紅茶にしますか ミルクはどうしますか

Scene仕事を抜け出して三週間ぶりのメンテへ。
出発する頃は薄曇りで涼しかったのに40km先は雲も切れ、いきなり蒸し暑さが押し寄せてきました。堪らずエアコンを入れて辿り着いた駐車場では、お隣の百日紅が満開♪
花もきれいだし、色鮮やかとはいえ、盛夏にこの色は…ちと暑苦しい?

具合が悪かった首も「ゴキッ!!」という音とともにすっきり。三週間の連続操業を終えれば…

古酒いつもの杯に注がれた酒の色はあたかも紅茶。これがティーカップだったら、迷わずミルクを入れまする。(笑)

てな訳で…
タイトルがこの歌詞の一部だと気づいたあなたは…
かなりのお年♪ (笑)

真夏の百日紅同様、加奈崎芳太郎の唄がちと暑苦しいという向きには…
こちらの方が少しはマシかも。
どちらも「かわいい♪」と思わず声に出してしまうこと請け合い。若かりし頃の仲井戸 Chabo 麗市を拝むことができます。

あの頃、これにトチ狂っている奴がいましたっけ。
これなんか、どれほど婦女子の涙を誘ったことか。
しかし…
YouTube恐るべし!!
掘り起こすと何でも出てきますな。

妙の華■妙の華 平成六酒造年度製造 七号酵母 純米熟成原酒
冷やだと舌にまとわりつくような渋っぽさ(タンニン)が残るものの、上燗(45℃近辺)を超させれば、よぉ〜く練れながら今なおしっかりとうまみを伝える酸の存在がくっきりと現れまする。
「うま〜♪」

アテは…焼餃子は酢醤油+かんずりで。
赤魚の煮付けには同じく茄子の煮付けの付け合わせ。これ、骨が硬いから気楽に「骨ごと♪」とはまいりませぬ。出汁を吸った茄子が甘〜い。
真っ赤な麻婆豆腐擬き。「辛いんだろうな」と思いきや、思ったほど辛さはないものの、ニンニクがよく利いていて、クサ〜。

しかし、これがどうしてウチにあるのか、思いつかなかったのだけど、ひょっとしてあの時のおこぼれ
だとしたら、りえぞさん・マスター、どうもありがとうございました。
お盆には一足早いけど、無事成仏♪ (笑)


冷やでもいける

すっかり初夏の陽気となった昨日、1時間ほど南まで出かけた道中では、ほとんどの田圃で“田打ち”が終り、早いところではもう水が張られていました。
間もなくゴールデンウイーク、そして田植え。
といえばやはり・・・
は〜るは さなえの 季節です♪

てな訳で…探したら見つかりました!! →YouTube CM集

Scene雨のおかげで少し涼しくなりましたけれど、葉が伸びきった紅垂れの陰にこんな珍客が…。
雨蛙でも雨宿りするんでしょうか?

■日置桜 純米 “玉栄60%” -7号酵母- H18BY
開栓10日で早くも終りが見えるのですから、如何に回転が早いかお分かりでしょ!?
冷やで、7号酵母ならではの心地良い香味に「このまま冷やでいいや」と思ってしまったほど。
となると…
ブログは “冷や酒おやぢの隠処” に改称、ドメインは “hiyazake.com” に変更か!?

なんてこと、あるはずがありませぬ。思った以上に熱くつけてしまった燗をすすれば…
やはり日本酒の王道は燗酒にあり♪

例のギョーザ事件以来、久々のギョーザをアテに “日置桜” をグビグビ♪
この値段でこの味わい。ホント、家飲みばかりか外飲みでも、これ一本で通せてしまう定番酒中の定番酒。飲み屋さんなら、こういう酒を基本にしてほしいところ。
ちなみにタレは、酢醤油+ “生かんずり” ♪

付け合わせのネギ焼や青菜の煮物をつつきながら、ツル〜ッと定量がお終い♪

さて、憐れなるかな、今日からゴールデンウイーク明けまで・・・
休みはオアズケです。orz


白黒つけます?

「愛があれば…」もいいけれど、「iさえあればいいってものじゃねぇ〜!!」と思いつつ、
キーボードって意外と汚れてしまいますし、せっかくのUSキーボードにしたのですから
この“iSkin“もありかなぁ…と。

iskin_w.jpgiskin_b.jpg

iSkin ProTouch for Apple Keyboard US(ultra thin) – Arctic【左】
iSkin ProTouch for Apple Keyboard US(ultra thin) – Eclipse【右】
黒の方は“MacBook”のブラックモデルみたい♪
Macネタでも呑むものは呑む訳で…

Read More


モノ三題

Apple Keyboard(US)■ここ、どこ!? 其之壱
具合が悪くなったキーボードに見切りをつけました。買い替えるに当たっては、せっかくスリムなキーボードに変わるのですから、フェイスもシンプルなのが欲しくて、USタイプのものを選んでみました。税込5,950円
JISタイプとは記号キーのポジションがかなり違うため、慣れるまでちとかかりそう。


薄酒がズラ〜ッと■ここ、どこ!? 其之弐
新潟県内ならあっても不思議じゃないから、わざわざ撮らないはずだし…と撮影日時のデータを見やれば、2008年03月02日01時11分17秒。
「あっ、作さんの帰りに寄った…」
東武東上線沿線の埼玉県某所にあるセブン・イレブンの酒コーナーですわ。
温暖化対策で槍玉に挙げられているコンビニの照明。24時間紫外線に晒されているなんて…日焼け止めが要りますぞ♪ (笑)


いただきもの♪■ここ、どこ!? 其之参
段ボールを開ければぁ〜♪
家族や親戚・知人から、あるいは取り寄せで送られてくる荷物はどこにでもある光景でしょうが、輸送の発達とともに全国で食べるものが均一化しつつあるようですな。
その土地ならではの美味・珍味はやはり口を運んでこそ…とはいえ、思いがけなく届く荷物もうれしいもの。
今夜は黒はんぺんを炙って、かんずり醤油で!?
おかげで酒の減り方が早いこと♪


カン! かん!! 燗!!!

先日のカンフルが効いたのか、それとも “かんずり” の滋養か、ようやく復調の兆しが…。
やはり、目の前にぶら下がっている五週間ぶりの休み、という人参が最たるもの?
いずれにしろ、“まっとうな酒” あってこそ!!な訳でして…
呑むこと、すなわち歓びさ♪

この後に続くあのおチャケは飲みたいとも思いませぬが、この文言だけは◎。(笑)

かんずりアテは、豚の冷しゃぶ。いつもなら迷わず山葵の出番となるところですが、今宵は “かんずり” 三兄弟の中から中央の “生かんずり” と醤油で。
発酵調味料としての味の深さは右端のレギュラーに譲りますが、酒同様、生ならではのフレッシュさ、ビビッドな辛さで、今一度…
カ〜ツっ!!

付け合わせのレタスや水にさらした玉葱もムシャムシャ、パクパク。
前夜の鰆に次いで、またしても焼き魚。脂コテコテの紅鮭の味噌漬けはスル〜っと避けて、鱒といってもいいほどの鮭も一切れ。
ユルユルのゴーヤチャンプルーは一舐めだけ。X-)

胡瓜の糠漬けや紫蘇の実と大根の味噌漬けもつまみながら、箸も杯も止まりませぬ。
そうそう、呑んだおチャケは…

■綿屋 特別純米 “トヨニシキ” H17BY
良い具合に滑ってくれますなぁ。早速の「カ〜ツっ!!」効果で、お代わり〜♪ (笑)

てな訳で、明日・明後日と留守にいたしまする♪


燗々娘♪

なぜか頭の中で『東京の花売娘』と『銀座カンカン娘』がゴッチャになってしまって…。
できたのが…新曲ならぬ、珍曲☆
 酒を召しませ 召しませ酒を これが若桜のカンカン娘♪
ただいま脳内ビルボード赤丸付急上昇中!! (笑)

辨天娘辨天娘 H18BY九番娘 青ラベル “槽汲瓶燗”
文月に “18BY三番娘純米玉栄65%にごり” をいただいたら、可愛らしい “槽汲瓶燗” のサンプルが2種類。もう一つは無念さが残るも見送り。このじゃじゃ馬な酸に賭けたのですが…三週間経ってもなかなかまとまりませぬ。
なれど、今を逃すとなくなるんだから、全く以て手に負えないおてんば娘。X-)
でも、飛び切り燗(55℃近辺)から冷めてくると、このパンチがたまらんのですよ♪

なかなか出会えない若桜の娘たちの中でも、これはまずお目にかかれないかと。それもそのはず、「○○本だけでよければ」の超限定。
とはいえ、鳥取でもう一軒売ってます・・・あそこです。(笑)

アテは、シソ入ソーセージ。レンジでチン♪して “かんずり” を塗り…モギュッ!! ジュワ〜っと肉汁が溢れるところへ、このじゃじゃ馬をグビり。

「わぁお、こりゃマーベラス♪」
やっと収まるところへ収まった、そんな感じさえします。
脂ギッシュ、あるいは濃い味付けのアテと合わせたら、きっとウマウマでしょうねぇ。

一合のサンプルだけじゃ当然、足りませ〜ん。
が、ただでさえ少ないブツを減らすわけにもいかず…
よって徳利にはこれが…両手に花!! ならぬ、両手に娘!! ですな♪

辨天娘 H18BY三番娘 純米 “玉栄65%”
原料米は若桜産の玉栄。これがまたともに届いた前出の “青ラベル槽汲” に負けず劣らずのじゃじゃ馬。怒濤の如くに押し寄せる酸を御するのは至難の業かも。しかしながら、この酸っぱさは或る意味夏向き?
といいつつ、諸般の事情によりウチでのお目見えは来月になりそう。X-)

“竹鶴雄町純米” じゃありませんが、この娘二人、下手な白ワイン、真っ青ってくらい、延々と寄せては返す酸のエネルギッシュなこと。キュッと冷やしてもいけるのでは?
よって…
「喰い気にはまって、さぁたいへん♪」
豚の冷しゃぶやら、サラダやら、煮物やら、手当たり次第、口に運ぶことに…。

しかし、じゃじゃ馬二人を相手にするのは、年寄りには堪えまする。(苦笑)


もう葉月かぁ

今日は朝から陽射しが眩いばかり。「いよいよかなぁ」と期待したものの…
関東甲信はさておき、東北南部・北部まで発表されたというのに、
「あれれ、北陸だけ置いてけ堀?」と待つこと暫し。
平年より10日遅れ、昨年より2日遅れなれど、ようやく梅雨が明けましたな♪
とはいえ、颱風5号が接近中。西日本の方々、明日・明後日はご用心を!!

Scene扶桑鶴 純米吟醸 “雄町” H17BY
別館(閉鎖)の “呑録” によれば、開けてから10日しか経っていないというのに、もう最後の一回にも満たない量に。
やはり『呑める』酒は減りも早いですな。

アテは、サラダ風鰹のタタキ。“かんずり” 醤油で食べはじめましたが、野菜も、となると酢が欲しくなり、“富士酢” を少々。
「肉があるよ」といわれ、出てきたのはマトン。「うんめぇ〜」とは云い難いけれど、「それを云っちゃあ、お終めぇだよ」と堪えている間に “扶桑鶴” の方がお終いに。
「もう半分だけ」でまたもや雄町を…。

武蔵の里 純米 “雄町米の酒” (2004.12詰)
純吟の後では同様の品格を望むべくもありませぬが、滑りと捌けは悪くありませぬ。
無難に定番酒の役目を果たしてくれまするな。
「まぁ、こんなものでしょ」といいつつ、予告通りの半分がお終い。

毎月毎月、悪戦苦闘。月末がなければいいのにねぇ。X-)


あれれ、ラベルは!?

申し訳程度の裏貼りと首の輪ゴムにかけられた荷札。
「お〜い、ラベルはどこだぁ〜」
まるでサンプルと見紛いそうですが…この荷札がラベルですからぁ。
一升瓶のサンプルなんて、それが本当ならどんなにうれしいことか。(笑)

読みは…こらこら、ペケペケではありませぬ、ダブルエックス。その名前で往年のセリカXX、それも初代XXを思い出してしまうのは、おやぢの性(さが)でしょうかねぇ。

奥播磨奥播磨 “XX” 純米 H17BY
“竹鶴 雄町純米” ほどではないにしろ、多酸性酵母のおかげで異様に高い酸を誇るこの酒。届いたばかりで開けた時は、奥播磨らしいたっぷりの甘と豊富な酸とが勝手気儘に口の中を駆け巡ってくれて、「何、これ!?」と思ったもの。
あれからひと月半の常温放置を経て、やっとうまみと酸との折り合いがついた様子。

いつもより10秒控えめに飛び切り燗(55℃近辺)ほどから冷ますと、「ウンマ〜い♪」と相好を崩し、いきなりのグビグビモードにシフトチェンジ♪

アテは、飛魚の刺身。葱のみじん切りとともに山葵醤油で。淡白な中にうまみもあり、箸が進みますこと。
胡瓜と合わせた茹で烏賊は “かんずり” マヨネーズで。火入れがなくなったので “生かんずり” を使ってみましたが、こちらの方が辛さがビビッド。そこに燗酒をすすりますから、もう汗がダラダラ。当然、酔いの回りも加速するわけで…。

「昨夜、またお代わりしたでしょ?」とカミさんに云われても…
「記憶にないことはお答えできませ〜ん」と相成る始末。(´ヘ`;)ハァ


博徒未満

独活の花颱風前の静けさでしょうか。雨は一服休みなれど、どんよりとした空、湿気がひどく、空気がベタベタと肌に貼り付くかのよう。
紫陽花の代わりに独活の花(?)でも♪

Windowsのおバカな“IMEスタンダード”につきあうのにほとほと疲れました。早く“ATOK2007”が来ないかなぁ。Windows版はまだ“ATOK13”のままでしたから、実に久しぶりのヴァージョンアップです。X-)

■秋鹿 山田錦80%精米 無濾過生原酒 2002(H14)BY
いつからか、ずうっと常温に置かれていた開栓もの。酒粕頭から記憶の欠片を掘り起こせば、これ、初めて秋鹿さんに行ったときにきき酒させてもらった残りをいただいたものかと。ラベルもなく、常務の手書きシールが貼ってあるだけですから。:-)

瓶に鼻を寄せて嗅ぐと、イヤ〜な予感。過日、廃棄した某大吟醸とまではいかないにしろ、酸っぱい香りが混じっている。恐る恐る杯に注いでひと舐め。
「あぁ、これなら…」
とはいえ、生臭はありますし、藁のような、日に焼けた紙のような香りも混ざり、甘と酸がバラバラ。
「やはり無謀だったか…」
一縷の望みをつないで熱燗(50℃近辺)に…のはずが、飛び切り燗(55℃近辺)になっちゃいました。(汗)

生臭は相変わらずですが、まずまず許容範囲内に留まり、異臭や味のバラツキは収束した様子。やや冷めてくると、山田錦ならではのうまみがふくらみ、良く練れた “生原酒の燗” に。

ただし、生原酒の常温放置、それも開栓後となると、あくまでも “博打” でしかありませんから、むやみやたらにお勧めするものではありませぬ。怖いもの見たさでトライするにしろ、新酒をいきなり…は無謀、もしくはただのおバカに過ぎませぬ。せめて “本来のひやおろし” の時期まではしっかり低温で貯蔵してから。赤ん坊でいえば首が据わってからにしましょ。

アテは、鮪の赤身。山葵が切れていたので “かんずり” で。
「おかしいなぁ、山葵はともかく、ゆず胡椒があったはずなのに…」
しっかり蛸に和えられておりました。X-)
胡瓜の浅漬けで口を直しながら、定量お終い♪


のむぞぉ〜♪

前夜の仕切り直しを…と思いきや、その一声で “ここ飲み屋かい?” へと。
勤務時間が変則なH2兄を除いた三兄がお集まりとあっては、それも致し方ありませぬ。が、このどさくさに紛れて祝い話はほぼ終息? (苦笑)

アテは、鰺・〆鯖・イシモチの刺身。イシモチ、あれこれ探しては見たものの、こんなに赤い魚は見当たりませぬ。ひょっとしたら地方名かも。
こちらでは “つぶ貝” ともいうバイ貝の酒塩蒸しに地物真鯛の兜煮。
定番のポテトサラダにマカロニサラダ、水菜と烏賊のサラダも加え、郷土料理 “のっぺ” の冷たいの、絹ごし豆腐には6年熟成 “吟醸生かんずり” をトッピング。
それにK兄お持たせの茹で立て空豆も。
ビールで乾杯した後は、当然、「燗酒〜♪」。

日置桜■日置桜 純米吟醸 “伝承強力” (17.05詰)
何の気なしに選んでしまったけど、前夜から鳥取酒ばかり。
飛び切り燗(55℃近辺)を超させると、冷やではやや浮いていた熟成香もすっかり落ち着き、後の余韻は純米吟醸らしく上品。
「こりゃ、呑み過ぎるかなぁ」の予感どおり徳利の空くのが早い、早い。

「こんばんは〜♪」
おや、珍しくM1姉とM2姉も。さ、さ、先ずは一献♪
祝い酒はやはり大勢の方がうまいですな。
おかげで…すっかり呑み過ぎ〜。orz