いつ来るんかい? -epilogue-

駐車場@三千院さんざん引き延ばした遠征記もようやく終わりまする。長らくおつきあいくださり、ありがとうございました。

仄暗かった鞍馬の山を抜け出ても相変らず山の中。とはいえ、時間が戻ったかのような明るさゆえ、「帰りしなの駄賃にもう一ヵ所…」と欲張ったら、よもや京都で雪だるまを見るとは思いませなんだ。

「もう終りでしょ? おまけして」
駐車場のおじさんに声をかけたら
「お金はええから、はよぉ急ぎぃ」
と送り出してくれたのですが…

時すでに遅し。閉門と相成ったのでありました。orz
 

山門案内図@三千院

 
三千院指を咥えつつ境内図を眺めて、気分だけでも味わおうといたしまするがやはり…。

【“三千院”へ行かれる方々へ】
ここの拝観時間は、8:30〜16:30(12月〜2月・3月〜11月は8:30〜17:00)ですから、どうぞ余裕をもってお訪ねくだされ。

てな訳で、永六輔作詞・いずみたく作曲のこの唄を思い浮かべつつ、大原の里を後に。

京都 大原三千院
酒に憑かれた おやぢがひとり

チ〜ン♪ (苦笑)



琵琶湖大橋そして、琵琶湖の畔で小休止♪

ここから隠処は約500kmの彼方。素直に高速を使えば家に帰って「ちと遅い晩酌♪」も可能なれど、一週間遅れたおかげでETCの深夜割引率が10%アップされた期間に入ったばかりに、貧乏性がムクムクと天狗のお鼻。(笑)
ダラダラと琵琶湖東岸を北上し、R8へ。
日付が変わって間もなく、最寄りのICを降りた時、今回の走行距離が1,300kmを超えようとしておりました。

【この項お終い】


いつ来るんかい? “京編” -7-

鞍馬駅“貴船” から少し戻ってまた北上すると、叡山電鉄の終点 “鞍馬” の駅。

“鞍馬” といえば、“由岐神社” の火祭、牛若丸(鞍馬での稚児名は遮那王)だった頃の源義経が修行した土地、それと天狗でしょうか。
ついでに…
「杉作!!」「天狗のおじちゃん!?」
そうアラカンこと、嵐寛寿郎の代表作 “鞍馬天狗” も。:-)

天狗像駅前の広場にある巨大な天狗。
「おぉ〜!?!?」
男の性(さが)で、ついあるものを思い浮かべてしまいまするが、視線を落として比べて見るまでもなく…

私の負けです!! (爆)

門前の土産物屋さんにはいろいろなサイズの天狗のお面が並びますが、見るたびにこれを思い出し、劣等感に苛まれるのもイヤですから、かわいい烏天狗を♪


鞍馬寺これが義経がいた “鞍馬寺” の入り口。
「ここんとこ毎日のように降りよって」
という土産物屋のおじさんの言葉どおり、あちこちに雪が残っており、寒いは仄暗いは、拝観は諦め、早々に車に戻りました。

道端に「美山荘 この先○○km」の看板が…。
「そういえば、花脊はまだこの先へ分け入るのか」
と思いつつ車を進めたのですが…
「うへぇ〜、ホントにこの道を!?」
国道とは名ばかりの愛車がギリギリ通れるほどの道幅、そして未除雪、さらに工事中。いくらこわいもの知らずとはいえ、この山の中で万一を考えたら…さすがに腰が引け、スゴスゴとUターン♪

【つづく】


いつ来るんかい? “京編” -6-

貴船川叡山電鉄鞍馬線に沿ってさらに北山の奥へ。往時は公家が避暑地として別業(べつごう:別荘)を置いたという京の奥座敷、貴船(きぶね)まで足を伸ばします。

山に入ると道端には雪が残り、春のようだった市内からまた冬に逆戻り。貴船口駅から鴨川の源流の一つ、貴船川に沿って上れば和泉式部もお詣りした“貴船神社”もありまするが、“貴船” といえばやはり料理と温泉ですな♪


“貴船”の料理旅館街の玄関口、“べにや”さん。川の流れを良く見ると…

べにや@貴船川床@べにや

これがあの“川床(かわどこ*1)”となる杭ですかぁ。さすがにこの時季では涼やかな“川床”の風情を満喫とはまいりませぬが、冬ならではの“牡丹鍋”をつつくのもいいかも。
美女と二人でしっぽり…に相応しい洛北の隠れ宿ですな。:-)

そうそう、ド演歌好きなら、川中美幸のこの歌をご存じでしょうや?
 


 
*1:川床
京都での通称はいずれも『床(ゆか)』だが…
貴船では「かわどこ」、鴨川では「かわゆか」
と読ませるらしい。詳しくはこちらなどを。


いつ来るんかい? “京編” -5-

上賀茂神社 1「北山まで来たのならついでに…」
と京最古の神社の一つ、“上賀茂神社” こと、“賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)” へお詣り。
「首尾良くPCに雷が入って、最新機種に取って代わりますように」
と雷さまに不謹慎なお願いを。(笑)

駐車場に車を入れ、いきなり二ノ鳥居から。
ここで回れ右をすると、白砂の参道の向こうに通りに面した一ノ鳥居が望めます。


円錐形に盛られた“立砂”と呼ばれる盛り砂と “細殿(拝殿)” の奥に朱塗りの “楼門” が。

細殿楼門

本殿はこの建物の奥。「あ、巫女さんだ、こっち向いて〜」

受付巫女

俄信心の甲斐無く、後ろ姿だけ。orz

それにしても、「流鏑馬ってどこでするの?」
おいおい、それはカモはカモでも “下鴨神社” だって…。残念!!

【まだつづく(汗)】


いつ来るんかい? “京編” -4-

Scene松尾から嵐山・御室・金閣寺脇を抜け、京都府立植物園の北、北山通へ。

のどかな昼下り、ある店の席に座って窓の外を見やれば、黄色い花が今まさに満開。
ここぞとばかり、光学12倍ズームの威力ですな♪
縁側で日向ぼっこする猫のようにすっかり和んでしまいましたが、この花、“黄梅“ではなさそう。桜のような花びらだけど、なんでしょうねぇ。


看板賀茂川から北山通の北手を歩いてくると、通り沿いに看板がちょこんと。路地の奥にあるお店へと誘(いざな)いまする。
抜けるような空を仰ぎながら生成の暖簾をくぐると…
じん六
吹き抜けの天井があっけらかんと高い割にこぢんまりとした店内。あの“さいとう“さんも衝撃を受けたという “じん六” さん。窓を極力廃した我が隠処と違い、こちらは大きなガラス窓から冬とは思えぬ温かな陽射しが差し込みます。
まずは “そばがき” とビール♪
といっても、しがない運転手はカミさんがうまそうに飲む姿を指咥え組。X-)

そばがき十割そば

色鮮やかな山葵の清澄な香りを感じつつ、もっちりプリプリの “そばがき” を一口、なめらかな食感の後に蕎麦の風味が口中に溢れます。◎。こちらはもり汁もですが、お醤油の色が薄い!!
おやぢは福井産蕎麦粉十割の “田舎そば” 大盛り。カミさんはそれに茨城産、北海道産が加わった “そば三昧” だったのですが、写真消失。どれもやや緑がかった蕎麦の風味を損なわないようにか、醤油は元より出汁もあくまでも控えめ。シンプル、はたまた素っ気ない、のギリギリをついていて、前夜の “たかはし” さんの汁とは対極にあるかのよう。

後から来店された女性の二人組、ビールと天ぷら、加えて “そばがき” に “そば三昧”。
おぉ、ビールをお代わりですか!? 平日の昼だというのに、この健啖ぶりは見事。
思わずまき子さんとhirorinさんペアの呑み喰いシーンを思い浮かべ…。(笑)

会計をしながら、ご主人としばし立ち話。
「メニューには冷たいお酒しかないようですが…」
「温かいお酒もあるにはあるのですが…」
「じゃあ、次回はそれをドンと(笑)」
しかし、此度の京巡り、鯖鮨といい、酒に蕎麦といい、思いっ切り “さいとう” さんの後追いをしているような…。(苦笑)

【京編、まだしつこくつづく】

蕎麦屋 じん六地図
 京都市北区上賀茂桜井町67
 Phone. 075-711-6494
 Open: 11:45〜19:00/毎月曜・第4火曜休み(祝日の場合は翌日)


いつ来るんかい? “京編” -3-

大鳥居錦近くのホテルから四条通を一路西へ向かうと、突き当たりがここ。
京には何度か来ながら、しかも以前はご近所まで飲みに来る度に前を通りながら、一度もお詣りしていなかった、お酒の神様としてあまりにも有名な “松尾大社” ですな。

常日頃の不信心をお詫びしながら、それぞれのお蔵が無事の皆造を迎えられるようお願いしてまいりました。
いつもこれくらい殊勝だと…。(笑)

凍てつくような大宇陀と打って変わって、この日の京の都はポカポカ陽気です。
境内の鳥居から楼門をくぐった先には、松尾山を背景にした拝殿が厳かに…。

楼門拝殿

本殿でお詣りをすませ、社務所の方に回ると、“こち亀” ならぬ、“鯉亀” が…。
なんでも、古来、“鯉”と“亀”は松尾大神のお使いなんだとか。
なれど、呑兵衛の目には “鯉川” と “神亀” にしか写りませぬ。(笑)

本殿お使い

お酒の神様らしく “お酒の資料館” もありますが、さして見るべきものもありませぬゆえ、ガラスケースに陳列されていた酒器を眺めておりました。

酒器 -1-酒器 -2-

 
狸おまけ♪

“お酒の資料館” の入り口で回れ右をすると…
hirorinさんこの記事で明らかにされた
『大人になってからお多福風を患ったたぬきオヤジ』
の特大版が♪
しかも、ごていねいに子連れ。
このオヤジ、どうやら無精子症は免れた!?
はたまた、患う前の成果か!? (笑)

それとは関係なく、“裏ここ飲み屋かい?” のH1兄が「愛孫を連れている姿だ」とこの時はカミさんとバカウケしておりましたとさ。(笑)

【つづく】


いつ来るんかい? “京編” -2-

錦天満宮ホテルで朝食をすませた後、チェックアウト時間まで駐車させてくれるというので、せっかく近くに宿を取ったのですから錦市場へ腹ごなしも兼ねて散歩♪

錦市場の突き当たりにある『知恵・学問・商才 頭の神様』錦天満宮にお詣りして…。
お賽銭が少なかったのか、酒粕頭には未だにご利益はなさそう。orz


 
すっかり観光地ズレした感のある “錦市場” を東から西へお上りさん♪

漬物屋日野菜

まずは…
入るとと “すぐき” の大きな字が…。千枚漬けよりもこの酸っぱい漬物に目がないおやぢ、さっそく手を出しますが…写真はなぜか、“日野菜” のふすま漬。
 
有次あの有名な“有次”さんはお客さんも国際色豊か。ショーウインドウに飾られていた銅製の燗鍋は作りもさることながら、値段もお見事。
とても手が出ませぬ〜。(>_<) 燗鍋


 

だし巻きあなご巻き

三木鶏卵中ほどまで進むと、これまた有名な “三木鶏卵” さん。写真は “だし巻き” と “あなご巻き”。
“だし巻き” は上品な出汁が利いていて噂に違わぬ味わい。出来の良い茶碗蒸しを思わせまする。“あなご巻き” もアテに最高♪
それにしてもお店の人たち、いったい一日何本焼くことやら。

魚屋鯖鮨

京野菜やお菓子やさんを覗きながらそろそろ錦を外れる辺りまでくると、某お蕎麦屋さんが「安くて、うまい!!」と絶賛していた “鯖鮨” が…。
有名なお店のは何回か食べましたが、こんなにボリュームがありながら値段は有名店よりずっと安いわ、味もしっかりうまいわ、これ、ホントにお買い得♪

隣の魚屋さんにあった“ふくの白子”も気になったものの、生ものはさすがに…。
もう一品、ちと臭いものを買って錦に「ほな、さいなら」

【つづく】


いつ来るんかい? “京編” -1-

目印のりんご♪ちと間が空いてしまいましたが、前回のお店を後にして、いよいよ本命◎のお店へと向かいまする。
大丸の脇からそのまま四条通を横切り、薄暗い高倉通に入って程なく、左手の当世風居酒屋から洩れてくる灯りがやけに眩しく、その二階を見上げれば焼酎の有名銘柄の一升瓶がずらり。
「ふぅむ、京はまだまだ焼酎の勢いが?」
などと思いつつ、首を戻すと隣のビルに…
「おぉ〜、懐かしの6色林檎(*1)だぁ〜!!」

写真のAppleマークにうれしくなって、全面ガラス張りの居酒屋から見つめる酔客の視線を気にしつつ、カメラを構えるおやぢ。辛うじてこのショットをものにし、一二歩、歩を進めると…
「ここじゃない!?」とカミさん。


 
「わぁお、そうだ♪」
階上への上がり口の上にはしっかり頭に入れてきたビルの名が…。

それにしてもお店の看板のちっちゃいこと!!
初めて行かれる方は下手に探すより上の “りんご” を目印にした方が見つけやすいかも♪
あるいは…一際明るい当世風居酒屋の隣と憶えても。

入口ちっちゃな看板
【左】階段の上がり口と【右】看板の拡大版

店内に入ると、前以て「お邪魔します♪」とお伝えしてあったからか、すぐに気づいてくださったようで、カウンターの一番奥に案内されまする。
「ようやく来られました」と昨年秋、反故にした予約のお詫びから。
「来られたらお聞きしようと思って…」とカウンターにどど〜んと酒瓶が並べてくださいますが、どれもこれもレアなものばかりで、目をパチクリ。
取りあえずこれをいただきながら…

辨天娘■辨天娘 H14BY仕込ロ号 純米吟醸“五百万石”
まさか復活なった年の “辨天娘” に会えるとは…。
よぉ〜く練れて、実に穏やかな味わい。
しかし、中島杜氏って、酒造りは素人だったはずなのに、初年度からこんな酒を造るなんて、やはり只者じゃありませんな。

仄暗い店内でまさにアテと呼ぶに相応しい質と量の肴をつまみながら、ご主人と酒談義やきき酒を繰り返していたら、おやぢが訪れることを聞きつけた地元の呑兵衛氏がお二人でご来店。当然のことながらますます酒談義に花が咲いて、さぞや煩かったことでしょう。(汗)

最初の一枚以外はピンボケのため、大きな画像がありませぬ。X-)
鯖の “へしこ” と “里芋”。器も素敵でしょ? 🙂

へしこ里芋

こちらは “煮やっこ” と〆にいただいた “辛味蕎麦”。

煮奴辛味蕎麦

キュッと締められた蕎麦もさることながら、このもり汁のなんとうまいこと。
某お蕎麦屋さんが誉めるだけあって、キリリ、かつ鮮烈なうまさ。
こんな汁は実に久しぶりでしたから、つい啜ってしまいましたが…
この汁だけで酒が呑めそう。(笑)

ご主人が厨房に入っている間もさり気なく気配りをしてくださった奥様も愛らしいし、居心地の良さはまさに『京の隠処』といえますな。
高橋さん、そして奥様、たいへんお世話になりました。ごちそうさまでした。

■たかはし

    京都市下京区高倉通四条下ル 京阪ビル2F
    Open: 18:30〜24:00(LO)/毎月曜・第3日曜休み

【つづく】
 


 
Apple Logo*1:6色林檎 ろくしょくりんご
古のApple社のトレード・マーク。
虹同様の7色と勘違いしている人もいるようだけど、ごらんのように6色が正解。
もっと詳しくは、こちらを。;-p



いつ来るんかい? “番外編”

笠置駅某所にてアポなしという迷惑千万な陣中見舞を終えた後は、R163を三重から京都に入ります。なれど、この辺りは行けども行けども山また山。どこへ行くにも車のおやぢ。決して鉄な人ではありませぬが、木津川を渡り、南に山越えすればまた奈良という山間の鄙びた駅で小休止。
JR関西本線 “笠置(かさぎ)” の駅ですな。
笠置は “月桂冠” のオーナー、大倉家初代の出身地であったことをふと思い出したため、立ち寄ってみました。


笠置駅前今でこそ縁遠くなってしまいましたが、“月桂冠” には今でも屋号の “笠置屋” を冠した純米大吟醸があり、ここの “総合研究所” は某独立行政法人を凌ぐとまでいわれたほど。
以前なら “月桂冠” ならではの勝れ物も数あったものの、今、出てくる酒は…以下略。(笑)

写真は笠置駅前にある “元弘の乱” のモニュメント。さすが畿内、どこへ行っても歴史に遭遇いたしまする。

そのままR163を進み、門真から初めての守口へ。
大阪で熱心に純米燗酒普及に励む “バッタ正宗” さんのお店へお邪魔しました。
良くあることですが、見慣れたおチャケたちがずらり♪
お忙しい中、時間を割いていただき、ありがとうございました。m(__)m

屋上バッタ正宗さんに「1号線(京阪国道)で」といわれたのにドライバーに似て臍曲がりなナビが示したのは、旧京阪国道の府道13号。淀川から桂川に変わる辺りでサントリー山崎蒸留所を左手に望むコースでしたが、無事、宿にチェックイン。
窓を開ければ〜♪

見えたのは港ではなく、ご覧のとおり隣の旅館の屋上に積まれた大量のビール。値上げに備えての積み込みかも知れませんが、ただでさえ嫌いな銀色、しかもシートがずれて紫外線に当たったのなんか、御免蒙りまする。(笑)


湯屋さて、宵闇迫れば〜♪
お目当てへ回る前に久々の京の街探検。
「おぉ〜、こんなところにお湯屋さんが!?」
ここ、錦市場からすぐにある “錦湯” ですが、さすがは京の都、銭湯にすら風情がありますこと。それにこんなこともやっているなんて、雅ですなぁ。(笑)

「少し下拵えを…」と一般的な京のお店へ。なれど、撮ったはずの写真が記録されておりませぬ。orz
味のない★生ビールで喉を潤した後、見事な銅製の燗どうこで地元の “蒼空” や、京にも多い滋賀酒から “御代栄” をいただきましたが、まぁ、変人の口ですから。(苦笑)
アテは、昆布締めにした菜の花がおいしゅうございました。◎。

「近々、蔵巡りで宮城へ…」ということでしたから、燗酒を提供されるなら避けては通れぬ杜の都の関所、『一心*燗別館』をお薦めしましたら…
後日、燗主さんから「今、おいでいただいてます」と電話が。律儀な方ですこと♪

こちらのお店、帰り際に聞いたら…
「一応、神亀や日置桜もあるのですが…」「え〜っ!? 日置桜は何を?」
「山笑ふの其の壱と其の弐です」といわれ、ぐわぁ〜ん!!
とはいえ、いわゆる普通の人たちの感覚を探ることが目的でしたから
いつものお酒たちとは、次に向かう本命◎で♪

【つづく】