越の国巡り -其之陸-

“其之陸” は、「さて、そろそろ参りましょうか」の “帰路” 編。:-)

九頭竜湖駅“おおの” の街を後に越前から美濃に抜けるR158を九頭竜川の上流へと向かいまする。
ここはJR越美北線(通称:九頭竜線)の終着駅、“九頭竜湖駅” 。

折しも福井行のワンマン運行、一両編成のディーゼルカーが発車を待っておりましたので、俄テッちゃんを装い、ホームや線路敷へ入れてもらって撮影。
架線のない線路は久しぶり♪ 🙂

道の駅 九頭竜隣接する “道の駅 九頭竜” には恐竜の化石で沸く福井らしく、こんなものが♪

右の写真をクリックすると動画にリンクしますが、
回線のスピードによってはちと重いかも。m(__)m

せっかくだから “県立恐竜博物館” へも行けば良かったでしょうか。

【下】
ロックフィル式の “九頭竜ダム” ダム湖の広いこと!!

九頭竜ダム九頭竜ダム

冷しとろとうどんこの日のお昼は…高山の外れで食べた“うどん”。
冷しとろろうどん大盛り♪
真っ黒な色の割にはしょっぱくありませぬ。でも、麺の量が半端じゃない!!
腰もあって、なかなかおいしいうどんではありましたが…もう一度、正調 “越前そば” を食べたかったぁ〜。

「えぇ〜っ、こんなに安くていいの!?」
というバカ安のガソリンを車にもたっぷり食べさせて…飛騨から越の “中の国” へ抜け、富山ICから北陸道を直走りまする。

【つづく】


越の国巡り -ダイジェスト-

永平寺参道二日間780余kmのドライブを終え、無事帰着♪

今年の悪巧みは、“越の後” から “越の前” の国へと向かう旅。取り急ぎ此度の道程のダイジェストから。
そのはじめは…
見上げた新緑の鮮やかなこと!!

しばし目を奪われてしまいました。


永平寺丸岡城【左:地図
越中、そして加賀、退屈な北陸道を直走り、着いたところは…越前 “丸岡城” 。
現存する天守閣としては国内最古とか。

【右:地図
横浜の “総持寺” と並ぶ、曹洞宗の大本山 “永平寺” は、20年ぶりでしょうか。


越前大野宿をとったのは越前と美濃とを結ぶ交通の要衝。かつての城下町、“越前大野(おおの)” 。

【右:地図
国土交通省の “水の郷百選” に選ばれている大野にはあちこちに湧き水がありますが、その代表格がここ。環境省選定 “名水百選” の一つにもなっている “御清水(おしょうず)” 。

【左下:地図
またしてもお城。亀山の頂にそびえる “大野城” 。
【右下:地図
翌朝訪れた七間通りの朝市

大野城大野朝市
 
九頭竜湖駅九頭竜湖

大野市街を後に九頭竜川を溯れば…
【左上:地図
JR越美北線の終点、“九頭竜湖駅“で、俄テッちゃんに。(笑)
【右上:地図
国土交通省と電源開発が共同で管理する“九頭竜ダム”。

飛騨越前と美濃の国境を越え、油坂峠道路から来月(7月5日)の全線開通を前にした東海北陸自動車道へ入り、飛騨の国、高山ICまで。

高速道は175円/L、越前では172円/L、とあちこちでバカッ高のガソリン看板を目にしましたが、ここのJAセルフ、「え〜っ、値上げ前の値段じゃない!?」という154円/L!!
迷わず満タンに♪ (笑)

山を下った富山が173円/L、当地が166円/L(いずれもレギュラー・ガソリン)ですから、いかに安いか!?

【右:地図
このルートを採れば、つい寄ってしまう“ドライブイン数河”で小休止。

飛騨から越の中の国へ抜け、富山ICから再び北陸道へ。
帰れば燗酒とうまい肴が待っている♪ (笑)