アナゴという名のウナギ

あの “飲むごはんの会” からもう6週間!?
遅ればせながらようやく慰労の会を開かせてもらいました。

クリックすると…
クリックすると…

約束どおり出雲崎までひとっ走りしてきた会の主役♪
こちらでは通称 “アナゴ” と呼ばれておりまするものの、正式にはヌタウナギ綱ヌタウナギ目ヌタウナギ科ホソヌタウナギ属の “クロヌタウナギ”。
名前に蔑称が含まれているからと学名まで変わってしまったかわいそうな奴は夏の珍味の一つなれど、ちょっと海から離れると地元民でも「知らなかった!!」という人も珍しくありませぬ。このように浜焼きにするのも当地だけのようですな。ウェブで検索すると調理前の写真にもお目にかかれますけれど、見ない方が…。(笑)

ついでに浜焼きの王道、イカ焼きも買って、夕方にはご覧の黒くないヌタも到着♪ (笑)
ピカピカ♪
ピカピカ♪

あの日、スタッフとして大活躍してくださったま・ぜらさんとちゃむさん。それに「アナゴで呑みますよ」に釣られたオサムさんとカオリ姫という顔ぶれが揃い、新潟麦酒で喉を潤していただいた後は…
●睡龍 生酛純米吟醸瓶燗原酒 H15BY
「もう二度と呑めないでしょうから乾杯分だけで悪いけど」で
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

ちゃむさんお手製の牛スジ煮込みやカオリ姫特製、辨天娘大吟醸粕を使ったペーストに胡瓜。オリーブオイルをかけたトマトとチーズ、胡瓜・茄子・茗荷の浅漬けなどをアテにおチャケも…
「羊用ですね!?」
と某お蕎麦屋さんが叫んだ…
●仙亀 熟成純米原酒 H10BY
をグビグビ♪ アナゴにもいいですぜ、お蕎麦屋さん!! (笑)
ちゃむさんが持ってきてくださった…
●神亀 純米酒 “美山錦” (1999詰)
●力士 純米酒(生酛純米酒?) ← 加藤杜氏在籍時の珍品♪

●英 純米吟醸 “jungin” H15BY
●るみ子の酒 純米酒 “暖々上々”-7号酵母- H14BY
なんぞを次々に燗をつけますが、懶な燗番おやぢゆえ、お燗メーターを振り切ることもしばしば。(笑)

「わぁ、もうこんな時間!?」
気が置けない顔ぶれで呑むのは実に楽しいものの、時間の経つのもあっという間。
お集まりいただいた方々、お疲れさまでした。また、ありがとうございました。
次は…おでん呑み、はたまたマダラ刺し呑み? (笑)


春や春

ま・ぜらさんとちゃむさん。
心強い援交の士が3年ぶりと2年ぶりにこの春、当地へ戻ってこられたのですから…
何はさておきまずは一献♪
さらにいきなり初夏を思わせる陽気となったこの日に合わせるかのように
オーストラリアからのとりしやさんとご盟友もお越しとあっては…
これはもう呑むしかない!!と。(笑)

春の季語♪
春の季語♪
「お酒足りますか?」「積んできてくださいよ」
と配達を兼ねて向かうは柳都の燗星、“吟” さん。

汗ばむような陽射しに「年寄り組の方が薄着だ」とま・ぜらさんに揶揄されながら半袖で過ごしておりましたから、めずらしくビール、とはいえちっちゃなグラス生で…
「お帰りなさい♪」そして「ようこそお越しを♪」の
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

さて、どんどん燗をつけてくださいな。
まずは“旭菊 大地”からお願いしましょうか。
アテは…メバルの煮付け、桜鱒蕗味噌、生めかぶ酢、クリームチーズの味噌漬け、栃尾の油揚げ、うどみそ、身欠き鰊の山椒漬・・・
桜鱒でございマス♪
桜鱒でございマス♪

あぁ、もう写真なんか撮っておれませぬ。
酒も肴も勝手に頼んでくだされ〜。(笑)

カウンターの一角を占拠した呑兵衛組、テーブル組の相も変わらず刺身に冷し酒というオーダーを尻目に…
“群馬泉 初しぼり”、“小笹屋竹鶴 大和雄町”、“神亀 甘口純米”、“鷹勇 山廃強力”、“群馬泉 山廃酛純米”、“辨天娘 五百万石純米”、“清酒竹鶴 雄町純米”、“住乃井 特別純米”、“群馬泉 山廃本醸造”、そして “生酛のどぶ” などなど…
燗また燗のオンパレード♪
たまには…
たまには…

締めにはそばきり酒房ならではの十割蕎麦をいただき…
お帰り組と二次会組とに細胞分裂♪ (笑)

二次会組が向かった先は、“Amber” さん。
カウンターでまたウダウダ♪
ジンロックに続く二杯目は…
「久しぶりにウイスキーでも呑もうか」
と一瞬、「あれ〜、別人?」と思ったほど髪の伸びたマスターに薦められたこれをチビりチビりやっていたら…
「うへぇ〜、もうこんな時間!?」「また燗酒をご一緒しましょ」

“吟” の畔上さん、まっちゃんこと松本さん、“Amber” の草間さん…
此度もたいへんお世話になりました。そして、ありがとうございました。

古くて、でかいお蔵へ出かけた話はまた後で♪

■そばきり酒房 “吟” -ぎん-
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜02:00 日曜・祝日休み

■BAR “Amber” -アンバー-
 新潟市中央区西堀前通8番町1525 〒951-8062
 井坂ビル2F
 phone: 025-222-2210
 火〜土曜…20:00〜29:00(05:00)
 日曜のみ…19:00〜24:00(00:00)
 月曜休み



二夏越しの再会

神亀またしてもラベルめくり画像。ちとしつこい? (苦笑)
ピンボケなのは手抜きして一枚しか撮影しなかったためゆえ、ご容赦くだされ。
しかし…
昨年一月(H18BY)にお蔵を訪ねたのが、ちょうどこの酒の “留添(とめぞえ)” の日だったことを懐かしく思い出しまする。

ひとごこち← 農林水産研究ライブラリ
あの日、専務に案内していただいた “仕込室” で、この耳慣れない原料米の名前を目にしてから二夏を越え、ようやく日の目を見ることになったのですな。

全量飯島町栽培収穫← 飯島営農センター(長野県飯島町)
「長野の新しい酒米」と仰っていましたから、たぶんここのことかと。

証拠写真♪ (笑)
2007/01/24 仕込室

■神亀 純米“ひとごこち” (08.10詰)
原料米の背景はともかく、開けていきなりで「もう飲める♪」“神亀” は久しぶりですなぁ。(笑)
“真穂人” ほど硬さを感じず、思いの外に味乗りもありまするが、腰の強さは “神亀” としては控え目な方でしょうか。
「神亀ビギナーにもオススメ」といえる酒質。
といいつつ、しっかりアチチ燗(60℃近辺)にしてしまうのですけれど…。;-p



アテは、鮭のブラックペパー・ソテー。ちと黒胡椒が利きすぎですがな。(泣)
中濃ソースがかけられたトンカツも少々。きっと「残すな」サインでしょうな。
里芋・大根・人参・結び昆布・エリンギの煮物にほうれん草と人参の胡麻和え。

古漬けになりかけた白菜漬けの酸っぱさも楽しみながら、スルスル〜ッと定量お終い。
「ちと呆気ない?」「いやいや、お疲れだからちょうどいい」な夜でした。:-)


右往左往

ようやく某サンプルに辿り着いたら…これがとんでもなく「すっぱぁ〜い!!」おチャケ。
当然、酢酸系の酸っぱさではありませぬ。ヨーグルトのように乳酸菌がもたらす酸っぱさが突出した味わいなれど、澄み酒ですから『飲むヨーグルト』という気分にもなりませぬ。
幸い、まだ半分残っておりますゆえ、しばらく放置した後に再試ですな。

img284_daikoshu54てな訳で…
あれとか、それとか、これとかは…すべて後回し。
おいしいものは最初にか、それとも最後にか…って性格判断じゃあるまいし、でき得れば最初から最後までおいしいものを…の強欲おやぢでありまする。(苦笑)

さて、今日の写真は資料映像♪
1979年醸造のアル添神亀。せっかくですから30歳となる来年までもう一年待つつもりの珍種亀ですな。
口直しに選んだ“ひこ孫 純米”の写真を撮り忘れたため、代理出演となりました。(笑)

あ、明日・明後日は花の独身♪
なれど、カネがないから家飲みで辛抱しましょか。orz


おっとっと

久々にこれを開けようとして、危うく大噴火させるところでした。(汗)
それというのも、スクリューキャップを開ける前に、よぉ〜く振ったから。(笑)

このところ火入れにごりばかり飲んでいましたから、これが“活性”であることを頭から抜かしてしまったようです。

神亀■神亀 純米活性にごり酒 (2006.1詰)
注意書きどおりに何度かキャップの開閉を繰り返し、杯に注いでもまだシュワシュワとガスが湧いてきますから、そのガスの刺激と米由来のうまみが混ざり合って口の中で踊ります。
それにしてもイヤな生臭がない!!

飛び切り燗(55℃近辺)に仕上げてもまだ徳利の口に気泡が…。さすがにガスの刺激は薄まるものの、代わりにたっぷりとしたうまみが溢れます。
熱くしても生臭が気にならないのは実に喜ばしいことですな。
これに限っては『フレッシュな生の味を、何卒お早目にお楽しみ下さい』という注意書きに逆らったものだけが味わえる快感!? (笑)
本当に久しぶりの“神亀にごり”でしたけれど、やっぱうまいですわ♪

アテの守備範囲が広いのは他のまっとうな燗にごり酒と同じ。
カレー煮や中華、洋食、和食・・・米の飯が合うものなら、なんでもござれ♪
ただし、つい食べ過ぎるのとつい飲み過ぎるのが最大の欠点!!
とうとう栗おこわも。挙げ句、醂柿やいちじくまでアテにしてしまいましたとさ。(笑)


サバダ〜サバダバダ♪

アテを見た途端、今日のタイトルが頭の中でグ〜ルグル〜♪
オールドファンには懐かしいクロード・ルルーシュ監督の “Un Homme Et Une Femme (邦題:男と女)”。
音楽はその後も幾度かコンビを組んだフランシス・レイでした。
まぁ、中には “こっち” を思い出す人もあるかも知れませぬな。(笑)

鯖煮付肉じゃが
タイトルの元になった鯖の煮付け (左) と 肉じゃが (右)

羽前白梅■羽前白梅 純米酒 (17.10詰)
開栓放置された二合弱の残りですし、真鯖であることは知っておりましたが、「鯖にこの酒で大丈夫か?」という心配は一口含んだ瞬間、杞憂に終わりました。
これが美山錦!? これが50%!?

“羽前白梅” で一番好きな酒とはいえ、ここまで熟したものははじめてかも。熱燗(50℃近辺)ほどでもうトロットロのうまみ。先日の “小鳥のさえずり” とはやや趣を異にしますが、糞真面目に造られた酒であることではどちらも譲らず。「もっと早く飲めるようになってよ」まで同じにすることはないでしょうに…。

しかし、50%精米ながら裏ラベルを見なければ、それにも気づかないラベルの何と奥ゆかしいこと。
この酒の真の姿をもっともっと多くの人に知ってほしいものであります。

ちなみに奥に見える某雄町純米の四合瓶はまだH15BYですとさ。(笑)


時の過ぎゆくままに

Julie昨夜、見るともなくテレビを見ていたら「神様、仏様、稲生様」につづき、ジュリーこと、沢田研二が♪
ジュリーといえば真っ先に樹木希林のあの

じゅりぃ〜〜〜♥

を思い出してしまいますが、彼ももう還暦!?
さすがに目の下は弛みましたが、声は変わらないですねぇ。

早速YouTubeから拾ってきました♪

Julie Collection -1-

Julie Collection -2-

Julie Collection -3-

飲んでいたおチャケは…
神亀■神亀 純米“甘口の酒” (2003.2詰)
いつからだったか忘れた開栓放置酒の残り二合ほど。
熟成が足りないと、あの“神亀臭”を伴いつつ、「これでも甘口?」という甘ダレとは無縁の押し味と、最後に苦味とも渋味ともいえる独特の味わいを感じさせるのですけれど、しっかり練れてくれたようで、いきなり「ウンマ〜い!!」と唸ってしまいまする。
甘さと感じてしまううまみたっぷりなれど、完全発酵させてのそれですから、ただの甘残り酒とは次元が違いますぞ。

アテにした鮭と長芋のクリーム煮チーズ(ゴルゴンゾーラ?)風味が“神亀甘口”にピッタンコ♪
鮭のしっとりとしたうまみと長芋のシャクシャク感もさることながら、チーズが混ざったホワイトソースがいいっ!!
思わずソースだけすくって舐めてしまったほど。
豆腐・玉ねぎ・シラタキの卵とじ。探したものの肉は入っていないようで、出汁が足りずにちと素っ気ない。もう少しうまみがあれば、ごはんのおかずには味の濃さが不足であっても酒のアテにはなったでしょうに…。

まぁ、うまいおかずならすべからくまっとうな酒のアテになり得るのは…
あらためていうまでもないことでしょうけど。


アゴのために?

昨日、一時的にスパムチェックを緩めたら…まぁ、来るわ、来るわ。
2分に1回以上のペースでコメント・トラックバックともスパムの嵐。
どうせIPアドレスは詐称されたものでしょうし、下手にブロックすると送れない人も出てきますから、まったく始末に負えませぬ。(怒)

サーバが重いのは、これらを一々処理しているからかも知れません。
取りあえず元のレベルに戻しましたので、トラックバックも受け付けます♪

なお、コメントをいただく際は、リンクのURL記載数にお気をつけくだされ。
多いとスパムチェックに弾かれます!! (笑)

先日いただいたタケノコですが、健康優良児だったようで、茹でても硬いっ!!
年寄りの口には余ったと見え、少しも減りませんから、顎を鍛える(何のために?)ことにもなるかと身欠き鰊や切干し大根と炊かれたそれを一人でやっつけました。歯応えのある硬いものは嫌いじゃありませんからね。
Foodsただ、そういう時に限って…
「タケノコ、要りません?」
とまたしても。もう〜、イヤ!! orz

■神亀 純米“ひやおろし” (2006.10詰)
いつからか忘れた(たぶん、この時の)けど、開栓放置。しかも栓がユルユル。その所為か、ちと(味が)抜けた感じ。定量に満たなかったこともあり、スル〜っとお終い。

酒の味はともかく、アテの方はまだ鰺の南蛮漬けも。
となれば、当然、お代わり〜♪

■睡龍 速醸純米“ひやおろし”生詰 H17BY
“神亀”も飲んだことだし、と量はちと手加減を加えて♪
焼売やクリームコロッケもつまみながら、グビグビり。

しかし、阪神、負けませんなぁ。今夜からのツバメに期待!! (笑)


春の香り

いくら液晶とはいえ、ディスプレイとのにらめっこは目にきついものがありまする。
やっと一区切りついたといえるところまでこぎつけましたのでここでもお知らせを…。
お時間のある時にどうぞ。→ 表サイト

独活筍

独活につづいて筍もお出まし♪
食卓にセリ・フキ・タケノコが上る時季となりましたが…
タケノコはともかくセリやフキなんぞ…
「金をもらっても食べたくない!!」という時代がありましたっけ。
今から思えばずいぶんと勿体ないことをしていたものだと…。

もうすぐワラビも出はじめる頃。
今年も箸と口だけを用意して、届くのを今か今かと待ちまする。(笑)

■X
“辨天娘” 純米玉栄18BYのサンプル瓶なれど、味わいは玉栄ではありえないし、微かに黴臭の混ざる熟成香からしても “辨天娘” のそれではないことは明か。そして、後の引けの良さは吟醸レベル。
とここまで見て思い出しました。
これ、たぶん、ちゃむさんからいただいた “ひこ孫” 吟醸(大吟醸?)の発掘もの。
細かいところは忘れてしまったけれど、90年代初頭の酒ではなかったかしら。
おかげで「お疲れさん」の一本としては過分な旨酒をいただけて、し・あ・わ・せ♪

ありがとうございました。>ちゃむさん
また面白いものが見つかった際はぜひ!! (笑)

とはいえ、サンプル瓶ですからちと不足。鬼の居ぬ間にもうちょっと…。

■神亀 純米 “甘口の酒” (2005.03詰)
飛び切りから冷ました “神亀” を一口、ジュルジュル…。
酒が変わったというのに違和感はまったくなし。
これで先ほどの酒が “ひこ孫” であったことを確信したのでありました。

と大見得を切ったものの違っていたら…赤っ恥ですな。(苦笑)


グビネット

お通し事ある時は “ここ飲み屋かい?” 二階が定席となっている “裏ここ飲み屋かい?” 総出の会。
「たまには外で」といつもおいしい仕出しを提供してくれるあの店二階へ繰り出し、恒例の新春の宴が賑々しく開かれたこの夜、大宮・倉吉でも同じように口喧しい呑兵衛が集っていたのですから、呑兵衛の縁は、げに奇なるもの♪

ほらほらいつもの酔電が…。(笑)


 
「もしも〜し」の声の主は、やはりU会怪鳥。酔電越しの三元グビネットですな♪
「今日はおいしいもの食べてるんですって?」
「お刺身は…」それに「あん肝はじめ身もどっちゃりだし、白子もあるよ〜」

刺身あれこれ

「揚げ物は…」と「焼き物は穴子の白焼きにタラバも…」

揚げ物あれこれ

写真を撮り損ねましたが、この他に「鴨鍋とねぇ、鮟鱇鍋も…」
鴨鍋といえば醤油味が常道ですが、この夜はさっぱり塩味。鴨のダシが際立ちまする。

これだけの料理を出していただきながらも
「えっ、そんな値段でいいの!?!?!?」
という低予算なのもうれしい限り♪

てな品々に合わせる酒は…こちらも残念ながら定番は薄酒普通酒。
他よりもマシな味ではありますが、せっかくのごちそうに酒がそれでは台無し。
加えて、裏とはいえ “ここ飲み屋かい?” の意味がありませぬ。

我が儘をいって持ち込んだおチャケは…

神亀生酛のどぶ

王道 “神亀” はあの “ひやおろし” と『呑むごはん』“どぶ”。
「燗くらいウチでつけてあげるのに」「いやぁ、そこまでしてもらったら」
と燗どうこと徳利持参で次々にグビグビり♪

良き酒・良きアテ・良き仲間、三拍子揃った宴の終りには…
「もう喰えねぇ!! もう呑めねぇ!!」とお腹をさすっっていた夜でした。:-)