏の “太田和彦の居酒屋味酒覧 精選172” や “新全国居酒屋紀行(Sky PerfecTV!)” にも登場する名店。
こんなファンサイトがありましたぞ。:-)

■小料理 つくし 【地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081