喰わず嫌い

先日来、某所でのお遊びの世話方補佐を務めさせていただくことに…。
ただ、某所のシステムがあまりにも使い勝手が悪いため、せっかくのお遊びも利用価値半減。
それをもっと使えるものにするため、ただいま裏でシコシコやっておりまするゆえ、
もうしばらくは更新や反応が鈍ることをお許しくだされ。

といえば、聞えはいいもののその実…いつもの月末病に加え、年度末からの現実逃避♪
といわれてもいわれても致し方ないかも。(汗)

新潟にも飲める酒はある♪
新潟にも飲める酒はある♪

●北翔 純米酒(09.05詰)
裏貼りを見ないとわからないのだけれど、地元産五百万石55%精米。
そして、どこにも書いてないけれど、協会7号酵母。
さらに、このスペックで2,200円(1800ml:税別)!?!?
某蔵元曰く…
「新潟産の五百万石の55%でその値段は反則ですよ」
“日置桜” はじめ、安くて困る酒は何も県外酒に限ったことではありませぬ。
が、飲み頃は瓶詰め日付から三ヶ月後から!! という遅さ。
もちろん、もっと熟成させてもダレる心配は無用♪

一部には新潟酒というだけで嫌う向きもおありのようですけれど、何も○○田・○○山・○○川だけが新潟酒ではありませぬ。今さら地域で括ることの無意味さは、その方たちが良くご存じのはずですのにねぇ。(笑)

冷やでもきれいな中にしっかりとした熟成感を感じられますから…
熱燗(50℃近辺)ちょい上にすればもうツルツルと玉のように喉を通っていきまする。
脂が少ないイナダの刺身や焼茄子、夏野菜の煮物、おぼろ豆腐なんぞと合わせたら…
「お代わり〜♪」
となること請け合い。
坊主の頭も結ったことがないおやぢのゆうこと、信じます?
あ、昨日も一つ、ウソをついたばかりだ!! (爆)


どうして冷やなの?

「今日と明日くらい休めば?」
とカミさんにいわれていたのに、TVでの余さんのあまりの飲みっぷりの良さに持って帰った某生酛純米生原酒を躊躇なく徳利に注いでしまい、思い出したのは電子レンジのスタートボタンを押した時。
「あっ!?」
結局、休肝どころか休燗にもならず。(笑)

ちとピンボケ(汗)
ちとピンボケ(汗)

それにしても余さん(←この写真、別人!?)、お酒強いですねぇ。
鳳麟蔵を案内してくれた社長に勧められるままに大洋盛をあれこれグビグビ。ご本人の…
「これ、試飲という量じゃないですよね」
というセリフを借りるまでもなく、その後も顔色も変えず召しあがっておられましたな。

翻って、漁師町を巡る鶴瓶師匠は或るお宅で同じくグビグビなれど、大洋酒造で大吟醸などにありついていた余さんと打って変わって、師匠はもう一つのお蔵の普通酒。さぞかし後に甘が残ったことでしょうな。(笑)

然れど、せっかく紹介されながら、返す返すも残念なことが…。
槽口から酌んだばかりのしぼりたてはまだしも、蔵内に設えられた試飲コーナー(*1)や総務課長のお宅でも、飲ませる酒はすべて冷や!!
漁師さん宅に上がり込んだ師匠も同様とはいえ、あちらのは燗をつけても甘ったるくなるだけで冷やよりもキレが鈍る酒だから致し方ありませぬが、まっとうな酒ならば燗でさらにうまくなるところを見せつけて欲しかったですな。
こちらのは純米大吟醸まできちんと燗上がりする酒質なのですから。
ましてや3月とはいえ冷え込んだ日の “おもてなし” ならば、なおのこと。

見逃した方々は下記の再放送もありますから、ぜひご覧くだされ♪
ただし、当地も村上まで行くと時々通訳なしでは「???」の言葉が飛び出しますからそのおつもりで。(笑)

NHK “鶴瓶の家族に乾杯”余貴美子 新潟県村上市(後編) BS2 5/18(月)08:15〜08:59


*1:試飲コーナー
  常設ではありません。たぶん、“町屋の人形さま巡り” 期間中だけのはず。
  大洋酒造 → 公式サイト


かすたまぁさぽぉと

「キーボードやマウスは繋いだ?」「うん♪」
「じゃあ、iMacとルーターをLANケーブルで繋いで」「繋いだよ〜」
「Safariを立ち上げて、アドレスバーに http://xxx.xxx.xxx.xxx と入れて」
「だめぇ〜、ページを開けませんって出る〜」
「ちゃんと繋がっているの?」「あ、パソコンの方が簡単に外れる〜」
「他にLANケーブルはなかったっけ?」「そんなのないよぉ〜」
「しょうがない。やっぱり行かなきゃだめか」
「それまでiTunesにCDを読み込ませたり、DVDプレーヤーで遊んでな」「うん♪」

てな訳で、金も暇もないのに埼玉出張が決まりました。(汗)
当然、技術料どころか、出張費の支給もありませぬ。
せっかくですから、お呼びがかかっている彼の地へ伺いましょうか。

北翔 1北翔 2

■北翔 純米酒 (01.8詰)
たまたま古いのが見つかったのであちらやこちらの方々を唆したまでは良かったけれど…
念のためチェックしてみたら黴臭が…。この臭いは、当然、燗をつけても取れませぬ。X-)
それさえマスキングできれば…
よぉ〜く練れたうまみを楽しませてくれる、当地には珍しいおチャケとなのですが、これでは代金をいただく訳にはまいりませぬゆえ、早速にお詫びメールを。

四合瓶、特にスクリューキャップのは一升瓶と違って栓が甘いから、時たまこのようなことが起こり得るのですよ。
こちらの不手際とはいえ、「せっかくのおチャケが勿体ない」と思いつつ、さほど酷くはなかったので冷やも燗もしっかり飲み干しましたが、売り物としてはやはり不適格。
唆された方々、本当に申し訳なく存じまする。
これに懲りずにまたぜひ唆されてくだされ。(苦笑)

さて、代品はいつのがあったかしら。


少々呑み過ぎ小暑の宵

宵闇せまれば〜♪「お〜い、誰か寄ったか?」という甲高いK兄の声が…。
珍しくいつもより遅い時間に?と思っていたら、「歩いて隣まで来たから」と。
歩いて!? ってことは飲む気満々? (苦笑)

買い物に行くのは億劫だから、今日はありもので許してね。
まずは “シメイ ブルー (2005)” でかんぱ〜い♪

お次は当然、燗酒の出番と相成るわけですが、燗どうこを二階に上げたままでしたから、裏技、電気ポット燗で。:-)

Scene■小笹屋竹鶴 純米吟醸原酒 H13BY
これ、常温開栓放置二年半という試飲用を。
「色はあるし、臭いし、強いよ」と賞賛(笑)しながらお酌すると、「うん、濃くてうまみたっぷりの酒だな」との返答。「どれどれ」とこちらは手酌でグビリ。さすが純吟、ウンマ〜い♪

アテは、石井魚屋さんで買った大三庄製 “東揚げ(さつま揚げ)” をオーブントースターで焼いて。温海の “赤かぶ漬” と神戸の “パンチェッタ“。
これぞ、一汁(酒)三菜? (笑)
うますぎて、“竹鶴” があっという間に空に…お次は…

■北翔 純米酒 (2001.3詰)
これまた、常温開栓放置四年という試飲用を。
五百万石+協会7号酵母という、薄酒の地としてはまっとうな取り合わせでしょ?
「竹鶴の後では酷かなぁ」と思いつつ味を見ると、どうしてどうして「熟れ熟れ」の大年増。軽やかな中にきちんとうまみがありまする。やっぱ寝かせてナンボの酒ですわ。
しかし、こんなのばっか。orz

「そろそろ締めますか」というところで、居並ぶ酒瓶をあさり…これを発見。

■辨天娘 H16BY三番娘 純米吟醸 “五百万石55%”
またまた間もなく二年になろうとする常温開栓放置の試飲用。
五百万石が続きますが、これは協会9号でしたっけ?「吟醸ですぜ」と主張する味わい。いっそ、大吟醸まですべて7号にしちゃえば…。ただ、青ラベルだけは6号がお似合いかと。

K兄を見送り、拙宅へ戻ると…夕食の準備がしてありまする。二人で五合は呑んだのにアテを目にすると、つい燗を。パブロフの犬ですな♪

■旭菊 特別純米酒 (17.3詰)
+■水尾 特別純米酒 “金紋錦仕込み”

ややもたつきを感じた “水尾” でしたから、“旭菊” の潔いキレに救いを求めてのブレンド燗に。
「おぉ、こりゃいいわ」
鰯の酢締めは砂糖抜きの酢味噌でパクつき、タコキムチで流れ出る汗を拭いつつ、グビグビと杯もすすみまする。しっかり定量、完飲♪
しかし…
せっかくの七夕の逢瀬の相手が、こともあろうにオ・ト・コとは…。嗚呼…。orz
とはいえ…
次の宴も決まったことだし、『小笹屋竹鶴 純米大吟醸』を開栓しましょか♪


帰れない空き瓶残して〜♪

某氏との電話中に所在なさそうなK兄を慮って、“プチここ飲み屋かい?” の準備に勤しむカミさん。
電話が終わった頃には、すでに燗どうこの中で “たんぽ” が湯浴みを…。(笑)
「しょうがない、つきあいますか」とまずは買い出しへ。
戻ったら烏賊の塩辛をアテに「お先に〜」とご満悦のK兄。先週末からこうなることを望んでいたようだったが、念願叶ってうれしさ一入の恵比須顔。

と、そこへ一週間のハワイ旅行から帰ったY氏夫妻が…。
「もう日本酒が飲みたくて…」と迷わず彼の定番酒をチョイス。
「だったら、Kさんだけだし、寄っていかない?」と誘うと「いいの?」といいながらも、勝手知ったる1Fテーブル席に着くや否や、今手にしたばかりの酒の栓をシュポン♪

“冷や” が定番のY氏、五勺のきき猪口に注いだ酒を口にして、
「いやぁ、日本人はやっぱこれだね」とこちらも恵比須顔で…

■天穏 純米吟醸中汲み “佐香錦” 無濾過生原酒 H17BY
これを燗で飲んでいたK兄やおやぢにも「どうぞ!!」と太っ腹ぶり。
おかげで実に久々に新潟の酒をご紹介することに…。(笑)
北翔
■北翔 純米大吟醸 H15BY
岩船産 “たかね錦” 35%精米の純米大吟醸を見るのはいつ以来ですかねぇ。味の出る米じゃありませんし、やや線の細さを感じていたのと、値段も値段(5,150円/1800ml:税別)ですから、つい余所の酒ばかり呑んでしまうのですが…。(苦笑)
冷やで…「ひょえ〜、うまいっ!!」
当然、大袈裟な香りはありませんし、図太い酸もたっぷりの味もありませぬ。
ですが、蔵出し後2年半の雪冷え(5℃近辺)貯蔵を経て、ヨーグルトキャラメル(古い?)を思わせる乳酸様の含み香。イヤな老ねとは無縁で、軽やかな中にもしっかりとしたうまみが…。そして、さすが35%。きれいで品格も充分。
これぞ、本物の “淡麗辛口” ですよ!!

お強請りして燗をつけましたら、これがまた「・・・・・」。
そう、言葉が要らないんです。

Y氏夫人が運んでくれた牡蛎鍋や焼餃子、煮物に、買い出しで調達したタコの頭の刺身、イカのサラダ、ネギメンマ、菜の花の胡麻和え。K兄宅から強奪した掘り立ての大根にこのオージー岩塩をまぶして…などをアテに、話も進めば、酒も進む♪
憐れ “北翔” は、買われたY氏宅へ連れ帰られるどころか、“ここ飲み屋かい?” を一歩も出ることなく姦淫、じゃない、完飲。
「酒返せ!!」といわないY氏の温情にすがって…。

翌朝の1Fテーブルには、主をなくした空き瓶と空き箱がポツンと…。(笑)