酒の十徳

室町時代の狂言、“餅酒” には…

  1. 独居の友
  2. 万人和合す
  3. 位なくして貴人と交わる
  4. 推参に便あり
  5. 旅行に慈悲あり
  6. 延命の効あり
  7. 百薬の長
  8. 愁いを払う
  9. 労を助く
  10. 寒気の衣となる

と酒の十徳が謳われておりますが、同時代に茶道や香道とともに起こったとされる “酒道” は…

    酔っ払うことが目的ではない、酒はもっと優雅で素晴らしいものであろう

が基本精神であったものの、明治の中頃には潰えてしまったとか。
幻となった修道なれど、ここに『百薬の長』と『キチガイ水』の境目がありますな。
あ、読みは同じとはいえ、衆道ではありませぬゆえ、早とちりなされませぬよう。(笑)

たとえガクンと凹むことがあった夜であろうと、自棄酒に走っては忌み嫌う『キチガイ水』を是認してしまいまする。
こんな時こそ、己が不甲斐なさを正してもらうためにもまっとうな中でもさらにまっとうな酒を…

黒鶴、◎まる♪
黒鶴、◎まる♪
●清酒竹鶴 生酛純米 H18BY
初めて登場した竹鶴の割水版生酛はご覧のとおり黒ずくめ♪
開け立てなれど、まずは冷やジュルから…
「うぅむ」と唸ったきり後が続きませぬ。
生酛特有の乳酸の利いた含み香。ビシッと締まった味わいは割水をされても少しも薄まることなく、しっかり最後まで醗酵させた酒でしか到達しない極みとでもいえばいいのでしょうか、こちらの背筋もビシッと伸びますな。

竹鶴ですから遠慮容赦なしに煮たものの、さすがにいきなりはなかった?
すっかり若返ってしまい、硬いわ、渋いわ、往生することになったとはいえ、やや冷めてくると、70%とは思えぬきれいさととんでもない強さを秘めていることに気づかされます。

「酒を知り、己を知る」
決して優雅ではありませんが、たまには堅苦しく酒を呑むのも呑兵衛修行の一つでしょうか? (苦笑)


参上仕り候

今を遡ることン十年前は、毎日、ぎゅうぎゅう詰めのディーゼルカーで通った街、三条。
金物・刃物で知られるこの街は昔から “本寺小路” という飲食街でも知られていますが、その一角に燗酒の店が!?
地元ともいえるこの街にまっとうな燗酒が根付いてくれたら、この上なくうれしいこと。

期待の燗星♪
期待の燗星♪

どぶ連” や “華燭の典” と先月から行事が立て込んでおりましたゆえ、遅ればせながらになってしまいましたけれども…
「今度お店にも…」
と足繁く通ってくださる店長との約束を果たすべく、どうせなら…
「たまにはゆっくり飲みませんか?」
と声をおかけしたところ、地元組はじめ、見附や長岡、それに新潟からはいつもの援軍ちゃむさんが馳せ参じてくださいました。

「ビール!!」「オレ、ビールいらない、燗酒!!」
と初っ端からテンションの高い猛者も♪
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
テーブルの上には…
テーブルの上には…
魂の純米
魂の純米

名前入りのお品書きはさておき、一升瓶に貼り付けられ、テーブルやカウンターの随所に置かれている酒のメニューに目をやれば、冷や酒系もあるものの、お馴染みの銘柄がずらり♪

下の写真にはこの時、お燗場に出動中だった群馬泉が写っていませんけれど…
「ここはどこ!?!?」
ってくらい、そうそうたる顔ぶれでしょ!?

燗酒団 -1- 今宵のお酒たち 燗酒団 -2-
前菜盛合せ 活けタコと葉葱の酒盗和えに夕取れアスパラガス 煮アサリの山葵みぞれ
夕取りの茶豆 刺身盛合せ(〆鯖・秋刀魚・カンパチ) 里芋の唐揚げ
地鶏焼き 漬物盛合せにはチーズの麹漬けも 長芋焼き

本間店長におまかせしたアテの数々をいただきながらも、冷し酒御免の燗酒団が繰り出す怒濤のオーダーは最後まで途切れることなく…
たぶんこの一週間の燗酒オーダーより今一夜の方が多かったのでは!?!? (笑)

「あ、終電が!?」
ダッシュでお店を出られたちゃむさん、無事お帰りでしたか?
オサムさんご夫妻ををはじめとする地元組のみなさま。
そしてタクシー組のS水さん、S田さんの蔵人コンビ。
そしてそして、“魂 -Kon-” の本間店長と○○さん。
八月八日。末広がりの “八” 二乗の夜にここ三条でお目にかかったすべてのみなさま、
たいへんお世話になりました。また、ありがとうございました。
このお礼はこれからもまっとうな燗酒をオススメすることで♪


■魂 -Kon-
 新潟県三条市本町2丁目1-31 〒955-0071
 phone. 0256-33-3451
 17:30〜24:00 日曜休み


春や春

ま・ぜらさんとちゃむさん。
心強い援交の士が3年ぶりと2年ぶりにこの春、当地へ戻ってこられたのですから…
何はさておきまずは一献♪
さらにいきなり初夏を思わせる陽気となったこの日に合わせるかのように
オーストラリアからのとりしやさんとご盟友もお越しとあっては…
これはもう呑むしかない!!と。(笑)

春の季語♪
春の季語♪
「お酒足りますか?」「積んできてくださいよ」
と配達を兼ねて向かうは柳都の燗星、“吟” さん。

汗ばむような陽射しに「年寄り組の方が薄着だ」とま・ぜらさんに揶揄されながら半袖で過ごしておりましたから、めずらしくビール、とはいえちっちゃなグラス生で…
「お帰りなさい♪」そして「ようこそお越しを♪」の
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

さて、どんどん燗をつけてくださいな。
まずは“旭菊 大地”からお願いしましょうか。
アテは…メバルの煮付け、桜鱒蕗味噌、生めかぶ酢、クリームチーズの味噌漬け、栃尾の油揚げ、うどみそ、身欠き鰊の山椒漬・・・
桜鱒でございマス♪
桜鱒でございマス♪

あぁ、もう写真なんか撮っておれませぬ。
酒も肴も勝手に頼んでくだされ〜。(笑)

カウンターの一角を占拠した呑兵衛組、テーブル組の相も変わらず刺身に冷し酒というオーダーを尻目に…
“群馬泉 初しぼり”、“小笹屋竹鶴 大和雄町”、“神亀 甘口純米”、“鷹勇 山廃強力”、“群馬泉 山廃酛純米”、“辨天娘 五百万石純米”、“清酒竹鶴 雄町純米”、“住乃井 特別純米”、“群馬泉 山廃本醸造”、そして “生酛のどぶ” などなど…
燗また燗のオンパレード♪
たまには…
たまには…

締めにはそばきり酒房ならではの十割蕎麦をいただき…
お帰り組と二次会組とに細胞分裂♪ (笑)

二次会組が向かった先は、“Amber” さん。
カウンターでまたウダウダ♪
ジンロックに続く二杯目は…
「久しぶりにウイスキーでも呑もうか」
と一瞬、「あれ〜、別人?」と思ったほど髪の伸びたマスターに薦められたこれをチビりチビりやっていたら…
「うへぇ〜、もうこんな時間!?」「また燗酒をご一緒しましょ」

“吟” の畔上さん、まっちゃんこと松本さん、“Amber” の草間さん…
此度もたいへんお世話になりました。そして、ありがとうございました。

古くて、でかいお蔵へ出かけた話はまた後で♪

■そばきり酒房 “吟” -ぎん-
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜02:00 日曜・祝日休み

■BAR “Amber” -アンバー-
 新潟市中央区西堀前通8番町1525 〒951-8062
 井坂ビル2F
 phone: 025-222-2210
 火〜土曜…20:00〜29:00(05:00)
 日曜のみ…19:00〜24:00(00:00)
 月曜休み



借景

ようやく♪
ようやく♪

“先々の時計になれや小商人” ならぬ、先々の時計になれや小学生 (笑)
今日から新学期が始まったようで「あぁ、もうそんな時間か」と前を通る集団登校の子どもたちの足音に合わせるようにシャッターを開ける日々が復活♪

庭もない拙庵なれど、幸い目の前には先日、三回忌を終えた酒友宅が…。
清々しい陽光の下、盛りを迎えようとしている梅の傍らで白椿がしめやかに咲いていました。四季折々、花の絶えることがないその庭を眺めては亡き友を偲ぶのもいいものです。
「心配するな、お前さんの分まで飲んでやるから」(笑)
いつものにごり♪
いつものにごり♪

●清酒竹鶴 純米にごり酒 H20BY
詰日付からしてもすっかり出遅れた感がありまするが、それもこれもフトコロが不如意につき致し方ありませぬ。願わくば、欲しい酒くらいいつでも買えますように。(汗)

上澄みだけですとさすがに新酒であることを物語りますが、たっぷりのにごり部分としっかり混ぜれば、いきなり…「うめぇ〜!!」
もちろん竹鶴らしく「いつもより長く回っております」を経ればもう…
「今からこんなに飲めていいのかよ、こんちくしょ〜!!」ですな。(笑)

生酛を造るようになったからか、最近の竹鶴は「往年の力ずくから一皮剥けた?」と感じることがしばしば。麹歩合を上げたはずですし、精米歩合はあべこべに下がっているものもあるというのに、なぜかきれいさ、漢字で書くと「清澄」でしょうか、が目立つのですよ。

“放し飼いの酒造り” は新たな次元へとそのステージを移したのかもしれません。
「こんなにすいすい飲める竹鶴なんて、竹鶴じゃねぇ〜!!」
などとヤボなことはいわず、その真味をじっくり味わってみてはいかが? (笑)

アテは、カスベの煮付。カスベ特有の軟骨も一緒に味わえるのがうれしいですな。
茸と青菜の中華風炒め物なれど、時折、唐辛子がたっぷり利いているところに当たると…
「ヒィ〜!?!?」
カミさん曰く、「カスベの付合せのシシトウよりこっちが辛い!!」
杯の竹鶴を一気に放り込んでも鎮火せず、水菜と人参の白和えでようやく消火。
口にまとわりつきそうなカボチャはスルーして、ひたすらタコの頭を…。
開け立てからいきなりの「お代わり〜♪」を必死に堪え、早々に「おやすみ〜♪」
「まだ2時間経ってないよ」とのご忠告は馬の耳に念仏な夜でした。(笑)


渡り

鶯の谷渡りならば風情もありましょうが、お役人のそれは一般常識からすれば身勝手というもの。
どう抗弁したところで見苦しいだけですから、一年以内といわず今年度から即座に止めたらよろし。
まぁ、“あ、そう?” さんではそういう感覚も…たぶん持ち合せていない? (笑)

それはさておき、呑兵衛諸姉諸兄ならおチャケの渡りは至極当然?
こと外飲みともならば、一体全体いくつ渡り歩くやら。(笑)

白子鍋相変らず見目はよろしくありませぬが、この蛤出汁の白子に脊髄反射で選んだおチャケは…

■羽前白梅 純米酒 “出羽燦々50%” (21.1詰)
開けて一週間ほど、思いの外に早く「いいじゃない!?」と。
酒造好適米とはいえ美山錦に比べて「やや香りが…」という出羽燦々なれど、“白梅” らしくキチッと締まった味わいと玉のような口当たりが心地好いですな。
10秒ほど短く回したものの、しっかり飛び切り燗(55℃近辺)♪
白子を頬張り、“白梅” を含めば…わぁ〜んだふぉ〜♪

蛤のうまみを吸った水菜や豆腐はもちろん、汁も啜りながらグビグビ♪
口直しにはセリ・油揚げ・シラタキの煮物。セリの風味がたまりませぬ。

「鴨、どうする?」「手っ取り早く塩胡椒でソテーかな」「皮は?」「もちろんつけたまま!!」
鴨のできあがりと同時に “白梅” がちょうど終わりましたゆえ
「半分でいいから、お代わり〜♪」

■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H20BY
開けて数日。うまさ全開には程遠いとはいえ、やはり “竹鶴” は “竹鶴” ♪
たっぷり出た鴨の脂が絡んだ赤身もさることながら、皮を噛みしめた時の脂が口中に…
ばくはつだぁ〜!! のところへ “竹鶴” をグビり♪
溢れんばかりの脂を綺麗さっぱり洗い流す剛刀の冴えよ、ってなものですな。
しかし、これでも一応、純米吟醸。
消臭剤がいるようなプンケバや、ただ米を磨いただけのヨワヨワ純米吟醸がまずますボロに思えまする。

「真鴨はうまいけど、所詮は渡りだからねぇ」と鳥インフルエンザに過剰反応?
なれど、罹ってからでは遅いのが病。お役人の渡り同様、とんでもなく高くつくばかりか命あっての物種だけに、口にするものには「臆病者!!」の謗りも結構毛だらけ猫灰だらけ。どんな責めでも甘んじて受けまするぞ。
そんな会話から業務用の合鴨を差し入れてくれたH1兄に…大感謝♪


非生臭酒

竹鶴■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 “初しぼり” H20BY
一昨年、蔵へお邪魔した際に “お持ち帰り” して以来となる竹鶴の “初しぼり” ですな。
八反(広島県産)の50%でありながら、いかにも石川杜氏の酒らしく酸もたっぷりで、含みや中盤までの味わいは十分に飲める味わい。ただし、さて余韻を…という段になると苦や硬さが際立つのは致し方ありませぬ。

然れど、竹鶴としてはやや抑えた飛び切り燗(55℃近辺)とはいえ、しっかり燗をつけてもあの生臭さがほとんど目立たないのですよ。フレッシュ、かつ豊かなボディを楽しみつつ、杯が進むこと進むこと。

こういう生酒なら生嫌いにもオススメ♪ なれど、本数が限りなく少ないのが難ですな。(汗)

群馬泉■群馬泉 山廃酛純米
翻ってこちらは火入れの定番酒。お燗の仕方次第ではもっとふくらみ、豊かなうまみを味わわせてくれるはずですが、飽かずに飲むには…もそっと燗温度を上げて味わいを引き締めるのも手かと。
捌けも良くなりますし、スッと切れ上がる後味がまた杯と箸を進めてくれまする♪

干物「よぉ〜く焼いて」と頼んだら遠赤両面グリルで斯様な仕上がりとなって現れ出たるは、過日、寝屋漁港で買い求めた一夜干しなれど…
何という魚だったか???
確か「○○○オコゼ」という名前だったものの「普通のオコゼとは別物」といわれたはず。
酒同様、しっかり火を通された干物は、乾きかけた表面とうまみが凝縮された感のある白身がうまし。

独活・胡瓜・若布の酢の物。酢味噌仕立てのぬたならもっと良かったけれど、若々しい独活の風味が◎。
独活の残物はきんぴらにされ、これまた酒を進めてくれますな。

明日はまたお酒がどっちゃりやってくるみたい。
しばらく新顔のお毒味に明け暮れるとは思いまするが、その合間にはさむ定番酒の地味さが何ともうれしい新酒時期♪
といいつつ、20BY酒はあれとこれだけ。(笑)


−3/3

小寒なのに風もなく、穏やかな小春日和となった仕事始めの昨日、三番娘帰京。
そして誰もいなくなった。
といっても、クリスティじゃありませんから、誰も…死んでなんかいませ〜ん♪ (笑)
いつもの静かな食卓へ戻るだけですな。

小笹屋竹鶴 宿根雄町純米原酒 H15BY■小笹屋竹鶴 宿根雄町純米原酒 H15BY
「久しぶりに竹鶴が飲みたい」と選んだのがこれ。
ギュッと凝縮したうまみが◎なれど、気前良くカミさんにも譲ったため、初日から四合減。orz

アテは、その足よりお得な蛸の頭♪
おまけにペチッと叩いても怒られませぬ。(笑)
焼餃子に鮭の味噌漬け。
何度も書いていますけれど、不健康な霜降りじゃあるまいに最近は魚まで「脂乗りがすごい」と誉めそやす風潮があるせいか、肝心の肉や魚らしい “身のうまみ” が軽んじられておりまするが、不自然な脂は素材の味わいを台無しにしてくれまするゆえ、またぞろ味音痴を増長させることになりやしないか、と懸念するのは脂に耐えられなくなった年寄りのやっかみでしょうか。

この夜の鮭も残念ながら脂がべっとりで、魚としての味わいに乏しいもの。
“竹鶴” だから良かったようなものの、ヤワな酒なら箸も杯も止まること確実。
白菜漬けで口を直しながらのおやぢ酒。
今年もまたまたぼやきが多くなりそうな仕事始めの夜でした。(苦笑)


キタでもなくミナミでもなく -3-

宿から下ってきた谷町筋を引き返し、向かうは “マイドーム大阪” を望む松屋町筋。

酒 -1-すぐ隣が酒屋さんというビルの階段上れば、電話ではおなじみの声なれど、お目にかかるのは初めてという店主の大西さんと奥様に…
「はじめまして」
でいよいよ本番開始♪
ドド〜ンとカウンターに置かれたお酒は…

■鯉川 純米大吟醸“出羽燦々” H13BY
■天穏 純米吟醸“馨”無濾過生原酒 H16BY
■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
■辨天娘 H19BY一番娘 純米(五百万石)“槽汲”生原酒

「今朝ほどはどうも」のお酒屋さんもお見えでかなり賑々しく…。
そうこうしている内に「行きますよ〜」と仰っていた関西酒MLの諸姉諸兄がご到着。
お一人のはずが、ナント、神戸の呑兵衛ご夫妻もご一緒!?
三番娘の全国大会出場の折りに御影(神戸市東灘区)でお目にかかって以来の7年ぶり。
お懐かしゅうございまする♪
などといっている間にお店が混んできて別室に隔離。:-)
「空きましたからどうぞ」
で戻ると地元の呑兵衛氏も駆けつけてくださって、お酒もまだまだ登場♪

■群馬泉 純米吟醸【別誂え】
■英(はなぶさ) 生もと特別純米 H14BY
■るみ子の酒 熟成純米吟醸-7号酵母- H11BY

何を飲んでいるのか何を食べているのか、かなり怪しくなっておりまするが、取りあえず写真を撮るヒマもなかったってことで…。(汗)

蔵朱 蔵朱

いつものことながら楽しい時間が過ぎるのは早いものでして、お帰りの電車に合わせて一人去り、二人去り…でお暇する時間に…。

快く受け入れてくださった大西さんと奥様、水先案内を務めてくださったマック次郎さん、そしてお店に寄らせていただいたばかりか夜もおつきあいいただいた大野(立花酒店)さん、たいへんお世話になりました。
近くから遠くからお集まりいただいた皆々様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを切に願っておりまする。m(__)m

■蔵朱 CRUSH公式サイト
 大阪市中央区南新町2丁目3-1 〒540-0024
 スタークィーンビル2F
 phone: 06-6944-5377
 昼…11:30〜13:30(月〜金曜のみ)
 夜…17:30〜23:30
 日曜休み・祝日不定休

【つづく】


道行文

この世のなごり 夜もなごり 死にに行く身をたとふれば
あだしが原の道の霜 一足づつに消えて行く 夢の夢こそあはれなれ
あれ数ふれば暁の 七つの時が六つ鳴りて 残る一つが今生の
鐘の響きの聞き納め 寂滅為楽と響くなり

竹鶴

ついにこのラベルともお別れの時が…。
間もなく広く世間様に出回っておりまするあの色のラベルに替わることを思うと
残りが減る都度、近松ならずとも鐘の響きが聞こえてまいりますな。
およよよよ〜。(涙)


ユルアツ♪

貸切り「うわぁ〜」
表に掲げられたこのボードを見た途端、思わず声を漏らしたのは…恒例となりつつある新潟ツアーで今年も訪ねてくださった石川杜氏(竹鶴酒造・広島県)。こちらもつられて…
「わぁお〜」

「七面倒臭いのは抜き。ゆるくやりましょう」とお伝えしてあったのに、“吟” さん、設えからして気合いが入ってます!!

竹鶴それもそのはず。先月、竹原で開かれた “呑切会” に初参加された興奮まだ冷めやらず、といった顔付き。
「一応、こんな感じに」と用意された席は12名ほど。
何しろ『ゆるく』ですから、「はじめちゃいますか、どれからいきましょう?」と石川杜氏に尋ねる “吟” の主、畔上(あぜがみ)さん。
左から…
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込14号 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米吟醸原酒 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込13号 H18BY
■小笹屋竹鶴 生酛純米原酒 仕込15号 H18BY
■小笹屋竹鶴 純米原酒-宿根雄町-H17BY
■小笹屋竹鶴 純米原酒-大和雄町-H15BY

ずらり居並ぶ“竹鶴”の生一本、“小笹屋”シリーズから杜氏が選んでくれた“大和雄町”で…
かんぱ〜い♪

やがて席が埋まり、急遽椅子を追加したにもかかわらず、この後も来るわ来るわ。
しょうがなくカウンターに退避したおやぢにつられて野郎組が…。
どうせなら乙女組に来ていただきたいところなれど、うら若き美女から熟女まで杜氏の側を離れようとしませんから、燗酒談義でもしましょうか。

途中、或るお姉様から「新潟の酒ほど淡麗辛口の酒はないですよね?」と擁護的質問が…。
「いいえ。概ね辛口でしょうが、決して淡麗ではありませんよ」
その訳をあれこれ説明するけど、どうやら腑に落ちないご様子。
「論より証拠に…すみませ〜ん、睡龍の生酛純米をアチチで!!」
“吟”さんで出されているH17BYをお酌して、飲み込んだ頃を見図り…
「いかが?この甘を廃した芯の味こそが淡麗、かつ醍醐味というに相応しいでしょ?」

それにしてもあっちのテーブルは盛り上がっているなぁ〜。

参加者 -1- 参加者 -2-
参加者 -3- 参加者 -4-

当初の『ゆるくゆるく』はどこかへ吹っ飛び、燗酒不毛の地であったはずの柳都の夜にこの一角だけは「とても新潟とは思えませんな」と敏夫専務ならいったにちがいないほど『熱く熱く』燃えあがり、次から次へと燗酒が乱れ飛んでいたのでした。

チーム吟此度の一切をおまかせしたチーム “吟” のスタッフ。中央が店主の畔上さん。
先日の “呑切会” に参加するため、営業を終えたその足で広島まで走りきったのもこのお三方。
「来年もまた車で行く?」
と畔上さんに問うたら…
「車じゃ絶対にイヤだ!!」
とコリゴリ顔で。(笑)
そして、用意してもらった酒がすっかり空っぽになる頃、十割蕎麦を手繰ってお開き〜。

これで終りかと思いきや…でも、つづきは書きません。(爆)

それはさておき、このたびも “吟” さんにはたいへんお世話になりました。
足を運んでくださったみなさま、そして石川杜氏にも心からの感謝を。
ありがとうございました。m(__)m
また来年も…ユルユルアツアツ』で♪

■そばきり酒房“吟”
 新潟市中央区東堀通8番町1429-2 〒951-8065
 phone: 025-224-7181
 18:00〜26:30(02:30) 日曜・祝日休み