どぶ見参

みなとぴああの “生酛のどぶ” の元締め、久保本家酒造(奈良県)の久保社長が二年ぶりにお越しくださるというので「せっかくですから柳都の夜に “(睡)龍” の雄叫びを」に先立って、「初めてなんですよ」という久保社長を、移築された歴史的な建物や本館脇の“四間堀”などで古の新潟を彷彿していただこうと、“みなとぴあ(新潟市歴史博物館)” へご案内しました。
もう10日早ければ、こんな催しもやっていたとはいえ、お蔵にとって得るものは…。(汗)


さて、夜。宿から這っても行ける場所なれど、古町から鍋茶屋通りをぐるりと回って、しばし夜の柳都の雰囲気を感じていただいた後は…当地で “まっとうな燗酒” を求めるなら、やはりここでしょう。
新堀通りの夜から蕎麦屋、“そばきり酒房 吟” さん。

「ビールにしますか?」「いいえ、燗酒で」とさすが元締め。
地元組が1名加わったところで…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
■睡龍 速醸純米瓶燗 H15BY
皮切りはまだ持っていたこれで♪

いなだのなめろうイサキの刺身
【左】イナダのなめろう 【右】イサキの刺身

「こんばんわ〜」とまっとうな燗酒も飲めるカフェ、“marilou” さんご夫妻が…。
もう一度あらためて…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
■生酛のどぶ H17BY仕込19号+13.5
ようやく柳都に “どぶ” が炸裂!! (汗)

佐渡産岩牡蛎ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた
【左】佐渡産岩牡蛎 【右】ミル貝・かきのもと(食用菊)・アスパラのぬた

お酒の話や蔵の話、“marilou” さんのマクロビオティックの話などを伺いながらも、グビグビモードは一向にペースが落ちませぬ。“睡龍” と “どぶ” の二升がペロッと空いて…。

蚕豆出汁巻き
【左】食べ残しを辛うじての空豆 【右】同じく最後の一切れ、出汁巻き

他にも栃尾の油揚げステーキやお新香も食べていたはずですけど、“群馬泉” や “竹鶴”、“ひこ孫” も追加して、優に三升は超えたはずですから、写真なんか撮っていられませぬ。
仕上げに “吟” さん自慢の十割蕎麦をいただいて…お開き〜♪

遅くまでおつきあいいただいた元締め、“marilou” さんご夫妻、地元の某氏、そしてお世話になった “吟” の畔上さん、楽しい夜をありがとうございました。
また柳都の夜をまっとうな燗酒で染めましょうぞ♪ (笑)

■そばきり酒房 “吟”
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み


モアイ研♪

室長♪ここ数年、蔵入り前に「おやっつぁん」を訪ねられるついでに立ち寄ってくださる酒モアイこと、石川杜氏(竹鶴酒造・広島県)。
ありがたいことに今年もお出でいただけることになりましたので、独り占めしては申し訳ない、とお声をかけたところ、今週末に催される学園祭前の超多忙な時期にもかかわらず、新潟大学日本酒サークル “四合瓶” の有志が「ぜひとも♪」と。

然らば…去る三月、お蔵の専務をお連れした「ココロとカラダがよろこぶ」お店、“marilou(マリールゥ)” さんにゼミ室の提供をお願いし、一夜限りの “酒モアイ研究室” が♪ (笑)

研究生♪「下手にモザイクかけられると悪いことをしているみたい」とそのまんま承諾済の面々♪

ゼミ名どおりの石川にはじまり、秋田、山形と日本海側生まれの野郎組に、紅一点は福島産。
奇しくも北陸・東北の銘醸地出身者を相手に、今もなお薄酒・冷酒礼讃の此の地で『まっとうな酒』論を説くは、越後杜氏仕込みの広島杜氏、という珍妙な図と相成りました。(笑)

オリエンテーリングまずは、軽〜くオリエンテーリングから♪
ゼミ生は、初めて会う酒モアイ杜氏に緊張の色が隠せませぬが、さすが日本酒サークルのメンバーだけあって、この後のきき酒は真剣そのもの。

そして、いよいよ開陳される『生酛論』。
話の内容がそれぞれの専門とダブるところもあり、まさしくゼミというに相応しい一時。
うぅむ、アカデミックだぁ〜♪ (笑)

竹鶴三昧実習用の教材は♪
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 H17BY仕込19号
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 H17BY仕込35号
■小笹屋竹鶴 大和雄町純米原酒 H14BY
■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H16BY
■竹鶴 純米 “秘傳” H14 or 15BY(?)


燗メーターおやぢ「これ、どれくらいにしましょ?」
モ杜氏「そいつはかなり苛めないと…」
おやぢ「じゃあ、いつもどおりに♪」

メーターを振り切り、悲鳴をあげる酒燗計にもまして、酒の色に注目♪

お燗番と飲むのに追われ、お料理の数々を撮りそびれましたが、“marilou”さんご夫妻も加わった頃にはすっかり寛ぎ、さながらホームパーティー♪
「ユルユルと」がテーマのゼミは夜更けまで延々続いたのでした。:-)

“marilou” さん心尽くしの「ココロとカラダがよろこぶ」献立♪
●庄内麩のカリカリ揚げ黒七味風味
●重ね煮筑前煮
●根菜重ね煮とかきのもとの豆腐マヨネーズ和え
●秋鮭とイチジクの包み焼き
●車麩のカツ
●豆乳温豆腐

参加してくださった “四合瓶” のみなさま、すっかり甘えてしまった “marilou” さんご夫妻、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。
そして、酒の縁をつなぎに遠路お越しくださった石川杜氏に感謝いたします。

なお、10月27日(土)・28日(日)は第48回“新大祭”。
ちなみに「にいだい」ではありませぬ。昔から「しんだい」。:-)
新潟大学酒の陣 主催:日本酒サークル“四合瓶”
 へもお運びくだされ♪

cafe and zakka marilou地図
 新潟県新潟市東中通1番町86-28 サカイビル1F
 Phone. 025-228-0470
 月〜木・祝日:11:30〜18:30(LO)/金・土:11:30〜22:00(LO)
 定休日:日曜+不定休


かふぇ・ないと

“まっとうな食” と “まっとうな酒”。「ココロとカラダがよろこぶ」が縁で知り合った、カフェと雑貨のお店 “marilou(マリールゥ)” さんが久しぶりに『酒房 marilou』を開かれるという。しかも、『今回のテーマは日本酒とおばんざい。美味しい純米酒を、是非熱燗でどうぞ』となれば、これはもう行かねばなりますまい。

極秘に入手した情報によれば(笑)、酒は…

  • 清酒竹鶴 合鴨農法米(雄町) H15BY
  • 神亀 (堆肥栽培五百万石)純米 “真穂人” 2005.02詰
  • 奥播磨 純米 山田錦八割磨き H16BY

という品揃えとか…。

Guest加えて、先月お目にはかかったものの、生憎の出張で一夜を共にし損ねた(笑)お蔵元も当地へお越しいただけるとあれば、恐らく初めての体験となるであろう世にも不思議なカフェ酒にご一緒いただきましょ♪

「ゆっくりめに」というご指示どおりお店を訪ねれば、合流希望のお二方がご先着。“とりビー(取りあえずビール)” 知らずのおやぢですから、ゲストに敬意を表して “竹鶴” のお燗でかんぱ〜い♪
「おや、ちとぬるいね」とバイト兼お燗番、その実、ご店主の夫君に「もっと思いっ切り熱くして。60℃超えても良いですよ」と。
おばんざいアテは、新潟の郷土料理のっぺ・水菜と厚揚げの煮物・塩大根・精進時雨煮・精進牡蠣フライなど。すべてがマクロビオティックのお店ならではの肉はおろか、魚介抜きでの料理の数々。時雨煮や牡蛎フライには、もう目が点ですよ。

かつてこれほどヘルシーな飲み会があっただろうか!? (笑)

うれしいことに、この夜は来店された方々が思い思いに燗酒を楽しんでおられます。女性一人でもOKなのがカフェのいいところ?
かきフライ擬きおかげで用意したお酒が初日でスッカラカンになったそうで、二日目には夫君の自家用酒を供出させられる羽目になったとか。
すでに正体バレバレのお蔵元も「ここ、ホントに新潟ですか?」と目を丸くされていた柳都の片隅の、ちっちゃいけれど、とっても心温まる燗酒ナイト。

ご店主、そしてバイトさん、おいしいお酒とお料理をありがとうございました。
ぜひまたやってくださいねぇ〜。お燗番くらいならお手伝いにいきますから♪

cafe and zakka marilou地図
 新潟県新潟市東中通1番町86-28 サカイビル1F
 Phone. 025-228-0470
 11:30〜20:00(L.O.)・祝日:11:30〜19:00(L.O.)/定休日: 日曜+不定休
 ※『酒房marilou』開催時は別時間