類は友を呼ぶ?

今日も電話であれをゴニョゴニョ、これをウヒョウヒョやっていたら…
某蔵元の新顔さんが青い瓶に詰められたサンプル片手にひょっこりやってこられました。
あれこれ話しながら、大吟醸はスルーして純米大吟醸を見せていただいたのですけれど、
「うぅ〜、これ、冷や飲みを意識しています?」「はい」
「大吟醸といえどもお燗できない酒はやりたくないんだよねぇ」
5〜6年ぶりに見せてもらう蔵元のお酒なのに遠慮のないこと。(笑)

普通なら「また面白いものがあったら見せてくださいな」で終わるのですが…
「ちょっと待ってください」と別のサンプルを取りにいったと思ったら
「こんなのもあるんですけど…」「へぇ〜、どれどれ…」
「わぁお、何なんだい、こりゃあ!?!?」
この蔵元はなかなかユニークな引き出しも持っておられることは承知していたものの、
まさかこんなものまでとは…。

とどのつまり変な酒屋には変な蔵元(失礼♪)との袖振り合うも多少の縁と〜♪
で結ばれる運命であったってこと?
てな訳で、来週初めにはお目見えの予定。それにしてもこれを飲むとしたら…
キッチンドランカー予備軍、もしくはかなりの強者でしょうな。(笑)

旭若松 熟成純米“2006年醸造”■旭若松 熟成純米“2006年醸造”
前夜の後遺症で胃腸が少々お疲れモードでしたから、しっかり練れた酒でリハビリを♪
原酒版の濃いうまみだけが “旭若松” ではありませぬ。普段飲みにはこれくらいの方がアテの守備範囲も広がりますから、むしろ好都合ですし、何よりも財布にやさしいところが…◎♪ (笑)

アテは、鯖の味噌漬け。ちと脂が多いけど、酒にも助けられてそれなりに。
烏賊・里芋・大根の煮物。ワタの味までも吸い込んだ里芋と大根がウマウマ。
性懲りもなく冬の定番、 “煮菜” 。これはもう毎日三食続けてもいいのですよ。

アテだけではなく酒もですが、「毎日口にしても飽きない」ってかなりすごいことでしょ?
定番と呼ばれるものには、その一つ一つに曰く因縁があるってことですな。


意地?

お気づきかどうか、“別館”・“離れ” を休止してからの拙blog、ここ本館にまとめただけあっていきなり投稿数が増え、かつ11月21日(金)以来の連続投稿を更新しておりまする。:-)
クソ忙しい年末年始を乗り越えてこれたのは…
途切れさすまいとする意地が勝った? はたまた、ただただヒマだった? (笑)

2004年9月27日(月)、当時開いていたBBS(掲示板)のスパム対策に業を煮やしてはじめたブログなれど、いつの間にやら4年と1四半期が過ぎ…

と戯れ言を垂れ流す日々が続くのでしょうな。(苦笑)
然れど…
当初から使ってきたこのブログシステムもかなり古くなってきましたゆえ、システムの乗り換えも視野に入れておりまするが、それにはこの “kanzake.com” サイトを置いているサーバの仕様ならびに “MySQL” のスキルという、二つの壁が…。
ヨチヨチ歩きながらこの裏で使いはじめたものの、はてさて…。→ 【草庵】

■旭若松 熟成純米“2006年醸造”
「ちょっと薄くなったといわれた」とご当主から聞かされておりましたが、なんのなんの。
日常の酒にはこれで十分。物足りなければ原酒ヴァージョンをお選びなされ♪

アテは…待ち侘びた “煮菜”。酒粕入りのこれが登場すると「冬だなぁ〜」と。
スケソウダラの煮付。これまた冬ならではもの。肝とダダミ(白子)につづき、尾もペロリ♪
残り物のビーフシチューやほうれん草と舞茸の胡麻和えまでも平らげるほど…
箸に淀みがありませぬ。これもひとえに “まっとうな燗酒” のなせる業ですな。

そういえば…
今日は我が愚弟、カスオジの誕生日ではありますまいか。
極めて儀礼的ながら、一応…おめでと♪ (笑)


初柏♪

そりゃあ、千葉へ行ったことくらいはありますよ。
ちょっと前なら成田APまで大英帝国に旅立つ一番娘を送っていきましたし、うん十年前まで溯れば常磐線だって上野から何度も乗ったものです。ただ、行先は決まって我孫子でしたから、店名を伏せられたまま毎度毎度涎を誘ってくれるこちら(→その一・→その二・→その三)のもそっと先だったとはいえね。

Google Maps

こちらから柏は決して近くありませんから、こうして罪作りな Google のストリートビューで開かずの扉を眺めては虚しい溜め息を重ねていたのですが…
先日、酒の縁がとうとうその扉を開けてくれました♪

「はじめまして」の店長。
やたいち
しかも主(ぬし)ともいえるkazuさんのお声掛けで集まってくださった面々に囲まれて
仰けから燗酒で…( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!!

店長が用意してくださったアテの数々。:-)
「うわぁ、ウンマ〜い!!」のチーズと無花果のパテ仕立て(左)と鰆の刺身(右)。

FoodsFoods 2

「でかぁ〜!!」と目を丸くした高足蟹(左)と常陸牛の葡萄包み焼き(右)。

Foods 3Foods 4

せっかく用意してくださったのに、「カニとエビはちょっと…」のおやぢ。X-)
なれど、葡萄の甘酸っぱさと常陸牛の程良い脂が口の中に広がるともう箍が外れました。
手当り次第にひたすら燗酒をグビグビり♪

店名の由来にもなっているおでん(左)。秋刀魚のつみれ旨し♪
狼亭さんが持ってきてくださった杯台(右)もいい景色でしょ!?

Foods 5杯台

いただいたお酒は…
旭若松H16BY加水版でスタートの後は、ちゃっかり開栓された味わいを試させてもらった日置桜にごりH19BY・奥播磨山廃袋吊りH15BY・天穏にごりH19BY・鷹勇強力の郷H13BY・小笹屋竹鶴大和雄町14BY・生酛のどぶ・睡龍・山陰東郷・鯉川・武蔵の里純米原酒・・・
とのこと。ほとんどパクり。(笑)

総勢12名と席が足りなくなった面々が次々に繰り出す燗酒オーダーは引きも切らず。
店長とおばちゃんは休む間もなしの三時間が瞬く間に過ぎ、お開き〜♪

快く受け入れてくださった店長、いろいろとお手配してくださったkazuさん、
たいへんお世話になりました。
近くから遠くから、そして二連チャン三連チャンにもかかわらず…という猛者も含めた参加者の皆々様、どうもありがとうございました。
またお目にかかれますことを切に願っておりまする。

てな訳で…店名初公開♪

■日本酒とおでん やたいち地図
 千葉県柏市旭町1丁目4-11
 Phone: 04-7144-1881
 Open: 17:30〜/日曜休み


辨天パパと醸し人来たる

すっかり更新をサボっている間に、梅雨が明けてしまいました。
大した雨もなかった今年の梅雨。作物にはもっとたっぷりと潤いが欲しいですな。
明けた途端、ジリジリするような暑さで、表へ出ると熱風が…まるでサウナ。orz

その昔、三波伸介が司会をしていた “減点パパ” という番組がありましたが…
という話とはまったく関係なく…此度は因幡国若桜の里からのゲストが♪

“旭若松” と並んで規模の小ささを誇る “辨天娘” のご当主と中島杜氏のお二方にお目にかかるのは、昨年のあの時以来。「お久しぶりです♪」

積もる話は多々あれども日も暮れてまいりましたし、そろそろ場所を変えて…
先月、マック次郎さんをお連れした “Y” へ再び。

酒母や醪ではありませぬ。ヱビスの樽生と突出しの生湯葉。

ヱビス生突出し

先付け椀

先付けと椀が運ばれてくる頃には「そろそろ燗酒を」というご当主のリクエストで
まずは…

■群馬泉 山廃酛純米酒
「お蔵のお酒がいいですよね」「せっかくですから普段飲めないものを」
で選んでいただいたこれを持ち込み、
「適当に熱燗にしてもらえますか?」といういつもの我が儘ぶり。(苦笑)

先付けの盛合せもさることながら、このつみれの椀がうまいっ!!
ここ “Y” は高い素材をウリにするわけでもなく、時季のものにきちんと仕事を施して、リーズナブルでありながら落ち着いた味わいを提供してくれるのがうれしい店。

飲むのと話に夢中で写真を撮り忘れましたが…
鮃・甘海老・〆鯖・赤烏賊のお刺身から栄螺の壺焼へと進みます。
おチャケもチェンジ♪

■旭若松 熟成純米 “雄町・日本晴” 2005年醸造
熟成感もありながら余計な甘がないため、キレる食中酒となってくれまする。
“旭若松” は「原酒」ばかりが出回っているイメージがありますが、割水版がこんなにいいとは思いも寄りませんでした。お気に入りの一本となっておりますので、ぜひお試しあれ♪

煮物揚げ物

稚鰤(?)と大根の小鍋仕立てに海老と岩牡蛎期のフライ。
「海の幸をたっぷり」というリクエストに応えてくれた親方に感謝。
〆に鰻ご飯と味噌汁、香の物をいただいて、ごちそうさま〜♪

「もうちょっといいですか?」
と珍しく麗人のご尊顔を拝しに♪
久しぶりの一杯は、ビフィータを使ったジントニックを。

ご当主、ならびに杜氏、遠路お越しいただき、ありがとうございました。
次回はリアル娘さんを派遣してくださりたく…。(笑)


水無月早々

月末・月初のやり繰りに追われながらブログの移転なんぞをやっていたら…
老父の誕生日を忘れていました。(汗)

ってことは、もう一つ忘れたじゃ済まされない日も近々ある訳で…。
もううれしがる齢でもないはずだから、本人の方で忘れてくれないかしら。(苦笑)

旭若松■旭若松 純米生原酒 “神力・日本晴” 2007年醸造
酒造好適米にもいろいろあれど、この“神力”は酸の出方が独特のようで、“雄町” や “強力” とはまた違うタイプの酸に思われます。しかも、その豊富さときたら、“雄町” や “強力” に勝るとも劣りませぬ。これを某蔵のあの酵母で仕込んだら、四の壁どころか五の壁もあるのでは!?
と怖いもの見たさでワクワク、ドキドキ♪ (笑)

たとえ生原酒であっても、我が家に冷し酒の文字はありませぬゆえ、当然の如く飛び切り燗(55℃近辺)♪

うぅむ、口の中で酸が跳ね回りますこと。元気のいいやんちゃ坊主ですわ。
とはいえ、昨今の傍迷惑なガキンチョではなく、昔なら押しも押されぬガキ大将になったであろう、そのやんちゃぶりが好ましく、かつ楽しいのですから、このベロもまったく困った代物ですこと。(苦笑)

アテは、鰈の唐揚げ。淡白な鰈に油が加わってうまさ倍増。そこへ“神力”の酸が絡むと、「これでもかぁ〜!!」というくらいパクパク・グビグビに拍車をかけまする。
茹でた烏賊のサラダにはマヨネーズを。これまた油と酸がピッチピチ♪

休日前夜ということもあり、もちろん、お代わり〜♪
「えぇ〜、もう空っ!?」orz


目に青葉、山杜鵑…

ブルックリン・ラガーフェーン現象のおかげで夏日に…。
車に乗っているとズボンが鬱陶しく感じられますが、まさか脱ぐ訳にもいかず、かといってエアコンを使えば燃費がガタ落ち。
「来月もまた上がるんですよ〜」
ガソリンスタンドもたいへんでしょうが、ユーザーはもっとたいへん。ライフラインの一つでもある石油の価格がこんなに乱高下していいものでしょうや。何にもしないお国の無策ぶりに腹が立ちますが、所詮、あの方々には下々の暮らしが見えていないのでしょうね。

ぶつけようのない怒りをクールダウンするには…
「お〜い、ビール」(笑)


旭若松■旭若松 熟成純米“雄町・日本晴” 2005年醸造
初めての割水版。しかも開け立てなれど、いい練れ具合♪
さすがに原酒版のようなたっぷりのうまみはないものの、“旭若松” らしい酸はしっかり。食中酒としてはむしろこちらの方が適しているかも。
思わず、あの “鷹勇山廃純米60%H9BY” を思い浮かべてしまいましたが、うまみはともかく、締まりやキレはこちらの方がちとシャッキリでしょうか♪
値段的にも原酒版より懐にやさしいし…。(笑)

カミさんの二日目は、鰹の刺身。気味が悪いくらい赤いので鮪の赤身かと思ったら鰹。若い鰹を食べるなら、酢醤油に辛子を溶いて…となるはずが、山葵を入れてしまったため山葵酢醤油。orz
メギスの塩焼きに肉じゃが。
イカとキャベツのマヨネーズ和え。イカと若布・胡瓜を醤油と胡麻油で和えたもの。

「ちと作りすぎでは?」「そう!?」
毎日こんなに食べていたら…誰かさんのお腹みたいになってしまうよ。(苦笑)


七人七色

GoogleGoogle本家” は見慣れたロゴだけなのに、Japanサイトだけ、こんなイラストが…。
ゴールデンウイーク限定? 🙂

早いもので、もう五月。ゴールデンウイークも今日が折り返し点ですけれど、どんなゴールデンウイークをお過ごしですか?

我が家のゴールデンウイーク
ジジ・ババ すでに毎日がゴールデンウイーク♪
おやぢ・カミさん 例年どおり毎日が、し・ご・と!! orz
一番娘 「たぶん6月いっぱいくらいまで休みがないっす」というタコ部屋棲まい♪
二番娘 「明日、仕事だから」と昨日帰京…..やよ励め♪
三番娘 「今年は11連休♪」ともっとも優雅な奴…..まだいます(苦笑)
 
■旭若松 熟成純米火入原酒 2003年醸造
たぶん…去年の “ちゃむさん送別会” の時の残りもののはず。当然、開栓常温放置♪
「わぁお、これこれ♪」
甘ったるいだけではなく、きちんと枯れ味が…。実に品の良い熟成酒。
「あっ、この味、好き♪」と晩酌につきあった三番娘。

ビンチョウ(標準和名はビンナガ)マグロの刺身といい、茄子の素揚げといい、三人で食べるには申し訳程度。急遽、豚バラ肉を追加して、たっぷりのキャベツの千切りとともにアテにしましたが、豚バラの脂をすっきり洗い流してくれまする。

「私も」と隣からも杯が出てきては、早々に “旭若松” 、お終い。X-)
「何にする?」「何がある?」「え〜と、竹鶴と…」「それでいいや」

「私、これダメ」と三番娘。
「そう? あれま、意外に酸があるじゃない!?」
あっ、純米にごりはこの前なくなったはず…。ってことは、これ・・・

■竹鶴 雄町純米にごり原酒 H17BY
「だって、竹鶴はそれだけだったよ」
うへぇ〜、しばらく放置する予定が・・・二夜連続で減らしてしまいましたとさ。orz


先が思いやられますこと

ゴールデンウイークが終わった途端、なんなのでしょうね、このおバカな気温。
といいつつ、先日来、ずうっと半袖Tシャツ1枚で過ごしている暑がりおやぢ。
これ以上脱ぐものがありませぬ。X-)

さて、娘たちが戻って静かになった休みの夜は、まもなく届くはずのこれの予習。
が、2007年醸造酒、三本の内、一本は入れませぬ。
問題は…外したその一本がもっとも分かりやすい酒だということ。(爆)

旭若松■旭若松 “雄町” 純米無濾過生原酒 2006年醸造(H17BY)
開け立てはやや生臭を感じたものの、ここまでくれば気にしなくてもいいレベル。
さっそく飛び切り燗(55℃近辺)にして冷まそうとしたら、ここにも冒頭の気温の弊害が…。
タイマーを加減したつもりなのにまだ長すぎたのか、アチチ燗(60℃近辺)をも超えてしまいましたよ。orz
だからといってダメになるようなヤワな酒ではありませんが、徳利を素手で持てませ〜ん。ってことは、煮ちゃった!?

飲み残しの冷やに “煮酒若松” を注ぎ足し、ジュル…
「いいじゃないっ!?」
これ以上に甘が多いと野暮ったくなってしまうし、飲んでいる内に飽きてしまうでしょうから、食中酒にできなくなりまする。まっとうな酒にはやはり「締まり」と「キレ」がないとね♪

アテは、鶏挽肉とニラの煮物。あっさり塩味に鷹の爪がピリッと利いて…。
でも、「もうひと味あってもいいかも」と最近嵌っている “かんずり” を加え、味を引き締めまする。
塩鱒の焼き物。甘塩で酒のアテには打って付け。
トマトとグリーンアスパラのスープ煮。茄子とピーマンの炒め煮。筍・里芋・人参・椎茸の煮物。と今宵は野菜の煮物オンパレード。年寄りだけだとヘルシーですこと。X-)


阿波をたずねて百九拾里

旭若松「これの火入れ熟成酒が面白いんだけど…」
と酒縁上の妹からお声が掛かったのは昨年の暮れのこと。
現物を拝見し、即、「お願いできますか?」となったものの、時期が時期ゆえ、お目にかからないままはじまったご縁。

先日、某お蔵を訪ねる際に「どうせなら」ともう一足伸ばして、ここまで出向くことに…。

夜通し走って遅い夜が明けた阿波の山中での第一声は「寒いっ!!」でした。 今年は出かける度に当地よりも寒さを味わう運命のよう。

旭若松「道具も昔のをそのまま使っていますし、古いだけで何もありませんけど」
と造りの終わった蔵の中をご案内いただきました。今季はお嬢さんが戻って手が増えたとはいえ、造りのすべてをご夫妻だけでこなす基本は変わらず。
「今年も三本だけですわ」
とご当主は苦笑いされますが…
「お二人だけでよくぞ」
とあらためて感心してしまいます。
こういう造り手がいてくださるからこそ、我々は夜な夜なおいしいお酒を、それが当たり前のことのように飲んでいられる訳ですから。

清酒醸造法講義「昔の酒のままで良いと思いますよ」
大正時代のものとされる “実験 清酒醸造法講義” を見つけたことが、今の “旭若松” へ変わる転機となったそう。

確かに、その後で変わったことといえば、アルコールや糖類の添加、そして挙げ句には酸味料まで。昨年の酒税法改正でやっと清酒の分類から外されたとはいえ、まだ残る三倍増醸酒の数々。
米不足の中で否応なしに副原料を使わざるをえなかった時代がとうに終わった現在まで、延々と続けられている紛いものづくりが、どれほどの造り手や飲み手を葬ってきたことか。
歴史的な背景があったにしろ、今の飲み手のほとんどが紛いものしかなかった時代に飲酒できる年齢を迎えたことが、相も変わらない日本酒の凋落、その最大の要因となったのではないでしょうか。

2007年醸造最近の “旭若松” の酒質を「らしくない」と非難するかのような物言いも巷間目にしますが、ご当主曰く「近年、(メーターが)切れるようになった」ゆえのことかと。
でもそれは、甘残りがもたらす味の多さだけがウリではなく、キレも締まりもある酒になってきたということ。むしろ、それこそまっとうな酒でしょ!?
ただし、また飲み頃が遅くなりますけど…。

いずれにしろ、今年の三本の中で何をおすすめするか、それについては急いては事をし損ずる。楽しみは取っておいた方が大きくなると思いません?
てな訳で、もうしばし待たれよ♪

急、かつ、朝早い訪問にも拘らず快くお迎えいただき、お世話になりました。
松浦ご夫妻に心から感謝申しあげます。ありがとうございました。

ただ、おかげでもう一軒寄らなければならなくなったのは、まったくの計算外。X-)


会者定離

せっかくの出会いがまた元の木阿弥に戻る、けれど知らなかった頃ではない。
それだけが救いとはいえ、別れには常に幾何かのやるせなさがつきもののようで、こんな唄さえ思い出してしまいまする。←またもや音出ますよ♪

不定期オープン “ここ飲み屋かい?”。
此度は酒友の一人で、表の広報部長でもあったちゃむさんの送別会を兼ねて、いつもどおりこぢんまりと…。

大根漬わざわざ山梨から駆けつけてくれたま・ぜらさんが夜行列車でアテにしていたという自家製の大根漬。お手製甘酒と味噌をベースに富士酢や胡麻を加え、干した大根を…という品です。
思いの外、あっさりしていて、大根の歯触りが楽しい。まっとうな酒を選ぶ目でまっとうな調味料を揃え、ひと手間かけることを厭わないと、こんなものもできるというお手本ですな。

盛合せ刺身

左はいつものおまかせ盛り合わせ。右は買い出しの際に補充した “鰺のたたき” と “ホタルイカ”。お好みにより山葵醤油か生姜醤油で。

袖振り豆腐しそ巻

差入れ二品。ちゃむさんの “袖振り豆腐” とヒヨコさんの “しそ巻”。お豆腐には定番の豪州産岩塩を…。“しそ巻” はチョッピリ辛くていい口直しになってっくれました。

若桜の大根奈良漬飛騨の赤かぶ漬

こちらは “蔵仕込み若桜大根なら漬” と “飛騨の赤かぶ漬”。
ちなみにこの二品、どちらも賞味期限はとっくに切れておりまする。(笑)
なめこ・椎茸・長葱・豆腐の手抜き鍋は写真なし。

賞味期限が切れてから一ヶ月経った “新潟麦酒” で、かんぱ〜い!!
甘も消え、やっとちゃんとした泡が立つようになりましたな♪
酒々今宵のお酒たち。左から…
■清酒竹鶴 純米吟醸生酒 H18BY
■睡龍 純米吟醸無濾過生原酒 H18BY
■辨天娘 H16BY五番娘 純米玉栄65%
■旭若松 熟成純米火入原酒 2003年醸造
■奥播磨 熟成純米 “白影泉”
■綿屋 純米原酒 “岡山雄町60” H15BY
■鯉川 純米吟醸 “鉄人うすにごり” H16BY
■鷹勇 純米山田錦 “濁り酒” 生原酒 H17BY
写真にはありませんが、他に…
■ひこ孫 純米吟醸上槽中汲 “風”
■隆 純米 “雄町60” 無濾過生原酒H17BY
も。この2本と “辨天娘” の16BYは主賓、ちゃむさんの差入れ。そうそう
■清酒竹鶴 雄町純米にごり原酒 H15BY
なんてのも♪

途中で階段を上ってくる人影が…。
「遅れます」の最後のお一人かと思いきや、ドアを開けると見知らぬ男が二人。
「ここ、居酒屋さんでしょうか?」「はあ〜!?」
そりゃ、確かに今日は “ここ飲み屋かい?” だけどさぁ。(苦笑)

遅れてきた元プンケバ&冷酒飲み氏は、長岡での会から燗酒に目覚めてきたみたいで…
「先日の酒で飲めないのがあって、今日はそんな酒ばかり出ると思っていたのに、どれも普通に飲めてしまうじゃないか。おかしい、納得がいかない」と頻りに「オレは納得がいかない」を繰り返した挙げ句、仕舞いには立ち上がって歩き回り、柱を叩いて「納得がいかないっ!!」と。
これには全員大爆笑。

動画で石川杜氏(竹鶴酒造)の “暖気入れ” や “洗米” を垣間見たり、某ご当主のプライベートCDを聴いたりしながら、次々と燗酒が乱舞する楽しいひとときは時間が過ぎるのも早いもの。お名残惜しゅうございますが、終電のお時間と相成りましてございまする。

ちゃむさん、どうかお元気で。また遊びに来てくださいねぇ〜♪
燗どうこ持参でみんなで出雲崎へ出かけ、地魚尽くしの “燗酒楽園” をやりましょ。
そういえば、こんな唄もありましたっけ。