主役はキャメラ!?

旅の話の途中ですが、公開を待っていた映画の話を♪

出だしはやや退屈ですが、山のシーンが始まった途端、圧倒的な迫力の映像に一時たりと目が離せなくなります。
ハリウッドはじめCG化が進む現代の映画づくりに叛旗を翻すかのように、初監督作品であくまでも実写にこだわった木村大作監督の映画屋魂とそれを支えた撮影班やロケスタッフ。浅野忠信や香川照之はじめ、3,000m級の山々での演技をこなした俳優陣もさることながら、終わってみればあっという間の二時間半だったこの映画の本編に登場しない彼等裏方こそが真の主役だったことに気づくはずです。
さすがキャメラ屋ですな。

実写ならではの迫力!!公式サイトの特別映像もお見逃しなく!!

ただ、一つだけ残念なことも…。
それはこの映画に限ったことではなくライブコンサートなどにも通じることなれど、最近はどこもPAが…
ドンシャリ!!
ただ音がでかければいいってものではありませぬ。調和のとれた音にしかない現実感や臨場感。その上で心に染みるセリフや音楽が生まれるのだと思いまする。
シアターやコンサートの音を司る人たちにはもっと『いい音』を聴いてほしいものですなぁ。

そして、これはおチャケにも同じことがいえまする。びっくり箱的なお酒ばかりを誉めそやすのではなく、どうせなら『いいお酒』もきちんと味わった上でそれぞれの面白さを讃える飲み手であって欲しい、とまた余計なお節介を…。(苦笑)

Sunrise?Sunset?
Sunrise?Sunset?

音に対する愚痴はともかく、150分もの大作が1,200円で見られてラッキーでした♪
まだの方々はぜひ一度足をお運びくだされ!!

■劔岳 点の記公式サイト


サバダ〜サバダバダ♪

アテを見た途端、今日のタイトルが頭の中でグ〜ルグル〜♪
オールドファンには懐かしいクロード・ルルーシュ監督の “Un Homme Et Une Femme (邦題:男と女)”。
音楽はその後も幾度かコンビを組んだフランシス・レイでした。
まぁ、中には “こっち” を思い出す人もあるかも知れませぬな。(笑)

鯖煮付肉じゃが
タイトルの元になった鯖の煮付け (左) と 肉じゃが (右)

羽前白梅■羽前白梅 純米酒 (17.10詰)
開栓放置された二合弱の残りですし、真鯖であることは知っておりましたが、「鯖にこの酒で大丈夫か?」という心配は一口含んだ瞬間、杞憂に終わりました。
これが美山錦!? これが50%!?

“羽前白梅” で一番好きな酒とはいえ、ここまで熟したものははじめてかも。熱燗(50℃近辺)ほどでもうトロットロのうまみ。先日の “小鳥のさえずり” とはやや趣を異にしますが、糞真面目に造られた酒であることではどちらも譲らず。「もっと早く飲めるようになってよ」まで同じにすることはないでしょうに…。

しかし、50%精米ながら裏ラベルを見なければ、それにも気づかないラベルの何と奥ゆかしいこと。
この酒の真の姿をもっともっと多くの人に知ってほしいものであります。

ちなみに奥に見える某雄町純米の四合瓶はまだH15BYですとさ。(笑)


喰らうことの意味

Scene拙blogの “ローカルな話ですが…” でご紹介した『いのちの食べかた』を、先日、ようやく観に行くことができましたが、うれしいことに公開が一週間延長されています。
上映スケジュールを確認されて、お近くにあったらぜひ足を運ばれますことをおすすめいたしまする。

しかし、何十年かぶりに映画館に行きましたが、相変らず高いこと!!
まぁ、いくら安くても海の向こうのお話のようにブチ切れになったのでは、元も子もありませんが…。(笑)

食糧生産現場の実態が赤裸々に、かつ淡々と映し出されるスクリーンから目を離すことができませんでした。

その昔、“エンゲル係数“が高いことは所得水準、ひいては生活水準が低いとみなされ、その引き下げに血眼になった時代もありましたし、ネットで検索すると未だにその低さを誇らしげに吹聴する向きもあるようですが、現代は自分の口に入れるものをきちんと選ぼうとすると、どうしてもそれなりの対価を必要とします。むしろ高いことが『食』に対する意識の高さの表れか、と思えてしまいますな。

安い・便利・日持ちする・見た目がきれい・味が濃い
消費者の購買動機の上位に入る添加物の利点に慣らされたベロを変えることは容易ではありませんが、残留農薬や抗生物質の問題など、『いのちを育む』食がいつの間にか『ひとを壊す』ものにすり替わっている現実を少しでも変えていかなければなりますまい。
アルコール飲料にしたって、いつまでも『酔えばいい』だけではどんどんボロになっていくばかりですから。

昨夜の外飲みでえらくマズい日本酒を飲まされましたが、今日の空瓶からするとどうも○で知られる某大手メーカー製だったことと、原作者の狭い了見がつまらないと思いつつ「批判するには買ってから」で、たまたま“食の安全”と題された“美味しんぼ 101 巻“を読みながら、取りあえず酒だけでも“まっとうなもの”に恵まれていることに感謝しなければ…とあらためて思っておりました。

それにしても我が家のエンゲル係数の高いこと。決して高い食材を買っているからや外食が多いからではなく、ただ単に所得が少ない所為ですが…。(爆)


ローカルな話ですが…

シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)の公開日に…
当地での上映館がないと嘆いていた『いのちの食べかた』が、ようやくこちらでも見られるようになったことをcafe marilouさんのblogで知りました。

3月1日から14日までの二週間、会場は“新潟・市民映画館 シネ・ウインド”。
商業主義に阿らない姿勢はさすがですな♪

いのちの食べかた

今ならcafe marilouさんのコーヒーチケット付きの前売り券1,000円で♪
来月、久々に外で映画を観まする。:-)

ついでにこっちもご紹介しますか。“おやすみなさい、柏崎刈羽原発
よろしければご署名をお寄せくだされ♪


THE STING

The Sting昨夜のアテは、NHK BS2の衛星映画劇場でやっていた “スティング” ♪
35年前の映画ですからみんな若いのは当たり前ですが、ポール・ニューマンがいい男で惚れ惚れ。ロバート・レッドフォードなんか、まだ洟垂れ小僧のよう。(笑)

封切り当時から何度も見ていますが、見ているこちらまで「一杯食われた!!」というラストの驚きは今も新鮮ですな。

懐かしのキリン・マインブロイのCMにも使われた洒脱なラグタイムピアノが、古き良き時代(1930年代)の雰囲気を醸し出しておりまする。:-)
てな訳で、極上のアテには極上の酒を♪

ひこ孫■ひこ孫 純米吟醸 -7号酵母- (2004.04詰)
2001年詰の9号酵母版がなくなったので、遅ればせながら7号酵母版に乗り換え♪
瓶詰めから間もなく4年を迎えようとしているだけあって、開け立てからウマウマなれど…
60℃を超させたら「あれぇ〜!? どうして…」

火入れのタイミングが遅かったのかも知れませぬが、気にしなければそれまでのレベルゆえ、うまみをしっかり堪能しましょ♪

ホントのアテは、スタッフド・ピーマンならぬ、スタッフド・シイタケ♪
鶏挽肉ヴァージョンなれど、“どんこ” の椎茸のうまみがよりはっきりと分かってよろし。トマト・キュウリ・レタス添え。
烏賊大根。烏賊のやわらかさとうまみを吸った大根が何ともいえませぬ。
茄子のピリ辛炒め煮や紅白なますをつまみながら、映画の方も終盤に…。
「これから、これから」といいつつ、お代わり〜♪

CMははさまれないし、DVDやビデオと違って一時停止も使えませぬから、
ちょっと抜ける場面で渋々立ち上がるカミさん。

■辨天娘 H18BY三番娘 純米にごり “玉栄65”
「これ、空いちゃった♪」と開けてわずか四日で早過ぎ〜の完飲。
とんだ仕返しが……。orz


きき酒ってヤァね

体調不良や忙しさにかまけて放置されていたサンプルにようやく出番がきました。
一合ずつしかありませんから、いつもの杯にちょびっと注いで…。
安物ですが、この杯がもっとも素直に酒の味を伝えてくれますから手放せませぬ。

■某純米大吟醸 H16BY
大吟醸とは思えぬ香りの少なさがまず◎♪ (笑)
巷での出回り具合からすると「まだ若いのでは?」と思いつつ、ジュルジュル…。
「へぇ〜、もう飲めるんだ!?」

熱燗(50℃近辺)を超させても崩れることはありませんし、上燗(45℃近辺)くらいに冷めると、さすが大吟醸、きれいで滑り良し。
味の多い酒や強い酒だけをほめそやすきらいがありまするが、こうした美酒も正しく評価してやってほしいもの。
即入れたいのは山々なれど、まだあるのよね、前のが。(汗)

■某純米吟醸 中取り生 H19BY
「何、これ!?」のアミノ酸度は、薄酒の地でもまずお目にかかれない値。とはいえ、総酸度はそれなりにありますから、味もそこそこなれど、香りは当然なし♪
ただ、もう一伸びしてほしいところで、諦めがいいこと。(苦笑)

「煮るなり、焼くなり、好きにしてください」との伝言がついていましたから、こちらも熱燗(50℃近辺)超に。(笑)
生臭はさほど気になるレベルではありませぬ。新酒の割に粗さや諄さもなく、軽やかに滑り落ち、いくらでも飲める気分なれど、もう一押しほしいところは冷やと変わらず。
15%台に割水されていますが、16%台のほうがつり合いが取れたのでは?

しかめっ面してジュルジュルしても、ちっとも楽しくありませぬゆえ…
きき酒を終えた後は普通に楽しませていただきましたが、あっという間に空っぽ。
やはり…しっかり喉を通してこその酒ですな♪

それにしても、これ、どちらも飲み過ぎ注意!! (笑)
滑りの良いきれいな酒の後で「いきなり強い酒やうまみのある酒は…」と手持ちの中では比較的大人しめのこれをリリーフに。

烏賊煮付■辨天娘 H18BY九番娘 青ラベル
とろけそうな手羽が入ったポトフや、葱味噌をはさんだ焼き油揚げをアテに…
「腕を大きく前から上に上げて、深呼吸〜♪」(笑)
酒は寛いで呑むものであって、
肩肘張ってきくものではありませぬ♪

紅白なます、ほうれん草のお浸し。
今宵のアテは「ヘルシーだなぁ」だったのですが、久しぶりに見た “カッコーの巣の上で” の方は見応えたっぷり。
初めてみた時にえらく感動して、翌日もまた見に行ったことを思い出しました。


見収め?

Scene雲一つない今日の空♪
Macの終了画面と間違えそうだったので、敢えて軒を入れてみました。:-)

晴れるのはうれしいけれど、只今の気温5℃!?
雪冷え(5℃近辺)庫並みとは…。どうりで週間天気予報に雪だるまが現れるはず。
冬はもうそこまで?


生酛のどぶ■生酛のどぶ H18BY仕込13号 +13.5 生原酒
定番の “どぶ” なれども、時折、無性に「もっと濃い奴を!!」飲みたくなりまする。てな訳で、これの御出座し♪

上澄みひと舐め。「むほっ!?」
キングコングなら、あの “胸ドンドン♪” を? (笑)
よぉ〜く振ってから徳利に注ぎ、耳を近づければ…
「シュワシュワシュワ…」
醪の囁きならぬ、ガスが立ち上がってくる音が…。
耳でもおいしい “生どぶ” ♪ (笑)

されど、いきなり煮たのは…大失敗!! orz
キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!
生老ね臭がわんさか襲来しますゆえ、上燗(45℃近辺)からぬる燗(40℃近辺)ほどに冷めるまで、冷やをチビチビ。X-)

アテは…鮭の粕汁風煮物。汁と呼ぶほど、汁が多くない。(汗)
リンク先のレシピには醤油を使っていますが、やはり味噌でしょう。それに鮭はアラでもいいんです。塩引きの落としを使うなら、その塩分の加減も見ながら。元々が鮭は出汁にするだけで、野菜をたっぷり食べるものですからね。里芋、人参、大根がウンマ〜い♪
仕出しの折詰も。バイ貝と鮪の煮物くらいしか食べるものもありませんけど…。
“かきのもと” のお浸しもつまみながら、“生どぶ” お終い。
「もうちょっと♪」とカミさんのを強請って…。

「ディンゼル・ワシントンって、いいよねぇ」な夜でした。:-)


杜氏御用達

「今頃になって、信じられな〜い♪」と首を傾げたくなる記事にアクセスが…。
何をキーワードに検索しているんでしょうね。
先日、某杜氏のお申しつけによりたくさんご用意したから?

召しあがりたければ、どなたさまもおチャケと一緒にお求めいただけまする。
ただし、前以てご予約を。数量が限られるこの “切出し” は特に…ね。:-)

白菜・シメジ・シラタキの煮物■鷹勇 山廃 “強力” H17BY
ようやく飲み頃を迎え、お楽しみはやっとこれから♪というのに…
瓶は空っぽ。orz
まだ10日も経っておりませぬゆえ、開栓後せめて一週間、でき得れば二週間ほどお待ちいただくことが望ましいようですな。

アチチ燗(60℃近辺)超に煮てからいそいそと食卓に運んで…
アテは、鶏胸肉と長葱のソテー。皮から出た脂が早、煮凝りに!? ってことは、そう、冷めている訳ですが、やや締まった肉と煮凝りが絡まり、そこに焼葱が加われば、口の中で、うまさが爆発だぁ〜♪ (笑)
さらに飲み頃の “鷹勇” をグビり♪とくれば、脂もすうっと溶けて流れるってもの。
写真の白菜・シメジ・シラタキの煮物で舌を休めたのも束の間、セロリとじゃこの炒め物の風味でまた酒が進みまする。
大根と里芋の煮物でほっと一息、そして卯の花で二息。
酒はもちろん、グビグビグビと三グビり♪

ジュリア・ロバーツに似たおネエちゃんだなぁ」と見ていたら…
ジュリー・アンドリュースがその祖母役で!?
「役名が “クラリス” ってのがまたいいね」とMac使いならではの懐古趣味♪ (笑)
サウンド・オブ・ミュージック” なんてもう遠い過去に追いやられたかしら。


OUR DAILY BREAD

すっかり映画館から足が遠退いてしまいましたが、「久々に出かけてもいいか」と思わせる一本が、この『いのちの食べかた -OUR DAILY BREAD-』。ナレーションもスーパーもなし、という型破りなドキュメンタリーです。

“まっとうな酒” を知るためには、まず “まっとうなベロ(舌)” から。
その “まっとうなベロ” のためには、まず “まっとうな食” から。
そうすれば自ずと「ココロとカラダ」もまっとうになるというものですよね。

食べ方の作法はどうでもいい。
見つめよう、そして知ろう。
自分たちの業(ごう)と命の大切さ、そして切なさを。

決して作法はどうでもいいとは思いませんが、予告編で流れる森 達也(映画監督・ドキュメンタリー作家)氏のこの言葉を、今一度、よぉ〜く噛みしめてみる必要がありますな。

原題からすれば、こうした↓絵になろうかと思いますが、中身は…
Scene
公式サイト
Scene 1Scene 2
公式ブログ
Scene 3Scene 4
予告編
Scene 5Scene 6
配給元サイト

シアター・イメージフォーラム(東京・渋谷)では、今日11月10日(土)から公開。
さて、他の上映場所は………うぎゃ〜!! こちらにはありませぬっ!!
燗酒ばかりか文化も不毛の地でありました。orz


ちょっと呑み過ぎ?

澱■すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり H14BY
冷やで。味は乗ってきたものの、“五百万石” の酒にありがちな後の苦が…。
“鯉川” の純米吟醸ように、これが出ないといいんですけどねぇ。「るみ子よ、お前もか」と気分はシェークスピアの筆になるシーザー(カエサル)。
飛び切り燗(55℃近辺)超えのアチチ燗にしたら、厚みを増したうまみにマスクされるものの、最後の最後で顔を覗かせまする。まぁ、気にしなければ、それですむ程度ですけどね。
しかし…
ラベルのイラストとは裏腹に、相変わらず「ごついっ!!」です。:-)

アテは、豚ロース・葱・ドジョウインゲンの炒め物。
焼餃子にも挽肉が…。
子持ち烏賊また肉が続きますねぇ。
冬の味覚、“子持ちイカ(ヤリイカ)” の煮付け。
ちょっと小さめだけど、ご覧のとおり胴体に卵がギッシリ。もち米を詰めた “イカめし” を食べているかのような気分だけど、こりゃいいわ♪
さつま揚げ・ちくわ・大根・蒟蒻の煮物。
キャベツ・蓮根・ごぼうの炒め煮。
こういう惣菜はホッとしますな。
ホッとしたのはいいけど、図に乗って、またもや「お代わり〜♪」。(苦笑)

■日置桜 純米 “八割搗き強力” H16BY
いやはや、開けて数日なのに、呆れるほどウンマい!!
こういう「安心して呑める」定番酒が姿を消すのは実に惜しいこと。
2001年宇宙の旅“強力” が無理なら他の米でもいいから、このくらいのお酒を何とか復活させてもらえたら…。

オープニングの “ツァラトゥストラはかく語りき” でつとに有名な “2001年宇宙の旅“。
久しぶりに見ましたが、これがもう40年も前の映画だなんて信じられませぬ。難解なエンディングなれど、その映像美は見応え十分。
スタンリー・キューブリックは、やはり “時計じかけのオレンジ” よりもこっちがおすすめ。