酒々彩々

「最近、酒の話がないですね?」「た、確かに…」
日々呑んでいるとはいえ、楽しむよりもチェック主体という味気ない飲み方では…。(汗)
それに、相変らずカネはないものの、やることだけは次から次へと湧いてくる!!
とありがたい(?)日々が続きまするゆえ、じっくり書く暇もなかなか見出せずに…。
とまずは自己弁護から。(苦笑)

そんな中で、昔日のご縁から…
「そちらでカンファレンスを開くことになりましたので、お酒をご紹介ください」
というお声掛けをいただいたこと。
例えそれが滅多に手を出さない地元酒限定というシバリがあるにしろ。(苦笑)
もう一つは…
「ようやく伺うことができました!!」
といただいたご縁を訪ねてのご挨拶が叶ったことに加え、そこに酒友が集ってくださったこと。
ささやかながらうれしいこともあった神無月のはじまり♪

たまには♪
たまには♪

醸造年度に関わらず、きちんと熟成させたお酒にこそふさわしい呼び方だと思いまするが、今年は因州美人にすっかりほだされて、珍しく時季(当年)ものの “ひやおろし” を買い込んでおりまする。
もっとも年中居座っている神亀 “ひやおろし” のようにもはや定番となっているものもありまするゆえ、ことさら呼び方にこだわらずとも、要はオススメするにふさわしい酒かどうか、ただその一点だけなのは他のお酒たちと何ら変わらないんですけどね。(笑)

ずいぶん久しぶりに仕入れたここの火入れのお酒。
酸度1.6・アミノ酸度1.1なれど、味わい、特に後の余韻は思った以上に軽やか。
たぶん酵母は従来どおり協会14号だと思われるまする。
「え、これ、開○!?」と見紛ってしまいそう。(苦笑)

開け立てということもあり、いつものように一般常識的には…
「そんなに熱くしてもいいんですか!?」
という燗温度まで欲張らずに上燗(45℃近辺)からせいぜい熱燗(50℃近辺)未満に留め、
軽やかなボディをすっと喉に通す方が向いているみたいですな。

すっかり涼しくなった夜の闇から届くコオロギやスズムシの鳴き声。
皿に盛られたおでんの大根を中秋の名月に見立てていた夜でした。


ここ飲み屋かい?酔譚

冬至の夜なのにカボチャも食べず、柚湯にも入らず、ただひたすら呑むべし♪ (笑)

「狭くて、しかも散らかっていても良ければ…」の引っ越してから初の “ここ飲み屋かい?” へお越しくださったのは…
新潟市内長岡市内へはなかなか行きづらい県央組、K茂さん・K崎さんご夫妻。
 

JUS de RAISIN GAZEIFIE Nice couples

乾杯は…「これ、もやしもんで…」とわざわざ掲載されていたコミックス第6巻もご持参いただいた、“JUS de RAISIN GAZEIFIE” の2007。グラン・シャンパーニュ地区のコニャック、ポール・ジロー。そのコニャックを造るぶどう(ユニブラン)を搾ったまま瓶に詰めた無添加スパークリングジュース。世にも稀な珍品とはいえ、アルコールのない乾杯は初めてですな♪
ちなみにお味の方は…「えっ、りんごジュースじゃないの!?」と感じたほど。

まずは “新潟麦酒” の “ゴールデン・ケルシュ”・“ゴールデン・エディンバラ”・“エスプレッソ” に加え、“ブルックリン・ラガー” の四種飲み比べ。
「ビール、苦いのがダメなんですよ」というK崎さんの奥様までもが…
「あれれ、それ、飲んだの?苦いでしょ?」
最もホッピーな “ブルックリン・ラガー” さえも「おいしいんですね」と。
「たぶんホップの苦味よりも炭酸ガスの刺激が苦手なのでは?」「そうかも」
「うまいっ」「泡がきめ細かい」「おいしい」の声を聞きながら、こちらは…
“ジュ・ド・レザン” のユニークな味わいにいたずら心が。
“ロンリコ151” とブレンドすれば、「ラム・レーズンだぁ〜♪」
「バニラアイス、浮かべる?」とカミさんも悪乗り。(笑)

さて、いよいよ本番。「初めて」という “辨天娘” から燗酒の宴に…。
■辨天梅 H16BY六番娘 “玉栄”純米吟醸
■辨天梅 H16BY二番娘 “玉栄”純米
■生酛のどぶ H17BY仕込14号 +9
■鯉川 “亀の尾”純米吟醸うすにごり酒 H19BY
■鶴齢 “美山錦”無濾過生原酒 H15BY
■鶴齢 “山田錦”無濾過瓶燗 H15BY
■羽前白梅 純米梅酒“梅湧水” (18.5詰)

辨天娘 辨天娘
生酛のどぶ 鯉川 羽前白梅

写真を撮り忘れましたけれど、料理はいつもの仕出し屋さんに♪ → 過去の写真
我が家の定番、豚肉・ナメコ・長葱・豆腐の鍋にも純米酒タップリ♪
最後は30年熟成の “黄金みりん” やその柳陰にごりヴァージョンも。
いただきものの “愛宕梨” をつつきながらも話はまだまだ続くのでありました。

K茂さん、K崎さん、遅くまでおつきあいいただき、ありがとうございました。
またやりましょ♪
って、次は本寺小路? (笑)


棚卸し -2-

端瓶もゴロゴロ出てくる中で、封を切られぬまま眠っていたものも次々と…。
掘っても掘ってもキリがないほど。(苦笑)

鶴齢■鶴齢 吟醸純米酒(99.11詰)
くもり硝子の向こうは風の街♪
ならぬ「水の(ような)酒」だったはずなのに、いくら箱に入れられていたとはいえ9年も経つとさすがに「山吹色♪」と呼ぶに相応しい色合いとなりまする。

元より吟醸香は強くありませぬゆえ、ここまで来ると吟醸であることの証左は…その後味にわずかに感じられるほどでしょうか。
が、見た目以上にしっかりとした酒でありました。

竹鶴・日置桜■竹鶴 雄町純米(16.9詰)
■日置桜 特別純米酒“青水緑山”(04.9詰)

同時期に出荷された四合瓶二種はどちらも端瓶。
運が良ければH14BYのはずですが、日置桜は15BYかも♪

ここまでしっかり練れてくれると、日置桜はますます「飲み過ぎ注意!!」のアブナいおチャケとなってくれますし、冷やされた状態でも「うまいでしょ!?」と囁いていた竹鶴はその舌の根も乾かぬうちに「やはりアチチに煮てくれ!!」のドMっぷり♪

さて、今夜はどの山を掘りましょうや。(笑)


青い目のゲスト

Guestカミさんのお仲間が“ここ飲み屋かい?”にやってくるというので、てっきりオバちゃんたちだろうと思っていたら、なんと…外人さんまで!?

おやぢの世代は「外人=青い目」と刷り込まれておりますゆえ、斯様なタイトルと相成りましたけれど、彼女の目の色は…今度じっくり見つめ合う機会があったら確かめまする。(笑)

そもそもこの集まりは、浪速から帰省した元お仲間の元気な顔を見よう、とオバちゃんたちが企てたもの。そのメインゲストがやってくる前に「飲んじゃおか!?」とビールで…
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
は如何にもオバちゃんたちらしい。

オバちゃん1号お持たせのピザとオバちゃん2号お持たせのお手製お稲荷さん
Pizzaお稲荷

出来合いの餃子と三番娘の手製トマトと玉ねぎのサラダ
餃子サラダ

キリンのラガーを飲むオバちゃんたちを尻目に、青い目のゲストとは最近の定番、ブルックリンラガーを酌みまする。
あらら、手酌ですか。「そう、いつもだから」とアイダホ娘。
せっかく日本へ来たのだから、“お酌”文化も学んでいきなされ♪

刺身馴染みの魚屋さん製カンパチ・甘海老・真烏賊・鮃の刺身、とくれば当然…
「どんなのなら飲める?」「軽めのかな」
というカミさんの助言に従い…

■天穏 攻め純米 H17BY
「もうお酒でいいの?」「潰れないようにね」
とオバちゃんたちのチャチャを受けつつ、飛び切り燗(55℃近辺)から冷ました開栓放置のこれを神妙に飲んでいたものの…
「どう?」「わたし、八○山が好き!!」
誰だ、アルテンダーに馴染ませたのはっ!?

どうせなら…
■鶴齢 大吟醸生原酒“牧之” H15BY
とこれを飲ませたら、熟成臭には不慣れな様子。
ならば…
■鯉川 純米大吟醸生原酒“阿部亀治” H17BY
「濃くて、ちょっと酸っぱい」「これが米の酒本来の味わいなんだよ」
然らば…
■群馬泉 山廃特別本醸造“初しぼり” H15BY
これを持ち出すなんて、ほとんど苛めか。(笑)

■花垣 生酛純米“亀の尾” H17BY
普段、オヤジやオバちゃんたちと飲んでいるのはロクでもない酒ばかりだから…
「いつも飲んでいる日本酒は米の酒とはいえないものばかりでしょ?」
「??? わかりませ〜ん」
「どうせ飲むなら、もっとまっとうなお酒を飲まなきゃダメよ」
と独りでどんどん飲みながら、とうとう説教口調に。

それでも足りずにこの後に来た若手たちにまで…
「延々とお説教を繰り返していたの憶えてる?」
と翌日、カミさんから嘲笑いを受けた二日酔いおやぢでありました。orz


チョコより猪口を♪

今日はチョコレート業界の陰謀に翻弄される日のようですが…
呑兵衛にはそっちのチョコよりも気の利いた猪口の方がずうっとありがたいですな♪
それも、須田菁華さんの赤彩盃なんぞをいただけるなら木にだって登りますぞ。
齢を重ね、ようやく赤絵にも馴染めるようになってきたところですし…
我が儘をお許し願えるならば「吉」の字より「福」の字を所望いたしまする。(笑)
 
鶴齢■鶴齢 特別純米“山田錦” (04.01詰)
これ、オープンショーケースに置かれ、花冷え(10℃近辺)ほどを保っていたとはいえ、いつ開栓したのか、すっかり忘れてしまっておりまする。X-)
「甘が目立たなければいいけど」と冷やジュル。
「うむ、この程度なら」と熱燗(50℃近辺)から飛び切り燗(55℃近辺)を目安に回ってもらって…。

いつも飲んでいるような強い酒ではありませぬが、山田錦の素性の良さに助けられ、ふくよかなうまみを味わいまする。

アテは、鮪赤身(たぶんビンチョウマグロ)の刺身。
出されれば食べますけど、自分では買ってこないのが鮪。まぁ、そんな奴がいたっていいでしょ? (苦笑)

裏貼りカレーにはたっぷりパスタが…。
「出所はあれだな」という甘〜いカレーにパスタも啜りながら、酒をグビグビ♪
さつま揚げ・冬菜の煮物もつまんでいたら、“鶴齢” が終わっちゃって…

■大洋盛 純米吟醸 “越の魂” (05.10詰)
新潟らしからぬ味の濃さを持つ “鶴齢” の後に最も新潟らしい “大洋盛” は酷かとも思いきや、軽やかなれど、きちんと “芯” のある味わいを伝えまする。
なぜか、ホッとするものが…。

しかし、このblogに新潟の酒が出てくるだけでも珍しいのに、それが二つも!?
挙げ句、新潟の酒だけで終わるとは…誠に以て椿事ですな♪


珍しいことをすると…

鶴齢「なぜ〜!?」とそこで首を傾げているあなた、不思議でも何でもありませんよ。アンチ薄酒にアンチプンケバ酒、もう一つアンチ冷酒なおやぢではありますが、それイコール、アンチ地元酒とはなりませんから。
まぁ、確かに滅多にないことですけどね。;-)

■鶴齢 特別純米酒 “五百万石” 無濾過瓶燗原酒 H14BY
15BYと記憶していたのですが、2003.12詰という表示からすると、どうやらH14BYのようですな。香りは実に控えめ。甘が目立たなくなった代わりに原酒ならではのアルコールの強さが味を支えていて、冷やでもまずまず。
飛び切り燗(55℃近辺)ほどに燗をつけて冷ますと、元々、五百万石にありがちな後の苦がないことがこの “鶴齢” の特長でしたが、決して古酒然とはしておりませぬ。練れたアルコールが骨格というよりも外殻を形作っているかのように感じられますが、欲をいえば「甘も要らなきゃ、香りも要らぬ、あたしゃ、も少し酸が欲しい」。(笑)

水芭蕉アテは、ロールキャベツに茄子とピーマンの油炒め、筍・ジャガ芋・ドジョウインゲン・竹輪の煮物、松の実入り卯の花。それに胡瓜と蕪の浅漬け、だったでしょうか。
最近、寝て起きると前の晩に何を食べたか、なかなか思い出せなくて…。X-)

そのくせ、お代わりに “ひこ孫 純米酒” を呑んだことはしっかり憶えていて、「酸がねぇ…」という上の小言もそれと比較してのものでありまする。

地元礼讃の翌朝は、案の定、雨が降ったり、日が射したり、おまけに雷までもが鳴り響くという、ヘンテコなお天気。
たまに…とはいえ、あまり変わったことをするものじゃない?(苦笑)