雪國

久しぶりの宿根(すくね)

結局、元日につづき帰りも送っていくことになった夕方、またしても風が強くなり、所々で路面が凍結。雪に降られるよりももっと始末が悪いことは寒冷地ドライバーならご存じですよね?
その所為か、小千谷ICを過ぎた所で事故渋滞。
あ〜あ、かわいそうに…。雪にハンドルを取られ、一回転して後ろ向きになった所へ後続の大型トラックがドスン?
もっともあの程度で済めば命に別状はないはず。
気の毒なのはむしろ長距離トラックのドライバーとその会社。
帰路にはもうなかったけれど、荷物を予定どおり届けるのに代車の手配やら荷移しやらたいへんだったことでしょう。

さて、どうやら南魚沼へ着いて唖然。
「また増えてる!?!?」
道路脇の壁は1mを超え、ガレージ前には50cmほどの新たな積雪が…。
「まだ少ない方だよ。車が一晩で埋もれちゃうんだから」
夜にも関わらず除雪していた隣のおばちゃんが…
「この辺に流雪溝があるはずなんだけど」
と教えてくれたから、歩道をスコップで探っている所へ通行車両がやってきた途端…
ザッバァ〜ン!!
「ぎゃあ〜、冷てぇ〜!!!!」
路上を川のように流れる消雪パイプの水を思いっきりかけてくれて、後ろ半分はビショビショ。orz
「明日やるから」「少しでも楽なように手がある内にやっちゃお」
それにしても、やはり本場はすごいですな。それと同時にこの雪をものともしないパワーにも脱帽。

2年ものめっけ♪

●小笹屋竹鶴 宿根雄町純米原酒 H18BY
柳都へ行けば “大和雄町” は飲めるのですが、こちらは今のところ常駐先なし?
久しぶりに飲みましたけれど、竹鶴らしからぬこの繊細さが…◎!!
やっぱ、“大和雄町” よりもこっちの方が好みですな。

●ひこ孫 純米酒 (07.12詰)
いつもながら練れさえすれば、盤石のスタンダード♪
正月くらいは純米吟醸(白ラベル)を…とも思ってみたものの、姪っ子や甥っ子にお年玉を奪られた財布ではこれが精一杯。(汗)
誰か年末ジャンボ、当たりませんでしたか〜。(爆)


東山道中膝栗毛 -其之壱-

「庄内へ行くつもりなのでその前後の都合が良い日に…」と年が明けたある日、下総国より入電。
折しもこちらはようやく遅い正月休みを取る予定にしておりましたゆえ、
「ならばいっそご一緒しませんか?」という誘いに応じてくださった酒縁のお一人、狼亭さん。

同年代ゆえ、始まる前から弥次喜多道中必至の旅の振出しに選んだのは…
第二の故郷、上野国厩橋(うまやばし*1)での常店、『つくし』。
「行きますよ〜」の声に駆けつけてくださった地元Kさんとともに、
まずはキリンのクラシックラガーで( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

カウンターに陣取った同世代おやじ三人組+おばさん、突出しのぬたをつまみながら早々に燗酒へシフト。
何をさておいてもまずはこれからの “群馬泉” なれど、いつもの “超特撰” が切れていたため、 “淡緑” と新年ヴァージョンの “初しぼり” の出番。
300mlボトルの山廃特別本醸造原酒 “初しぼり” を『純米原理主義者』の狼亭さんにお飲みいただいてから…
「それ、アル添なんですけど…」と種明かしをする非道おやぢ。(笑)
「えっ、ホント!?」と今一度確かめる狼亭さん。
「聞かされた後でも気づかない。それに、原酒でありながらアルコールの粗さを少しも感じさせないし、いやぁ〜、実にお見事ですな」
とお褒めの言葉を頂戴した本物のアル添酒は、今年も年一回の魔法を見せてくれまする。

地元の肉厚椎茸や鶏の網焼き、金目鯛の一夜干しなどをアテに、お酒は “ひこ孫純米” へ。
お燗の温度を指定しようとするこちらの言葉を遮って、若旦那の口から発せられた
言葉は某漫画風に表記すれば、“狂人” となる…
「これをチンチンに燗をつけて喜ぶなんて、やはりク○ド民族だけだよね」
これにすかさずの反論は…
「極めて純粋な大和民族だと思うよ。ただし、血に酒がかなり混ざっているけど」(爆)

この後…『つくし』のカウンターに何本空いた徳利が並んだことやら…。
帰り際、カウンターの反対端に座る常連さんらしき若いカップルに…
「もうすぐここから我々ク○ド系好みの酒が来ると思う」
という若旦那の一言が翌日からはじまる遠征の結団式を完璧なものにしてくれました。(笑)

ちなみに名指しいただいた先遣隊は…あの “どぶ” です♪

小料理 つくし地図
 群馬県前橋市千代田町5丁目3-2
 Phone. 027-234-0081

【つづく】


*1:厩橋 -うまやばし-
  群馬県前橋市の旧称 → Wikipedia:前橋藩前橋城


世界中の誰よりきっと♪

航空便が到着したというニュースは、先日、目にした覚えがありまするが、
実際に飲んだのはたぶん今シーズンの…一番乗り〜♪

なお、今回は大きなサイズの写真は用意してありませぬ。目を凝らしてくだされ♪

Nouveau■ピエール アンドレ “ボージョレ・ヌーヴォー”
  Pierre ANDRÉ “Beaujolais Nouveau”
  -Récolte du Domaine Les Rosières-
「そろそろ片付ければ?」
とまるで他人事のように宣ふてくれるカミさん。
「だったら手伝えよ!!」
と喉まで出かかった一言を押し止め、ほんの少し手をつけたものの、敢えなく中断の懶おやぢ。果していつになったらきちんとおチャケが並ぶことやら…。(苦笑)

然れど、飲む時だけは簡単に意見が一致。
「これ、飲む?」「あ〜、久しぶりにいいかも♪」
開け立てながらありがちなジュース擬きとは違い、思いの外にしっかりとしたボディ。最後に舌に残るタンニンもビロードのようにやさしい。
「へぇ〜、飲めるじゃない!?」「うん、いいわね」

ただし、アテは厚揚げとシメジの焼きものに大根おろし。
豚肉・里芋・レンコン・人参の煮物など、どれをとっても和の素材に和の調理。
レタス・セロリ・胡瓜のサラダはあっても赤ワインには…。

一、二杯はつきあったものの、残りはカミさんにまかせて、さっさと…
“ひこ孫純米+辨天娘18BY玉栄にごり” のブレンド燗に逃げ込むおやぢ。
割合は半々くらいのはずだけど、“ひこ孫” の強さはやはり並みではありませんな。

Read More


お宝発見♪

「わぁお〜!?!?」
或る箱を開けたらひょっこりと出てきたのは…
確かちゃむさんからいただいたおチャケだったかと。
どちらも先のミレニアム前、20世紀の“ひこ孫”二種。それも大吟と吟醸!!
見つけた時が飲み時ですから、早速♪

ひこ孫■ひこ孫 純米大吟醸(1990詰)
どこかで見つけた大吟をおやぢにも「味を見てもらおうと思って」とわざわざ詰め替えてまで持ってきてくださった一本。
ここまで練れるとさすがに「大吟ならでは」という分かりやすさは鳴りをひそめ、後味のきれいな熟成酒となりますが、上燗(45℃近辺)は超しても熱燗(50℃近辺)までいかぬよう加減して燗をつけると、いきなりうまみがブワ〜ッとふくらみます。その上、うまみの余韻がきれい、かつちょうどいい按配の長さ。
これが大吟らしい品格のあるキレでしょうな。

■ひこ孫 純米吟醸“小鳥のさえずり”(99.4詰)
こちらも同じように寝かせた普通の純米からすればきれいなのですが、大吟の後ではずいぶんと図太く感じます。が、思わず「うまい!!」と声にしてしまう分かりやすいうまさ。飲み応えもこちらの方がありますから、万人向き♪
とはいえ、何人の人がここまで待てるでしょうや。大概はここへ到達する前に飲まれてしまうはず。ウチのは2002.5詰ですから、もう三年ですか。
うぅむ、残っているかどうかはビミョ〜♪ (笑)

鮭の煮付けには玉ねぎとししとうの付け合わせが…。
シメジ・里芋・大根の煮物、と普通の“おかず”なれど、酒がいいとウンマい♪

H1兄からいただいた山牛蒡の梅和え。残念ながら添加物バリバリ。orz
気にしない人は気にしなくてすみますから、或る意味では羨ましい限りですな。
おチャケはじめ、口にする物すべてに窮屈な我が身が忌々しくさえありまする。

ゲソとキャベツ・胡瓜の柚子胡椒マヨネーズ和えもパクパク。ところで…
「イカの身は何処?」


どぶ見参

みなとぴああの “生酛のどぶ” の元締め、久保本家酒造(奈良県)の久保社長が二年ぶりにお越しくださるというので「せっかくですから柳都の夜に “(睡)龍” の雄叫びを」に先立って、「初めてなんですよ」という久保社長を、移築された歴史的な建物や本館脇の“四間堀”などで古の新潟を彷彿していただこうと、“みなとぴあ(新潟市歴史博物館)” へご案内しました。
もう10日早ければ、こんな催しもやっていたとはいえ、お蔵にとって得るものは…。(汗)


さて、夜。宿から這っても行ける場所なれど、古町から鍋茶屋通りをぐるりと回って、しばし夜の柳都の雰囲気を感じていただいた後は…当地で “まっとうな燗酒” を求めるなら、やはりここでしょう。
新堀通りの夜から蕎麦屋、“そばきり酒房 吟” さん。

「ビールにしますか?」「いいえ、燗酒で」とさすが元締め。
地元組が1名加わったところで…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
■睡龍 速醸純米瓶燗 H15BY
皮切りはまだ持っていたこれで♪

いなだのなめろうイサキの刺身
【左】イナダのなめろう 【右】イサキの刺身

「こんばんわ〜」とまっとうな燗酒も飲めるカフェ、“marilou” さんご夫妻が…。
もう一度あらためて…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
■生酛のどぶ H17BY仕込19号+13.5
ようやく柳都に “どぶ” が炸裂!! (汗)

佐渡産岩牡蛎ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた
【左】佐渡産岩牡蛎 【右】ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた

お酒の話や蔵の話、“marilou” さんのマクロビオティックの話などを伺いながらも、グビグビモードは一向にペースが落ちませぬ。“睡龍” と “どぶ” の二升がペロッと空いて…。

蚕豆出汁巻き
【左】食べ残しを辛うじての空豆 【右】同じく最後の一切れ、出汁巻き

他にも栃尾の油揚げステーキやお新香も食べていたはずですけど、“群馬泉” や “竹鶴”、“ひこ孫” も追加して、優に三升は超えたはずですから、写真なんか撮っていられませぬ。
仕上げに “吟” さん自慢の十割蕎麦をいただいて…お開き〜♪

遅くまでおつきあいいただいた元締め、“marilou” さんご夫妻、地元の某氏、そしてお世話になった “吟” の畔上さん、楽しい夜をありがとうございました。
また柳都の夜をまっとうな燗酒で染めましょうぞ♪ (笑)

■そばきり酒房 “吟”
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み


合掌

5月1日、その昔は母校の創立記念日でありましたが、昨年より故上原浩先生の祥月命日として刻み込まれておりまする。
800kmの彼方ゆえ、まだお墓参りも叶いませぬが、独り三回忌を。

西に向かって手は合わせたものの、読経抜きでいきなりお斎。(苦笑)
この陽気でさすがに喉が渇いておりましたから…

■新潟麦酒 エスプレッソ
瓶内での二次醗酵もしっかり進んでくれたようで、いい熟成具合♪
しかも炭酸を補圧していませんから喉への当たりもやわらかく、ビール本来の味わいを楽しめる稀少な国産ビールです。冷し過ぎは禁物ですから、当然、ぬるめ♪

■ひこ孫 純米吟醸 “上槽中汲” 無濾過生原酒 H18BY
槽口あの日、“槽口” から流れ出ていたのは…
「これ、吟醸」と亀専務がボソッとつぶやいた後、おもむろに…。
あの “一文字” シリーズになるお酒ですが、実は “神亀” で一番苦手です。だって、「苦っ!!」「渋〜い!!」で、とてもすぐには飲めませんもの。そして、貯蔵温度が高いと生老ね香がきついですし…。

といいつつ、確か昨年三月にチョッピリきき酒した後、常温に放置されていました。(汗)
「おやまぁ、うまいじゃない!?」
生臭はあるものの、熟成香のおかげで気になるレベルではなく、思ったよりずっと味乗りも進んでいます。どうやら、此度は博打が功を奏したようですが、あくまでも偶然ですからねぇ。追随するのは結構ですけど、あくまでも自己責任で。(笑)

「せいぜい熱燗くらいか」と加減したものの、この陽気で飛び切り燗(55℃近辺)超になってしまいましたけれど、心配無用。崩れを見せることなく、ふくよかなうまみをしっかり伝えてくれますが、うまみがあり過ぎ!!
悪くいえば、味が汚いってことですな。
“神亀の吟醸” の真味を味わおうとしたら、やはり無理せずにきちんと低温で貯蔵熟成させた方がよろしいかと。

アテは、切干し大根の煮物にもう一品、身欠き鰊と筍・蕗の煮物。
身欠き鰊が入ったら精進料理になりませぬな。X-)
といいつつ、肉もしっかり食べていましたから、結局いつもの晩酌!? (爆)


春の香り

いくら液晶とはいえ、ディスプレイとのにらめっこは目にきついものがありまする。
やっと一区切りついたといえるところまでこぎつけましたのでここでもお知らせを…。
お時間のある時にどうぞ。→ 表サイト

独活筍

独活につづいて筍もお出まし♪
食卓にセリ・フキ・タケノコが上る時季となりましたが…
タケノコはともかくセリやフキなんぞ…
「金をもらっても食べたくない!!」という時代がありましたっけ。
今から思えばずいぶんと勿体ないことをしていたものだと…。

もうすぐワラビも出はじめる頃。
今年も箸と口だけを用意して、届くのを今か今かと待ちまする。(笑)

■X
“辨天娘” 純米玉栄18BYのサンプル瓶なれど、味わいは玉栄ではありえないし、微かに黴臭の混ざる熟成香からしても “辨天娘” のそれではないことは明か。そして、後の引けの良さは吟醸レベル。
とここまで見て思い出しました。
これ、たぶん、ちゃむさんからいただいた “ひこ孫” 吟醸(大吟醸?)の発掘もの。
細かいところは忘れてしまったけれど、90年代初頭の酒ではなかったかしら。
おかげで「お疲れさん」の一本としては過分な旨酒をいただけて、し・あ・わ・せ♪

ありがとうございました。>ちゃむさん
また面白いものが見つかった際はぜひ!! (笑)

とはいえ、サンプル瓶ですからちと不足。鬼の居ぬ間にもうちょっと…。

■神亀 純米 “甘口の酒” (2005.03詰)
飛び切りから冷ました “神亀” を一口、ジュルジュル…。
酒が変わったというのに違和感はまったくなし。
これで先ほどの酒が “ひこ孫” であったことを確信したのでありました。

と大見得を切ったものの違っていたら…赤っ恥ですな。(苦笑)


庄内はきっと地吹雪

Scene昨夜から風が強まり、気温も下がり気味だったけれど、一夜明けたら辺り一面、まるでシュガーパウダーを吹き付けたような風景。
「この冬一番の冷え込み?」
と思ったものの…この冬二番だとか。
ってことは、寒さもいよいよ “責め” に入りましたかしら。

某 “攻め純米” という商品もありますが、酒造用語としては『責め』と表記するのが通例。


 
ひこ孫■ひこ孫 純米酒 (2001.12詰)
初めにお断りしておきますが、これ、意図したものではありませんから「それ欲しい!!」といわれても出せません。ご自分でつくりなはれ。(笑)

それもそのはず、開栓時期不明の常温放置酒♪
6年の歳月を経て、しかもその内の数年は開栓されていたにも拘わらず、少しの崩れどころか(あの神亀臭はあるものの)老ねもなし。しっかり締まった味わいは口中で涼やかでもありまする。
当然、アチチ燗(60℃近辺)へGo〜!!

ウンマ〜い♪ でも、地味〜♪ (笑)
とはいえ、分を弁えた味わいは一見地味に見えるかも知れませんが、これぞ食とともにある酒。余計なものが削ぎ落とされた真のうまみは、流行り廃りを意識している内は決して生まれてきますまい。

アテは、鶏の香草焼き。といえば聞えはいいですが、要は出来合い。
そのあざとい味わいも酒を含めば一刀両断。ベロの上はまっさらさら。
タコの乗っかったサラダ。「あれれ、酢は?」「あ、使い切っちゃった」
食卓に900mlの酢の瓶があるというのは異様でしょうが、ウチではNo problem♪
然らば、今宵は山葵醤油で、サラダもやっつけましょうか。
ハリハリ漬けやほうれん草のお浸しも食べながら定量がお終〜い。

「あ、終わっちゃった」と素直に杯を伏せられたのも…やはり酒の力?


THE STING

The Sting昨夜のアテは、NHK BS2の衛星映画劇場でやっていた “スティング” ♪
35年前の映画ですからみんな若いのは当たり前ですが、ポール・ニューマンがいい男で惚れ惚れ。ロバート・レッドフォードなんか、まだ洟垂れ小僧のよう。(笑)

封切り当時から何度も見ていますが、見ているこちらまで「一杯食われた!!」というラストの驚きは今も新鮮ですな。

懐かしのキリン・マインブロイのCMにも使われた洒脱なラグタイムピアノが、古き良き時代(1930年代)の雰囲気を醸し出しておりまする。:-)
てな訳で、極上のアテには極上の酒を♪

ひこ孫■ひこ孫 純米吟醸 -7号酵母- (2004.04詰)
2001年詰の9号酵母版がなくなったので、遅ればせながら7号酵母版に乗り換え♪
瓶詰めから間もなく4年を迎えようとしているだけあって、開け立てからウマウマなれど…
60℃を超させたら「あれぇ〜!? どうして…」

火入れのタイミングが遅かったのかも知れませぬが、気にしなければそれまでのレベルゆえ、うまみをしっかり堪能しましょ♪

ホントのアテは、スタッフド・ピーマンならぬ、スタッフド・シイタケ♪
鶏挽肉ヴァージョンなれど、“どんこ” の椎茸のうまみがよりはっきりと分かってよろし。トマト・キュウリ・レタス添え。
烏賊大根。烏賊のやわらかさとうまみを吸った大根が何ともいえませぬ。
茄子のピリ辛炒め煮や紅白なますをつまみながら、映画の方も終盤に…。
「これから、これから」といいつつ、お代わり〜♪

CMははさまれないし、DVDやビデオと違って一時停止も使えませぬから、
ちょっと抜ける場面で渋々立ち上がるカミさん。

■辨天娘 H18BY三番娘 純米にごり “玉栄65”
「これ、空いちゃった♪」と開けてわずか四日で早過ぎ〜の完飲。
とんだ仕返しが……。orz


上石神井酔夜譚

いつもは『ひとたび腰を落ち着けたら、そこでじっくり』を旨としておりますが、
久々の外飲みとお江戸の灯りに弾む足取りは、新宿だけで止まりませなんだ。
「明日早いから」「私も仕事だし」と冷めた娘たちが、帰れない二人を残して〜♪
そそくさと帰った後、向かった先は…
急行なら『高田馬場から二つ目』の上石神井♪

焼白子自家製豆腐

この日の “作-ZAKU-” さんはマスターと板前くりさんのレギュラーコンビ。
白子の塩焼きのうまさに「どうしたら?」「鮮度はもちろんですが、ていねいに掃除して洗い、水気をきちんと取るだけ」とくりさんから教わる。なるほど、あの『一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し』という究極のフレーズどおり、どんなお酒も “蒸し” で決まるといわれますが、調理もまた “下拵え” がすべてなのですね。

ひこ孫いただいたお酒は…
■辨天娘 H17BY四番娘 純米 “玉栄65”
■辨天娘 H18BY九番娘 青ラベルにごり
■鷹勇 山廃純米50%火入原酒 H9BY
こともあろうにウチでは「呑むなっ!!」指令が出ているお酒ばかり。“作-ZAKU-” さんも大切に売ってくださっているお酒だけを狙い撃ちしたように減らしてしまって、誠に申し訳なく…。

それなのに「これ、一杯いかがですか?」と
■ひこ孫 純米吟醸 “小鳥のさえずり” (98.4詰)
まで出していただいて‥
相変わらずの『居心地の良さ』に呑兵衛おやぢはもうフニャフニャ。
マスター、くりさん、お世話になりました。ありがとうございました。

すっかりごちそうになってお店を出たら、目にはっきり見える大きさの雪が。
久しぶりのお江戸行。余計なものまで連れていってしまいましたかねぇ。X-)

燻、炙、酒。作-ZAKU-地図
 練馬区上石神井1丁目19-9 ハイツアドリバー101
 Phone: 03-3594-5909
 Open: 18:00〜03:00/無休