アナゴという名のウナギ

あの “飲むごはんの会” からもう6週間!?
遅ればせながらようやく慰労の会を開かせてもらいました。

クリックすると…
クリックすると…

約束どおり出雲崎までひとっ走りしてきた会の主役♪
こちらでは通称 “アナゴ” と呼ばれておりまするものの、正式にはヌタウナギ綱ヌタウナギ目ヌタウナギ科ホソヌタウナギ属の “クロヌタウナギ”。
名前に蔑称が含まれているからと学名まで変わってしまったかわいそうな奴は夏の珍味の一つなれど、ちょっと海から離れると地元民でも「知らなかった!!」という人も珍しくありませぬ。このように浜焼きにするのも当地だけのようですな。ウェブで検索すると調理前の写真にもお目にかかれますけれど、見ない方が…。(笑)

ついでに浜焼きの王道、イカ焼きも買って、夕方にはご覧の黒くないヌタも到着♪ (笑)
ピカピカ♪
ピカピカ♪

あの日、スタッフとして大活躍してくださったま・ぜらさんとちゃむさん。それに「アナゴで呑みますよ」に釣られたオサムさんとカオリ姫という顔ぶれが揃い、新潟麦酒で喉を潤していただいた後は…
●睡龍 生酛純米吟醸瓶燗原酒 H15BY
「もう二度と呑めないでしょうから乾杯分だけで悪いけど」で
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

ちゃむさんお手製の牛スジ煮込みやカオリ姫特製、辨天娘大吟醸粕を使ったペーストに胡瓜。オリーブオイルをかけたトマトとチーズ、胡瓜・茄子・茗荷の浅漬けなどをアテにおチャケも…
「羊用ですね!?」
と某お蕎麦屋さんが叫んだ…
●仙亀 熟成純米原酒 H10BY
をグビグビ♪ アナゴにもいいですぜ、お蕎麦屋さん!! (笑)
ちゃむさんが持ってきてくださった…
●神亀 純米酒 “美山錦” (1999詰)
●力士 純米酒(生酛純米酒?) ← 加藤杜氏在籍時の珍品♪

●英 純米吟醸 “jungin” H15BY
●るみ子の酒 純米酒 “暖々上々”-7号酵母- H14BY
なんぞを次々に燗をつけますが、懶な燗番おやぢゆえ、お燗メーターを振り切ることもしばしば。(笑)

「わぁ、もうこんな時間!?」
気が置けない顔ぶれで呑むのは実に楽しいものの、時間の経つのもあっという間。
お集まりいただいた方々、お疲れさまでした。また、ありがとうございました。
次は…おでん呑み、はたまたマダラ刺し呑み? (笑)


昨日の原監督も「我慢」といっていましたけれど、日本人はよほど「忍ぶ」ことが好きのようですな。
政治や行政ばかりか経済のお粗末な舵取りにもひたすら耐え忍ぶ姿は、古来から「お上」に従順な民族性とはいえ、賞賛に値しまする。これが短気なお国ならとっくに暴動が起きておりますわ。
日本人よ、もっと怒りなされ!!

といいつつ、こちらもおチャケに対してはかなり甘々。ひたすら「忍ぶ」日々に慣らされた? (笑)

6年物の生酛純米
6年物の生酛純米
●英-はなぶさ- 生酛特別純米 H14BY瓶火入れ
いつまで経っても心許ない味わいに焦れて、久しく放ったらかしにしていましたが、某所からお問い合せいただいたこともあり、お寝坊鉄人のピンチヒッターに♪
「わぁお、ようやく!?!?」
生酛特有の香りと割水版にもかかわらずふくよかなうまみが…。
飛び切り燗(55℃近辺)から冷ますと程好い甘さと滑りの良さも見せまする。
6年経ってのこの芸当は…「さすが山田錦」でしょうか。

思いの外にやわらかいこともあって、山葵を利かせた烏賊刺しとも好相性。
となれば、後は野となれ山となれのグビグビモードへギアチェンジ♪
ほうれん草ともやしの胡麻和えや野菜と煮てとろみをつけた鶏肉も。
「おやおや」
最近はカレー味の餃子なんてのもあるのですね。

然れど今宵は…
待てども来ない鉄人にやきもきしながらチラチラ見ていた決勝の再放送が何よりのアテ!? (笑)


もの言えば首筋寒し

ただでさえ一言余計なのが災いして、いつも首筋がスカスカしているというのに…
ようやく取れた休みに床屋へ行ったら、30年を超すつきあいの女将が「切るわよ♪」
と喜び勇んでやってくれた上に髭もサッパリと落とされてしまいましたから、
首も顎も寒いのなんのって。
こりゃあ、風邪を引くのが先か爪弾きが先か、はたまた…。

英 生酛特別純米 H14BY■英(はなぶさ) 生酛特別純米瓶火入れ H14BY
開け立てですからまだ寝ぼけ眼をこすっている感じ。
しっかり昼ビールもやれたから、「まぁ、いいや」(笑)

アテは…豚しゃぶ。定番の山葵醤油でムシャムシャと。
いただきものの鰰はオスばかりだったけれど、小さいながら白子もあるし、魚食いにはむしろ好都合♪
板山葵と粗潰しじゃがいも、早い話が衣のないポテトコロッケのソテーに、葉物のマヨネーズ和え。
冬の定番、のっぺはあれど、煮菜はいつになったら出てくるのやら。

しかし、年末の美容院でご母堂とバッタリを笑っていたら、年明けはこちらが床屋で愚母とバッタリ。(汗)

【教訓】
 人を笑うにはそれなりの覚悟が必要だということ。
 転じて、安易に他人を笑うことを戒める。
 これを…『人を笑わば穴二つ』という。大ウソ♪ (爆)


キタでもなくミナミでもなく -3-

宿から下ってきた谷町筋を引き返し、向かうは “マイドーム大阪” を望む松屋町筋。

酒 -1-すぐ隣が酒屋さんというビルの階段上れば、電話ではおなじみの声なれど、お目にかかるのは初めてという店主の大西さんと奥様に…
「はじめまして」
でいよいよ本番開始♪
ドド〜ンとカウンターに置かれたお酒は…

■鯉川 純米大吟醸“出羽燦々” H13BY
■天穏 純米吟醸“馨”無濾過生原酒 H16BY
■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
■辨天娘 H19BY一番娘 純米(五百万石)“槽汲”生原酒

「今朝ほどはどうも」のお酒屋さんもお見えでかなり賑々しく…。
そうこうしている内に「行きますよ〜」と仰っていた関西酒MLの諸姉諸兄がご到着。
お一人のはずが、ナント、神戸の呑兵衛ご夫妻もご一緒!?
三番娘の全国大会出場の折りに御影(神戸市東灘区)でお目にかかって以来の7年ぶり。
お懐かしゅうございまする♪
などといっている間にお店が混んできて別室に隔離。:-)
「空きましたからどうぞ」
で戻ると地元の呑兵衛氏も駆けつけてくださって、お酒もまだまだ登場♪

■群馬泉 純米吟醸【別誂え】
■英(はなぶさ) 生もと特別純米 H14BY
■るみ子の酒 熟成純米吟醸-7号酵母- H11BY

何を飲んでいるのか何を食べているのか、かなり怪しくなっておりまするが、取りあえず写真を撮るヒマもなかったってことで…。(汗)

蔵朱 蔵朱

いつものことながら楽しい時間が過ぎるのは早いものでして、お帰りの電車に合わせて一人去り、二人去り…でお暇する時間に…。

快く受け入れてくださった大西さんと奥様、水先案内を務めてくださったマック次郎さん、そしてお店に寄らせていただいたばかりか夜もおつきあいいただいた大野(立花酒店)さん、たいへんお世話になりました。
近くから遠くからお集まりいただいた皆々様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを切に願っておりまする。m(__)m

■蔵朱 CRUSH公式サイト
 大阪市中央区南新町2丁目3-1 〒540-0024
 スタークィーンビル2F
 phone: 06-6944-5377
 昼…11:30〜13:30(月〜金曜のみ)
 夜…17:30〜23:30
 日曜休み・祝日不定休

【つづく】


外見優先

エドヒガンお酒は容器や意匠より中身がまっとうであることが第一義とは思いますが、時には容れ物に条件がつくことも…。

【其之壱】
「未然に防止できることはすべてやっておきたい」
といわれたのは学校給食用の料理酒。万一、誤って割ったら瓶の破片が入ってしまう恐れも。普通酒とはいえまっとうな地酒を使っていたのに、それがために全食を無駄にするわけにはいかないといわれれば、しょうがありませぬ。今年度からパック酒に切り替えを余儀なくされました。
ただし、「ボロながら少しでもまともなものを」と選んだのがこれ
図らずも “純米酒” となりましたが、喜ぶべきかはビミョ〜。(苦笑)

独活【其之弐】
「お祝い用に角樽を」
と珍しいご注文をいただきましたが、これまた中身も容器もピンキリ。
せめて本漆塗りのこれでもと思いましたが、予算的に却下。プラスチック製角樽+本醸造酒になってしまいそう。orz

愚痴はさておき、名残のエドヒガンと伸び盛りの独活ざぁます。どちらも自前♪
エドヒガン、ポチャッとした可憐な花がいいでしょ?
独活は昨日の雨で伸びすぎました。次の葉に期待ですな。

英■英-はなぶさ- 純米酒 H13BY
“妙の華” や “るみ子の酒” の別ブランド、無農薬山田錦で仕込まれる “英”。
その精米歩合70%のスタンダード純米酒ですが、「まぁだ13BYがあったの!?」と我ながら驚き。
ホントは呆れ果てておりましたが、開け立てにも拘らず、きちんと練れ味を伝えます。森喜さんの酒らしく、ずぅ〜んといつまでも響く重低音のような酸。
飛び切り燗(55℃近辺)ほどにすると、熟成香もはっきり出てくる上に分厚いうまみを味わえまする。
「これ、いいじゃないっ!!」
はなはだ失礼ながら、久々に森喜さんのお酒を褒めさせていただきますぞ。
素っ気ないラベルなれど、こちらは中身優先♪
ずうっと涼冷え(15℃近辺)に置かれたこれ、試してみます? 🙂


タラレバ

大晦日を前に「蟹を食べてしまって」といわれ、冷蔵庫を開けたら確かにど〜んと鎮座しているものの、これがタラバ。「出刃が要るか‥」「食べやすいように捌くのは厄介だなぁ」などと思案していたところへ娘たちが登場。
「てっきり大晦日用かと思った」と、思わぬ分け前にありつき、「おぉ立派な爪。こいつ、右利きだね」と、はしゃぎながら果敢に素手で足を外しにかかる。

待つこと暫し、甲羅の半分がやってきた。「あれ〜?」。
どこをどう眺め回しても味噌が‥ No味噌。X-(
卵は‥ これも入っと卵。X-(
ガッカリしながら身をほじる。うむぅ、確かにタラバの食感なれど、甘さも旨みもない。
どこの業者か知らんが、ひでぇ蟹を送ってよこしたものだ。

元々好みではないタラバ。「ズワイだったら」「せめて味噌があれば」と、頭の中でタラレバ論が空回り。
燗をつけた英(はなぶさ)生酛純米14BYを手に、金目鯛の煮付けとクリームシチューに逃げ込むおやぢだった。


英(はなぶさ) Jungin 15BY

■2004/12/11 Sat. の酒

原料米:無農薬山田錦 精米歩合:50% 酵母:協会601号 アルコール分:16.6%
日本酒度:+5 酸度:1.7 アミノ酸度:1.2

おやぢの命名は「黒英」。社長自ら「15BYの会心作のひとつ」と仰っていたし、お礼-part 2-の意味も込め、親しくしている友人たちとの忘年会の酒に選びました。
るみ子さんは「またちょっと固くなったみたい」と心配されていましたが、涼冷え(15℃)貯蔵半年で、森喜さんの15BYとはとても思えぬ味乗り。冷や(室温)でさえ豊かなボディを期待させていたのに、上燗から熱燗で一気呵成に満開の味わいを。
そして、さすが50%。後がだらけず、上品な仕舞い方を見せつけてくれます。

森喜さんの酒は、その個性が良く表れる60〜70%くらいの磨きが丁度良いと思っていたのですが、これはうれしい誤算でした。
集まった友人たちにも大好評で、あっという間に一升が空。
ささやかな贅沢を大きな歓びに変えてくれた酒でした。


英(はなぶさ)特別純米生もと瓶火入れH14BY

■2004/12/09 Thu. の酒

原料米:山田錦 精米歩合:60% 酵母:6号泡あり アルコール分:15.8%
日本酒度:+8 酸度:1.8 アミノ酸度:1.7

普通酒漬けの身体を元に戻すためと義捐酒のお礼-part 1-に選んだのがこれ。
昨年はするりと入るだけのふくらみに欠けた酒だったが、1年間の涼冷え(15℃)貯蔵で眠っていた旨みが見事に花開いた。
加水の弱さはみじんもなく、ウェルバランスの食中酒。
この値段帯(3,500円/1800ml)にもライバルは多いが、飲み得な一本に違いない。
15BYも熟成が楽しみになりました。

そうそう‥
14BYはこれの無濾過生原酒も持っていたのだった。そろそろ燗をしてみようかしら。:-)


英 70%精白純米酒 13BY

宿借り玉三さんは14BY生もとを褒めておられるが、手元のはまだ早いだろうから、今晩はこれにしよう。
おやぢが勝手に命名した『白英(はなぶさ)』。
平成13酒造年度仕込み第8号 上槽日:平成14年3月3日
原料米:70%精白山田錦 酵母:6号

ちなみに特純は『紅英』。単にラベルの色からだが、無農薬山田の特純火入原酒が最もおやぢ好み。
今は14BYしかないけど、これも13BYが抜群に良かった。