アナゴという名のウナギ

あの “飲むごはんの会” からもう6週間!?
遅ればせながらようやく慰労の会を開かせてもらいました。

クリックすると…
クリックすると…

約束どおり出雲崎までひとっ走りしてきた会の主役♪
こちらでは通称 “アナゴ” と呼ばれておりまするものの、正式にはヌタウナギ綱ヌタウナギ目ヌタウナギ科ホソヌタウナギ属の “クロヌタウナギ”。
名前に蔑称が含まれているからと学名まで変わってしまったかわいそうな奴は夏の珍味の一つなれど、ちょっと海から離れると地元民でも「知らなかった!!」という人も珍しくありませぬ。このように浜焼きにするのも当地だけのようですな。ウェブで検索すると調理前の写真にもお目にかかれますけれど、見ない方が…。(笑)

ついでに浜焼きの王道、イカ焼きも買って、夕方にはご覧の黒くないヌタも到着♪ (笑)
ピカピカ♪
ピカピカ♪

あの日、スタッフとして大活躍してくださったま・ぜらさんとちゃむさん。それに「アナゴで呑みますよ」に釣られたオサムさんとカオリ姫という顔ぶれが揃い、新潟麦酒で喉を潤していただいた後は…
●睡龍 生酛純米吟醸瓶燗原酒 H15BY
「もう二度と呑めないでしょうから乾杯分だけで悪いけど」で
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

ちゃむさんお手製の牛スジ煮込みやカオリ姫特製、辨天娘大吟醸粕を使ったペーストに胡瓜。オリーブオイルをかけたトマトとチーズ、胡瓜・茄子・茗荷の浅漬けなどをアテにおチャケも…
「羊用ですね!?」
と某お蕎麦屋さんが叫んだ…
●仙亀 熟成純米原酒 H10BY
をグビグビ♪ アナゴにもいいですぜ、お蕎麦屋さん!! (笑)
ちゃむさんが持ってきてくださった…
●神亀 純米酒 “美山錦” (1999詰)
●力士 純米酒(生酛純米酒?) ← 加藤杜氏在籍時の珍品♪

●英 純米吟醸 “jungin” H15BY
●るみ子の酒 純米酒 “暖々上々”-7号酵母- H14BY
なんぞを次々に燗をつけますが、懶な燗番おやぢゆえ、お燗メーターを振り切ることもしばしば。(笑)

「わぁ、もうこんな時間!?」
気が置けない顔ぶれで呑むのは実に楽しいものの、時間の経つのもあっという間。
お集まりいただいた方々、お疲れさまでした。また、ありがとうございました。
次は…おでん呑み、はたまたマダラ刺し呑み? (笑)


変態

去年の夏
去年の夏

といっても、ソッチの方の話ではなくて…

あの仙亀 熟成純米原酒
一週間経って、奥の方から甘みが顔を覗かせはじめました。
いよいよ変態をはじめたみたい♪

なれど、もう一回分くらいしか残ってないから…
いつまで我慢できるでしょうや。(汗)

しかし、お盆が終わった途端、超絶ヒマ!!
自家消費ばかり増やしてどうする!?!? (爆)


老獪?

キツネやタヌキに化かされる噺は数多あれども、まさかカメに化かされるとは…。

「原酒の方はもうないんですよ」
という説明を真に受けていたおやぢですから

2000年春に登場し、新市場を開発した、あの「仙亀」を、長期熟成して出荷します

という案内に “原酒版” があったのには、腰を抜かさんばかりにビックリ!!
「専務が隠していたのかぁ」
カメも歳を取ると人を化かすようになることを、その日、学びました。(爆)

ついでにちと引用を…

非常に高い酸度と豊かな熟成香が、食中酒としての完成度の高さを伺わせます。
基本的に醤油ベースの料理にベストマッチです。
 ☆治部煮(とり肉で)
 ☆アワビの肝焼き
 ●マグロの赤身の刺身
 ●上質な鱧の湯引き
 ●鯖の酢〆
 ●茹で海老の寿司
原酒は、グラスに氷を入れて、ワイン感覚でお楽しみいただけます。
暑い夏の昼下がり、ブランチのお供に、いかがでしょうか。

酸が独特♪
酸が独特♪
●仙亀 熟成純米【原酒】
あの『泪、泪でございまする〜』の別れから三年余り。
詰日付からすれば、ナント、10年ぶりとなるこのラベル。
まだ前のを持っているとしたら…ま・ぜらさん?

色は思いの外に薄いですな。たぶんマイナス貯蔵でしょう。
まだ舌に残る1999.10詰のとろけるような甘さとは打って変わって、2009.07詰のこれはワイン感覚というより「軽めの梅酒?」と見紛うような酸が持ち味。
もっと熟れればこの酸がいつか甘さと感じられるようになるかもしれませんが、なるほど今は確かに夏向き♪
だからといって、氷なんぞ入れるものですか!!
冷やジュルの後はいつものようにアチチに…とも行かず。(笑)
まだ硬さも残るように感じたので若干の手加減を…で熱燗(50℃近辺)のちょい下。
1999.10詰の熟女の魅力も良かったけれど、このおきゃんもなかなかの女っぷり♪

麻婆豆腐やマヨネーズで食べるブロッコリーに伸ばす箸のスピードが加速しまする。
脂たっぷりの鰈の煮付けもバッサバッサとその脂を捌き、杯の方ももちろん加速。
あっという間に定量が終わり…はいいけど、その後の記憶がない夜となりました。(汗)


惜しい人を…(笑)

お〜い、元気でねぇ!!
結局5時間20分の遅れとなったらしいANAのNH002便に向けて声を張り上げたら…
「そっちは西、飛行機は東」ですって。orz

夕陽でも、海に向かって叫ぶには「夕陽のほうが相応しい!!」と勝手に決め付け♪
今頃は半日待たされた腹いせに、機内に積んであるお酒を片っ端からグビグビ〜。きっと酒の減り方が異様だったことでしょう。(笑)
何はともあれ、あのおチャケたちともども無事、ワシントンDCに着きますよう、お祈りいたしまする。

しかし、彼女のいない一年間…一升瓶で365本の酒たちが路頭に迷うことは確実!!
まっとうな酒の造り手・売り手のためにも、必ず戻ってきてくだされよ♪

鯖粕煮菜粕煮

さて、我が家の食卓に酒粕料理が並んだ夜。左は “鯖の粕煮”。右は “冬菜の粕煮”。
出来の悪い携帯カメラゆえ、お見苦しいところはご容赦を。m(__)m

祖母が健在の頃なら、冬になると “蕪の粕炒り” はじめ、しょっちゅう登場したものですが、最近では珍しいかも。使っているのは…“群馬泉” の吟醸粕でしょうか。

■睡龍 速醸純米 H15BY
最近は “どぶ” ばかり飲んでおりますゆえ、“生酛純米” さえご無沙汰なのですが、この“速醸純米”もさすが加藤杜氏の酒。なかなかどうして捨て難いものがありまする。
ましてや来月から “生酛純米” 各種が値上げされるとなると、フトコロにやさしいこれはなおのことおすすめですな。
“生酛純米” の陰に隠れ、案外と古いBYものがあったりして♪

■仙亀 米だけの酒 (05.02詰)
スル〜ッと “睡龍” が空いてしまったので、定量の半分(一合)ほどのリリーフを。
低精米とはいえ、伊達に山田錦を奢っているのではありませぬ。
きちんと締まって、スッとキレる。これもまた定番酒としたい、お・チャ・ケ♪

“鯖の粕煮” は生姜が無用の長物となって、やや素っ気なかったものの、“冬菜の粕煮” のほうは冬菜自体の甘みも加わり、実にウンマい。
ブロッコリーと「わぉ!? すげぇ〜久しぶりっ!!」のコンビーフのスープ煮やサラダもどんどん減っていきまする。

まっとうな燗酒があると、ついつい食も進んでしまいますゆえ…
持ち込み手荷物同様、重量制限にご注意♪


寒後半

全国的に大荒れになっているようですけれど、雪は大丈夫ですか?
こちらは積雪はないものの風が強く、吹雪で視界最悪。
気温の低下とともに路面が凍りはじめていますから…
ドライバーはもちろん、歩行者の方も事故や怪我には十分にご注意を!!

こんな夜は「早く帰って、アチチな燗酒を」と思っていたところへ

雪が降る〜 ○○が減る〜〜 あなたは来ない〜〜〜

某お蔵からの召喚メッセージが。
行きたいのは山々なれど、税金払ったら今月も、ピ〜ンチ!! orz

日置桜■日置桜 古酒ブレンド純米 “山笑ふ” 其の一
「風邪にどぶ」がしばらく続きましたから、よぉ〜く練れた熟成酒を飲みたくなって、これを。
しかし、セーブしていたつもりなのに2週間もたず完飲。13ヶ月ぶりだったのですから、もうちょっとゆっくりと愉しむゆとりを持てないのか、おやぢ!? X-)

アテは、豚肉と長葱の炒め物。この手のアテも難なくこなしてしまうのが、熟成酒の底力ですな。
脂のたっぷり乗った鰈の煮付。普段なら脂を諄く感じるところでしょうが、“山笑ふ”を含めば、たっぷりの脂もスッと洗い流してくれ、また箸を運ぶことに…。
野菜の煮物や白菜漬けもつまみながら、「うまいうまい」とグビグビやっていたらたちまち空っぽで、お代わり〜♪

■神亀 米だけの酒 “仙亀” (05.02詰)
“山笑ふ” の後ではさすがに熟成感は薄れますが、その分、“神亀” ならではの強さがストレートに伝わってきます。
やわらかなうまみの後は、程良い押し味を持った酒で締めはしたものの…
病み上がりで二合徳利2本は…ちと飲み過ぎ?


時に委ねて

Would you know my name If I saw you in heaven
※ ↑ “You Tube”へリンクしています

言わずと知れたEric Claptonの“Tears in Heaven”の歌い出しですが、ちとセンチになりかけたときなど、無性に聴きたくなることがあります。
今は幻となったこのお酒の原酒ヴァージョンを偲ぶにもいいかも。:-)

仙亀■神亀 米だけの酒 “仙亀” (05.02詰)
80%精米の山田錦で造られる “神亀” がこの “仙亀”。
原酒版が持っていたあの分厚いうまみを思い出す度、こちらの加水版を何とも心許なく感じていましたが、「いつかきっと…」の期待に応え、ようやく程良いうまみを味わせるまでになってくれました。
黙って飲まされたら、アルコール度数が14%台とは恐らく思わないでしょうな。

それにしてもこれ、原料米に “阿波山田錦” が奢られておりまする。なんとまぁ、贅沢な低精米酒ですこと。

焼き鮭や野菜の煮物などをアテにいつもよりゆっくりと杯を進めまする。なぜって、お代わりなしと決められた夜ですから。二日ほどいただく暇中、どうせ飲み続けることは必至ですものね。

ちなみに今宵のベースは「群馬泉をアチチで」のあのお店♪
明日以降は風に吹かれるままに…ですが、どこへ流れ着くことやら。
てな訳で、しばらく更新が滞ります。


60℃燗!?

煮酒で呑のkanzaさんこと、kanzakerakuenさんが、清酒竹鶴 雄町純米14BYを60℃燗にされたそうな。

ここしばらく、上記、竹鶴 雄町純米・日置桜 復刻純米<山田錦>・仙亀 原酒を使い回していたけど、さすがにそこまでは上げていない。せいぜい40℃後半。
そこから冷めて、上燗(45℃近辺)〜ぬる燗(40℃近辺)が一番分かり易いと思っていたが、飛び切り燗の上をいくとは… 世には怪人がいるってことか。

ま、11BYの原酒が来たら試してみても良いかも。:-)