アナゴという名のウナギ

あの “飲むごはんの会” からもう6週間!?
遅ればせながらようやく慰労の会を開かせてもらいました。

クリックすると…
クリックすると…

約束どおり出雲崎までひとっ走りしてきた会の主役♪
こちらでは通称 “アナゴ” と呼ばれておりまするものの、正式にはヌタウナギ綱ヌタウナギ目ヌタウナギ科ホソヌタウナギ属の “クロヌタウナギ”。
名前に蔑称が含まれているからと学名まで変わってしまったかわいそうな奴は夏の珍味の一つなれど、ちょっと海から離れると地元民でも「知らなかった!!」という人も珍しくありませぬ。このように浜焼きにするのも当地だけのようですな。ウェブで検索すると調理前の写真にもお目にかかれますけれど、見ない方が…。(笑)

ついでに浜焼きの王道、イカ焼きも買って、夕方にはご覧の黒くないヌタも到着♪ (笑)
ピカピカ♪
ピカピカ♪

あの日、スタッフとして大活躍してくださったま・ぜらさんとちゃむさん。それに「アナゴで呑みますよ」に釣られたオサムさんとカオリ姫という顔ぶれが揃い、新潟麦酒で喉を潤していただいた後は…
●睡龍 生酛純米吟醸瓶燗原酒 H15BY
「もう二度と呑めないでしょうから乾杯分だけで悪いけど」で
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

ちゃむさんお手製の牛スジ煮込みやカオリ姫特製、辨天娘大吟醸粕を使ったペーストに胡瓜。オリーブオイルをかけたトマトとチーズ、胡瓜・茄子・茗荷の浅漬けなどをアテにおチャケも…
「羊用ですね!?」
と某お蕎麦屋さんが叫んだ…
●仙亀 熟成純米原酒 H10BY
をグビグビ♪ アナゴにもいいですぜ、お蕎麦屋さん!! (笑)
ちゃむさんが持ってきてくださった…
●神亀 純米酒 “美山錦” (1999詰)
●力士 純米酒(生酛純米酒?) ← 加藤杜氏在籍時の珍品♪

●英 純米吟醸 “jungin” H15BY
●るみ子の酒 純米酒 “暖々上々”-7号酵母- H14BY
なんぞを次々に燗をつけますが、懶な燗番おやぢゆえ、お燗メーターを振り切ることもしばしば。(笑)

「わぁ、もうこんな時間!?」
気が置けない顔ぶれで呑むのは実に楽しいものの、時間の経つのもあっという間。
お集まりいただいた方々、お疲れさまでした。また、ありがとうございました。
次は…おでん呑み、はたまたマダラ刺し呑み? (笑)


キタでもなくミナミでもなく -3-

宿から下ってきた谷町筋を引き返し、向かうは “マイドーム大阪” を望む松屋町筋。

酒 -1-すぐ隣が酒屋さんというビルの階段上れば、電話ではおなじみの声なれど、お目にかかるのは初めてという店主の大西さんと奥様に…
「はじめまして」
でいよいよ本番開始♪
ドド〜ンとカウンターに置かれたお酒は…

■鯉川 純米大吟醸“出羽燦々” H13BY
■天穏 純米吟醸“馨”無濾過生原酒 H16BY
■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
■辨天娘 H19BY一番娘 純米(五百万石)“槽汲”生原酒

「今朝ほどはどうも」のお酒屋さんもお見えでかなり賑々しく…。
そうこうしている内に「行きますよ〜」と仰っていた関西酒MLの諸姉諸兄がご到着。
お一人のはずが、ナント、神戸の呑兵衛ご夫妻もご一緒!?
三番娘の全国大会出場の折りに御影(神戸市東灘区)でお目にかかって以来の7年ぶり。
お懐かしゅうございまする♪
などといっている間にお店が混んできて別室に隔離。:-)
「空きましたからどうぞ」
で戻ると地元の呑兵衛氏も駆けつけてくださって、お酒もまだまだ登場♪

■群馬泉 純米吟醸【別誂え】
■英(はなぶさ) 生もと特別純米 H14BY
■るみ子の酒 熟成純米吟醸-7号酵母- H11BY

何を飲んでいるのか何を食べているのか、かなり怪しくなっておりまするが、取りあえず写真を撮るヒマもなかったってことで…。(汗)

蔵朱 蔵朱

いつものことながら楽しい時間が過ぎるのは早いものでして、お帰りの電車に合わせて一人去り、二人去り…でお暇する時間に…。

快く受け入れてくださった大西さんと奥様、水先案内を務めてくださったマック次郎さん、そしてお店に寄らせていただいたばかりか夜もおつきあいいただいた大野(立花酒店)さん、たいへんお世話になりました。
近くから遠くからお集まりいただいた皆々様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを切に願っておりまする。m(__)m

■蔵朱 CRUSH公式サイト
 大阪市中央区南新町2丁目3-1 〒540-0024
 スタークィーンビル2F
 phone: 06-6944-5377
 昼…11:30〜13:30(月〜金曜のみ)
 夜…17:30〜23:30
 日曜休み・祝日不定休

【つづく】


休みをいただきまする

ありがたいことにこうしてサンプルを送ってくださる蔵元が…。
この上なくうれしいことですな。たとえそれが「若すぎる!!」お酒であっても。(笑)

Ssample 1Sample 2

ただ、明日と明後日は所用のため留守にいたしますから
これらのきき酒は戻ってからじっくりとさせていただきまする。

それゆえ、ここの更新やいただいたコメントへの返信も滞りますのでご容赦を。m(__)m

るみ子の酒■すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり -6号酵母- H14BY
出荷されて早五年。しかも開栓放置。すっぴん美人も五年も経てば…と思いきや、まだ硬さが残っておりますわ。どこかの宰相よろしく、鉄の女? (笑)

惜しむらくはこれも開栓後に黴菌の攻撃を受けたようで、強くはないものの黴臭がせっかくの味わいを損なわせてしまいます。専守防衛にしか頼れない自家熟成の宿命ですから致し方ないとはいえ、生酒だけは集団的自衛権を認めましょうか、などと俄安全保障論。(笑)
といってもお国の大事に関わるような大げさなものではなく、火入れも生も十把一絡げ。闇雲に端っから常温熟成に奔る一部の方々への転ばぬ先の杖となってくれれば♪

アテは、似非かに玉と麻婆茄子。
かに玉は…特有のとうもろこし臭からすると、たぶん大っ嫌いなH社製レトルト。
それを救ってくれたのは…
先日、まーちんさんから「栃尾の道の駅でも売っている店の」といただいたジャンボ油揚げ。
もうほとんど厚揚げ、という焼き立てに生醤油をジュッと♪
カリカリに焼けた揚げの香ばしさとギッシリ詰まった中身の豆腐がウンマ〜い。
アテも酒も、厚化粧に頼らない素のうまみが何よりですな。


端瓶整理

はたらけど はたらけど猶(なほ)
わが生活(くらし) 楽にならざり
ぢつと手を見る

という啄木同様は言わずもがな、それに加え…

持ってけど 持ってけど猶 わが在庫 楽にならざり
ぢつと瓶見る

だった昨夜のおやぢ。
手持ちの酒のどれもこれもが定量に満たない中途半端な残り具合とは…。X-)

正二合の徳利ですから半端になることは考え難いのですが、現実は…。
このままにしておいたらさらに減らされることは確実なので…
とっとと自腹へ仕舞い込むに限りまする。

セロリ・じゃこ■るみ子の酒 純米吟醸 -7号酵母- H11BY
「どうしてなの!?」の残り一合少々。
憎たらしいことにその最後の最後が、またうまいのですから…出るは溜め息ばかりなり。

アテは、セロリとじゃこの炒め物。このセロリの風味がまた杯を進めてくれるのですよ。
青菜と帆立貝柱のクリーム煮。「薄いよ」といわれたけれど、「これで十分だろ」な味わい。これ以上濃かったら、市販のルーのように不自然なうまみだけが目立ってしまうでしょ!?
すき焼き擬き。フニャフニャの焼豆腐が今イチですなぁ。
里芋・人参・大根・きんぴら天の煮物。白菜漬けで口直し…あら、もうお終い?

醂柿■神亀 純米 “上槽中汲” H12BY+ひこ孫 純米酒 (07.08詰)
「ブルータスよ、お前もか!?」のどちらも一合どころか、一升瓶の底にチビッと。
合わせ技を使っても一合少々とは…。しかも…
「あれれぇ、あの臭いは?」と “上槽中汲” の黴臭が消えたというのに…。orz

“ひこ孫” の締まりとキレが支配し、キリッとした辛口の酒を味わえるようになりましたが、とうとう12BYの “上槽中汲” とも今生の別れ。次は5年ワープの17BYに…。orz

デザートは渋抜きされた柿。こちらでは当たり前なれど、「初めてですよ!!」という方もいらっしゃいますから、まだまだマイナー?
甘柿よりも果汁まで感じられるこちらの方が好み♪


荒れ模様

昨日からの雨は何だったんでしょう。夜空を切り裂くような稲光まで。
落ちたいなら落ちてもいいけど、事前にご連絡を。今どきまだCeleronを積んでいるPCを起動しておきますゆえ、うまく成仏させてやってくださいまし。
念願成就の暁には、保険で今度こそMacを買ってもらいますから♪ (笑)

のっぺ■るみ子の酒 純米吟醸 -7号酵母- H11BY
「あれぇ〜!? これも?」
前夜の “日置桜” と “ひこ孫” に引き続き、硬さを感じまする。これは、やはり我が “ベロメーター” に狂いが生じている模様。
またしても薬酒 “どぶ” の出番? (苦笑)

郷土料理の “のっぺ”
メインとなる里芋・大根・人参・こんにゃく以外は家庭により具材も様々ですな。
おやぢ的に足されてうれしいものベスト3は…

    (1)茸(なめこなどのズラ〜っとしたものがより好ましい)
    (2)干し貝柱
    (3)銀杏

でしょうか。

繁雑な手作業が待ち構えておりますゆえ、軽〜くジャブのみで♪ 🙂


目を見張る

Scene*** 其之壱 ***

西に傾きはじめた太陽に目をやったら、ちょっと放れた雲が虹色に輝いておりました。(写真:赤い▲の上)
携帯のナンチャラレンズゆえ、分かり難いでしょうが、肉眼ではきれいなものでしたよ。まるで空に浮かんだプリズムのよう♪
綿あめではなく、水蒸気であることを実感しました。(笑)


るみ子の酒*** 其之弐 ***

■るみ子の酒 純米吟醸 -7号酵母- H11BY
“04.02詰”ってことは、またしても3年以上のお籠もり!? orz
前回、といってももう1年以上も前のことですが、ああだこうだ、と書いたものの、実のところ…
その味わいの細さに「ここの7号はちょっと」と内心がっかり。やはり「6号酵母の方が無難なお蔵」としておりましたが、たいへん失礼いたしました。m(__)m

吟醸らしい華やかな香りはありませんが、それはむしろ望むところ。しっかり練れ、葉の上をコロコロと転がる露を思わせるうまみが凝縮した “円み”。
熱燗(50℃近辺)超ほどに燗をつけて杯に注げば、甘みともいえるうまみがさらにくっきり。“玉露”、あるいは “甘露”、という文字を思い浮かべてしまいまする。
「ひょえ〜、なんという…う・ま・さ!!」
目をパチクリしながら、甘露の滴をグビ、グビり♪

それにしても…「8年もかかるんかい!?」という文句はじっと堪えて…
ここは素直に、反省っ!!(。.ヾ

アテは、わらさや鮃・烏賊の刺身の落とし。貧乏臭いけど、お得なんだもの。(苦笑)
筑前煮風煮物。ネットリとした里芋や汁を吸った椎茸がウンマ〜い♪
鶏そぼろ・白菜・長葱・もやし・エノキのスープ煮。鶏出汁を利かせた薄塩味。
スープまでアテになりまする。
食用菊の酢の物に茹でたブロッコリーで口を直しつつ、またもやグビり♪
まさしく、甘露甘露♪な夜でした。:-)


ちょっと呑み過ぎ?

澱■すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり H14BY
冷やで。味は乗ってきたものの、“五百万石” の酒にありがちな後の苦が…。
“鯉川” の純米吟醸ように、これが出ないといいんですけどねぇ。「るみ子よ、お前もか」と気分はシェークスピアの筆になるシーザー(カエサル)。
飛び切り燗(55℃近辺)超えのアチチ燗にしたら、厚みを増したうまみにマスクされるものの、最後の最後で顔を覗かせまする。まぁ、気にしなければ、それですむ程度ですけどね。
しかし…
ラベルのイラストとは裏腹に、相変わらず「ごついっ!!」です。:-)

アテは、豚ロース・葱・ドジョウインゲンの炒め物。
焼餃子にも挽肉が…。
子持ち烏賊また肉が続きますねぇ。
冬の味覚、“子持ちイカ(ヤリイカ)” の煮付け。
ちょっと小さめだけど、ご覧のとおり胴体に卵がギッシリ。もち米を詰めた “イカめし” を食べているかのような気分だけど、こりゃいいわ♪
さつま揚げ・ちくわ・大根・蒟蒻の煮物。
キャベツ・蓮根・ごぼうの炒め煮。
こういう惣菜はホッとしますな。
ホッとしたのはいいけど、図に乗って、またもや「お代わり〜♪」。(苦笑)

■日置桜 純米 “八割搗き強力” H16BY
いやはや、開けて数日なのに、呆れるほどウンマい!!
こういう「安心して呑める」定番酒が姿を消すのは実に惜しいこと。
2001年宇宙の旅“強力” が無理なら他の米でもいいから、このくらいのお酒を何とか復活させてもらえたら…。

オープニングの “ツァラトゥストラはかく語りき” でつとに有名な “2001年宇宙の旅“。
久しぶりに見ましたが、これがもう40年も前の映画だなんて信じられませぬ。難解なエンディングなれど、その映像美は見応え十分。
スタンリー・キューブリックは、やはり “時計じかけのオレンジ” よりもこっちがおすすめ。


日曜はダメよ

ってことで、今宵はおさらいの手を休め、ただのグビグビに…。
「いつもじゃないか?」って、それをいっちゃあ、おしめぇだよ♪ (笑)

●辨天娘 H17BY十番娘 青ラベル
届いた直後に開栓して10日余り。冷やでは、キラキラと舞う酸が印象的。
熱燗(50℃近辺)超に燗をつけると、「もう一押しあれば」とまだ若返る感があります。
もうちょっと待ってもよかったか。とはいえ、コストパフォーマンスは○ですな。

煮物アテは、里芋・蓮根・絹莢の柚子風味煮物。
柚子の香りにウットリ、里芋はネットリ、蓮根と絹莢はシャキシャキ。見てくれは悪いけど、今宵のアテの中では文句なしのNo.1。
トマト・シメジ・絹莢の卵とじ。
甘〜いトマトの色が移って玉子がピンクに。最初はなんだか分かりませんでした。
豚ヒレカツ。若い “青ラベル” にはつらいかと思いきや、なかなかどうして、しっかり酒の味を主張しますぞ。

澱●すっぴんるみ子の酒 袋搾り無濾過生原酒あらばしり H14BY
一合強の “辨天娘” から “人妻” へバトンタッチ♪

写真では分かり難いと思いますが、一升瓶の底に澱がべったり。冷やでは、やはり生臭が…。
そして、飛び切り燗(55℃近辺)を超させ、アチチ燗にしたらカラメルのような香りが…。麹由来でしょうか。味わいそのものはまだまだパワフルですけどね。雪冷え(5℃近辺)庫4年。そろそろ涼冷え(15℃近辺)庫におきますかねぇ。

予想どおり持ち越された “煮菜” も。「あら、打ち豆も入ってたのね」。
きんぴらごぼうは唐辛子が利いていて、ピリ辛。

そういえば、“007” って、最後、どうなったんだっけ?


秋鹿 無濾過原酒山田錦80%火入2003

■2004/12/22 Wed. の酒

地震の時、5段目から落ちながら奇跡的に助かった1本。王冠の凹みと破損したラベルがあの時を思い出させる。

帰ったら、鱈(^^; の煮付け。運良くオスだったらしく、昼に続いて白子もある。肝もだ。大根と里芋も煮汁を吸っている。他に鰯のカレー煮にビーフシチューという、何の脈絡もない献立だが、今日に始まったことじゃないからしょうがない。

さて、秋鹿。2004の若さと煌めくような酸の立ち上がりも捨て難いが、まだ純米の表示がない2003の練れた味わいは熟女の魅力か。まろやかに、またたおやかに旨みが押し寄せてくる。
白子を一口、肝を一口、煮汁のしみ込んだ大根を、ねっとりかつ風味の強い里芋をと、箸と杯が進む。
原酒にありがちな諄さもなく、アルコールの強ささえふくよかなボディにしてしまった。これが若さだけでは太刀打ちできない熟練の味というものだろう。

ただ、ちょっと甘めのカレー煮やビーフシチュー相手だと、ややもたつきを見せる。こちらには、押し味とキレが欲しいところだ。
てな訳で、るみ子の酒瓶火入れ6号酵母13BYを当てる。もっと渋い酒でもよかったけど、二言目には「塾は?」と吠える教育ママよろしく、一言目から「熟」「熟」と、『熟』好きなおやぢのホームストックに渋酒・苦酒はないのですよ。X-)


るみ子の酒 純米酒 6号酵母 [再]

■2004/12/07 Tue. の酒

湯豆腐・豚生姜焼き・鮭のアラと野菜(大根・里芋・馬鈴薯・人参・インゲン・蒟蒻)の煮物・若布と胡瓜のヨーグルト和え・茹でブロッコリーなど。
湯豆腐を見て、12月1日に開けたこれに決めました。先回より当たりがやわらかく、味が開いてきています。
葱がうまくなってきましたね。