OEX

タイトルは飲み過ぎての「おえ〜っ」ではありませぬ。(汗)
Oyaji Expressの略♪
震災前に奇しくも同じ東北某市から2件のオーダーをお受けしていました。
 

3月17日(木)に開かれる職場の酒好きおじいちゃんの送別会に美味しいお酒を持参したいのですが…

3月21日(月・祝)に天穏の純米大吟醸を目玉にした春の酒の会を開きますので、興味のある方はどうぞご連絡ください

 
内1件は地震当日の発送だったため、ヤマト運輸から戻されてしまい、はてどうしたものやら?と。
ご両者に開催の有無を確かめたら、どちらも「予定どおりやります!!」というお返事が…。

ならば、話は簡単、ネコが行かないならおやぢが行きましょ♪
折しも計画停電が予定されていましたし、寒い家にいるよりは車の中の方が暖かいですから。

それに何よりも、お酒好きな先輩に飲んでいただきたいという後輩氏のやさしさとその大事なお酒のセレクトを委せてくださったことへの感謝。そして、いつも真っ直ぐな料理で地元の呑兵衛諸姉諸兄を惹きつけて止まないお店の会に採用していただいた主賓がいなくては、がっかりするであろうお客様のお顔と済まなそうなご主人の顔が容易に思い浮かんだからに他なりませぬ。

ご両者に悔いを残させないためなら、400kmほどの道程が苦になろう筈がありませぬ。
ついでにこんな寄り道も♪ (笑)

江戸時代からの雛人形
 
さ、さだこ!? (笑)


一般には公開されていないお雛様をじっくり拝める眼福のひと時でした。


純米酒を呑みつぐ会

第2回タイトルは…

昨年の “名杜氏対談” に続き、今年は一度は絶えた米、“亀の尾” (鯉川…鯉川酒造・山形県)と “強力” (日置桜…山根酒造場・鳥取県)を復活させ、今もその米に拘る両蔵元がゲスト♪

詳しくは以下のチラシ・サイトでどうぞ。

第2回純米酒を呑みつぐ会

■第2回純米酒を呑みつぐ会公式サイト
■第2回純米酒を呑みつぐ会ブログお知らせ用ブログ


年の瀬の一コマ

NiigataBeer
呑兵衛アメリカ娘の残骸
「退屈しているならウチに来る?」
カミさんの一言が招いた青い目の客人はあんこが大好きというアメリカ娘。
最初は大人しく角屋さんの金鍔と煎茶を飲んでいたけれど、H1兄が持ってきてくれた当座漬の沢庵の差し入れに早速手を伸ばし…
「おいしい!!」「ビール飲む?」「はい♪」
沢庵をアテに新潟麦酒を飲みながら、
BGMに流れていたJazzに合わせ、Ella Fitzgeraldを熱唱!!
「ウチはカラオケじゃねぇ〜!!」
といってもツボに嵌ったのか、どこ吹く風であべこべに…
「もう一本ください!!」
Helen MerrillやSarah Vaughanまで次々に唄いつつ、3本空けて帰って行きました。

今度は燗酒を飲ませてやろうっと。(笑)


洋食にも燗酒♪

まずは…

Merry Christmas!

今年は…

YouTube? それともNORAD? はたまたダブルで? (笑)

さて…
昼はcafe、夜はbarながら、マスターにお願いすれば燗酒も♪というお店で年忘れの会をやることになったものの、お店がメニューに悩むことに。
「日本酒だとやはり和食主体の方がいいですか?」
「日本酒を意識して和風にしなくても、いつものままで」
下段は和のテイストですが、鍋の味付けは塩♪
この他に “茄子のブルーチーズからめ” も登場するなど、いつもの宴とはまったく毛色の違うメニューでも…


飲むのはやはり…

どぶは私物の17BY♪
どぶは私物の17BY♪
地元組のKINTAさん、Creedさん、そして援軍のちゃむさんも。
都合により参加できなくなったま・ぜらさんの分までたっぷり飲みましたから…
最後はただの大酔っぱ!! (汗)

ご参加いただいたみなさま、お忙しい中お差繰りいただき、ありがとうございました。
そして、我が儘なお願いを聞入れてくださった “ho.cca” の中島さんご夫妻、たいへんお世話になりました。
またいつか、このカウンターでまったりと♪


cafe&bar ho.cca -ほっか-
 新潟県見附市葛巻1丁目94-49
 Phone. 0258-63-5873
 10:30〜16:00:cafe time
 18:30〜 23:00:bar time
 木・日曜休み

より大きな地図で ho.cca を表示

07:00現在の気温 -3℃

今日も雪かき
今日も雪かき

今朝、目を覚まして暖房を入れたら…室温5℃!!
冷蔵庫要らんわ。orz

昨日、一旦融けたのに夕方から降り始め、深夜まで降ったのか、とうとう30cmほどに。
一昨日につづき、雪かきから始まる一日となりました。

今夜は柳都でま・ぜらさんとちゃむさん主催の “手作り忘年会” が…。
しかも、ちゃむさん秘蔵の自家熟成酒大放出!! という太っ腹な会♪
燗付け機材とともに助っ人として参上いたしまする。
もう二度とお目にかかれないであろうお酒たちと出会える楽しみもさることながら、こういう会を呑み手自らやってくださるなんて、うれしいと同時にせめて何かお手伝いしなくては…。

とはいえ、旧新潟市内は元々、雪国ながらほとんど雪が積もらない地域ゆえ、除雪が下手っぴ〜!! なこと、この上なしでも知られておりますから、市内に入ってからまともに走れるかどうか。
少し余裕を見て出かけるつもりですから、予定よりも早めに早仕舞いさせてもらうやも。

午後のご来店を予定されている方は、どうぞお早めに♪ (笑)
また、メールなどへのお返事も明日にさせていただくことになろうかと思います。
なにとぞご容赦のほどを。

おや、今朝のNHKの中継は三条の鍛冶道場からですか!?
さてさて、雪かき雪かき。はぁ・・・


御寄進多謝

ありがたいことに早速メールをいただいたり、電話で懐かしいお声を拝聴したり…
と “歳末たすけあい” へ愛の手を頂戴しておりまするものの、反面、それに伴って多くの別れも…。
昨夜もまた一つ最後の1本が旅立つことになりました。
6年間、大切に育てた1本ですから、どうぞ可愛がってくださいますように。

雪にもめげず健気ですこと
雪にもめげず健気ですこと

翻って、新たなご縁をいただけるという幸運も。
燗酒ビギナーなお店なれど、これからきちんと熟成に耐えるまっとうな酒に馴染んでくだされば…。
それに調味料へのこだわりもお持ちのようですから、人・アテ・酒、三拍子揃ったお店になることも夢ではありませぬ。
どうかこのまますくすくと育っていただけますように。

さて、荷造りでもしましょうか。


八雲立つ

八百万の神々の “神議り” も済み、神無月も終わるという日、停まった車から降りてきたのは…
「え〜っ、ど、どうしたの!?!?」
「いやぁ、紅葉狩りついでに来ちゃいました」
お久しぶりのこまてるさんご夫妻が鄙の荒ら屋を訪ねてくださいました。
「まだこんなのあるんだ」(笑)
と立入検査を受けた後は、海沿いのカフェもみじ谷、日帰り温泉などをお教えしつつ、しばし歓談。
迷わずにお楽しみいただけましたかしら。またお越しくださいな。

The tail of the tiger♪
The tail of the tiger♪
日が落ちた後、斯様なイベントがあったのですが…
ハッと時計を見やれば、既に終わった時刻。orz

NHKのニュースで放送されたヘリからの画像でお茶を濁し、
カンファレンスの打ち上げに加わるべく、彼の地のお酒を。
老父母の晩酌用をちと拝借♪ (笑)

●天穏 無濾過純米 “雄町七割” -7号酵母- H19BY
最後の18BYが旅立ち、否応なしにオススメせざるを得なくなったこれ。
「二夏を越させたのだから、もう…」という予想は見事に裏切られました。
冷やジュルでは…
「何、これ。どれだけ締めたの!?!?」
まぁ〜だガチガチ。精米歩合からすればきれいなものの、ちっともふくらみを感じられませぬ。
熱燗(50℃近辺)超から冷まし、上燗(45℃近辺)を下回ったくらいでようやく味わいの片鱗を見せますけれど、
分かりやすいうまみとは無縁ですな。
まっとうな酒の証でもありますから、しょうがないとはいえ、ホント、こんな酒ばっか。

若き新杜氏、今年はどんなお酒にしてくれるのやら。


燗酒の縁 -中-

お酒同様、ネタまで放置してしまいましたけれど…
この秋から拙庵にお目見えした “小左衛門” の中島蔵元が訪ねてくださいました。
「せっかくド田舎までお越しいただくのですから、一晩ゆっくり」
「ありがたいのですが…朝イチの飛行機を予約してしまったので」
ならば、せめてお時間の許す限り!! と鴨見もそこそこに別ルートで向かった先には…

ピンボケ -1-
ピンボケ -1-
十四代“目”ご当主♪
十四代“目”ご当主♪
オサムさんご夫妻、ま・ぜらさん、ちゃむさんが既にお待ちかね。
何で、みんな、こんなに早いの!?
「ビールを飲む人は?」
の問いにも全員…
「(し〜ん!!)」(笑)
「じゃあ、50℃ちょい上で」
と “純米播州山田錦六割五分” から♪
「あ、お酒は全部二合ずつね」
まずは…
「ようこそお越しを」
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
茄子のはず(汗)
茄子のはず(汗)
ピンボケ -2-
ピンボケ -2-
総勢7名のこぢんまりした「蔵元を囲む会」ですから、一つ一つのお話が全員にしっかり伝わりますし、こちらの質問にもすべて開けっ広げに答えてくださいますから、お互いの距離が急接近♪
この距離感、実にいい!!
かつ、実に贅沢!!
少人数だったこともさることながら、やはりいいメンツが揃ったからですな。
ピンボケ -4-
ピンボケ -4-
ピンボケ -3-
ピンボケ -3-
お酒は “山廃純米播州山田錦” へ。
次いで “生酛純米備前雄町” も。
この生酛の火入れヴァージョン、飲めるのはまだ拙庵のお客様のみ!! というありがたい一本♪
あ、もう一人いらっしゃいますね。
そう、あのお方!! (笑)

お刺身と新米のおむすびの写真を撮り忘れたことはご容赦を。
「あぁ、もう時間が!?!?」
お帰りになる小左衛門さんをお見送りした後は、もちろん…
「さて、延長戦開始!!」(笑)

ま・ぜらささん、ちゃむさんもお帰りという時になってから…
「あ〜っ、小左衛門さん、飲み逃げ〜!!」(笑)
帰りながら iPhone でメールをチェックしたら…
「すみません、お代をお支払いしていませんでした」というメールが来ていて独り笑い。
「新潟のみなさん、最高です!! また来ます」とつづけてあったことをお知らせして…。

スタッフの麻予ちゃん
スタッフの麻予ちゃん
遠路お越しいただいた小左衛門さんはじめ、平日にも関わらずお集まりいただいた、地元代表のオサムさんご夫妻、新潟から駆けつけてくださったま・ぜらさん、ちゃむさん、どうもありがとうございました。
またしてもお世話になった “魂 -Kon-” の本間店長にも感謝を。

三条にもまっとうな燗酒を飲ませてくれるお店がありますから…
みなさま、どうぞご贔屓に♪
本間店長の写真がないので麻予ちゃんの写真を♪
「えっ、こっちがいいですって!?」
お気持ちはわかりますが、店長も好男子なんですよ〜♪ (笑)


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 Phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00
 日曜休み

より大きな地図で 魂 -Kon- を表示

燗酒の縁 -西-

「今度の休みに…」「え〜、ホントですか〜」
まずはお蔵元に電話してご都合伺いと某店の予約をお願いし…
そして、あそこではやはり燗主さんのお店は外せないし、新星にも行っていただきたいし、予備は…。
翌日のお昼はここ。夜の予約を考えるとこのバスでここで降りてもらって…。
さらに次の日のお昼はお蔵にも近いここがいいか。
双方のお蔵にリレーもお願いし、温泉宿でゆっくりしていただいた翌日は…
う〜ん、JRで移動したことがなかったけど、あらためて調べると在来線は不便!!
などなど、いろいろありましたけれど…

防犯対策? (笑)
防犯対策? (笑)

浪速からのお客様とほぼ一年ぶりのご対面♪
「ようこそド田舎へ!!」(笑)

何もない荒屋でしばし雑談ときき酒タイムをお過ごしいただいた後は、新潟麦酒を遠目に眺めて柳都へ。
ちと予定が狂ったものの、飲み屋街を一回りした後、向かった店先にはこんな自転車が…。
「あ、もう来ている!?」
暖簾をくぐれば、ま・ぜらさんとちゃむさん、いつものコンビが先着。
柳都の燗星♪
柳都の燗星♪

ちゃむさんは浪速のお店にも伺ったことがあるだけに感慨一入?
じっくり腰を落ち着けて、飲むお酒はいつもの…
群馬泉・辨天娘・睡龍・小笹屋竹鶴・鷹勇
ちっとも変わり映えしないものの、やはりしみじみうまい。
どうせなら…
日置桜や鯉川もあるともっといいんだけど。(苦笑)
浪速の燗酒事情も伺いつつ、徳利が次々に空に♪
せっかく新潟へ来られたのですからこれも…
鶴の友純米♪
「これが油揚げ!?」と…
「これが油揚げ!?」と…

今だけはなぜか我が荒屋にもある純米と合わせるは…
お江戸ではかなり目にするようになったとはいえ、まだ関西までは届いていないようで、ちとびっくりされたご様子。
でも…
そのヘアスタイルでサングラスをかけた上に皮の上下に真っ赤なシャツ♪という出で立ちに、通りすがる人たちは一様におっかなびっくりの視線を送っていましたけど。(笑)

蔵朱 -CRUSH-” の大西さんご夫妻、
わざわざお越しいただき、ありがとうございました。
柳都の一夜、お楽しみいただけましたでしょうか?
また、“そばきり酒房 吟” の畔上さん、まっちゃん、いつもながらにお世話になりました。
そして、ま・ぜらさん、ちゃむさん、おつきあいいただき、ありがとうございました。

それにしても、メガネを外して飲んでいたらお馴染みさんに…
「聞いたことのある声なのに顔は違うし、人違いかと思った」と。(汗)